人工大理石FRPユニットバス

年末大掃除 浴室のくすみ 水垢汚れを回復しています

年末大掃除シーズン突入。ウォッシュテックでは、あえて11月に前倒して「年末大掃除」を設定される方が多いです。12月はクリスマス&年末イベントあり、子供の感染症あり、とにかくドタバタ進行になるので、嵐の前の11月、例年あんがい人気なのです。

年末大掃除ご依頼数ダントツ一位は、浴室クリーニングです。

浴室・トイレ・洗面セット、浴室とキッチン換気扇レンジフード、浴室と大理石研磨、という具合に1案件あたりに必ず浴室クリーニングが入ってます。毎日毎日、お風呂を触ってます。

浴槽の縁(フチ)。右がビフォア、左がアフター。

yokusouhutinomizuaka_kumoriwokaihuku.jpg

サムネール的な解像度にもかかわらず、仕上がりの違い、お分かりいただけるかと思います。

クリーニング前のFRP浴槽は、カサカサと膜が張ったように水垢で覆われています。同様のベージュ色の水垢は、排水栓にも固着。汚れの薄膜で、くすんで曇った印象です。よく見ると、丸や瓢箪型の白い盛り上がりが重なっています。指で触ると、わずかに凸凹があり、サラサラとパウダー状の感触。

クリーニング後は、汚れの薄膜がツルっとなくなり、鮮やかに天井の照明の形が映り込むようになりました。何も映らなかったパサパサした樹脂が、社長・中島の指いっぽんいっぽんを映しています。触ると、キュッキュッ。ニュートラルで心地よい樹脂本来の質感です。プルプルと瑞々しい浴槽には、清潔感があります。

浴室は、ハウスクリーニングの中でも最も「汚れ」と「素材」が多種多用であり、本来の質感に回復することが難しいところです。やわらかな樹脂やメッキのユニットバスに固着した金属質のミネラル汚れ。超難問です。

汚れ「だけ」をなめらかに取り去り、本来の質感に戻す技術がなければ、不潔で古臭い印象を一気に変えることができません。

そのため、一般的なハウスクリーニング業者においては、浴室は最も顧客満足度が低いメニューです。「え...これで終わり?ぜんぜんキレイになってない。私がやったのと、そんなに変わらない」と、モヤモヤされた経験がある方も多いことかと思います。

プロを名乗るハウスクリーニング業者も、実は仕上がりに自信がないのです。なので、浴室クリーニングは8000~15000円が相場。安くしているんだから、汚れが取れないのは仕方がないんですよ。と、価格で表現しているのかもしれません。

ウォッシュテックのお客様は、「いっけん安価に見えるが、自分の悩みに立ち向かって解決してくれないハウスクリーニング業者は、結局めちゃくちゃ高いと思う。そういう考え方は嫌いだ」と仰る方ばかりです。そんなお客様に恵まれて、いっぺんも「高い」と言われたことがありません。

今シーズンも、たくさんのお客様のお役に立てますように無我夢中&一心不乱、駆け抜けてまいります!

日時:2017年11月15日 AM 11:40
ユニット浴室 水垢くもり汚れの撮り方

中古マンションご購入後、ご入居前の空室全体ハウスクリーニング。標準仕様の作業内容に含まれるユニットバスのクリーニング

「立地や管理が気に入って買ったマンションですが、なにぶん浴室が汚くて...」と、お客様。

壁面。白っぽくパサパサとして、元々の質感がまったく分かりません。縦にスジスジと、滴の垂れた跡が見えます。

yokushitsu-kabe-mizuaka-before.jpg

浴室は、ハウスクリーニングの中でも最も難しいところです。ハウスクリーニング業者においては、本来の質感を保ちながら的確に汚れだけを取り除くことなど「不可能。できない。」と考えられています。ほどほどでギブアップしなくちゃ採算が合わないでしょ、時間とお金があったらできるけどね~と強がってみるハウスクリーニング業者もおりますが、実際のところは方策が無いので絶対に仕上がらないのです。

そして、ビルダー、デベロッパー、デザイナー、メーカー...住宅にまつわるあらゆる専門業者が、「使用した浴室であれば、汚れていて当然である」考えています。なぜなら、新たなものを生産し販売することが彼らの商売であるので、今あるシビアな汚れを解決するためのノウハウは管轄外であり、不要なのです。ゆえに、彼らがハウスクリーニングに割く予算および評価は、とても低いです。

汚れに対しての意識が閉塞するなかにあって、いま流通している中古マンション・中古一戸建ての浴室、ほぼ全てが「薄汚れた浴室」「不潔感がある浴室」「行き過ぎた掃除でダメージがある浴室」です。何千件も見てきてますが、汚いものを汚くない、と言い切って売買されてます。

私は、ほんとにそう思ってるのかしら?見えてないのかしら?と不思議に思ってます。

そんな中、私と同じく、「汚いものは汚いよね」って叫びたい立場の方がいらっしゃいます。

買主さんです。

築10年以下でリフォームなんてイヤだ。でも、清潔感と不潔感がベットリはりついたものを使うなんてイヤだ。このままでは、気分が凹む。気持ち悪い。「数千万出費して買う・これからけっこう長く住む」当事者であれば、オンビジネスゆえの他人事ではいられませんよね。自分事ですから、ちゃんとされたいに決まってます。

汚れを正しく認識する。汚れを徹底的に除去する。気持ち良く美しく、長く使う。資産価値が守られる。そのシンプルかつ合理的な美意識が、いづれ日本の住宅業界のデフォルトになればいいな、と私は考えてます。

まずは、当事者である買主さんからなのかなぁ、と私は思ってます。

回復型ハウスクリーニング後のユニットバス。

yokushitsu-kabe-mizuaka-after.jpg

回復型ハウスクリーニングは、結果が全て。どうでしょう!?

樹脂パネルの石調パターンが見えるようになりました。本来の質感というのは、こういうことです。照明、浴室鏡、ポールがクッキリと映り込んで...右側に、誰かいるよ。それは私でございやすー。

こんな角度から撮ったビフォアアフターの写真、見たことないでしょう。だって、この角度から撮ると残っている汚れも擦って傷つけた跡も丸見えになってしまいますから。自分をわきまえているハウスクリーニング業者なら、撮りません。もし同じアングルの画像を見つけたら?それはもう、くもり、ムラ、傷がないか存分に目視してください。汚れが残ってる写真を載せている業者が少なからずおります。よく確認することです。

下から激しくあおるこの写真、どうやって撮影したかって?とりゃー!

yokushitsu-kabe-satsuei.jpg

ウォッシュテックのハウスクリーニングは、水分は全て拭き取ってドライな状況でお引渡しします。そうでなければ、「乾いたら、うっすら出てくる」汚れがチェックできないからです。チェックできなければ、対応もできない。そして、このようなポーズの撮影もできないのです。他の業者は、手で絞った湿ったウェス(雑巾)でザっと拭いておしまい。ウォッシュテックは、何もかもが違うのです。

「早めに予約していたのですが、実は予想外に出産の予定が早まって...とはいえクリーニングしないと住める状況ではないし...もう今日がギリギリの日程で...でも、いろいろあった甲斐がありました、大満足です!赤ちゃんとお風呂に入るのが楽しみです」と、お客様。

あわわわ、そうだったのですね。でも、間に合ってよかったよかった...すてきな新生活を!

日時:2017年9月29日 AM 10:49
クリーニング済み中古マンション 「回復型」で気持ち良く整える

中古物件、ご契約後ご入居前の全体ハウスクリーニングのご依頼が多くなってます。

ここ5年ほどは、中古マンションおよび中古戸建の売買を成功させるためには「ハウスクリーニング」が必須、と言われています。

しかし、このハウスクリーニングは、売主さんのためのハウスクリーニング。内覧の際に印象を良くして、きれいに使っていることをアピール。早く・高くの好条件で売却するための「戦略」なのです。

ここ1年ほど。東京オリンピックの雰囲気からなんでしょうか、中古物件の動きが早いように思います。今までは、空き室状態がしばらくあって、その状態で内覧が行われることが多かったように思うんですが、このところ、在宅の状態で内覧、売主さんの退去に合わせて契約、そこからすぐにリフォームとハウスクリーニング、完了次第すぐに買主さんが入居、というスケジュールの方が増えている印象です。

確かに、売主さんと買主さんのスイッチがタイトで物件の稼働が止まらない。マンションの場合だと管理費などなど、合理的。しかし、弱点があるのです。

今ここで生活している家だと、空き室で内覧するよりも「きれい」に見えるのです。

上にも書いたとおり、売主さんが行うのは「戦略的」ハウスクリーニング。自分の顔が見える内覧になるので、ちゃんと掃除できるちゃんとした人なんだなぁ、この人からなら買いたいな、と思われたい。売るためだったら何だってする。とはいえ、もう売っちゃうマンションに、なるべくお金を使いたくはないのです。したがって、通り一遍、安いハウスクリーニング業者を選択するのがデフォルトだと思います。

なので、売主さんが退去後、契約(引き渡し)する段階で初めてガラーンと何もない空き室になったマンションをご覧になって、「思ったより、汚れている...イケると思ったけど、こりゃイヤかも...」とズーンと思われる買主さんが増えているのかなぁと感じています。

そう感じるのはなぜかと申し上げますと。ウォッシュテックにマンション全体ハウスクリーニングは、ご契約から2か月くらい前に初めてお問い合わせくださる方がほとんどなんですが、その段階ではだいたい「自分が見たところ、きれいでした」と仰るんです。しかし、その「だいたい」の方ほとんどが、作業開始日寸前になってから「空室の状態で見たら、けっこう汚れてました」と凹み気味にご報告くださるのです。

たとえば、このユニット浴室。もちろん、ハウスクリーニング済み。

housecleaningzumibukkennoyogore_bath-suisenkabu0.jpg

水栓の下、カウンターの上。この箇所は、ふだんのお掃除でも手を入れにくい位置です。それゆえ、汚れが強靭になりやすい。通常一般的なハウスクリーニングならば、この濃色で微妙な凹凸とマットな質感をもつ浴室パネルを、清潔でニュートラルな状況に回復することは不可能です。(断言!)

ハウスクリーニングで追えない汚れが残っていたって、この位置はふつうシャンプーボトルやバスグッズがあるわけで、内覧時には全く見えないのです。見えないことは、無いことと認識するのが人の目というもの。

引き渡し後に見渡して、あれっ?すごい汚れてる!一点凝視。もうちょっと広く見渡すと...あれっ?ここもある、ここも...全体にかなり薄汚れている。契約直後、突然、空き室でチェックする「目」に切り替わったときのショックは、けっこうなものかと思います。

回復型ハウスクリーニング(レストレーション)後の、同じ箇所。

housecleaningzumibukkennoyogore_bath-suisenkabu1.jpg

「ウォッシュテックさんに最初から決めて、早めにお願いしておいて良かったです。」と、お客様。

今回は浴室を例に出しましたが、床も、そのほかの水まわり(トイレ・洗面台・キッチン)も、同様の「内覧時には全く見えずにキレイだと思ってた」系の汚れは、たくさんあります。これを拾って対策するのが、ウォッシュテックが行う「ご契約後、ご入居前」の中古マンション全体ハウスクリーニングです。

繰り返し申し上げますが、ウォッシュテックでは、中古マンションをご契約された買主さまご自身がご入居前にされるにあたり、今後のご生活ふさわしく整える目的のハウスクリーニングをさせて頂いています。

売主さん負担で行う、あるいは不動産仲介業者さんがサービスで行うハウスクリーニングとは目的および内容が異なりますので、宜しくお願い申し上げます。

日時:2017年8月 9日 AM 10:29
浴室スイッチパネルの水垢汚れを回復 レストレーション

東京都港区のタワーマンションにて、浴室クリーニング

タワーマンションでは、管理規約上ベランダに洗濯物を出せません。そのため、浴室乾燥機がデフォルトです。ゆえにもちろん、浴室乾燥機フル稼働のバスルームが一般的です。

都市圏のマンションにお住まいの方は、お仕事がお忙しいことから勤務先と自宅を近くにされたいわけで、ということは、入浴タイムと洗濯タイムがひと続きな場合がおそらく多いんだと思います。

帰宅後(夜)、お風呂に入る→入浴後に干して、浴室乾燥機をON→朝、乾いた洗濯物を取り込むスタイルの方が多いように思います。

今回のバスルームも、そのようにお使いです。こちらは、スイッチパネル。

bath-switchpanel-mizuaka0.jpg

し...白い!ガチガチ!指で触るとザラザラ!

浴室乾燥機ご使用の際、水道水の滴がある状態のまま乾燥機(もしくは暖房)を入れられると、その場で水道水の水分が干上がり、含まれるミネラル(カルシウム、マグネシウム、シリカなどの金属イオン)が残ります。そして、高温で焼き付くように固着。

スポンジ、お風呂掃除用洗剤、カビキラー、何をしても「ほぼ変わらない」強力な水垢に。

私は、この状況になると、ご自分で頑張られるのは得策ではないと考えています。

2005年以降徐々に、ユニット浴室の樹脂は繊細になってきているように思います。ユニットバスの樹脂よりも、浴室乾燥機の高温で焼き付いたミネラルは固いものです。力いっぱい磨けば、水垢は削り落とせるかもしれません。しかし同時に、表示パネルも凹凸に削られてクリアさを失うことになるはずです。

通常一般的な道具や洗剤で太刀打ちできない汚れに関しては、早々のギブアップが大切だと思います。なぜなら、力いっぱい擦って付いた傷や過激な洗剤(たとえば、浴室なのに便器用の酸性洗剤を使ったり、強力さを謳う業務用洗剤をネットで買ったり)してできたダメージは、手の打ちようがなくなるからです。つまり、リフォーム(とても高額)しか方法がなくなる。損失が大きいと思います。

不潔っぽい。古臭い。使用感・生活感がありすぎる。ネガティブなイメージを払拭したい。しかし、掃除やハウスクリーニングで何とかできるレベルではない。そのお悩みに対応するのが、ウォッシュテックが打ち出す「回復型ハウスクリーニング」です。

日本では誰もやっていないので、分かりやすく「ハウスクリーニング」という単語を含ませていますが、やっていることに正しく当てるなら、「レストレーション」。日本語では、回復・修復・復元・復旧という意味です。汚れを徹底的に取り除くことで、質感を本来の状況に近いものに取り戻す作業を、「レストレーション」と言います。

レストレーション

アメリカでは、40年くらいの歴史をもつ一般に広く知られた「産業」です。科学技術に基づき論理的に汚れを取り除く技術が日本では発展途上ゆえ、現状ほぼ知名度ナシです。(なので、知ってください!)

素材本来の光沢や触り心地を復元するレベルまで汚れを取り去る、「レストレーション」後の操作パネル。

bath-switchpanel-mizuaka1.jpg

情報を見やすい、なめらかな操作パネルになりました。プルっとしたプラスチック本来の質感です。どこでもなんでも、汚れが取れて元の感じに戻ったら、清潔でオシャレで気持ち良いものになるのです。

正直、作業はとても大変。レストレーションでも、ウォッシュテックではこれが限度です。汚れだけに着目してプラスティックを傷めたらいけないですから、これ以上は深追いできず、薄く残る可能性が高いです。

水垢を焼き付けないことが、一番の得策。浴室乾燥機のスイッチオンの前には、ワイパー(スクイジー)で水を排水溝に向かって切っておくか、使った後のバスタオルでザっと拭き取る習慣で、長く美しいバスルームを維持されてください。

もう汚れてますヤン!自分で何とかするのってコワいヤン!そんな方には、レストレーションが助けになるかもしれません。覚えておいてください。

ド~はドーナツのド~、レ~はレストレーションのレ~♪ ウォッシュテック社長・中島が、出動いたします~

日時:2017年7月18日 PM 02:53
石鹸カス ニオイ ねとねとパサパサ!浴室のフィルム状の汚れ

梅雨まっさかり。ほぼ毎日、浴室クリーニングをお引き受けしています。

この時期、毎日のおそうじをされるとき、特に「におい」、気になる方が多いかと思います。

臭い問題を回避するために、必要なことといえば...なんでしょう!

入浴後から朝まで換気扇を回す。窓は開けない。水分をなるべく早く排出(ワイパーでかき落として排水溝に送り込む)or回収(体を拭いた後のタオルなどで拭き取る)。

全て正ぇぇ~解!きわめて効果的かと思います。

でも、打開策にはならないかと思います。モワ...ムワ...ねと...ヌル...ベト...(不潔で気持ち悪い感覚)との付き合いは、断ち切ることができないと思います。

なぜなら、臭いのもととなるバクテリアそのものである「汚れ」を取り除くことが、最も合理的な対応であり、カビや臭い対策の大前提になるからです。

浴室の代表的な汚れといえば、石鹸カス。乾くとパサパサ粉っぽく、湿るとネバネバしてベトベトしています。色は、白っぽいグレーやベージュ。

石鹸かす(ソープスカム)は、化学物質としてキレイに割り切れるものではなく、カビやバクテリアとムニャムニャと絡み合ってフィルム状に張り付いた汚れです。歯垢のようなイメージが近いかもしれません。嗅いでみる。ウワー、オエッ、悪い予感しかしない。なのであります。

※お食事中の方は、読まないでください。→浴室に蓄積した石鹸カスは、不潔な状況のトイレ、もしくは下水溝(どぶ)に似た臭いです。

unitbath_eproncover0.jpg

つまり、「汚れそのもの」が臭いであり、汚れが増えればよりハード、減れば軽くなる。

モワ...ムワ...ねと...ヌル...ベト...を感じ取れるバスルームは、事実、汚れているのです。

汚れがたくさんな状況では、いかなる工夫も無力なもの。いくら周りから固めるように整えても、実感できるレベルまで効いてきません。

臭いを消臭・除菌などと書いてある商品を買う。水溝に氷を放り込む。緑茶・炭・善玉菌・エッセンシャルオイルをスプレーする。

臭いって、どんどん「プラス」したくなります。これさえあれば、チャラになるかも...と、どんどんプラスしたくなりますね!

実は、逆。とことん「マイナス」にいく、と考えを変えてみてください。

手間・時間・お金をチョイチョイ積んでゆくよりも、ズガーン!と汚れを一網打尽にする方がシンプルイズベストな策なんじゃないかなーと、私、まったくマメではないので、そう思います。

一網打尽にした後は、上記に挙げた「ちょいちょい工夫」でも「効いてる!私の苦労、報われてる」と実感できるようになります。そして、かなりの時間を稼げます。

unitbath_eproncover1.jpg

白くパサパサと曇っていたエプロンパネルは、つるつると滑らかに床を映しています。指で触るとニュートラル、何にも付着していない感触。

歯垢をくまなくクリーニングした後の歯は、すべすべ、つるつる。口臭も感じません。ウォッシュテックの浴室クリーニングは、そんなイメージです。

日時:2017年7月 1日 PM 12:13
ハウスクリーニング済みマンションはキレイではない話・その2

引き続き、中古物件の空き室全体ハウスクリーニングについて。

中古マンションの売買の際、デフォルト化されている「ハウスクリーニング済み」物件。

「内覧時にチェックできない箇所には、売主さん成分100%の汚れがゴッソリあるよ。ハウスクリーニング済の物件でも不潔だ。」というお話が、その1でした。今回は、その2です。

マンションを買う。となると、だいたいの方はとても「切羽詰まる気持ち」になられると思います。ソワソワでワタワタでバタバタになりますでしょう。

そんな中ですから、大半の方は、最も手配しやすい清掃業者に空き室全体清掃を依頼されるかと思います。この場合、不動産仲介業者経由で紹介してもらった清掃業者、あるいはネットでサクッと見つけた清掃業者です。

空き室全体ハウスクリーニングは、下請け・バイトを動員して数名で作業、半日(4時間)~1日(8時間)で終了。ダッと入ってバッと上げる。それが業界のスタンダードです。

上記のタイプの清掃業者は、業界スタンダードど真ん中にカテゴリされるひとたちなので、作業はとにかくスピーディ。使う洗剤は数種類、それで解決できない汚れはスルー。石やカーペットを含む高級仕様であっても、定型通りの作業スタイルを貫きます。

つまりこれ、「内覧で第一印象を良くする目的でされる売主負担のハウスクリーニング」と同じ方式なんです。

いくら安いハウスクリーングだったとしても、同レベルの作業を2度繰り返して依頼することに意味はあるのだろうか。私は、(儀式として執り行うなら別ですが)不要なコストだと思います。

コストを割くならば、その1のような「見えない箇所の汚れをしっかり追う」ことと、もう一つ、「カビとかベトベト汚れは無いから不潔とはいわないけれど、キレイではない」箇所へのアプローチです。

浴室で言うならばシャワーヘッドのカリカリ汚れとか。

housecleaningzumibukkennoyogore_bath-shouwerhead0.jpg

housecleaningzumibukkennoyogore_bath-shouwerhead1.jpg

※吐出面の表面に凸状に固着している水垢を除去しています。孔の深いところまでは洗剤やブラシが届きませんので完全に取り除くことはできません。お気になさいます方はシャワーヘッド交換されてください。

浴室扉のボヤボヤ白い水垢・ダラーっと垂れた跡のように固着した汚れとか。

housecleaningzumibukkennoyogore_bath-kumorigarasu0.jpg

なお、このバスドアも「ハウスクリーニング済み」物件です。浴室扉の塗装枠・樹脂製のガラス窓は、一般的なハウスクリーニング業者にはスッキリ解けない、難易度高いものなのです。

housecleaningzumibukkennoyogore_bath-kumorigarasu1.jpg

もちろん、完全にドライな状況で撮影しています。だいたいの清掃業者の浴室扉の写真は、うっすら濡れている状態で撮影されてます。濡れていると、汚れが見えないのです。同じようなアングルだからと見過ごすなかれ!

おそらく、ご入居前の方のハウスクリーニングへのご期待は、売却前のハウスクリーニングとは全く違うのです。

ここで、明日から新たな生活を始めるにあたって。気持ちよく。納得いきたい。そういうのが目的なんじゃないでしょうか。

そんな方の空き室全体クリーニングは、回復型ハウスクリーニングでしか実現できない。と、ウォッシュテックは考えています。

ハウスクリーニング済み物件を買ったあと、ハウスクリーニングを入れて、なのに入居前にあらためて拭き掃除をしたくなる。前とぜんぜん変わってないじゃないのとクレーム入れたくなる。そんなの疲れますよね。事実、その結果、後日~数か月後あたりにドッと疲れて倒れちゃってーと仰る方も、たくさん拝見しております。

お仕事もされて学校もあっての日々の生活の中に、マンションを選んで買う。そして、手配。お引越し。それはもはやミッションインポッシブル級に消耗する活動なのです。

そんな中で、スムーズでストレスがない転居を完遂するためには、ハウスクリーニングのクオリティがきわめて重要・マストなことだと思います。

日時:2017年2月17日 AM 11:56
パナソニック ラクピカフロアの白い水垢をクリーニング

Panasonic(パナソニック)社製のユニットバスをクリーニング

ラクピカフロアの浴室床。

Panasonic-rakupika(bath)siroiyogore00.jpg

ココチーノ、オフローラ、FZ(シリーズ)に採用されているラクピカフロア(およびスミピカフロア)。

標準仕様となっているマンションも少なくありません。戸建含め、とても売れているシリーズです。しかし現状、お困りの方がとても多いです。

白いモヤモヤが汚らしい。スポンジと中性洗剤でのおそうじではビクとも取れません。カビキラーでも変化なしだと思います。クエン酸と重曹で取れる、ブラシでほじれば落ちる、などとネット情報では出ています。しかし、もしそれで解決できるんだったら、こんなに頻繁にご相談を頂くことは無いと思ってます。

カルシウムは確かにラクラク落ちると思います。しかしシリカはこびりついたまま。カルシウムとシリカでは、分子のサイズがぜんぜん違うのです。日本の水質の地域差を想定して作られておれば、この苦悩はなかったかもしれないです。

思い切ってハウスクリーニング業者に頼んでみても、ほぼ変化なしで引き渡されてしまい「ガーン...」なお気持ちで画像検索されて、ウォッシュテックにあらためてご依頼くださる方が、とても増えています。

クリーニング後のラクピカフロア。

Panasonic-rakupika(bath)siroiyogore01.jpg

「ラクピカフロアの浴室床の白いモヤモヤ汚れをおそうじで解決する方法は?」とお尋ねになる方がときどきいらっしゃるのですが、洗剤は業務用の中でも最高峰にガチなヤツが10種類ほど必要ですし、何万円もするオーダーメイドのポリッシャーブラシがないと成立しないし、使う道具は箱に多種ギッシリだ...もし道具や洗剤を高額で揃えられたとて、それらを的確に使いこなすことはできないだろうし手順と注意事項がめちゃめちゃ多い...いろいろ考えるんですが、「すんません、うまく言えないっす...このような深刻な状況に至らしめにくくなる方法はありますが...」と答えるしかないのであります。すんません...。

2017年現在、ウォッシュテックだけがこのレベルに到達できると思ってます。

Panasonicのラクピカフロアに関しては、ビフォアアフターの施工画像も他の業者にはありません。同じようなアングルで掲載されている業者もありますが、必ず汚れが残った状態が画像から確認できます。よく見てください。汚れが残っている画像を見て頼むということは、落ちなくてOKと言っているのと同じこと。ましてや、画像が1枚もない業者に頼むなど。おそろしや。

日時:2017年1月19日 PM 01:41
浴室扉 溝の汚れを分解洗浄

ユニットバスのクリーニング

浴槽と鏡、と、水垢でパサパサ白く濁った汚れを回復した例を色々書かせていただきました。しかし、当たり前の作業なのでウッカリ一度も書いていなかったことがありました。

本日は、浴室扉のスリット(溝)について。

ユニット浴室の扉の下、入るときにまたぐデコボコ溝、クリーニング後の様子です。

yokusitu-door-mizonoseisou.jpg

このパーツ、いくつかに分解することができます。

扉の排水溝、お掃除されたことございますでしょうか。実は、「一回も開けて洗ったことがない」と仰る方が大多数です。

ん?いま、排水溝って言った?

そうなのです。ここ、上の板を分解すると、扉の上部から入った水が、浴室内に排水されるようになっているのです。

クリーニング時に拝見してみますと、髪の毛にホコリにカビに、汚泥か石か何だか分別不可能な真っ黒な汚れが、グワッと堆積していることが多いです。そして完全に「排水口」がふさがって、機能が失われている...。

え?そうなん?と思われたならば、ご自身でお掃除にチャレンジされてみてもよいと思います。

しかし、実際にやってみると、これが難問なんです。

ゴチャゴチャしてて外しにくく、戻すのも面倒くさいです。うまく分解できたとしても!だいたい白く塗装されています。ここが強烈に汚れているとしても、何で洗ってよいか分からないでしょう。

歯ブラシとお風呂用洗剤スプレーで擦っても、なんだかスッキリしないなぁ。汚れが固い。もっと固いブラシで力いっぱい擦る?キャー塗装が傷ついた!そしてパーツを再び戻す。疲れる。のような結果になりがちかと思います。

ウォッシュテックの浴室クリーニングは、ここも他業者にはない高いレベルでキッチリ手を入れています。

お風呂掃除をやってもやってもカビてくる、汚れてくる。それは浴室のどこか「見えない箇所」にカビや汚れが「確かに」あって、そこを起点に繁茂してくる傾向があるからです。

見えないところのカビも汚れも、キッチリ取ってゆく。見えない箇所にある汚れを一つ一つ潰してゆく。汚れやすくなる、かんたんに管理できなくなる、その原因をあらかじめ摘んでおく。

それゆえの、「1年に1回のご依頼でも、クリーンを実感できる」ハウスクリーニングなのです。

ウォッシュテックのクリーニングは、表面をツルツルにニュートラルな質感に回復するだけではございません。第一印象を圧倒的に変える迫力も強みですが、

清掃の基本に忠実。清掃の基本をしっかり。

浴室扉のスリットのクリーニングの様子も、併せてご参照ください。

日時:2016年10月21日 PM 12:07
パナソニック:ユニットバス 壁面パネルの濁り汚れ

パナソニック(旧ナショナル)社製のユニット浴室をクリーニング

パネル壁面の汚れ。なお、築3年です。

panasonic_bath-kabenoyogore0.jpg

白いツブツブが水玉模様。シャワーが掛かりやすい位置は、白い水垢が筋のようにハッキリと目視できます。手のひらで触ると、カサカサと粉っぽく、ところによっては僅かに凹凸を感じます。

シャワースタンドも、金属らしい質感がまったくなく、白い膜に覆われたように濁っています。

浴室クリーニング後。

panasonic_bath-kabenoyogore1.jpg

つるり!浴槽の形が鮮明に映り込むようになりました。写真左端、社長・中島の腿から膝があります。浴室鏡から、そのまま違和感なしに壁のパネルにも映り込んでいます。ツブツブ、ざらざらの濁りや曇りがなくなり、とてもなめらか。指で触っても、引っかかり、ありません。プルンとニュートラル、樹脂そのものの感触です。

シャワースタンドの質感も回復。ステンレスはステンレスの、パネルはパネルの美しさを取り戻すことができました。

ユニットバスの壁面パネルは、2005年ごろからでしょうか、どんどん趣向を凝らした色柄になってきています。それに伴い、表面の材質も、きわめて繊細に。

今回の現場のパナソニック製の浴室は、木目調なのか石目調なのか、ほんとうに繊細な質感のプリントが施されています。繊細なテクスチャが印刷されているということは、表面がツルッとクリアでないと表現できないわけです。新築のときは、一面に密着したフィルムをピーっと剥がしてから引き渡されます。ちょっとした傷もメチャ目立つ、つるっつるの液晶画面みたいな壁面パネル。

そんな壁の浴室で、毎日お風呂に入る。そりゃまぁ、飛んだ水とか石鹸とかカビとかで汚れますよね。さぁ!どうする?

ガッシガッシ掃除をしたら、絶対キズ付くよね?と思われる方が、けっこういらっしゃると思います。そうなんです。ガッシガッシ磨いた結果、削った跡が目立つ壁面パネル、私、たくさん見たことあります。クレンザー、ハードなスポンジ、メラミンスポンジ。「壁を力いっぱい擦って掃除したら、傷ついちゃって...」と仰るお客様がお使いになった3大ウエポンです。お控えください。

しかも!ユニットバスの近年のトレンドとして「鏡のある正面だけ、黒か茶褐色」のデザインが多いように思います。黒塗りのハイヤーでは、小さな傷や手のひらの油の跡、ひときわ目につきます。浴室のパネル壁も、濃い色であれば、傷や汚れが目立ちます。水垢の曇りや濁りも目立つ。掃除した跡の傷も目立つ。

パナソニック製の浴室の壁、難問です。

築浅であっても、汚れで行き詰られてお困りの方、とても多いです。

ペロリンと汚れのくすみだけを取る技術は、ウォッシュテックの専売特許。他のハウスクリーニング業者では、この問題、このようにクリアに解決できないのが実情です。

写真のこの角度、きわめてアラが目視しやすい強気のアングルなのです。社長・中島の画像は、現場実績を証明するためにあります。なので、他の追従を許さないよう最も厳しいアングルを選んでいるのです。

写真はもっとも重要な検討材料です。もし同じ角度から撮っている他業者の写真があったら、よくご覧ください。ポールの裏や凸部とのキワなど、どこかに汚れが残っているはずです。

日時:2016年10月13日 PM 12:32
ヤマハの浴室扉(折り戸) 白い汚れで曇って見えない

東京都三鷹市にてユニットバスの浴室クリーニング

ヤマハ(現・トクラス)製ユニットバスの折れ戸。

扉の「窓」というのかしら、透明のガラスっぽいところが白く汚れています。特に、腰から下の高さ、シャワーや掛かり湯が飛び散る部分の汚れが厳しいです。

浴室の中は、いったいどのようなことになっているのだろう。扉をピッチリ閉めていても、洗面所をお使いのお客様から「そうかーそうなのかー」と思われてしまう。それが扉の汚れのオソロシさです。

yamaha_FRPdoor-mizuaka0.jpg

浴室扉のサラザラ模様のついた窓は、樹脂製です。

この汚れ、カビなんじゃない?とカビキラーをスプレーしても、ほぼ変わらないと思います。

カビもいくぶん含まれているかもしれませんが、白い汚れイコールカビではありません。なので、スカッと落ちる可能性はゼロです。あまり頻繁にカビ取り剤を使われると、樹脂や塗装がスカスカと劣化してミクロな凹凸に崩れ、よけいに白い汚れが付きやすくなりますので、カビキラー作戦はおすすめではありません。

じゃあ、ゴシゴシこすってみる?

研磨剤入りのゴワゴワスポンジや「水垢が取れる」とホームセンターやハンズでゲットした道具で擦ると、傷ができる可能性大です。実際に、ぐるぐる模様の消えない傷が痛々しい折り戸を、私は何度も見ております。そういう経験から、やめといた方がいいと思います。

浴室クリーニング後の折り戸。

yamaha_FRPdoor-mizuaka1.jpg

浴室の向こうが透けて見えるように回復しました。

白い枠、塗装部分もご注目。ガラス部分と枠部分、いづれもそろっての清潔感です。

カビ取り剤はダメ、擦るのはダメ、とディスってばかりじゃないか。じゃあ、どうするんだよ。と思われた方も多いのではないでしょうか。

ユニットバスの折り戸をきれいにすることは、ハウスクリーニング業者でもきわめて困難です。他のハウスクリーニング業者の作業写真を実際にご覧になるとお分かりになるかと思いますが、角や下部に白いムラがうっすら残っている。あるいは水に濡らして汚れが見えない状態で撮影している。この2種類がほぼほぼです。

つまり、ふつう、この汚れはキレイにならない。取り除くことはできない。

ウォッシュテックがヘンすぎるだけのことです。社長・中島が日本中にゴロゴロおれば、そんなこと言いません。でも、2016年現在一人しかおりません。なので私は、「難しい汚れを付けないように暮らす」が、ベストアンサーだと考えています。

既に強力に育ててしまった汚れをどのように取るかではなく、付けない。それが、「最強にして究極の掃除術」ではないかと考えています。

そのためには、汚れって何なのか知っていただかなくてはなりません。この汚れは、水道水からできてます。水道水に含まれるミネラル、つまりカルシウム・マグネシウム・ナトリウム・シリカなどの金属イオンが固着しているんです。特にシリカスケールは、付いたらマジアウトとビビッていただきたいです。

水分はその場で乾かすのではなく、ともかく切る、切りまくるのが、キッツイお風呂掃除をやりたくない方のための「いちばんラクな方法」だと思います。

キッツイお風呂掃除が「あえて好き」な方もいらっしゃいますけれど、キッツイのに成果が出ないお風呂掃除が好きな方はいらっしゃらないと思います。

なので、付けてから落とすことを考えるんではなくて、「付けない作戦」ぜひ習慣化されてみてください。

「折り戸の交換も考えたんですが、浴室扉だけで4~5万円するんですって。クリーニングですから新品同様に戻ると期待してはいけませんけど、うちはウォッシュテックさんに頼めてよかった~。交換するなら、ユニットバス全体でリフォームしたかったんです。」と、お客様。

コーティングをして、お納め。コーティングは、汚れの固着を避けるために施しましたが、水を速やかに排水させるためにも有効です。

リセット完了。今後は、水気を切りまくり生活でゆかれるそうです。

日時:2016年9月26日 PM 02:55
パナソニック浴室 フラッグストーンフロアの落ちない汚れを回復

パナソニック製ユニットバスをクリーニング

パナソニック社製のユニット浴室の床「フラッグストーンフロア」もしくは「ラクピカフロア」の汚れにお困りの方が多いです。

このユニットバスは、築4年。床の状況は、水垢とカビが強いです。

あれ?でも、フラッグストーンフロア、ラクピカフロアって、「おそうじが他のメーカーのユニットバスよりもラクですよ」って言ってたはずよね?

panasonic-rakupikahuroa-yogore0.jpg

フラッグストーンフロアやラクピカフロアの表面には、きわめて微細な凹凸加工を施されています。この微細な凹凸が、確かに日常で付く汚れを寄せ付けない...と言えるんですが、一方で、この微細な凹凸にシリカスケールが引っかかるというか、固着してしまうのです。

シリカスケールは、ベトベトした油性の汚れではありません。また、爪でカリカリ剥がれるようなカルシウムっぽい感じもありません。ものすごく小さくて、かさのない物質です。薄ーくミクロな凹凸に張り付いて、表面の「ステキ機能」を蝕んでゆき、

黒くて不潔。お風呂掃除しても全く落ちない、変化なし。なすすべがないまま、どんどん酷くなってゆく。私はそんなに汚い暮らし方をしているとは思えない。新築からまだ数年なのに。何これー!こんなハズじゃなかったんですけどー!どうしたらいいのー?

と、検索されて、ウォッシュテックにお問い合わせくださるようなんです。

この画像をご覧になって、知っていただきたいです。上水道が地下水源のエリアはこうなることも珍しくありません。

メーカーの方がシリカの存在を正しく把握していたら、「掃除がラク!」と言っただろうか。おそらく、いな!メーカー対応策が現状無いということは、シリカ発信の取れない黒ずみ問題、全くの想定外かもしれません。

なので、ウォッシュテック、パナソニックの難しいユニットバスの作業例が今日も増えるのであります。

浴室クリーニング後のフラッグストーンフロアの床。

panasonic-rakupikahuroa-yogore1.jpg

本来のベージュ色に戻りました。ムラもモヤモヤも乗っかっていないニュートラルな床。

パナソニックのユニットバスの「ラクピカフロア」もしくは「フラッグストーンフロア」の汚れに対応できるハウスクリーニング業者は、首都圏でもほぼありません。対応できる業者であっても、どこかに汚れが薄くムラムラ残っているか、ガッシガシに削った跡ができるかのいづれかになるので、画像として載せられないと思います。

こんなふうな写真をお見せできるのは、日本でウォッシュテックだけです。

えっ?写真が遠すぎる。汚れが残ってるかもしれないじゃん?って思われました?では、ズームで!

panasonic-rakupikahuroa-yogore1zoom.jpg

どうでしょうか。

日時:2016年9月12日 PM 03:46
ユニットバスの床 凹凸の黒ずみ、ヌルヌル、白いパサパサ汚れ

横浜市港北区にて、ユニットバスのクリーニング

浴室で、もっとも汚れが厳しいのは、ズバリ「床」です。なぜなら、いちばんよく使う場所だからです。お風呂場の中で最も、シャンプーや石鹸が触れていて・椅子やら足やらが接していて・水分がいつまでもある。だから、いちばん汚れます。

でも、毎日のお掃除で「一番」床を頑張られている方は少ないと思います。(おそらく、浴槽じゃありませんか?)

浴室の床。汚れの度合いに対して、掃除の回数および手の掛け方が足りていない傾向があるんじゃないかなと思います。なので、1年2年経過してみてから、あれーっ掃除しても落ちない!ちっともキレイにならない。と気づかれる方が、少なからずいらっしゃいます。

unitbath_yuka0.jpg

滑り止めの凹凸に入り込んだ黒ずみ。モヤモヤと広がった白い汚れ。水栓・カウンター付近に見られる、厚みを持った脂っこい灰色っぽいベトつき汚れ。さらにヌルヌルのカビ。

多様な汚れが何層にも重なって、お風呂掃除用洗剤をスプレーしても、弾いて汚れがとろけてこない!固いスポンジで擦る?いや、でも傷が付いたらどうする。と、検索されて、ウォッシュテックにご依頼くださいました。

そうなんです。付着してから長期間経過している汚れが蓄積している状態になりますと、市販の洗剤・一般的な業務用洗剤では効いてきません。ガサガサの研磨剤入りスポンジで素材ごと削り取られなかったのは、ほんとうにナイス判断。そこでもし渾身の力を込めてガンガン深追いされていたならば、ユニットバスの表面はキズキズに。修復不可能になるとこでした。

浴室クリーニング後の床。

unitbath_yuka1.jpg

実際に手のひらで触ってみるとよくお分かりになるかと思うのですが、クリーニング後の床の感触は、ネットリでもパサパサでもなく、ニュートラルなプラスティックまで回復しています。

社長・中島は、専門性が高い洗剤を順序良く使って、それぞれの汚れにアプローチしてゆくのですが、作業の様子を見てるとテトリスみたいなんですよね。私だったらセコセコ棒を待って消すところを、ズバーンズバーンと連鎖で消すみたいな。超高速で次の次のコマを読んでスッパスッパ落として嵌めてゆくような。とにかく、めっちゃ手が早いのです。

対処方法が分からないハウスクリーニング業者では、洗剤を何リットル使っても、何時間ブラシで擦ってもビクともしない汚れ。それを数時間でクリアする。となれば、やっぱこういう動きになりますよね。と思います。

※限られた空間で作業しにくくなりますしので、見学される場合はドアの外からでお願いします。鶴の恩返しみたいな感じになりますけども(笑)

日時:2016年8月10日 PM 01:09
3点ユニットバスのクリーニング

ユニットバスの一種、浴室.トイレ.洗面を1つの部屋にまとめた「3点ユニット」。

首都圏の賃貸マンションにおいては、いわゆるファミリータイプの物件を除くと、ほぼほぼ3点ユニットがはまっているように思います。

ウォッシュテックでは、賃貸の借主さんご自身からのご依頼でクリーニングさせていただくことが、たまーにございます。

ご依頼件数は「たまーに」なんですけど、なんで頼まれたいかを伺いますと、みなさん大体同じなんです。

「ハウスクリーニング後のマンションのはずが、汚かったから再度ハウスクリーニングをお願いした。その仕上がりも、ほとんど印象が変わらない。毎日使うところなので、やっぱり気持ち悪い。自己負担してでも気持ちよい状態にしたい。」

今回のお客様もそうで。賃貸契約されてからご入居(お引越し)までのタイミングで入らせていただきました。

3tenunit_saikuri0.jpg

カビや油汚れはありません。

しかし、仰る通り、気持ちは良くないかなぁ。築年数やリフォームのあんばいもあるので古くても致し方ないとはいえ、他人の使用感や生活感が自分のテリトリー内にあるのは、じわじわくるストレスかもしれません。

クリーニング後。陶製の洗面ボウルは、全体を覆っていた薄汚れた膜をツルッと一枚むいたみたいに。水栓もキラッとシャープな光になりました。

3tenunit_saikuri1.jpg

もちろん、指触りはカサカサ・パサパサからプルッ・キュッに回復されています。

しかし、床や壁、浴槽などの樹脂部分は、原状回復(入退去)のハウスクリーニング業者が何度も粗いパッドで擦って削ってしまっているので、どうしても傷の凹凸からパサパサな感触です。その凹凸に食い込んだ汚れが、これまた強力に固着していて難儀。手の施しようがなく落ちないまま次へ次へと貸されちゃうのも無理はない状況です。表面の汚れをきっちり洗い、可能な限り本来の質感に近づけるようにしてゆきます。黒っぽいベトベト汚れがクリアになるだけでも、だいぶん印象が変わります。とはいえ、これでいいんだろうかとモジモジしながらお引渡し。

「わ~!ぜんぜんイイです、てかスゴイ。これでやっとワタシの部屋って感じになった~」と、お客様。ホッ...。よかった...。

3点ユニットバスクリーニングの料金は、一式27000円(消費税・駐車場代実費別途)です。自分で掃除してみたけれどちっともキレイにならない...しょうがないか...築年数がけっこうな賃貸だもん...今までの入居者の歴史...と自分に言い聞かせながらも毎日うっすらストレス。そんな方がおられましたら、お声掛けください。

日時:2016年8月 9日 PM 12:19
パナソニック浴室の床 ラクピカフロアの汚れをクリーニング

ラクピカフロアのパナソニック製ユニットバスクリーニングをご依頼くださるお客様が増えています。

ラクピカフロアというのは、樹脂製の長方形の細かい格子柄凹凸がある浴室の床です。「おそうじラクラク」「汚れが付きにくい」新機構。そのお手入れしやすさが購入時の決め手になる方がほどんどのようです。

しかし!とても悩まれている方が多いんですね。汚れが付く。付いたらそうじでは取れない。と検索されているようです。

今回のお客様宅の浴室床「ラクピカフロア」。

unitbathyuka0.jpg

白いモヤモヤくもり汚れが、濃い地色にとても目立ちます。当然ながら、ご自身のおそうじではまったく変化なし。

実は、今回のお客様は、以前にハウスクリーニング業者を入れられていました。

しかし、懸念のラクピカフロアの白い汚れは、ほぼ何も変わらなかったとのことです。

ハウスクリーニング作業直後はキレイに見えたけれど、数十分後に再び汚れが目立ち始めたので、その理由を業者に訊ねらたそうです。業者の答えはこうだったとお教えくださいました。

「この床は、色が抜けています。製品的な問題なので、ハウスクリーニングでは対応できません。」

お客様のお住まいは分譲賃貸だったので、退去時に貸主から汚れを指摘されて多額の要求をされたら出費が辛すぎる...とお気持ちが重たくなったとのことでした。

そして、その数か月後。お知り合いの方からウォッシュテックを紹介され、ご依頼に至られました。

ウォッシュテックでの浴室クリーニング後。

unitbathyuka1.jpg

白いモヤモヤ、なくなった。

もちろん、表面を削りとったり、毒物劇物に相当する強い化学薬品で変質させたりすることは一切なく、本来の質感を維持しています。

※それまでに傷や薬品焼けが作られていた場合には、このようにツルンと汚れのみ取ることは不可能です。

つまり、ラクピカフロアに覆っていた白いシミ汚れは、シリカスケールだったのかなと思います。

ラクピカフロアの凹凸は、それはそれはテクノロジーを駆使した繊細なものです。でも水質がバラエティに富んでいる山と海の国「日本」で日常使用するうえではちょっと抜けているところがあって。

カルシウムなどの大きなミネラルは付着しても容易に取り除くことができると言えますが、シリカは分子が小さい。微細な凹凸に密着して付く。微細な凹凸を足掛かりにして、目に見えるレベルに育つ。でも、シリカはガラス質で、固着した状態から取り除くことはきわめて困難である。

ミクロな世界の話です。触ってもほぼ確認できず、濡れたら消えたように見えます。だから、シミや脱色と専門家から言い切られたら、信じそうになる。

でも、そこに水垢汚れがあるでしょう。ほら、目にも見えているでしょう。シミや脱色なわけがないじゃない。大事に使っているのにさ。

ってなる。これは、ラクピカフロア特有の憂鬱なんじゃないかしら。

他のハウスクリーニング業者では対応できない汚れを洗浄の技術で回復することが、ウォッシュテックのありようです。

パナソニック製ラクピカフロアの汚れで憂鬱にハマっちゃってる方がおられたら、どうかこの記事を見つけてくださいますように。

日時:2016年5月27日 AM 09:27
ユニットバス 浴室扉の隙間のカビ・ホコリ・水垢をデトックス

横浜市都筑区のマンションにて、ユニットバスの浴室クリーニング

ウォッシュテックでは、ユニットバスの扉は、だいたい外して浴室内でガッツリ洗剤と水を使って洗います。

なぜなら、浴室扉の隙間には、とてもとても厳しい汚れが詰まっている例が多いからです。

まずホコリ。そしてネットリした脂っこい石鹸カス。そしてカビ。そして水垢。からみつくように塊になって、しかも石のように硬い。

カビのみ単独に付着しているだけだったらカビキラー(カビ取り剤)でも死滅させられますが、多種多様な汚れが何カ月もの間に絡まり合って積もり積もって石みたいになっているわけですから、おそらく家庭用おふろそうじ洗剤や一般的な業務用浴室洗剤では、ほぼほぼ変わり映えしない感じかと思います。

家庭用ならびに業務用洗剤は、1日〜2カ月まで程度の汚れしか対応していません。それ以上経過した汚れにはギブアップです。

おそうじされるとすれば、うーん洗剤が効かない?じゃあ、ほじくるか!となると思うんですが、ご存知の通り、浴室ドアの隙間って本当にホジりにくい。

割りばしか?ヘラか?雑巾か?ハブラシか?いろいろ差し込んでみるも、上手く届かず「くそぉっ誰がこんな形にしたんじゃい!お風呂そうじしたことあんのか、そいつは!」などイラッと諦める方が多いんじゃないでしょうか。

ウォッシュテックでは、浴室扉のガチガチ汚れ、まず的確な洗剤を効かしてほどくことから始めます。

それぞれの汚れを結び付けている成分を、まずは柔らかに崩す。続いて残った汚れに適合する洗剤を打って一段階、また別の洗剤で一段階、とネチネチつぶしてゆくイメージです。

浴室扉を嵌めたままクリーニングすると、作業中の動きが制限されますし、十分に洗剤や濯ぎ水を使うことができません。なので、扉は外してガッツリ洗うということです。

bathroomdoor-yogoregagossori.jpg

最終段階で、やわらかなブラシで弾くように当てて、同時にシャワーで流します。すると、扉の向こう側に、

ボトボトっと黒い塊が。

出た―!デトックスな瞬間です。実はこのとき、脱衣室からお客様が様子をご覧になっていて、「ひぃっ」って仰ってました...。

固い何かでこそげとる、ゴワゴワの何かで削り取る。そのように物理力で責めるのは、このような塗装と樹脂が混在するユニットバスの扉にはタブーです。イッパツで傷付きます。

塗装の剥がれは材質の劣化を早めますし、樹脂がキズキズになると、新たな汚れの足掛かりなり、より強固に汚れやすくなります。

今回のポイントは、

1)浴室扉のスリットは、とても汚れやすい。

2)家庭用やいわゆる業務用洗剤は、3ヶ月以上持ち越した汚れには、ほぼ効果なし。

3)傷付きやすいので、深追いは避けるべき。

予防の方法は、洗剤が効く期間を意識して定期的におそうじをすること。

そんなことできないわよーと思われた方、ちょっとお耳をお貸しください。

浴室換気扇は、稼働時間が長いので「室内のホコリ」を引き込みやすいんです。脱衣室では服やタオルをバサバサしますし、洗濯機もそばありますから、衣類の長い繊維がけっこう多いんですね。

スリットを塞ぐと、換気効率が著しく低下、いくらモーターファンが回っても空気が引き込まれてきません。換気扇のモーターに負荷が掛かります。そしてさらにですね、浴室内のカビが増す傾向があります。湿って温かな空気が循環せず長時間滞留しちゃうから。

扉のスリットが汚れてたら、一つもいいことないやんか。ってことです。

どうです、追い詰めてみました。ちょっとヤル気出ましたか!それとも更にイヤになりましたか!(だとしたらすんません)

もしデトックスご希望でしたら、ウォッシュテックまでお声掛けください。

日時:2016年5月 6日 PM 01:29
ユニットバスの床がモロモロにめくれてきた?それは水垢です

ユニットバスのクリーニング。目地があるタイル床の浴室です。

「浴室の床、膜がベロベロめくれてきたみたいに、まだらに汚れているんです。きれいになりますか?」

お写真を送っていただいて床の状況を確認。

unitbathyukatairuberoberomizuaka0.jpg

仰る通り、ツヤッとしていて色が濃いところと、はがれたところ?その縁取りが白くなっていて、「表面が、めくれてきた」っぽい感じ。なんだかミリタリー…迷彩柄っぽいぞ?

しかし!このユニットバスの床は、表面加工がなされた製品ではありません。もちろん別のハウスクリーニング業者がマニキュア状のコーティングを塗ったという履歴もない。

これは、水垢です。

水道水の中に含まれているカルシウム・マグネシウム・シリカなどのミネラルが、床タイルの滑り止めの凹凸に留まって表面で干上がり、それとカビやら石鹸カス(ネトネトと脂っこい白色系の汚れ)が混ざり合って、数年かけて積み重なり、このようなまだらに。

塩素系カビ取り剤や浴室用アルカリ洗剤を使うことで、カビと石鹸カスの混じり気が多い箇所は若干薄くなった。しかしシリカの含有率が高い箇所など一般用の洗剤ではぜったいに反応しない部分は残る。残ったところを足掛かりに新たな水垢が積もる。それをモザイク状に何度も繰り返しているうちに、こんな感じに。

ウォッシュテックにおいては、

「他のハウスクリーニング業者では落ちないと言われました(あるいは、実際に依頼したけれど変化なしだった)。この床、きれいになりますか?もう交換しかありませんか?」

と、お問い合わせ頂くことがひじょうに多い汚れです。

浴室クリーニング後。

unitbathyukatairuberoberomizuaka1.jpg

質感の違いがよくご覧になれますよう、おもいっきり接写してみました。

タイルの細かな凹凸。グレー色の目地。これがニュートラルな床の状況です。

迷彩柄みたいにまだらに汚れた浴室の床。水気で湿った状態よりも、完全に乾いた状態の方が、より目立って見えます。

この水垢汚れ。賃貸物件や中古物件の内覧のときに気にされる方が多いのは、「濡れてない(ドライな)状態で見せなければならない」からかと思います。

通常一般的なハウスクリーニングを入れても状況がほとんど良くならないこともあり、「まだ使えるユニットバスだけど、取り替えねばならないか…」とネットで調べられている方のお目に留まりますように。

リフォームしたら軽自動車を買えるくらいの出費になりますもの。

加えて、この状況であれば、築年数は相応です。ユニットバスだけリフォームしたら、他との釣り合いも崩れます。購入されるとすれば、今後の水まわりのリフォーム計画も変わってきます。

リフォームをしてユニットバスを交換したとしても、内覧に有利になるかどうか、正直ワカランというのが私の考えです。

日時:2016年1月24日 PM 03:13
浴室鏡のコーティングを削り落として機能を損なわず、白い汚れだけをクリーニングする

真っ白になった浴室の鏡。

kagami-mizuaka-coatingwokezuranai0.jpg

以前、ダイヤモンドで鏡の水垢(うろこ)を落とすと、またすぐに汚れる理由を書きました。

もう一つ、ダイヤモンドでは「いけない」理由があります。

ここ15年ほどかと思いますが、ユニットバスの鏡は、汚れにくい(白く曇りにくい)ように製品出荷段階で「コーティング」が施されている例が増えてきています。

特に2008年以降のマンションでは、もはや標準仕様になっているように思います。

バスミラーのコーティングは、極めて繊細です。分子レベルの厚みしかなく焼成温度が低いため定着力が低いため、例えばタイルの釉薬や塗装などと比べて「ものすごく取れやすい」。

ダイヤなんてガッサガッサした硬いもんをガーッと(←オービタルの動きをイメージしてください)当てたら、ひとたまりもなく削られて剥がれてしまいます。

コーティングは先ほども書かせて頂いた通り、極めて薄く透明の膜ですから、「ある」か「削れて消失した」かは、よほど目が慣れた人でなければ見分けることはできないと思います。

ダイヤを当てれば鏡のコーティングは、即時、死す。

ハウスクリーニング業者がその事実を知っていても知らなくても、お客様が気づかれても気づかれなくても、もとよりある機能を我が手で奪うのは、あまりにも罪深いのではあるまいか!

しかも、浴室の鏡の水垢除去は、別料金だったりする。除去後、コーティングは死に、更に水垢が付きにくい鏡として生きるしかない。(ね、罪深いよね?!)

ウォッシュテックは、鏡をクリーニングする際、コーティングを殺さず水垢(汚れ・曇り)だけ取れる。

kagami-mizuaka-coatingwokezuranai1.jpg

どうやって!?

他のハウスクリーニング業者に出来ず、もちろん一般のおそうじ好きの方にも出来ない技術。ウチは、それで飯食ってます。

私どもは、無益な殺生はいたしませぬ。

コーティングを殺さないから、鏡一つとっても、ウォッシュテックの浴室クリーニングは、一回やったら、なかなか汚れない。それゆえ、あんまり頻回に頼む必要がないということです。

ただし、パナソニック(松下電工)のクリアコートミラーは、いかなる技術をもってしても「モヤッとした仕上がり」になります。

「モヤッと」と言っても、肉眼で確認できるかどうか…というレベルです。ウォッシュテックでは、一部実際にクリーニングしてみてお客様に「この程度モヤモヤとしますが、続きをされますか、何もなさいませんか」とご判断をお願いしております。

たいていの方は「鏡としての機能を取り戻すことができるなら、その程度のモヤモヤは全く気になりません。白い汚れを取り除いてください」と、ご判断なさいます。

そして、「それよりも…数年でこんなに汚れるのにコーティングが施されていたとは。そして、他のバスミラーでは攻略できているものが、この製品だけがモヤモヤと剥がれ落ちてしまうとは。製品やサービス一つにも、企業姿勢というか何を大事にしているかが如実に表れているのですね」と仰る方が多いです。

私どもは、実際に何千件と住宅の汚れや劣化の仕方を定点観測しておりますから、メーカー(作り手)の考え方がよく分かります。浴室鏡は、一般の方にも分かりやすい例かもしれません。

日時:2015年12月22日 PM 02:46
浴室の扉から出て来た汚れダンゴ

ユニットバスクリーニング

社長、浴室の作業中。私が洗面台のクリーニングに入るべきかと声掛けしようとしたら、ん?

なんだコレ!?

ohuronokabidama.jpg

あーそれね、扉の枠の下側にモッサリと髪の毛とカビと絡まったえも言われぬネトネト汚れがあったのと、扉のスリットから出て来たえもいわれぬ汚れ。

めんどくさかったから水気を絞って置いといた。あとで捨てるわ。

!!

換気扇から取れた油ダンゴは硬い柔らかいのよく見るけれど、浴室にもダンゴ、いた。

なんだか心にグッときたものの、宝物にはしたくない…即刻ゴミ袋にイン!(笑)

日時:2015年12月20日 PM 03:16
シリカスケールって何だ? 追記

先日、「おそうじしても取れない白い汚れは何なのか」「それはシリカスケール」という記事をアップしました。

すみません。白状します。あれ、あんまりシリカスケールではありません。

導入部として分かりやすいので、カルシウムけっこう多めのをアップしました。

ツウの方からすれば、「あれはシリカスケールとはいえないよね〜」とバレバレじゃないの。うわ恥ずかしい、耐えられない。なので、今回はザ・シリカスケールの画像をアップしてみます。

えいやー!

sirikasukeil-bath-panel0.jpg

ユニットバスの壁面パネルです。

薄くて見えませんか?同じ画像をズームしてみます。

sirikasukeil-bath-panel0zoom.jpg

薄く白っぽい垂れ跡みたいなのが、ご確認できましたでしょうか。

シリカスケールの特徴は、下記の通りです。

1)濡れたら消える。完全に乾くと現われる。

2)凹凸も質感の変化も、ほぼ無し。手で触る程度では差を感知できない。光に透かすと目視できる。

ともかく、うっすーいのです。でも、確かに見える。しかも消えない。なんでしょうね、ゴースト的な存在の水垢のような。

シリカは、極めて特殊な酸にしか反応しません。しかし、その酸に一定の条件を順守せず触れると、浴室の樹脂やタイルやパネルなどは、たちまちにして変質してしまう。光沢が無くなり、色が変わってしまいます。

つまり、極めて難度の高い洗剤を、正しくオペレーションできなければ、…ドーン!!(←笑ゥせぇるすまん)

ドーン!ってなったことがあって、トラウマ的に手を付けない。ドーン!は怖いって聞くから最初から手を付けない。それがハウスクリーニング業者の「シリカスケール・スタンダード」。

乾いたら見えるけど湿っていたら見えない。なので、ハウスクリーニング業者は、濡れた雑巾で軽く水分を取った状態で引き渡します。アフターの写真も、ちょっと湿った状態で撮る。お客様が後から気づかずお風呂に入って一度でも濡らしてしまえば、それでセーフ。

しかし。他の業者ではでき得ない現場をやって12年サバイバルしてきたウォッシュテックは、

真性シリカスケールも、ツルーン!

sirikasukeil-bath-panel1.jpg

ズームしてみます。そうそう、この写真はもちろん完全に乾燥した状態で撮影しております。

sirikasukeil-bath-panel1zoom.jpg

傷つけて削っていません。薬品でただれた跡(スジスジ)も全くありません。光沢感が戻っており、平滑なので前にいる社長中島がクッキリ鏡のように写っています。

以上、シリカスケールだけを素材を傷めることなくオフできるという画像でした。

これならツウの方がご覧になっても「ワンダフル」と言っていただけると思います。

なお、今回の写真は、元々傷が付いていないのでツルッと取れた例です。

シリカスケールと当てずっぽうに戦ったハウスクリーニング業者が一度でもあった場合、あるいはゴシゴシガリガリとお客様ご自身が深追いをされた場合は、復旧レベルが著しく低下します。ご用心!


日時:2015年12月16日 PM 01:30
浴室タイルの白いカリカリもやもや汚れをクリーニング

浴室の床。陶製タイル。

這いつくばってブラシでゴシゴシそうじしても、ぜんぜん成果が出ない!

濡れたらいったん消えるけど、乾いたらまた現れる!

この白いカリカリ汚れは何なんだろう?

yokusitutairumizuakauroko0.jpg

それはですね、水道水の中に溶け込んでいるシリカを中心としたミネラル(イオン化した金属)が、その場で干上がって、積もって積もって白く目で見えるまでに積もっちゃったものです。

このブログでは、こういう硬くて白いカサカサ汚れを大雑把に「水垢」と説明することが多いのですが、水垢を構成する成分は、その地域の水源によってまちまちです。

たとえば、カルシウムがほぼほぼということもあれば、マグネシウムが多めなこともあるし、この写真のようにシリカの含有率が高いこともあります。

もちろん、そもそもミネラルなんか、ほとんど含まれていないという地域も少なくありません。豪雪地域や火山がない地域では、水垢を見たことが無い方もいらっしゃることでしょう。ウォッシュテックがある首都圏では、残念ながらそういう地域は皆無であります。

カルシウムは、柔らかくて溶けやすい金属です。チョーク。卵の殻。お酢で溶ける。中学の理科の実験で、カルシウム片に塩酸かけたらショワッと消えた。ね、わりと親しみをもってイメージできますでしょう。

従いまして、比較的、かんたんに落とせるんです。ちょっと酸の扱いが分かっているおそうじ業者であればツルッとクリアできると思います。

一方、きわめて難しいのはシリカです。私どもでは「シリカスケール」と、他の水垢とははっきり区分して称しています。

シリカはですね、えーと…運動場の砂を、しゃがんでじっくりご覧になると発見できるかと思います。運動場って、全体にベージュっぽい色あいなのですが、よく見ると小さい鉱物で構成されていますよね。その中に、透明の白っぽい、ちょっとガラスのようなツブツブがあると思うんですね。ちょっと黄色っぽいとか、ちょっと灰色っぽいとか…少なからずの量、あると思います。

そして、地下水をイメージしてください。山に降った雨水が、いったん地面に吸い込まれます。地中にある、さっきの白っぽい透明の鉱物を溶かしながら潜っていって、泉から噴き出す。集まって川になっていく。飲用OKの水道水にするにしても、不衛生な菌への対処はされてもミネラル分は(基準値を超える極端な例を除き)ほぼそのまま、我が家へ。

かくして、その水道水を使って生活をすれば、うっすらガラス質の石がビッチリくっつくことがある。と、いうわけです。

そういった経緯があるため、地下水源がメインとなっている地域は、シリカが特に多い傾向が見られます。

上の写真をズーム。これが、お掃除しても変わることがない、乾くとまた浮き出てくる水垢。シリカが含まれる白い汚れ「シリカスケール」!

yokusitutairumizuakauroko0zoom.jpg

黄色っぽかったり、灰色っぽかったり、超接近で見た砂の色を思い出されると「そうか!」ってなると思います。

この流れを知っているハウスクリーニング業者は、極めて少ないです。従って、対処方法が全く分かりません。どんなケミカル(洗剤)か道具が有効か、それも思いつかない。ならば、落とすことは出来ない。薄くすることもできず、ギブアップするはずです。

こちらのお客様も、大手ハウスクリーニングに依頼したが、変わらず。ネットで見つけたハウスクリーニング業者に依頼したが、変わらず。

そして、ウォッシュテックに辿り着いて下さいました。4年くらい「あれもだめ、これもだめ」と、されていたのですね。

今回のお客様のお話では、前回に頼まれたハウスクリーニング業者の様子は、下記のようなことであったそうです。

9時に来て、夜の7時まで作業をしていました。リビングからも聞こえるくらいの音で「ガーリガーリ」何かで擦っていました。

終わった後のバスルームは、壁はわりかしきれいになっていたのですが、床はほぼ変わらずでした。翌朝、乾いた状態で見ると、ちょっと湿った昨晩よりも「さらに、ほぼ変わらず」という印象。

そのときは、こんなに長時間がんばってくれたんだから、と情にほだされたものの…でも、汚れが変わっていない事実は、納得できないでいました。

そう、つまり、前回のハウスクリーニング業者は、とてもとても困っていたのです。解けない問題を目の前にして、手の尽くしようがないけれど何とかしなければならないと。

ウォッシュテックの浴室クリーニング後の様子。

yokusitutairumizuakauroko1.jpg

水垢のモヤモヤがあったときは、すぐに焦点が合ったんですが、タイルがニュートラルな状態だとピンボケして上手に撮れません。しょうがない。ズームをもう一枚。

もちろん新品同様、新築に戻るわけではありません。でも、不潔っぽくてもはや全く愛せない…という状況はまぬかれたのではないでしょうか。

yokusitutairumizuakauroko1zoom.jpg

もちろん、ガリガリと削り落とす音も無し。ポリッシャーが回る音と、ブラシが軽やかに当たる音だけです。

通常のユニットバスよりは時間が掛かりましたが、15時すぎ無事終了。前回の業者と同等の料金です。

自分が対処しきれなかった汚れを前に、「もうちょっと時間を頂ければキレイにできるはず」「もうちょっとお金を頂ければキレイにできるはず」と考えるハウスクリーニング業者は、多いもの。

違います。そう考える人は、何日かけても何十万もらっても、シリカスケールを落とすことはできない。

劇薬でタイルの表面ごと焼いて溶かしてしまうか、取らずに上から塗装をして隠蔽するか、お客様を説得して勘弁してもらうか。いづれかの方法を採らざるを得ない。シリカスケールだけを除去するのではなく、ぜんぜん違うことをしなくてはならない。

時間やお金を理由にして、自らを省みず努力しようとしない人間か、否か。シリカスケールは、ハウスクリーニング業者・おそうじ業者の資質を分ける、いわば踏み絵のようなものなのです。

ハウスクリーニングを頼まれる方が「シリカスケール」をご存じならば、より効果が高いハウスクリーニング業者をすぐに見つけることができます。貴重な時間とお金。有益にお使いくださいますよう。

追記の記事:これはまだまだカルシウム多めの水垢だ。真性シリカスケールってどんなんだ?

日時:2015年12月14日 PM 12:23
浴室 曇って見えないワイドミラーとカサカサの浴槽

前回の社長の現場日誌の続きを、わたくしめがレポートします。

INAX社製、黒を基調としたユニットバスのワイドミラー。

なんにも見えないわー。浴室を広く見せる目的のはずなのに、白い四角が貼られているみたいになっています。

INAX thermofloor mirror kumori0.jpg

続いてこちらは、浴槽の縁(ふち)。これも白くパサパサと卵の殻のような膜が薄くのっかっています。よく見ると、モヤモヤと丸い形が重なったような跡。

INAX thermofloor yokusou kusumi0.jpg

たまさか浴室クリーニングの「床だけ」「鏡だけ」とオーダーをいただくことがございますが、浴室の場合、「床だけ」「鏡だけ」が汚れている例は、ほとんどありません。

一部分だけ特に気になる箇所があると仰る場合でも場合、実際に見てみると「浴室全体が汚れている」と判断できるように思います。

ここのホクロさえ無ければ、けっこう私って若いよねーと思って除去した。しかし、…やっぱり全体の帯状毛穴とほうれい線がフケ顔のイメージを作っていたんじゃないか?そりゃホクロが無くなったのから、無くなっただけの価値はあるけれど、問題はポイントではなく全面的だったんだな…。

のようなことが、「家」にもあるのかもしれません。

浴室クリーニングの料金は、現場に伺うまでの交通費や浴室用のユニットをきれいな状態から下ろすことに掛かってきますので、一部分だけのご依頼は、多少額面が小さくなったとしても、とても割高になります。

「結果を出し、満足を得る」とすれば、浴室一室をされる方がやはり合理的ではないでしょうか。

床とカウンターから視線をずらして、ワイドミラーはこんな感じ。もちろん壁面もツルツルっとしております。

INAX thermofloor mirror kumori1.jpg

浴槽は、このように。傷を付けず、殻のような膜だけをツルッとピーリング。当初のアイボリーホワイトに戻り、ニュートラルでプルプルの触り心地に。

INAX thermofloor yokusou kusumi1.jpg

社長、勝利のピース?

よく戦ったので、それもあるかもしれませんが、こういうときの写真は、指と手の形がクッキリ見えて欲しいからチョキにして頂戴と私がお願いしたのでした。

日時:2015年12月 9日 AM 11:44
INAX 黒を基調としたユニットバス サーモフロア床とエンボスカウンター

品川区大井町で浴室クリーニング

INAXの黒色のサーモフロアとエンボスカウンターでしたので、金属石鹸だけでなく、水中のミネラルがスケール化したものは、白色に近いために、濃色は非常に目立ちます。

INAX thermofloor mizuaka0.jpg

INAX thermofloor counter mizuaka0.jpg

一般の方のおそうじではほぼ対応できないものでお困りの方が多いですが、ハウスクリーニング業者にとっても極めて厳しい現場といえます。

私は不器用なので、無い知恵を振り絞って、汚れの種類と、その部材に合わせてケミカルを使い分ける事で、綺麗に洗い上げるしかありません。

INAX thermofloor mizuaka1.jpg

INAX thermofloor counter mizuaka1.jpg

今日は、酸を7種類・中性を3種類・アルカリ3種類・ポリッシュ系4種類、沢山使う、ほんの少し使うなど差違はありますが、使用しました。

INAX thermofloor mizuaka senzai.jpg

まだまだ課題はありますが、現在の私の実力からすれば、最高の仕上がりと言っても良いかもしれません。

日時:2015年12月 7日 AM 10:48
ユニット浴室の折り戸 白く汚れて向こうが見えない!

横浜市港北区にて、ユニットバスのハウスクリーニング

お風呂場の扉の定番デザイン、「ガラス折り戸」。透けている板は、「曇りガラス」と呼ばれることも多いのですが、ポリスチレンやポリカーボネードなどの樹脂でできています。

折り戸の向こうは、洗い場。特に腰から下の位置には、体や髪を洗うときのお湯や石鹸がザバザバ。お風呂から上がるときに半分に折って出てきてしまうので、汚れに気付く機会が少ない。そんなことで、きわめて汚れやすい箇所といえます。

unitbath-orido-yogodedemienai0.jpg

下半分、真っ白、パサパサに曇って、向こう側が見えません。

洗う姿なんて見られたくないから、白くてかまわない。うん、確かに見られたくも見たくもない。美しい裸体ならまだしも。ねぇ。

しかし、洗面所の側に立って眺めると、このシマシマ垂れ垂れカッスカスな扉は、たまらなく生活感たっぷりで、なんだかもの悲しい気持ちになってしまうんです。

と、お客様。ええ、ほんとうに。

浴室クリーニング後、折れ戸のガラス。

unitbath-orido-yogoretemienai1.jpg

スカッと、向こうが透けて見えるようになりました。樹脂板の凹凸も復活!触るとプリプリ、ニュートラル!

この白い汚れは、水道水に含まれているミネラル(カルシウム、マグネシウム、シリカなど)、カビ、石けん成分と水道水中のミネラルがくっついて出来たネバネバべとべとの金属石鹸、その他ヒトの体から落とされたなんやかんやがゴワッとダンゴに混ざって、くっついたものです。んで、積もって、スジスジに。

酸で溶ける○○とかアルカリで溶ける△△のようにクッキリ分類できる組成とはいえず、ゆえに、浴室用洗剤やカビキラーやクエン酸(あるいは酢)によるシンプルな攻撃ではスッキリ解決できないと思います。

もちろん、落とせたらいいんです。軽度であればじゅうぶん落とせると思います。

でも、落ちない。よもや落ちたー!と喜ぶも、完全に乾いたら、依然としてある。そんな厳しい場合であれば、自力では帳消しにできない汚れであると認識される方が、疲れることがないと思います。

いよいよ風邪の季節。でありながら、イベント続きの時期。お客様が洗面所をお使いになる機会が増えて参ります。

「この扉…うすぼんやりした浴室の中は、いったいどんなことになっておるのだろう…」

などと、お客様のお気持ちをモヤモヤさせないためには、やはり入口、浴室扉のイメージ向上は重要ではないでしょうか。

なお、今回の写真は、浴室内部から撮影しています。浴室の壁面がツルっと光ってくれているので、窓が無く、浴室内および洗面脱衣所の照明が全く同じでも、浴室クリーニング後の写真は、ちょっと明るく撮れています。なんど撮り直しても明るく写ってしまう。スマホの目は、正直だと思います。

日時:2015年11月19日 AM 11:14
ユニットバス パネル壁面のパサパサ汚れをツルツル・キュッに洗う

横浜市の戸建。ユニットバスのハウスクリーニング

「お風呂掃除、ここはゼッタイやる」とお考えになる箇所は、おそらく浴槽と床なんじゃないでしょうか。

湯船に背中やおしりが直接触れた時、ニュルッとくると気持ち悪い。床に触れた時、足元にカビやヌルヌルを感じると、台無しに思える。なので、わりと頻繁にチェックされて、こまめにお掃除されているんだと思うんです。

そんななか、浴室の壁って、ちょっと影が薄いんですが、

unitbath gasagasayogore1.jpg

腰の高さから下あたりのパネルは、このように汚れていたりするのです。

床付近から浴室上部の照明を見上げる感じで確認すると、目視しやすいです。

水垢がウロコのような筋のような垂れ跡になり、髪や身体を洗った際に跳ね返った石鹸が水道水と化合して石鹸カスになり、重なり積もってモヤモヤと濁って見えます。

この状況になると、お風呂掃除用の洗剤を付けたスポンジで擦っても、カビキラーでも、ほぼ変化なしだと思います。

市販の浴室掃除用洗剤では、この汚れを中和させる能力が足らず、カビではないのでカビ取り剤は効きません。「いいえ、がんばったんだから、落ちたわよ。さすが私、スゴイ」と思っても、完全に水分が乾いてから再度ご覧頂くと、ぜったいに残っているはずです。こいつは、そういう汚れです。

unitbath gasagasayogore2.jpg

浴室クリーニング後の、ユニットバスの壁面パネル。

「えっ…うちのお風呂の壁って、こんなんでしたっけ…?」と、お客様。

「パサパサ」「光沢が無い」「ぼんやり」な壁が日常的になっているためか、まっすぐに照明を写し取って明るく光る壁に「ハッ!」とされる方は、少なくありません。

大理石調の模様が鮮やかに戻り、触るとツルツル、指先がうるおいたっぷりの場合は、つっかかってキュッキュッ。

何も乗っかっていない、そのまま、ニュートラル。元々のパネル。そうです、忘れてたかもですが、こんなんだったはずです。

ついでに、タオルハンガーもバッキバキに真っ白しろだったのですが、ツルッキラッと清潔になっています。逆光なので全く写ってませんが、社長が隣で「ここも、すごい変わったんだよー」と悶えているので、いちおうお知らせしておきます(笑)。

壁面の樹脂パネルは、とても柔らかい素材です。浴槽よりも、もちろん床よりも。ガッシガッシ擦ると、手の動きのまんまに傷が付きます。酸で湿布するなどの方法もTVや雑誌でよく見られますが、汚れの成分の一部分にだけ効いて残ったヤツが強固に残ったり、素材そのものにダメージを与えたり、リスクがありますんで、やめといてください。

手肌に触れる機会は少ない「壁面」ですが、実は、お風呂でフゥとひといき落ちついた時、いちばん目に付くところ。

お客様から伺った話ですが、そういうことから、ここがバッチリできていると、ものすごく気分が上がるんですってね。

浴室パネル壁のビフォアアフター写真が、このような角度からのアングルで掲載されているハウスクリーニング業者は、きわめてまれです。

この汚れを「傷付けず、ツルッと落とす」技術を持ち合わせているハウスクリーニング業者が、きわめてまれであるからです。

このアングルで撮影すると、ポツポツッと残っていたり、薄くモヤッと残っていたり、どうしてもアラが目立ちます。だから、ちょっとしたアラごと掲載するか、いっさい載せないか、という二択が実状です。

いま、だいたいの個人に、鮮明な写真を撮れる端末があって、サクサク見れる環境がある。そしてウォッシュテックにはツルッと落とせる技術がある。ならば、いちばん厳しい角度から撮って載せる。写真が全てを語ってくれる、ありがたい時代だと考えています。

日時:2015年11月13日 AM 10:37
ハウスクリーニング後に目立つ、ユニットバスおそうじ傷の跡

横浜市港北区の戸建にて、ユニットバスのクリーニング

HPおよびブログに、「手持ちのウエポンだけで戦うなかれ」「落ちない!ムキーッ!と頑張るなかれ」「的確なタイミングで投げるのが安パイ」など、【傷アカン論】を度々書いてまいりました。

なぜなら!ひとたび腕力で削り取られた跡は、ハウスクリーニングで「なかったこと」にできないからです。

unitbath-soujidedekitakizu.jpg

ネバネバと脂っこい石鹸カス、白くパサパサとマットな水垢、ヌルッとしたカビ…浴室を覆っている各種汚れを段階的に取り去り、乾いた柔らかな布で水気を完全に拭き取る。と!

擦り傷が、クッキリ現われた!

がしゃがしゃがしゃがしゃ。固いスポンジをグッと握って力を込めて動かした跡が、如実に分かります。

ものを取り囲む部分を縁取るように、直線的だったり円を描いたり。もちろん、私どもの手の動きとは全く違います。

家庭にある洗剤やセスキでは、ほんとうに初期段階の汚れしか中和することができません。洗剤の能力が低いので、ある一定レベル以上になると、落ちないです(キッパリ)。汚れの落ちなさを補おうと登板しがちな道具といえば、固いブラシ・ゴワゴワのスポンジ・メラミンスポンジかと思います。落ちない汚れは、こそげとりたくなっちゃいます。なので傷がつくのは、当然の流れというか不可抗力というか。すごく分かるです。

しかし!

STOP the ゴシゴシ。

ゴシゴシしたくなって硬い道具を握ってウズウズしたら、この写真を思い出してハッとしてください。

ウォッシュテックのハウスクリーニングは、独自路線。

付着した汚れだけを取り去る。素材の表面を化学変化させない。着実に劣化につなげる凹凸傷を作らない。

このための技術を徹底的に追求し、13年。つるっとなめらか、素材そのままニュートラルな感触、キュキュッとした触り心地。そういった表現がこれほど多用されているHPは、ちょっと他には無いと思います。

汚れだけを的確に取り去ることができないために、傷に傷を重ねて汚れごと削り取る方式のハウスクリーニング業者が、世の大半であるからです。

傷が付くということは、新たな凹凸ができるということ。できた凹凸を足場にして、すぐに汚れはこびりつき、凹凸にこびり付いた汚れは、ツルッとすべり落ちないので、どんどん汚れやすいものになる。

自然になるというか、人為的に、そうしているのです。

見た目だけではありません。汚れは、長く付着すると、着実に樹脂や金属を酸化させ、脆くフガフガと弱っていきます。

浴室など設備の損傷が早い世帯は、たいてい汚れと傷が多く見られます。つまり、汚れと傷を付けていると、お金が掛かる…ローン返済中の設備リフォームは、ものすごくキツい!浴室のリフォームは付帯工事も多く、ちょっと車が買えちゃうくらいの勢いです。

なるたけ傷を避ける。傷をつけない管理をしてゆく。その重要性に早く気付いた人は、それだけで大きな節約ができると思います。

関連ブログ:鏡の「おそうじ」傷

日時:2015年10月 6日 PM 02:47
浴室ドアのカビ汚れ&カビ取り剤のリスク

ユニットバスの扉。カビがダラーッ。隙間に汚れがビッチリ。

unitbathdooeslitkabi0.jpg

これは・・・カビ取り剤のTVCMと同じ状況!ならば、スプレーするしかない!

黒いカビの根っこが、みるみる白くなっていくCGを脳内再生させながら、興奮。シュッシュッシュッシュッー!

実は、この写真。お客様が既に「カビ取り剤」で頑張られた後の状況なのです。

「そりゃあ、そんなにうまくいくはずありませんよね…どうか、お願いします…」と、お客様。

一般の方が装備されている「お風呂掃除」の最終兵器といえば「カビキラー」などの塩素系カビ取り剤ではないでしょうか。お風呂用洗剤で取れなければ、うん、これは強力な汚れだからカビキラーだな。と判断される方が多いようです。

しかし、ちょっとお待ちください。

この浴室のドアの汚れは、カビというよりも水垢なのです。水道水が残ってカビる。カビの上に水道水が乗って乾燥する。そこにまたカビが…というように、水道水の中に含まれているミネラルとカビと、その他もろもろの汚れがカッチリ固く混ざり合い、こびりついているのです。

生活の中で出来た汚れは、Aの物質だからaの薬剤で中和、Bの成分はbで無効化できる、というようなシンプルな考えでは決して解決できません。モジャモジャと複雑に入り組んでいる。だから、生活の様子から推理したり、経験から予測したり。化学的考察がなければ、ビクともこないと思います。

「塩素」で「カビ」は「死滅」する。研究所のシャーレの中で培養されたカビは完全にノックアウトできる。TVCMは100%正しい。でも、あなたの家のお風呂場の、その目の前の黒っぽいソレには、どうか分かりません。

話を戻して!塩素系のカビ取り剤は、水垢にはほとんど効果が期待できません。

ほとんど、と申し上げたのは、水垢の隙間から覗いている表面上の「ネトネト系」「カビ系」には効くためです。カビキラーを使うと、ほんのちょっと薄くなるのは、そういうことです。水垢の内側に抱き込まれたカビの色素やカリカリに硬い白い水垢は、依然残るはずです。

そして!カビキラーをガンガン日常的に使うと、むしろ汚れやすくなるのはご存知でしょうか。

水垢にほどよくブレンドされていた「ネトネト・ブヨブヨ」っぽい汚れがカビ取り剤で抜け落ちて、カリッカリに石みたい、それこそ純粋な金属に近づくような形になっていくのですね。

「ザ・水垢」っちゅうか、エリート水垢っちゅうか、いかなウォッシュテックでも完全には取りきれないレベルに強固な水垢に育っちゃうのです。

水垢は、ご存じのとおり、白っぽいマットな質感をしています。卵の殻みたいな粉っぽい質感があります。艶が無い。つまり、凸凹。

もちろん、樹脂や塗装にもダメージは大きいです。塩素系カビ取り剤を使い続けたユニットバスがパッサパサになるのは、表面が焼けただれ、脆くスカスカになっているためです。つまり、凹凸。

表面に作られた凹凸を足掛かりにして、さまざまな汚れが引っ掛かり、積もる。更に大きな凹凸が出来て、そこにまた、積もる。積もる。ですから、より早くより強く汚れやすくなる傾向が見られます。

きれいにしたいと思ってバシバシカビ取り剤を使っている。なのに、よけいに汚れは深刻に。衛生的に保つためにしていることが、むしろ衛生的に保ちにくい状況を作っている。なんと悲しいことだろう。現場で何度もそのように思うことがあり、今回、書いてみました。

unitbathdooeslitkabi1.jpg

浴室クリーニング後

特殊な洗剤を何種類も段階的に使い、白く。おそらくカビに悩まれて戦っておられたのでしょう、ちょっとドアの枠の白い塗装が、粉っぽくパサついて、艶がありません。うぅ、もうちょっと早くお伺いしたかった!

スリットにも、水垢がビッチリ。竹製の薄いヘラなどを駆使して固い水垢とカビを物理的に除き、洗剤で和らげて、ブラッシングして、スカッと風が通るようになりました。

換気効率がアップ!湿気や熱気が早く抜けるようになり、浴室全体のカビも軽減するはずです。

今日のポイント。

・浴室の扉にビッチリの黒カビの実態は、カビだけではなく水垢の性質が強い。

・水垢に対して、カビ取り剤は、ほぼ効果が見られない。

・カビ取り剤の常用は、リスクを伴う。健康へのリスクではなく、資産維持や衛生管理の意味合いで。

日時:2015年5月27日 PM 03:53
浴槽の縁(ふち)、白い曇りとガサガサ汚れ

ウォッシュテックは、ただいま年末大掃除シーズンまっさかり。本年度も、晦日までフルスロットル営業です。…ぷるぷる(←武者ぶるい)

今回は、横浜市都筑区の戸建にて浴室クリーニング

2006年頃からマンション・戸建てに関わらず多く見られるタイプのユニットバスの浴槽。入るときに跨ぐ「湯船のフチ」が、少し広い。

フラットな面積が広いため、水道水が「そこに留まる」→「そこで乾く」を繰り返しやすくなります。なので、

このように、ガビガビというかザラザラというか、あるいはモヤモヤ?曇っているような濁っているような、白っぽいベージュ色の汚れが、ビッチリとこびり付きやすいです。

unitbath-yokusofuchi-gabigabiyogore0.jpg

ご自宅の浴槽、こんなふうになってませんか。斜めから透かしてチェックしてみてください。

「わ!なってる!」でも!焦ってクリームクレンザーや重曹などを硬いスポンジに付けて、ゴッシゴッシと擦られないでください。

この汚れは、カルシウムやマグネシウム、シリカなどのミネラル(ミネラルウォーターの「ミネラル」。水道水中に含まれる成分です)が、その場で干上がって凹凸を作り、そこを足場にして更に重なり積まれて出来たもの。「水垢」と私どもでは称します。

水垢は、ユニットバスよりも、硬い。

石のように硬い。クエン酸やお酢では溶けて無くなることはない。この原則を覚えてください。

水垢だけに着目してガッシガッシとやりますと、ユニットバスごと削れてしまいます。そして、更に深い凹凸を作ることになり、より一層ガッツリと固着、私どもですら取れないくらいの厳しい水垢を形成する結果となります。

これから年末に向け、さまざまなテレビ番組や雑誌などで大掃除特集が組まれます。多くは、「ヒドイ汚れを取る=すごウデ」あるいは「Aの汚れにはaを使う、Bの汚れにはbで」のようにまとめられます。しかし、その情報では解決に至らず、「え…テレビで見た通りにいかないじゃん。ごしごし。こんにゃろう」って、なりやすいので気を付けてください。

なぜこの水垢ができたのかを知れば、水垢を付けない心構えや工夫ができます。自力では取ることができない難しい汚れを作らない生活が、いちばん大切。そして、ここから先はギブアップ、その見極めを正しくできること。それが二番めに大切といえます。

それが、高額な設備を長く気持ち良く清潔に使い続ける「ホント」のキモなのです。

「個人の感想です」「取れない場合もあります」と常に右下にテロップがあるのを見ると、私、いつも心配になります。「あ、また、無理をする人が出ちゃうなぁ」って。

ウォッシュテックのハウスクリーニングは、日々のお掃除からギブアップされた水垢汚れも、この通り。

unitbath-yokusofuchi-gabigabiyogore1.jpg

なめらか!ご自身でムリムリ頑張られていないので、ガサガサ傷は無し!初ハウスクリーニングのお客様なので、変な清掃業者に削られた痕跡も無し。

作業者・中島がスマホを構える、その指の一本まで見えます!(作業前の写真↑と比較してみてください)

もちろん、触り心地はムッチムチ。明らかに元の素材とは違う奇妙なスベスベぬるぬる感も、ザラザラごわごわ感もありません。

みなさんも、適切なタイミングでギブアップされて、長く美しく。ユニットバスのリフォームは付帯工事も多く、高額ですからね!

日時:2014年11月14日 PM 01:37
ユニットバス 目地があるタイル床の黒ずみ汚れ

横浜市港北区にて、ユニットバスのハウスクリーニング

床は、目地のあるタイル張り。濃いグレーの目地に、陶製のタイル。色は…んん?ベージュかな?

yokusitutile-kibami0.jpg

よく見ますと、まだらに薄い灰色のところがあります。ドア手前と、汚れやすい水栓周辺が、特に黒ずんでおり、濃い茶色のような感じです。

※写真下、右あたりの黒っぽいところは、社長がスマホを構えているところ。狭い空間なもんで、すみません。

「毎日お掃除してみても、いろいろ洗剤を試してみても、ぜんぜん変わらないんです。いろいろ頑張っているのに、それとはうらはらに、どんどん茶色く汚れてきて…。実は、1年前に他のハウスクリーニング業者さんに頼んだのですが、クリーニング後に『これは落ちない汚れです』とそのままで帰っちゃわれて…」と、お客様。お困りのところ、ウォッシュテックのブログをご覧になられて、ご依頼頂くことになりました。

そうなのです、浴室の床の茶色というか黒色というか、この種類の汚れは、軽度の石鹸カスを取り除くための洗剤とカビ取り剤のみで浴室クリーニングを引き受ける業者には、ほどくことはできません。

そのままで帰るならばまだマイルド。「いや、俺はこんな汚れでも取れるんだぜ」とゴワゴワのスポンジタワシやブラシで素材ごと削り落として「ほら、取れた!俺って仕事速いぜ」とするものもおります。同じくらいの値段でも、いろいろあります。ハウスクリーニング業者って選ぶのが難しいです。

あれやってー流して拭いて見てー、残ってるなぁ、ならば次は、これやってー流して拭いて見てー…かくして、浴室クリーニング終了。タイル床の状態。

yokusitutile-kibami1.jpg

焦げ茶色の、固く膜のように覆っていた汚れは、つるりんと剥がれて取れました。タイルは、薄いグレーに、少し濃いグレーのツブツブ模様だったのですね。

「うわぁ!床が!茶色くない!」と、お客様。そこまで驚いて頂けるとは。気持ちイイ(笑)。

濃灰色の目地と淡いグレーの都会的なモノトーンに戻ったバスルームに、「最近買った手桶はクリーム色なんですが、今、選ぶんなら…グレーか白ですね。買い換えようかな…」と、お客様。

バスルームの床は、浴室全体の印象を大きく左右するんですね。いちばん汚れやすいところですが、いちばん見られるんでしょうね。

日時:2013年12月 4日 PM 03:36
ユニットバス 樹脂扉にこびりついた汚れ

横浜市西区みなとみらい地区のタワーマンションにて浴室クリーニング

2005年ごろ以降、タワーマンションのバスルームに多く見られるようになった、平滑な樹脂パネルが張られた、白い枠の浴室扉。

スタイリッシュで軽く、いかにも都会的なデザインです。

新築ご入居時はホウッとため息が出るような美しさです。とはいえシャワーを浴びたり体を洗ったりして毎日ご生活をされていくうちに、汚れゆくもの。

unitbath-door-jusi0.jpg

このタイプのバスドアは特に、凹凸が無く1枚物の板であるために、汚れてしまうと「とても気になる…」とお悩みの方が多いようです。透かして見るとモヤモヤとくすんで目立ちやすいんですね。

そして、扉の枠を見てみると、わ、こっちもガビガビとくもり汚れが付いている。

表面がツルッとしているので、お風呂用洗剤をつけてスポンジでキュキュッと洗えば落ちるんでしょう、と思ってしまうのです。お茶碗みたいに洗えば取れるさ、と。しかし実際にお掃除してみると、落ちない!あれれ?何これ?

ってことは、カビかな?と、カビ取り剤をスプレーされる方が多いのですが、ちょっと待った!

この汚れ、カビキラーでは落ちません。タワーマンションの多くは、室内環境がドライです。じとじと湿り続けることは稀であるため、カビの発生率は少ないです。このモヤモヤは、カビではありません。

このデザインのドア枠は、ほとんどの場合、白い塗装が施されています。ここに塩素系漂白剤であるカビ取り剤を浴びせ続けると、パサパサと光沢を失い、なめらかさを崩してしまいます。表面の塗装が傷んで穴ぼこが開く形に劣化、またその穴ぼこに汚れが入り込んで、とてもとても頑固に。更にカビ取り剤を振りかけたくなる、そしてまた傷みが進む、という悪循環に陥りやすいのです。

的確な作業手順でクリーニングすれば、傷みを与えず滑らかに取り去ることができます。

unitbath-door-jusi1.jpg

ぽっかり浮かんだお月様のように、クリアに浴室天井の照明が映り込むようになりました。あぁ、すっきり。もちろん、指で触った感触も、樹脂本来のムッチリ、キュッ。

使えば古びてダサくなる。いえいえ、ご家族皆様でしっかりお使いになられていても、ちゃんとお手入れされたなら、けっこうかなり長くまでスタイリッシュを保てますよ。

日時:2013年11月11日 AM 11:40
お風呂掃除では落ちない 浴槽、蛇口の白い汚れ

横浜市港北区の戸建。ユニットバスの浴室クリーニング

人工大理石の浴槽の縁とステンレス製の水栓(蛇口)。白くこびりついた汚れ。

jaguti-mizuaka-kumori0.jpg

お風呂用洗剤でも塩素系漂白剤(カビ取り剤)でも落ちない。スポンジで擦っても落ちない。どうしたものか。と、お客様。

この汚れは、水道水に溶け込んだミネラル(例えばカルシウム・マグネシウム・シリカなど)が、その場で干上がって残って固まった「水垢」です。

浴槽の縁は、お風呂のフタが乗っかっていたり、平らですからいつまでも水分が流れずにいたり。そのため、この白いガビガビが付きやすい箇所なのです。水栓の上や付け根もしかり。あっと気付けば、うわー取れない落ちないーということが多いかと思います。

金属質ですから、ご家庭にある洗剤では溶けません。「クエン酸やお酢で水垢が落ちる」という説もありますが、実際のところピンとくる結果にならないかと思います。色々な汚れが混ざり合っているうちの一部は溶けることもあるので、多少薄くなるかもしれません。しかしツルリンとは落ちないと思います。

浴室クリーニング後の浴槽と蛇口。

jaguti-mizuaka-kumori1.jpg

実は、「水垢」、私どもも簡単ツルリンといっぺんで落としきることは出来ません。何度か重ねて順序よく取り除いていくのです。手際を間違えると、わ、落としづらくなって作業が遅くなっちゃった…というようなこともあるので、着実に!

マイルドな酸やアルカリの洗剤を数種使って柔らかくして、微細な泥パックふうの材料を使って傷を付けずに滑らかに整え、乾拭きして、出来上がり。エステの蒸して撫でて拭いて…に似ています(笑)。

写真に写っている傷は、以前までのお掃除で付けられた傷です。深かったため、残ってしまいました。落ちない落ちない、えいえい!と頑張った跡です。取れない汚れに対峙すると、「どうしても落としてやる」と意気込んでしまうもの。よりゴワゴワで、よりガリガリな道具を使いたくなるもの。しかし、硬いスポンジやブラシは、フィルムのように覆った水垢にまっすぐ当たりません。かくして、水垢は落ちず、傷が付くのです。そこを知っていって頂きたいです。

最近の蛇口や金物はステンレスの塊ではなくて、表面に薄くメッキが施されている場合も多いです。軽くて安価ですので、重宝なのです。しかし、メッキであることをお風呂掃除されるご本人がご存じでないことも多いのが実状。

研磨材入りのゴワゴワのスポンジタワシ(お茶碗用の固い方のスポンジなど)でグイグイ擦り続けた結果、メッキは薄くなり傷は深くなり、入った傷からメッキがメロメロっとめくれてきている例も少なくありません。

メロメロっとなっている水栓は、私どもが洗って更にメロメロさせてしまうといけません。これ以上メッキの損傷を広げないように、通常よりもやんわり洗浄することになります。当然ながら汚れの落ちは劣ります。仕方ありません。

「取れない水垢を取ろうとする」のではなく、「取れない水垢は、付けない」。私は、それがご家庭のお掃除の極意だと考えます。ですから、このブログでは「水垢の取り方」は書きません。始めた当初から一貫していますので、検索しても出てこないはずです。しかし、付けなくする方法は何度も書きます

それはですね、水道水がその場で干上がるのを防ぐべく、早々に水を切ること。

窓掃除用のワイパー(スクイージー)をバスルームに一本ご用意。軽くて安いものでじゅうぶんです。お風呂上りに、ぺペッと撫でて、水を切っておく。床と腰から下の壁、カウンターと合わせても15秒くらいで出来ます。それだけで、この厄介な水垢は大幅軽減できますよ。

日時:2013年11月 6日 PM 04:13
浴室の壁面 陶タイルのカビと曇りの清掃

横浜市港北区の戸建住宅にて、浴室クリーニング。在来工法、壁面は陶製のタイルです。

tile-kabe-bath-kumori0.jpg

全体に膜が張ったように光沢が無く、薄く灰色のようなベージュ色のようなくすんだ色に見えます。乾くとサラサラと卵の殻のような感触、濡れた状態ではヌルヌルと感じます。

「お風呂用洗剤のTVCMでやってるでしょう。洗剤をスプレーしてスポンジで洗って、シャワーの水を掛けたら、キラーン!ピカピカーって。絶対あんなふうにならないんです。頑張っても、毎日やっても、ちっともきれいになりません。」と、お客様。

なるほど、実はTVCMでやるようなドラッグストアで市販されている洗剤は、浴室の汚れのほんの一部、それも軽度の汚れしか対応していません。主に金属石鹸や石鹸カスと呼ばれる油っこい白っぽい汚れ。それも厚く蓄積された場合には市販の洗剤ではビクともしないかと思います。しかし、どこでも流通させられて、誰でも買えるくらい安く、事故なく使えるもの、となれば致し方ないことです。

そこで強力な武器として登場するのはカビ取り剤かと思います。しかし、カビ取り剤を浴びせまくると、この曇りはますます固く強靭になってゆきます。また、樹脂や塗装部分を劣化させ、表面が脆くなったり粉っぽく崩したりする原因になります。

浴室の汚れは、多種多様に入り混じっています。何回にも分けて工程を踏んで、面倒でも着実に的確に作用させていってようやく「おお!」という驚きに辿り着けるもの。しかし、一般的に日常のお風呂掃除で使われる洗剤は、たいていは中性のお風呂掃除用洗剤と、これまたアルカリ性のカビ取り剤。武器は2つのみ。しかも、何がどう効いているのか分からないまま使われている。すっきり落ちるはずはありません。

マジックリン、ルック。そしてカビキラー。しかしそれでは解決できない…。そこで、ご家庭のお掃除においては、さらにもう2つ武器を足されることが多いかと思います。

ひとつは硬いブラシ。あるいは研磨材入りのタワシ。これで、洗剤で落としきれなかった目地の黒カビや蛇口にこびりついた白いモヤモヤを削り落とします。目地は硬いブラシよりは柔らかいのでえぐれて凹んでしまいます。黒カビがある目地は簡単に削り落とされるので黒カビは見えなくなりますが、この方法ではタイルの角が立ってきたり、目地が細く弱ってしまって割れたり欠けたり。いけません。もちろんメッキも傷だらけになります。

もうひとつには、メラミンスポンジ。これで、タイルや樹脂の表面を磨きます。しかしながら、メラミンスポンジは、けっこうな研削力があります。もしかしたら表面を覆った白い曇りが薄くなるかもしれませんが、目には見えないレベルで粗く削り落としているので、表面は凹凸になってしまいます。しばらく後、その凹凸に引っ掛かる形で汚れが再度ついたら、滑らかな状況に付着した時よりも非常に頑固になります。私どもにも、もはや手の施しようがない状況に近づきます。これも、いけません。

さっきからダメダメってよう!なんだよう!と、お怒りになるかもしれません。しかし、出来る出来る、やれるやれる、と思われているお掃除方法の方が、「ゴシゴシ、えいやえいや、こんにゃろこんにゃろ」と、強引になってしまいます。対応していない汚れにムリにアプローチして結果を出そうとするわけですから。そして「アイツ(業者)に出来て、アタシに出来ないワケがないでしょうが!」と、どうしても力が入ります。その結果、ダメージが深く、劣化が早く、早い周期で高額なリフォームをされることになる、それは長い目で見て大変な損をされているなぁ、というのが私の所見です。

ご自身でされるお掃除では、きれいにならないこと、ないですか。「そんなことないわよ、うちはキレイよ」と仰る方もいらっしゃるかもしれません。しかし実状、むしろそう仰る方の浴室は傷が多くて、樹脂がボロボロになっていて、私どもにもどうにも手の施しようが無い状況になっていることも多いものです。

「うん、実のところ、きれいごとはヌキにして、正直、うまくいってない」と、お悩みの方。ほとんどの方がそうかと思います。どうか、そこで負けん気を出さないで頂きたいのです。私どもが一つの浴室に使用する洗剤や機械、高くて買えないし難しくて使えないはずです。

ゆえに同じ結果になるはずがなく、であれば、ハウスクリーニングは贅沢ではないのです。

日常のお掃除(ハウスキーピング)とハウスクリーニングは、同じ部類ではありません。異なる両輪がバランスよく走って、ようやく家は気持ち良く長持ちする。私はそう信じます。

「ハウスクリーニング?ありゃあセレブのやるもんだろ?無駄遣い。お前、主婦だろ?女だろ?なんで出来ないの?時間あるだろ?」などと旦那さんに反対されたら、この記事をプリントアウトして、おでこに貼ってください。

かくして、浴室クリーニング、完了。

tile-kabe-bath-kumori1.jpg

淡いピンクと、淡いブルーのデザイン貼りタイルが可愛らしく仕上がりました。今まで一切なにも映り込んでいなかったタイルに、窓や照明がはっきりと見えています。もちろん、触るとキュッ、ムチッと指が気持ち良い。黒くカビていた目地、これも幸いなことにスッキリと白く。

なお、ウォッシュテックは、上にも書いた通りの理由から、目地を固いブラシや粗いタワシで削り落とす行為はいたしません。そして、目地を破壊してでも黒カビを除去して欲しいと仰るお客様は、ウォッシュテックでは非常に稀です。なので、場合によっては薄く黒い色素だけが残ることがあるのです。(もちろん、深く浸透した色素だけ。表面にあるカビの機能は完全に死にます。)何卒ご了承ください。

日時:2013年10月24日 PM 03:28
ユニットバスの扉 白い曇り汚れで中が見えない

夏本番。今年は猛暑だからでしょうか。ネトネト脂っこい汚れや白く硬くこびりついた汚れなど、ご自身のお掃除では成果が感じられない!と、お風呂の汚れでお悩み方が多く、浴室クリーニングラッシュです。

こちらは、みなとみらい地区のマンション。ユニットバスの扉。

unitbath-door-kumori0.jpg

真ん中、汚れが少し薄く見えますね。これは、お客様がお風呂掃除用洗剤を使ってお掃除された痕跡です。

お掃除、頑張ったのにほとんど変わらないんです。表面の粉のような汚れは少し取れたんですが、自分の思っているガラスっぽい感じには戻らず、水気が乾くと、また白い汚れが浮いてきて。せっかくの夏休みを、1日かけて、ビチョビチョになったのに。果てしない気がして…ギブアップです。と、お客様。

まだ築数年の分譲マンションですから、浴室手前の洗面室に設置されたドラム式洗濯機や換気扇のスイッチパネルは新式でハイテクです。整理整頓がきちんとされて、アーバンな洗面室です。しかしながら、汚れは容赦なく浴室の扉を真っ白に曇らせて。ばりばり生活してますよー、もう古いですよー、と主張する。汚れとは、なんと無差別で無粋なヤツなんだ!

浴室クリーニング終了後のユニットバスのドア。

unitbath-door-kumori1.jpg

青く見えているのは、作業のために床に敷いた養生シートです。作業中、合間に撮影したもので、すみません。

ハウスクリーニング以前は、浴室内の色がどんな感じか一切見えず、もちろん誰がどんなポーズで入っているのかも全く分からなかったです。しかし、今は、青いシートが敷かれ、左側にかがんだ社長がいることが分かります(おケツと背中が見えてますね!)。

わ、白くない!見える!と、お客様。そうですよね、窓は、向こうが透けて見えるからこそ「窓」だと思います。

白くて硬い汚れは、お風呂用洗剤や重曹やお酢、スポンジでは、けっして溶けてなくなることはありません。業務用洗剤など強力な洗剤を買われてお使いになっても取り除くことはできません。おかみ、嘘つかない。ですから、どうぞ無理されないでください。硬くて粗いスポンジや、強力な酸性洗剤などを掛けないでください。もしいっぺんでも「やっちまった!」ら、表面が凹凸に傷んでしまいます。私どもにも復帰は困難です。

頑張らず無理せず、定期的に頼む方がむしろラクですね、体力的にも、精神的にも。と、お客様。

私も、そのように考えております。お気持ちお楽になって頂きたくて仕事をしています。お気軽にお声掛けください。

日時:2013年8月 5日 PM 03:54
浴室鏡の白い汚れ

横浜市西区、みなとみらい地区マンションにて、浴室クリーニング

浴室の鏡、ワイドミラーですが、真っ白に汚れで曇って、何も見えません。

wide-bath-kagami-siroiyogore0.jpg

中央部分、ササッと指で触ったような跡があります。ちょっとそこだけズームしてみます。

wide-bath-kagami-siroiyogore0zoom.jpg

鏡の上に、白く覆ったモヤモヤした汚れは、ボディソープ・石鹸・シャンプーなどの洗浄剤と水道水中のカルシウムなどのミネラル分が化合してできた「金属石鹸」。いわゆる「石けんかす」。粘土のようにネチネチとして、少し脂っこいような臭いがあります。完全に乾くとパサパサと少し粉っぽい感じ。洗面器の立ち上がり部分ぐるっと、灰色っぽい白い汚れ、付いてませんか。あれと同じ汚れです。

金属石鹸(石鹸カス)は、よほど分厚くならないうちならば、スポンジとお風呂掃除用の洗剤を使ってのご自身でのお掃除でも比較的容易に取り除くことができます。このように、指で擦っただけでも薄くなります。

少し分厚く積もってしまえば、洗剤でも太刀打ちできない強力な汚れになります。

さらに、その下に隠れている水垢も強敵です。頑張ってお風呂掃除して、石鹸カスはキレイになった!そしてしばらく後、乾燥した浴室鏡を見たら、また白く曇ってる!それが水垢。石鹸カスは、ネットリあぶらっこい汚れなので、水を弾く性質があります。なので、濡れた時にむしろ目立つのですが、水垢は、濡れると姿を隠す曲者です。水垢は少し組成が違って、水道水に含まれているミネラルがそのままくっついた感じです。

ミネラルですから、石みたい。金属質。とても固いです。

なんじゃコラー!おりゃー!と、硬いもので削って落としたくなる衝動、あると思います。ホームセンターやネット通販にも「傷付けない!鏡のウロコ落とし」のような商品が多く売られていますから、ムラムラくるでしょう。ダイヤモンドとか、効きそう。高くてプロっぽいし。しかし、少し待って頂きたいです。ウロコ取りを使い始めると、より汚れが付着しやすくなり、また使う、どの頻度がどんどん上がってゆく傾向があるのです。本当に傷付かずに水垢が落とせるのなら、使う頻度は下がるはず。なのに、なぜ再付着が早まるのか。凹凸がどんどん深まるかたちで削り取っているからなんだと思います。

その方法では、良い結果にならないことを、私どもはたくさんの可哀相な浴室鏡を見て、知ってます。

浴室クリーニング、終了。ワイドミラーが、ワイドなミラーに戻りました。

wide-bath-kagami-siroiyogore1.jpg

あ、こんな人がこんなポーズで撮っていたのか。髭一本残さず剃れる、鼻毛が出ていることに気付く、そのくらいクリアな浴室鏡。お風呂場が広く感じますし、なにより、ツルリと気持ち良いものです。

写真右端、鏡に映り込んでいる浴室扉にもご注目。撮っている姿が、これまたクリアに映り込んでいるでしょう。鏡に付着している石鹸カスや水垢は、同じように扉や壁にも付着しているんです。目立たないかもしれませんが、確かにあります。

お風呂には、カビのご馳走や雑菌のゆりかごスポットがたくさん。間もなく梅雨明け、高温多湿の夏がやってきます。今こそ浴室全域一網打尽にして、清潔で、ゆる〜りリラックスできるバスルームに整えられてくださいませ。

日時:2013年7月 2日 PM 01:07
お風呂場の床 黒い汚れ、カビ

横浜市西区みなとみらいのタワーマンションにて、浴室クリーニング

お仕事の都合で築1年で離れられ、その間3年ほど賃貸に出されており、この度ふたたびご自宅でご生活されることに。

「退去後の状況を見てみたら、自分の予想以上に汚れていて…このまま暮らすのはとても嫌で…。」と、お客様。

水回りでも特に気になられていたのは、浴室。ユニットバスの床、確かに汚れが厳しいです。

yuka-huro-kuroiyogore0.jpg

汚れをズームしてみます。

yuka-huro-kuroiyogore0zoom.jpg

ユニットバスの樹脂の凹み模様に、黒い汚れが埋まっています。汚れの下には、ベージュ色から灰色がかった硬い水垢がこびり付いています。築浅のタワーマンションですから、乾燥しています。カビが繁茂することはありませんが、汚れを防ぐことはできません。

「自分でも洗剤を買って少し掃除してみたんですが、ビクともせず。汚いのに触れるのが嫌で、足、爪先立ちでシャワー浴びてました。」

日程の都合で、借主さん退去から貸主さんご入居までの空室期間内にお伺いすることが適わず、この状態で数日お風呂を使われたのです。さぞやお疲れ取れず、お気持ち下がるバスタイムだったことでしょう、申し訳ないことです。

浴室クリーニング後の床。

yuka-huro-kuroiyogore1.jpg

分譲マンション、分譲戸建てを「賃貸」に出される場合、やはり自分の資産ではないということでラフに扱われやすいのか、貸主(オーナー・所有者)の方が驚くほど汚れて戻されることが多いように思います。

引き払われた後のご自宅の有り様を実際にご覧になり、その場でへたりこんで涙ぐまれた方もいらっしゃいました。特に、新築でご購入された直後に離れられた場合、頭の中にある新築時の印象とのギャップが激しいですから、ショックが大きいように思います。

そのように汚れが厳しい状況ですと、不動産屋さんが手配してくれるハウスクリーニングを入れれば元通り、とはいかないのが現状です。

不動産仲介業者経由で入るハウスクリーニングは、額面的にはとても安価ではありますが、その分、作業時間を短縮し、使う道具と洗剤はとても簡易なものにしています。落とせないと判断した汚れは、粗いタワシで素材ごと削り落とすなどで対応します。今回のような浴室床の場合は傷はつきにくいですから凹凸キズキズになることはありませんが、灰色のにじみのような汚れはそのままで引き渡されるかと思います。賃貸専用物件に比べて分譲賃貸は収納の数も多いですし、手間が掛かります。しかし、不動産業者から提示される清掃の作業代金は、ほぼ割増されないことが通例です。下請業者には、料金交渉の権利が無いことも通例です。ですから、様々な機器や洗剤を駆使してネチネチ頑張ることはできないのです。

自分の大切な資産がそのような扱いをされるのは、いやだなぁ。いづれ売るのに。これから自分で住むのに。

そのようにお考えになる分譲賃貸オーナーの方も、ここにきて増えているように思います。「ローン返済の足しになるくらいの家賃を月々稼いでくれればいいや」のみではなく、長い目で見ての資産価値として意識される方、長期的に支出が少ない物件に保たれたい方には、ウォッシュテックのハウスクリーニングが適していると思います。

借主退去から貸主入居まで限られた期間で作業せねばなりませんから、前もっての日程調整が必要です。中古物件をご購入されてご入居までの間に入れられる空室全体ハウスクリーニングと同様、どうぞ、お早目にお問い合わせくださいね。

お気の毒だなぁ、でも、構造的にどうしてもそうなってしまう。なんとかならないものか。と、思うことが多いこの業界。しかしその中にも、なんとかお役に立てればと思うのです。

日時:2013年5月30日 AM 11:50
浴室換気乾燥機をよく使う 壁面パネルの水垢

川崎市中原区のマンション、ユニットバスのハウスクリーニング

2000年以降に分譲されたマンションの多くは、オプションなしのデフォルトで「浴室換気乾燥機」が設置されています。

首都圏の排気ガスなどの汚染物質を避けるため、またタワーマンションなどの高層階ではベランダに外干しできないため、など都市部ならではの事情がありますから、浴室乾燥できる物件は売りやすいのだと思います。

こちらのマンションは、築2年。

ユニットバスの壁面は、お風呂用洗剤とスポンジのお掃除ではビクともしない固さの、白っぽく粉っぽいような汚れが、だらだらツブツブと覆っています。

kabe-kansouki-mizuaka0.jpg

これは、水道水の中に溶け込んでいるミネラル(カルシウム、マグネシウム、シリカなどの金属)が、こびり付いて出来た汚れです。私どもはこれを水垢と呼んでいます。

浴室乾燥機を使うタイミングは、たいてい夜間。家族全員がお風呂やシャワーを使い終わった後。

お風呂場の壁がビチョビチョに濡れた状態のまま、洗濯ものを慌ただしく干し、乾燥機のスイッチON!翌朝に乾いた洗濯物を取り入れて出勤GO!、というパターンが多いと伺います。

しかし、その方式だと、とても強烈に汚れてしまうように思います。

これはテレビや雑誌のお掃除マニュアルはもとより、マンションデベロッパーや設備業者も、ハウスクリーニング業者ですらあまり言わないことですが…たくさんの水垢に対峙し続けてきて、壁を透かしてみてはネチネチ洗うを繰り返してきた経験から申し上げると、これホント。

浴室乾燥機のスイッチをポンと押すと、ドライヤー並みの熱風が急激に吹き出します。熱風が、まだ床に流れ落ちずに留まっている水滴に直撃。水分だけが干上がり、溶け込んでいる成分は、その場に残ってくっつく。

くっついているだけなら、落とすのはまだ比較的たやすいのですが、乾燥機を使った場合は「焼け付く」という感じです。とても難しい硬さに仕上がってしまいます。

さらに問題は、浴室換気乾燥機が導入されるようになったころから、ユニットバスの壁面パネルはどんどん柔らかに傷付きやすい材質になってきていることです。

水垢をキレイに取り去りたい!と力任せにゴシゴシこすると、壁面パネルごと削れて凹凸に傷つき、さらに水垢が固着して取りづらくなる、という悪循環が生まれやすいのです。

こちらのお客様は、築2年、他のハウスクリーニング業者を入れずウォッシュテックが初めて、とのことでしたので、悪循環を繰り返して復旧困難な状態になっておりませんでした。

浴室ハウスクリーニング後のユニットバスの壁面。

kabe-kansouki-mizuaka1.jpg

まだらに曇って、全体を覆っていた水垢が、ツルッと見えなくなっています。浴室の照明、ドアの枠や取っ手が鮮明に映り込むようになりました。パネルに印刷された白とグレーのマーブル模様も見えるようになりました。

白っぽくパサついていた壁面が、ツルッキュッとパネル本来の質感に変わって、照明が映り込むようになり、明るい印象に。また、まわりの物が壁面に映り込むことで広く感じます。

繰り返しになりますが、他のハウスクリーニング業者に頼まれたことがなく、日常のお掃除でもゴシゴシこすらず、長期間放置されていなかったから、このような「何事もなかったかのような」結果を得られたのだと思います。

これから間もなく、梅雨。浴室換気乾燥機の出番が増える時期です。

乾燥機を使われるときは、浴室の壁面をはじめとした全体をまずスクイジーやバスタオルなどで拭いて水気を切ってから。

その場で焼け付いて頑固な水垢になることを防げます。また、浴室内の水分が切れた状態から熱風を出すので、浴室内に付着した水滴をまず乾かして〜いっしょに衣類を乾かして〜というロスがなくなります。洗濯物が早く乾くようになるし、省エネですよ。

それも面倒な場合は、朝まで換気してから、朝に干すようにされると宜しいです。「換気」は、ファンを回すだけで熱を使いません。朝まで使っても電気代は「浴室乾燥」と比べ、とても安価で省エネです。

お試しあれ!もう水垢付いちゃってる場合は、お早目にお声掛けください。

日時:2013年5月21日 PM 12:56
日常見えない箇所に、美は宿る

雑誌の記事の「掃除のコツは?」特集に、「赤ちゃんの視点で見ること!」と答えておられる方がいらっしゃいました。

確かに。ウォッシュテックでは、ハウスクリーニング後、ご確認とお引き換えの形で、現金ご一括でのお支払いとなるのですが、そこに小さなお子様がお立合いになると、チェックは、とても厳しいものになるです。「ん!」と、汚れを指さし確認された経験が過去数回があります。

以来、身長183センチの社長と、153センチの私、そしてバブバブ目線での見直しを怠らないよう、気を付けています。

そのように、死角というか、気付くまで気にならない汚れは、意外にあるものです。視線の落ち方や物陰にあって、ふだんのお掃除もノーマークで、あッと気付いたら、既にかなり汚れている箇所。

たとえば、浴室の、シャワーのスタンドバーの裏側なんか、どうでしょう。

showerbar-kusumi0.jpg

ふだん、見ないよね!でも、濡れた手でつかんで、水分タラタラ石鹸モコモコのままシャワーヘッドを戻すので、裏側に汚れや水分が滴ってそのまま乾き、ガチガチに硬い水垢になっておりがちです。

金属質の輝きは失われ、触ると痛いほどに尖って固着した水垢、もやもやとマダラもようになったステンレス。部品の継ぎ目からは、黒いカビがはみ出るように覗いていて、特に見えにくい箇所にはヌルヌルした茶色いカビも付着しています。

浴室クリーニング後のシャワーバーの裏側。

showerbar-kusumi1.jpg

なめらかで艶やかな、ステンレスの質感が戻りました。隙間からはみ出ていたカビや、石のように垂れてこびり付いていた水垢も丁寧に取り去られ、清掃後の明るい浴室を映しこんでいます。

183センチの大男が、浴室に這いつくばって、のたうつように細かなヘラで汚れを拾っている姿は、一種、異様な光景である。

しかし、美は、細部に宿る。特に、パッと一目では見えない箇所に、宿るのです。

日時:2013年4月16日 AM 10:12
カビ・ベトベト・ヌルヌルの季節到来 さぁ!お風呂掃除

横浜市の本日の気温、20℃を超えました。こないだ春一番で梅が散って桃が咲いたと思ったら、矢継ぎ早に桜も開花して、一気に、春、到来。

カラカラに乾いて、冷え冷えだった冬、おしまい。

キッチンの水切りトレイを洗うのが面倒だとほっておいたら、ヌルヌルに。

洗濯機のお湯取りホースの吸水口が、ぬるま湯に浸けたままになっていて、翌朝にはピンクのカビが。

今年もまた、微生物との領地争いの日々、始まったかぁ…と、体感。

そんななか、川崎市中原区のマンションにて、浴室クリーニング

ユニットバスのカウンター、鏡、水栓。

鏡から壁面に垂れた白い筋状の汚れ。鏡は、白く曇って何も見えません。混合水栓は、白くブツブツとした汚れがこびりついています。触ると、少しザラザラ。そして、何となく、ねばっこいです。

カウンターは、それら鏡・壁面・蛇口の汚れと水を全て受けるので、これまた固くて強い汚れとなっています。

色は、ベージュっぽい灰色がかって見えます。ベトベトと粘土のような指ざわりの汚れが、カウンターの表面をくるんでいます。表面に汚れが乗っかっているので、元々の質感は失われています。もともとの模様と溶け込んでしまって写真では見えづらいですが、ところどころ、黒い斑点状のカビも。

ohuroba-couter-siroiyogore1.jpg

浴室クリーニング後。

ツルッと、ツヤッと、キラッと清潔なカウンター。ムチムチとした指ざわりに戻りました。

水栓はステンレス本来の艶やかさ。壁面パネルも鏡も、同様。ニュートラルな洗い上がりです。

ネバッとした汚れは、水道水に含まれるカルシウムなどのミネラルと、石鹸や汚れがくっついてできたものです。カビにとっての養分がたっぷり含まれているので、こいつが覆ったお風呂場は、湿度と気温が上昇する梅雨時から残暑にかけて、

ボハー!!

っと、カビが爆発的に大繁殖する傾向が見られます。今はまだそれほど汚れが気にならないお風呂場であっても、その起点となる汚れは、早々に潰しておくに越したことはありません。

私は、ハウスクリーニング業のおかみさんになるまで、つまり、ごく一般的な、お掃除が苦手なお嬢さんであった時代、お風呂掃除の装備と言えば、カビキラーとバスマジックリンのみでした。

生えてしまったカビは、カビ取り剤で殺せます。でも、そのエサとなる汚れは、カビ取り剤では決して落ちません。厚く積もった汚れは、市販のお風呂用洗剤を振りかけても、溶けて流れることはありません。でも、どうすることもできないのです。

だから、お風呂掃除って、テトリスの負けが込んできて、あと5列しかないってところでチマチマ列を消しているようなイメージでした。

いつもいつも追われている。ちょっと気を抜くと、もう、取り返しがつかない。そして、気になる落ちない汚れは、依然、変わらず、ずっとある。そんな感じです。

ウォッシュテックの浴室クリーニングは、装備が豊かです。汚れに応じて的確に機器や洗剤を使うので、テトリスの(←そのたとえ、しつこい?)棒が、ぼんぼこ降ってくるみたいに、悩みがクリアされてゆきます。

いよいよ、春。各ハウスクリーニング業者、浴室クリーニングの真価が問われるシーズンです。ウォッシュテックは、浴室の清掃、得意です。

お風呂の頑固な汚れ、カビがボハーとなる前にクリアして、清潔に。気持ち良くって、楽チンな夏をお迎えください。

日時:2013年3月19日 PM 05:25
ユニットバスの鏡 曇り、モヤモヤ汚れを除去する

横浜市都筑区の戸建住宅にて、ユニットバスの浴室クリーニング

ハウスクリーニング前。

ohuro-kagami-kumori-kabi0.jpg

浴室鏡の、下の部分。約15センチ分くらい、真っ白に濁って、何も見えない状況です。バスミラーの全体、一面に薄くツブツブと鱗のように白い斑点が付着しており、クリアに見ることはできません。

鏡のフチも同様に、白くザラザラとした汚れがこびり付いており、元々の銀色が白く曇っています。

透明なアクリル樹脂で作られたカウンターを外して撮影しましたが、カウンターに隠れていた金属の台座部分も、鏡や鏡の縁と同様に、白く濁っています。それに加え、焦げ茶色のカビも、ビッチリ。ヌルヌルとして不衛生な状況です。

そして、浴室クリーニング後の鏡。

ohuro-kagami-kumori-kabi1.jpg

透明感と清潔感、いかがでしょうか。

撮影し忘れてしまったのですが、アクリルのカウンター板も、実は、真っ白に曇っていたのです。裏側は、点々とカビが浮いて、ヌルヌルでした。清掃後は、こちらもツルリンと美しく戻りました。

***

最近、これに似たアングルでお風呂の作業写真を撮影するハウスクリーニング業者が増殖中。携帯カメラの性能が良くなったからでしょうか。

どこもかしこも「うちは、こんなに落としますよ」とアピールしているけど、似た写真がいっぱい。そんな中で、どの業者を選べば良いか。施工写真を見る時のチェックポイントをお教えしておきます。

・湯気が写っているかどうか。

湯気がモワンモワンの状況が見て取れるのは、換気も清拭もせず、浴室内の水分を十分に切っていない状態で撮影されているということです。

ということは、鏡やカウンター、壁面には薄く水が乗った状態にあります。乾いた状態になると白く浮く出てくる濁りや曇りといった汚れ(水垢)は、濡れていると写真には、ほとんど写りません。

どの清掃業者も作業完了の写真をホームページに掲載するわけですから、このような業者の場合、もちろん、うっすら湿った状態でお客様に作業後の確認を求めるということです。清掃業者が撤収して数時間後ようやく、「あれっ?!ぜんぜんキレイになってないじゃん」と後悔する可能性があります。

ちょっと水気を残して撮影して、汚れが取れました〜と見せる手法は、テレビのお掃除特集などで、よく見られます。でも、ハウスクリーニングの現場は、TVショーではありませんもんね。

なお、鏡よりも硬く粗い研磨材で、鏡の表面ごと削り落とし、目に見えるか見えないかくらいの小傷を付けて鏡のウロコ取りを行うハウスクリーニング業者も、水分で覆うことにより、つけた凹凸や傷を隠して撮影していることがあります。そういったことからも、要チェック。

・作業者の足元の服装。

サンダルやゴム長靴を履いている、ズボンをまくりあげている、という場合も、上記同様、浴室内が濡れ濡れ状態で撮影している可能性があります。

乾いた清潔な靴下、もしくは水滴の付着していないサンダルが、正解です。

・鏡のフチの汚れ落ち具合。

鏡を支える金具まわり、残っている業者と残っていない業者、腕の明暗が分かれるところです。

実はその他にも業者の美意識や問題解決力を見極めるポイントがいくつもあるのですが、一般の方ならば、まずは、上記3点をチェックするのが分かりやすいかと思います。

今は、高解像度の写真をたくさん掲載できる良い時代です。お客様にとっても、写真をしっかり見て判断できる、良い時代です。

キャッチーな宣伝文句に惑わされず、しっかりご覧になってください。写真は、玉石混合のハウスクリーニング業者選びにおいて、一番の判断材料です。

「あ〜ぁ、ハウスクリーニングのプロって、こんなもんか。損したなぁ。ハウスクリーニングなんて、無駄だよ」と思われる方が、一人でも少なくなりますように。

日時:2013年3月 1日 PM 01:26
浴室の扉 枠と板の白くて落ちない汚れ

横浜市都筑区の戸建にて、浴室クリーニング

浴室の扉の、枠と曇り板に、白くウロコのような汚れがこびり付いています。

bath-tobira-mizuaka0.jpg

モヤモヤと白く、表面に殻のように張り付いていて、お風呂用洗剤やスポンジでは全くビクともしません。お風呂から洗面室の様子は、白く曇って見えません。

もちろん!ん、お父さん、入ってるナ。鼻歌も聞こえるし。くらいは分かります。ですから、「お風呂のドアなんて、そんなものだよ」と言ってしまえば、そうです。しかし、この生活感が、フッと消えたら、どうでしょう。

ハウスクリーニング後の、浴室扉。<

120527_1815~01.jpg

わーっ、若返った!向こうが見えるー!

と、お客様、第一声。「こんなもん。仕方ない」と思っていたことが、つるっと透明に、ニュートラルでクリアな状態になって見えやすくなって、イヤだなとか気持ち悪いな、とか思われる方は、おられんです。

浴室の鏡は、現在、ウロコ落としを請け負うハウスクリーニング業者がスタンダードとなりました。

ダイヤモンドパッドの普及によることが理由かと思います。10年前に比べれば、ずっと安価になりました。どの清掃用品店でも入手できるようになりました。ホームセンターでも売っていたり。

確かに!ダイヤモンドパッドで、水垢は落ちる。

しかし!ダイヤモンドパッドは、実は、ちょっと目が粗すぎるんですね。確かにパワフルに水垢を取り去ることができるのですが、目に見えないレベルで凹凸を刻み付けてしまいます。そして、その凹凸に再度付着した白いウロコ(水垢)は、さらに手ごわい。そして、引っ掛かりができるので、間をおかず、またすぐに再発。そしてまたダイヤモンドで傷を付けながら削り取る…。この繰り返しになってゆきます。そして、数年後には、すぐに白くなる、そして、なかなか落ちない鏡になってしまうのです。

くわばら!ハウスクリーニングをしたことによって、より汚れやすい状況になるとは!

そして、柔らかなものや繊細な素材には、一切使えない!

そんなふうだから、「鏡は綺麗になるけど、ここは落とせません」と清掃業者に言われても、お客様には、その理由、よく分からんですよね。装備がダイヤしかなければ、そのように答えるしかしようがないのですね。それが精一杯なのです。

ウォッシュテックでは、2004年頃から、ダイヤモンドパッドを使った水垢除去による「負のスパイラル」が、どうにもこうにもイヤんなってしまい、研究・研鑽を重ねてきました。

そして、今は、ダイヤモンドパッドでの水垢除去は行っておりません。

鏡しか磨けないような粗くてパワフルすぎるダイヤモンドではなく、もっと細かくて傷付けないもので、水垢をクリーニングする方法を採ってます。

だから、このような扉も、その技術を生かして、なめらかにクリーニングさせて頂けるんです。

あまたあるハウスクリーニング業者、何で選ばれるかは、お客様のお考え次第。でも私なら、鏡だけじゃ、つまらんです。

日時:2013年2月17日 PM 05:09
白い汚れが固着したバスミラー

横浜市中区の中古マンション。ご購入後、お引越し前の空き室全体ハウスクリーニングの一環としての浴室クリーニング

中古マンションの売却においては、内覧対策としてハウスクリーニングが入っていることが一般的です。生活中の汚れが覆っていては、、住宅の内装や設備の状況が見えず品定めができないためです。どんな色柄で何で出来ているのかすら分からないのです。

そういうことから、売却に際しての清掃は、「清潔に生活し、大切に扱ってきました。さぁ、これからの新生活も、清潔で気持ち良く過ごしてください」というためにされているのはありません。

なので、売却用宣伝チラシに「ハウスクリーニング済み」と明記されている物件でも、浴室の鏡は、こんなに曇っていることもあるのです。

bath-kagami-daen-00.jpg

鏡は付いている。鏡付きのユニットバスです、とは言えるし、入浴はできる。しかし、鏡としての機能は成していません。

こんな鏡のままで、使い始めたくない。そのようにお考えになって、空き室全体清掃をウォッシュテックにご依頼くださることに。

浴室全体のクリーニング後。鏡も、このようにリフレッシュ。

bath-kagami-daen-01.jpg

鏡のフチ、鏡と鏡の留め金具(鏡と壁を取り付ける金具)のキワまで、すっきり!曇りを洗浄しました。

他社の浴室鏡の曇りクリーニングの施工写真と比べて頂くとお分かりになるかと思います。金具の周辺、キワ辺りは特に、鏡を磨く機材が当たらないので、汚れが白く残っていることが多いです。また、鏡表面に水気を残した状態のままにして撮影、乾くと浮き出てくる白い汚れを隠している施工写真も多いです。

「鏡の曇り除去」は、同じサービスでも技量の差が大きい。ハウスクリーニング業者の選定の際には、浴室クリーニングの料金やオプションとしての鏡研磨が割増価格扱いかどうかと併せ、仕上がり写真も、しっかりチェックです。よく見ないと、損しまっせ!

浴室鏡の右上あたり、黒っぽいツブツブが見えます。これは、鏡の裏側の銀が腐食し、ガラスにまで到達している状況です。表面に汚れが付着しているのではないため、これは改善できるものではありません。このように、ていねいなハウスクリーニングを施せば、汚れによって隠されていた小さな問題が見えてくる、ということもあります。売買契約が済むまでは戦略的にハウスクリーニングを徹底しないことも多いのです。

「あ〜、これで安心して髭が剃れますよ。鏡が錆びているけれど、まだ使えますもんね。現時点、リフォームにはちょっと早いし、かといって、汚れたままだと気分が滅入るし。これなら大満足」と、お客様。

現状の浴室鏡の腐食は徐々に進んでくる可能性が高いですが、ユニット全体が傷むタイミングでのリフォーム計画されてゆくと良いですよ。まだだいぶん先のことですけども。と、ご説明してお引渡し。

中古物件をご購入されてリフォームなしにご入居される場合、築年数や前居住者の使用状況から判断し、リフォームまでの期間予測や資金なども、なるべく併せてご案内差し上げるようにしています。「いきなり交換?しかも、高っ!」と慌てる方が多いため、なるべく前の段階で正しく心積もりして頂くことが大切と考えています。

日時:2013年1月23日 AM 09:04
浴槽の外側に、脂っこい汚れが分厚く積もる

横浜市青葉区の戸建住宅にて、浴室クリーニング

yokusou-sekkenkasu00.jpg

浴槽の立ち上がり部分の外側(エプロンカバーと呼びます)に、粘土のようにネリネリと柔らかくて脂っこい、茶色から灰色がかった汚れが分厚く付着しています。

これは、水道水に含まれているカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分と、石けんが化合した金属石鹸。石けんカスとも呼ばれる汚れです。

浴槽の内側は、裸の肌が直接触れるところなので、けっこうマメにお掃除されます。しかし、このエプロンカバーは、見落としがち。よいしょっと腰をかがめて見ないと、気付きにくいからでしょうか。

しかしながら、ここ、床に膝をついて体を洗ったり、お風呂イスに座って洗髪したりすると、その跳ね返りを受けます。

したがって、汚れが非常に厳しくなりやすいポイントです。写真のような状況となると、もう、お風呂掃除用の洗剤とスポンジでは、ほとんど歯が立たない状況かと思われます。

じゃあ、ヘラや固いタワシを使って、削り取ればイイじゃん!のんのんのん、このカバーパネルは、意外に繊細な樹脂なのです。ヘラでこそいだ跡がビーッと、タワシを回した跡がグリグリ、そうなってからでは、どうにも復旧不可能。深追い禁物です。

浴室クリーニング後のエプロンカバーの状況。

yokusou-sekkenkasu01.jpg

ぷるーん、つるつる。シャワーホースも映り込むほど、なめらかに光っています。床の黒カビや白いモヤモヤがなくなったことにも、ご注目。

コーキングにカビ残ってるじゃん、と思われたかもしれません。カビの黒い色素は薄く残っていますが、菌は殺してます。そこを起点に再度繁殖することはございません。

コーキングは、硬さや伸縮の異なる素材を繋ぐ働きをしています。黒カビが深く根を張った深層まで色素の漂白や洗浄を行えば、硬くなって弾力は失われますし、ならばとこそげ取ってしまえば、やはりその「繋ぐ」機能を失わせてしまいます。ウォッシュテックのクリーニングは、機能を損なわないこと最優先。黒カビは見当たらなくなった、しかし素材は損傷し寿命が縮んだ、ということでは清掃の甲斐はありません。何卒ご了承ください。

黒カビや石鹸カスを再付着させないような維持管理方法などを併せてお話し、お引渡し。

ウォッシュテックの浴室クリーニングは、精緻な清掃に加え、「汚さないように暮らす」アドバイスつき。なので、次回は1〜1.5年後くらい。リピートまでの期間が非常に長いことが特徴です。

数か月ですぐに汚れが元通りになってしまうお風呂掃除なんて、いくら一回あたりが安くても、けっきょく高い買い物になってしまいますからね。

日時:2013年1月18日 PM 03:29
浴室 カウンター内側の汚れ

川崎市中原区のマンションにて浴室クリーニング

浴室カウンターを外して内部を清掃。黒いカビ、ブヨブヨの茶色や赤いカビ、ガチガチに固まった石のようなこびりつき、どっさり。

bathroom-counter-bunkai.jpg

壁面とカウンターの隙間に入り込んだ汚れが、壁面パネルの表面を腐食させてしまい、ボコボコと膨らんで剥がれ落ちている箇所も。残念ながら、少しご依頼が遅かったようです。

あまり汚れを深追いすると、これ以上にボロボロと脱落してしまうので、そっとそっと消毒し、マイルドに汚れをクリーニング。しかしながら、新築ご入居以来、まったく気付かれていなかった汚れを取り去ることができました。

「うっ…鼻先に、こんな汚れが何年もあったなんて…。気持ち悪い!ゾッとしますね!

浴槽など、体に直接触れるところや目に見える箇所は、けっこうお掃除を頑張っている自信があったんです。お掃除は好きで得意だと思ってたのに、ひどいです…。ハウスクリーニング、贅沢エステの気持ちで頼んだのに、外科手術ですね、これじゃあ。」

と、お客様。

そうなのです。「わたし、お掃除できてる」と思われる方は、意外にこのような状況、多いんです。ご自身でお分かりになる範囲や目に付く箇所だけを、繰り返し頻繁にお掃除される傾向があるのですね。

このような汚れが潜んでいる浴室は、ここを発生源として浴室内にカビや雑菌が循環してしまいます。最近、扉、浴槽、床、壁あたりにカビが繁殖しやすいなぁ、なんだかお掃除ばっかりしている気がする、と思われるお風呂場は、このようになっているのかもしれません。

お掃除頻度が高くなるごとに「あぁ、私、お掃除してるわ〜」と思えてきます。そして、「うん。私、お掃除がんばってる」と思えてきます。

しかし、それ、実は、頑張らなくていいお掃除かもしれません。汚れは、元から絶つべし!いっぺんチェックしてみてくださいね!

日時:2013年1月14日 PM 01:26
お風呂掃除の後、壁、透かして見てください

横浜市緑区のマンションにて、浴室クリーニング。中古マンションご購入後、ご入居前の空室全体ハウスクリーニングの一環としてさせて頂きました。

中古物件においては、内覧に向けて売主判断でハウスクリーニングを済ませていることが一般的です。

そういうことから、契約後そのままお引越しをされてご入居、新生活に突入されることも多いです。

しかし、施されているのは、あくまで「マンション売却に向け、契約に至れるか。契約寸前や直後にクレームがついたら、段取りダダ崩れ。それだけは避けねば」という戦略的清掃。

買主が「清潔で気持ち良い。ウキウキ」と思うために用意されているわけではありません。

たとえば、ユニットバスの壁面。

カビは見られません。石鹸カスが付いて脂っこく濁っているわけでもありません。不動産仲介業者さんとすれば、「たいへんキレイにお使いです」と、勧められるレベルです。

bath-kabe-kumori1212-1.jpg

しかししかし、じっくり見て下さい。なんかモヤモヤ、スジのような垂れ跡のような、ムラや曇りが見えますね。

今、年末大掃除の時期です。気張って気張って、お風呂掃除をされた後、壁面をご覧になっても同様になっているかと思います。

専門業者によるハウスクリーニングを入れても、この浴室壁のモヤモヤは、ほぼ全く無くならない。とてもとても難しいので、手の施しようが無いとされている部分です。

ウォッシュテックの浴室クリーニング後は、こうです。

bath-kabe-kumori1212.jpg

つるっ!

天井の点検口の板の四角が映り込むほど滑らかになっています。(写真中央、やや右下あたりにご注目!)ドアの枠も、併せて、つるっ。照明を映しこんでいます。

照明の映り込み部分の周り、ちょっとキズキズで傘のような模様になって見えますね。これは、くだんの「契約に向けて入れられたハウスクリーニング」の作業で、硬いスポンジたわしなどで擦られた痕跡です。いったん付けられた傷は、直すことができないのです。とても残念。新築段階から継続して入っておれば、こんなザマにはならなかったはずだぜー…。

明らかな汚れが無い、ならば良し。中古マンションだから、仕方ない。

でも、それでは、ときめかないではないですか。中古とはいえ、けっして安い買い物ではないのに。

ご入居前には、「これからの新生活を気持ちよく清潔に過ごすために整える、気分アゲアゲになるためのハウスクリーニング」を、ぜひ。

在宅でポイントごとに頼まれるより、空室全体清掃の方が、同じ作業量にも関わらず、だんぜん安価なので、お勧めです。

日時:2012年12月20日 AM 07:27
浴室のカウンターと壁の隙間に、汚れやカビが隠れてる!

横浜市都筑区の戸建にて、浴室クリーニング

壁面パネルとカウンターの隙間から入り込んで繁殖した汚れとカビ。

furo-couter-yogore0.jpg

黒色、茶色、赤色の汚れやカビが、カウンターの形そのままに、ビッチリ、くっきり、頑固にこびりついています。

普段のお風呂掃除で、カウンターを取り外したこんなところまで、お掃除しませんものね。

ウォッシュテックの浴室クリーニングでは、損傷なく取り外せる仕様であった場合は、カウンターを取り外して清掃します。

取り外さず、うわべのみを幾ら美しく磨き込んだとしても、このような汚れをそのままにしておれば、カビの胞子が循環したり汚れが繁茂するスピードを緩めることはできません。ということは、「ハウスクリーニングを頼んだのに、あっという間に、また汚れちゃったわ」と、もったいないことになりやすいのです。

締め切って温かく湿った浴室では、汚れは元から絶つ、徹底的に取り除くことが原則です。

何回かメールでお打ち合わせを頂いて、お忙しい中のお休みの日に5時間くらいご予定を空けられて、お安くも無いお金を支払って、せっかく頼まれるわけですから、なるべく長く気持ち良いお風呂に浸かって頂きたいじゃないの。

そして、浴室クリーニング後のカウンター裏の様子。

furo-couter-yogore1.jpg

よしっ、キレイ!水気をしっかりと拭き取り、カウンターを元通りに締めこんで、不具合がないかチェック。そうして、お客様にお引渡しです。(なので、お客様は、ここが清掃されていることをご存じない!笑)

見えないところをコツコツやるなんて、ハウスクリーニング業者だけの自己満足?いらぬこだわり?いえいえ、ウォッシュテックの浴室クリーニングは、1年に1度ペースでリピートされる方が多数なのでございます。

「キレイが長く続く。そして、必ず再び頼みたくなる」これが、私どもの信条です。そして、その取組からの結果を、お客様からのご依頼により、目の当たりにさせて頂くことができております。やるだけのことぁ、ある。だから、今日もせっせと頑張れるのです。

上にもさりげなく書きましたが、重ねて。私どもハウスクリーニング業者は、ものを割ったり傷付けたりは絶対に避けねばなりません。カウンターの設置方法や劣化の状況によっては、このようにできないこともございます。それゆえ、料金表などには、「カウンターは、絶対に外して洗います」と書いておりません。弊社判断で出来るようならばさせて頂く、という形でお引き受けしております。何卒よろしくご了承ください。

日時:2012年12月 2日 AM 08:06
お風呂のワイドミラー、ワイドなミラーになってますか?

横浜市港北区のマンションにて、浴室クリーニング

浴室の壁面に、横長に大きく取り付けられたワイドミラー。

マンションのユニットバスといえば、1216もしくは1616、とくにオプションをオーダーしない場合は、縦長のバスミラーが一般的でした。

なお、「1216」とは、浴室の奥行が120センチ、横幅が160センチのユニットバスの規格サイズのことです。奥行とは、浴槽の足を延ばす方向。前2ケタで、浴槽のサイズ(長さ)を示しています。

しかし、築2007年ごろ以降、新築分譲マンションのバスルームは、1418や1318サイズが主流に、ワイドミラーが標準仕様であることが多いようです。

こちらのマンションも、ワイドミラーです。

んん!白く曇っています。

水栓カラン付近は、掛け湯が多いため、風呂イスに座って、顔の位置あたりが曇りやすい。シャワーもそのあたりに位置するため、腰から下あたりが汚れやすい。したがって、このように、ワイドミラーの左半分が全く見えない状況に。

ダラダラと白く、カタツムリが這った跡みたいに模様が浮き出ています。触ると、鏡のツルツルキュキュッとした感触は無く、粉っぽくてサラサラしています。これは「水垢」です。お風呂用洗剤をスプレーしてスポンジで洗っても、ビクとも落ちてこないでしょう!薄くても硬い!強烈なのです。

furoba-kagami-siroi0.jpg

浴室クリーニング後。浴室全体の風景を、鮮やかに映しこむ鏡に戻りました。

furoba-kagami-siroi1.jpg

シャワーバーや鏡の枠のステンレスの、まだらだった汚れや曇りも、つるん、キラリ!美しくなりました。カウンター上の壁面パネルにも同様の水垢が付着ていましたが、こちらも、ツルリ!ワイドミラーの華やかさを盛り立てます。

鏡、下部に映っているのは、ウォッシュテックの浴室清掃道具。ワイドミラー清掃前は、「なんか、あるな…」くらいにしか認識できませんでしたが、「わっ、いろんな種類の道具が置いてあったのね」と、分かります。

白くツブツブした水垢は、水で濡らすと、いっとき見えにくくなります。しかし乾くと、たちまちにして浮かび上がります。

「だましだまし我慢してきたのですが、やっぱり辟易して。思い切ってハウスクリーニングデビューしてみて、良かったです。わっ、すごい、ツルツルだぁ」と、お客様。

浴室クリーニングをご依頼の場合、ワイドミラーではなく縦長の通常サイズの浴室であるお客様も多いですので、ワイドミラーの場合は、よぶんに掛かる材料費ぶんだけ、割増とさせて頂いております。税別、1000円です。

ワイドミラーがワイドなミラーになっていない方、宜しくご検討ください。

日時:2012年11月26日 PM 02:10
ユニットバスの床、白い汚れ

横浜市港北区、戸建てのユニットバスクリーニング

床全面に、鱗のような白いモヤモヤ汚れが付着。

ofuro-yuka-siroimoyamoya0.jpg

自分でお掃除しても取れず、困ってハウスクリーニング業者に依頼すると、作業後に「これは落とせない汚れです」と言い渡されたそう。

だけどこれではあまりにも毎日のお風呂タイムで気が滅入る…。とのことで、今回、ウォッシュテックにご依頼頂きました。

浴室クリーニング後の床。

ofuro-yuka-siroimoyamoya1.jpg

写真、たいへんピンボケです!でも、白い水垢はなくなっていること、お分かりになりますでしょうか。

作業前は目地や表面の微細な凹凸に白い石のような汚れが詰まって、樹脂の質感が全く失われていたのですが、ハウスクリーニング後は、触るとニュートラル。足ざわりが気持ちよく戻りました。

浴室クリーニングは、業者によって料金の幅が大きいです。安価な清掃業者の場合、1日あたり数件を回って1日分の売り上げを確保するため、作業時間は1件あたり2時間前後。となると、軽易な石けんカスを洗剤で洗って、カビ取り剤を撒くくらいの作業しかできません。ですから、専用の機器や多様な洗浄剤を使ってチマチマねちねち作業をせねばならない、このような固くて難しい白い水垢などは、手が回らないのです。

前回頼まれたハウスクリーニング業者に技術がないわけではありません。業者選定でのミスマッチによるものかと思います。

と、ここまでお話したところで、「あの…、ウォッシュテックさんの方が、安かったです」と、お客様。

うーん、ハウスクリーニング業者選びって、本当に難しいのですね。間もなく年末大掃除の業者探しシーズン。皆さまがそれぞれ、お望みの業者に的確に当たられて、スッキリと気持ち良い状況になられますこと、心よりお祈り申し上げます。

日時:2012年11月10日 PM 05:10
浴室 スイッチ操作パネルの汚れ

横浜市青葉区の分譲マンション。ユニットバスのハウスクリーニング

壁面に設置された、スイッチパネル。

bath-panel-mizuaka.jpg

部品の境界に、固くザラザラとした水垢が盛り上がり、樹脂全体を卵の殻が薄く覆ったように、白く濁っています。

スイッチパネルは、毎日一度は必ず触れられるところ。と、いうことは、毎日一回は、目に入ります。

あぁ…うちのお風呂、古ぼけて、小汚くなったなぁ…。だって、ほら、黒い表示部分が、こんなに変わっちゃって。数字が読みにくい。でも、お風呂掃除洗剤ではスッキリしないし、プラスティックだから、擦ったら削れて傷付きそう。どうしたらいいのかな。あぁ、もうイヤだ。

毎日毎晩、そのように気にされている方、けっこう、いらっしゃるようですよ。

浴室クリーニング後の、スイッチパネル。

bath-panel-souji.jpg

つるり、なめらかになりました。指で撫でると、凹凸もなく、カサカサパサパサした感触も、ありません。元々のプラスティックのツヤツヤした質感です。数字も、クリアに読みやすくなりました。表面には、窓から入る日差しと、浴室の照明が映り込んで、明るい印象です。

写真左上、壁面に映り込んだ照明にもご注目。同様に、モヤモヤと曇っていた壁面パネルが、すっきり、くっきり。清潔感を一層際立てます。

ウォッシュテックの浴室クリーニングは、朝9時にお伺いし、状況やサイズにもよりますが、概ね13〜14時ごろまで作業を続けます。作業2時間、使う洗剤は3〜4種類、ザッと2時間でハイ終わり、というタイプのハウスクリーニングではありません。えらい時間が掛かるわね、と思われるかもしれませんが、こういうところまで作業をさせて頂くには、効率よく体を動かしてマシンを駆使しても、やはり相応の時間を要してしまいます。

美は、細部に宿る。大きな面積の、床・壁・扉・鏡、それも大事です。しかし、このようなスイッチパネルのような箇所も、くまなくシコシコと地道に磨き上げ、すっきりと整える。そういった手間を惜しまない作業により、さらに一層、全体の印象がアガる、というものだと思います。

ただし、経年劣化で樹脂が脆くなっていたり、既にどなたかのお掃除によって傷や凹凸が付いてしまっている場合、復帰は困難となります。もちろん、全力お尽くしいたしますけれども、やっぱり、なるべくお早目のご依頼がお勧めです。

日時:2012年10月28日 PM 05:08
明るいお風呂場

横浜市青葉区にて、ユニットバスの浴室クリーニング

ユニットバスの壁面、樹脂パネル。

BATH-KABE-YOGORE00.jpg

水滴の跡が、壁にビッチリ。白く積もるように、こびりついています。指の腹で触ると、僅かに粉っぽく、ひっかかりが弱いです。爪で擦ってみると、若干薄く取れるように思いますが、お風呂掃除用の洗剤と、ブラシもしくはスポンジを使って洗っても、ほとんど変わりがありません。

「水垢」です。

そこで、取れない〜!と、ムキになって、クレンザーや硬いスポンジ、重曹ペーストで、力いっぱいゴシゴシしないでください。近年のユニットバスの壁面パネルは、とても柔らかにできています。簡単に削れて表面がスリ下ろされてしまいます。

いったん傷付いて凹凸ができてしまえば、水垢の思うツボ!そこを足掛かりにして、よりガッチリと喰い込んでしまいます。

「お掃除をしたのに、よけいに汚れやすくなった…」というお悩みをお持ちの方のほとんどが、この「擦り・削り掃除」を原因とする、表面の傷や凹凸によるものです。

なかには、「ハウスクリーニングを頼んでから、こうなったのよ」と教えて下さる方もいらっしゃいます。ハウスクリーニング業者においてすら、水垢の除去を「なめらかに、傷付けず、しかも残さず」は、難しいもの。出来る業者は少ないようです。ガンガン擦って、劇薬を垂らして、より深刻なダメージを与えた跡が見られる浴室が、たいへん多く見受けられるからです。

さておき!浴室清掃後の様子です。

BATH-KABE-YOGORE01.jpg

壁面に鏡が映り込んでいます。鏡に映り込んだ明かりが、さらに壁に映り込んでいます。

照明が明るく映えているのはもちろんのこと。壁面全体が、いくつもいくつもの光を集めて増幅させて、明るいバスルームとなりました。

浴室においては、浴槽や鏡、床の汚れを気にされる方は多いもの。しかし実は、浴室の中で最も大きな面積を占めているのは壁面です。お風呂場の壁面の水垢をしっかり取っていくことで、印象って、ほんとうに一転するもんなのですよ。

日時:2012年8月 4日 PM 01:22
浴室のワイドミラーの濁りや曇りを除去する

横浜市青葉区、マンションの浴室クリーニング

2000年頃から最近の分譲マンションでは、ユニットバスに標準的(オプションなし)に、ワイドミラーが採用されていることが多いようです。ワイドミラーとは、浴室の壁の端から端まで、横長に貼られている鏡。一般的な縦長の浴室鏡よりも、バスルームを広く見せてくれます。

広く見せ…て…くれる…うーん???

マンションの新築時は一点の曇りもなく、クリアに映っていた鏡が、約3年ご生活をされるうちに、こんな風になってしまったそうです。お風呂掃除用の洗剤とスポンジで洗ってみても、残る…タオルで擦ってみても、残る…。粒つぶ、点々、ダラダラと垂れたような白い汚れは、ご自身でされるお風呂のお掃除では、全く消えなかったとのこと。

ワイドミラーの下半分は、触ってみると、鏡の質感とは思えない状態です。なんだかサラサラ、パサパサとした感触で、白いガチガチした汚れが積もっています。

白く曇った鏡だと、バスルームが狭く見えてしまいます。

浴室は、シャワーを浴びたり掛かり湯をすることから、腰から下あたりが汚れやすいです。それって、ちょうど腰かけて、顔にパックしたり髭を剃ったりするために見る位置にあたるんですよね。曇って見えないと、バスミラーの機能からして、やっぱし不便です!

bath-mirror-cleaning-before.jpg

浴室のハウスクリーニング、お納め時の様子。

bath-mirror-cleaning-after.jpg

鏡がクリアに戻りました。全体に滑らかで、曇りが無くなっています。

周りに映り込んだ風景にも、ご注目ください!

写真右上の端、浴室の照明が壁に映り込んでいます。浴室クリーニング前はゴワゴワした形に反射していたのが、グラデーションがなめらかに、丸く映り込むようになりました。

シャワーヘッドは、くすんで灰色に写っていましたが、表面の汚れがとれたことでステンレス特有のコントラストが強くなり、ピカッと光って見えています。

浴室の扉の枠、ハウスクリーニング前は、パサパサと濁っていたのですが、白い塗装面にツルンとしたツヤが戻り、こちらも光っています。

ウォッシュテックの浴室クリーニングは、一つ一つの箇所、それぞれに最適な道具と洗剤で手を入れていきます。チマチマ、しかし迅速に、多様な手段を使って、着実に手順をん踏んでいくのです。

だからこそ、鏡越しに撮影した写真であっても、「頼む前」と「頼んだ後」が、いちいち全て変わったと、ご紹介できるのだと思います。

ワイドミラーの浴室をご依頼頂くと、お客様は大抵「鏡がキレイになってる!」と、まず仰います。しかし実は、鏡の水垢を除去するだけでは、「わぁっ…!きれいなお風呂になった…」と、息を飲んでいただくことはできません。細部をコツコツ積み重ねてやり遂げていくことで、やっと全体の印象を一新できるんですね。これって、採算としては、とても大変なことなのですが、お掃除がキッチリされてキレイなお風呂がイヤな方は、いらっしゃいませんもんね!

日時:2012年2月26日 PM 04:05
お風呂の床の、白いモヤモヤ

横浜市青葉区のマンションにて、浴室クリーニング

yokusitu-yuka-siroiyogore00.jpg

樹脂製の浴室床に、白くモヤモヤと、のたくったような跡が目立ちます。指で触ってみると、わずかに凹凸があり、床に密着していて硬いです。

カビキラーを撒いて、しばらく置いて、流して、お風呂の洗剤を噴いて、しばらく置いて、ブラッシングして…「あ〜、ワタシ、お風呂掃除、頑張ったなぁ」。と、足元を見ると、「この白いの汚れは、これだけやっても何で残ってんのー?」ということ、よくありますよね。

この浴室は、もともと「水はけを良くするために、表面に凹凸の加工を施した」床でしたが、この白いガビガビが日常的にとても気になられたため、数年に亘り、お客様がゴシゴシと硬いタワシやブラシで擦られて、部分的に凹凸が失われるほどになっていました。

タワシやブラシで擦られて、表面が不規則なギザギザになったことで、よけいに白い汚れが強力に、ガチガチに固まってくっ付いてしまい…この悩ましい状況まで育ってしまいました。

yokusitu-yuka-siroiyogore01.jpg

ハウスクリーニング後。白い跡は、無くなりました。樹脂の灰色も均一に戻っています。

浴室扉の真下に位置する排水溝も、すっきり。汚れで黒く滲んでいた穴が、ツーツーになりました。扉下の排水効率を上げれば、浴室床の水はけも良くなるので、清掃前よりも水垢が付きにくくなりますよ!

ユニットバスの床は、多くの製品が、水はけを良くして、スムーズに排水されるよう表面に加工を施すなど、工夫されています。ゴッシゴシに擦って、削り取るようなお手入れ方法は、禁物。

付いてしまってからでは落ちない汚れならば、付けないことが一番です。

入浴後、残った水分を、ゴム製のヘラ(スクイジー)や身体を拭いた後のタオルを使って、なるべく切って、朝方まで換気(24時間ではなく、温風ではなく、普通の換気で!)を付けておき、それでも気になる水垢が付いちゃうようならば、あんまり頑張らないで、ご依頼くださいね。

日時:2012年1月23日 PM 05:31
バスルームの壁のくもり、にごり

お風呂掃除で、意外に見落とされやすい「壁面」。日ごろの浴室お掃除では、ついつい、浴槽、床、鏡、カウンターを頑張ってしまいますね!

確かに、お風呂の汚れは、腰から下の位置に付着しやすいです。シャワーや洗面器の掛かり湯が集中して当たるのは、腰のあたりより低い場所だからです。水を脂っこく弾き、厚みを持って白く覆ったように付着していて、爪で引っかくと油粘土のようにグニグニっとえぐれる感じの「石けんカス」、ぬるぬるブヨブヨとした茶色や赤色っぽいカビ、点々と見える黒かび…そういった汚れが混在しています。衛生的に、とても気になる汚れなので、「まずは!」と手を入れたい部分です。

それに加えて…ここ数年、マンションや戸建の住宅で、広く普及してきた「浴室乾燥機」。この設備機器の導入により、お風呂掃除は、腰より上の壁も、手ごわいものになってきています。

入浴後、まだ水滴がポタポタ状態の浴室に、いきなり高温の熱風にあぶられることで、水道水がその場で乾き、雫状に干上がって固着したカルシウムやマグネシウムなどの跡が重なるように積もって、壁面のパネルやタイルを、白く濁らせてしまうのです。

bath-kabe-kumori00.jpg

モヤモヤと白く曇っているの、お分かりになりますでしょうか。カメラのピントがビシッと合わないほど、モヤモヤ〜っとしているんです…。

水道水に含まれる「ミネラル」は、金属のなかまなので、とても硬いです。焼け付いた水垢は、市販の洗剤ではスッキリ落とすことはできません。お酢やクエン酸をスプレーしてもペーパーでパックしても、ビクともしないはず。だからといって、ユニット浴室の壁面パネルの方が柔らかで傷つきやすいですから、 それでもとゴシゴシ擦って頑張ろうとすれば、キズキズの荒れ荒れになってしまいます。

こちらは、浴室クリーニング後のユニットバスの壁面。清掃作業の後、乾拭きを行って水分をキッチリ拭き上げた後の状況です。

bath-kabe-kumori01.jpg

つるっと滑らかに戻りました。窓からの明るい風景が、くっきり鮮明に写り込んでいます。バスルームのライトも、壁に反射して、お風呂全体が明るい感じ!もちろん、指先で触ると、きゅきゅっ、ぷるぷるっとしています。

ウォッシュテックの浴室クリーニングは、お風呂場の汚れを取り除き、衛生的に保つことも重視していますが、それに加えて、つややか・なめらかに仕上げてゆくことも大切だと考えています。

無数にあるハウスクリーニング業者の中から選んで信じてご依頼いただいたお客様なんだから、「おー、うちのお風呂、見違えたなぁ!頼んでヨカッタ!」と思っていただくためには、ここまでやんなきゃな!と、思うのです。

日時:2011年12月 5日 PM 09:43
浴室の床タイル、目地のカビ

横浜市青葉区のマンションにて、浴室クリーニング

浴室の床、タイルの目地のカビ汚れ。茶色く、ところどころ黒いです。タイル表面の水の弾き方も、なんだか脂っこい感じ。触るとニュルニュルしていて、少し嫌な臭いがあります。

bath-tile-kabi0.jpg

一番汚れが強いのが、蛇口(水栓)近くの前方です。洗髪の際の掛かり湯を浴びやすく、収納ラックなどが置かれやすい、この位置は、常に汚れや水分が残りがち。写真を切り抜いてズームしてみます。

bath-tile-kabi1zoom.jpg

タイル目地に埋まるように、石鹸カス、カビがこびりついています。タイルの表面も全体に黒ずんで、裸では触りたくないな〜という状況。写真下側、浴室の扉にもご注目。隙間から黒カビが溢れるように食み出てきています。パッキンにも、こげ茶色のカビが浮いて見えます。

浴室クリーニング後の、タイル目地と床の状況。

bath-tile-kabi1.jpg

すっきりとタイルの青色が爽やかです。目地の茶色いカビも、白くなりました。これくらいキレイだったら、例えば小さなお子様が、お尻つけて座っても、慌てない!

同じ箇所を切り抜いてズームしてみます。

bath-tile-kabi0zoom.jpg

タイル表面が、どことなくヌラヌラしていたのが、滑り止めらしいマットな質感に戻りました。もちろん、固いブラシでガリガリ目地ごと削り取る掃除方法ではありませんから、目地とタイルの段差に変化はありません。でも、埋まっていた汚れが取れることで、タイルと目地の質感の違いが、くっきり鮮明に見えるようになりました。浴室扉に付着していたカビ汚れは洗い流されて、清潔感が戻っています。

梅雨どき、気温が上がってジメジメすると、カビが一斉に繁殖します。お風呂の汚れを一網打尽、早々に手を打たれて、爽やかな夏をお迎えください。

日時:2011年6月17日 PM 10:45
バスルームの黒いカウンターに、白い落ちない汚れ

横浜市港北区にて、お風呂掃除

浴室の黒色カウンターの汚れ。白く滲んだような、水垢が目立ちます。サビのような、石のような、ガチガチに固まっています。特に、わずかな凹凸があり、光沢が無い台の部分は、白い汚れが全体を覆うようにこびりついていて、日常的なお風呂掃除では何の変化も見られない状況。深刻です。

INAXbath-black0.jpg

シャンプーボトルを置いた跡、石けんトレイを置いた跡、水滴が乾いた跡、よく使う場所の形跡…そのままに残って、消えません。とってもアーバンなイメージ、モノトーンのバスルームなのに、しかもハイクラスなユニットバスなのに、生活感たっぷり。まだ設置して3年も経っていないのに、こんなになるなんて。お客様、衝撃を受けられているご様子です。

浴室クリーニング後。カウンターは、このように仕上がりました。

INAXbath-black1.jpg

白い水垢が除去されました。壁面鏡の前のカウンター、光沢も失われず、つややかです。テーブル部分の全体に固着していた白い水垢も、元通り、微細な凹凸をそのままに復帰されています。

ウォッシュテックの浴室クリーニングは、水垢ごとガリガリ削り落とす旧式のクリーニング方法ではありません。新たに深い傷、凹凸、劣化を作り出す清掃方法ではありません。もし、今までに凹凸や傷みが無い状況であるならば、このように濃い色のカウンターであっても、質感そのままに洗い清めることが可能だと思います。

白やシルバーの車の撫で傷よりも、黒塗りの車の方が、傷は目立ちます。同様に、黒いカウンター、モノトーンのバスルームでは、アイボリーやベージュの浴室よりも、お掃除キズは目立ちます。目立つ分、「どのように美観を保っていくか」の運命の分かれ目が、早く来るように思います。

「キーッ、この白いガビガビ、落ちない!ゴシゴシ!もっと固いのでキツく擦ってやるか!ゴシゴシ!」と、お風呂掃除で深追いされるのか。どのように浴室クリーニングを考え作業を進めるのか不明瞭な清掃業者に依頼されるのか。ウォッシュテックの浴室クリーニングを頼まれるのか。

私は今まで、いろんな黒いカウンターを見てきましたが、悲しい運命を辿っているカウンターの多さときたら…。ウォッシュテックを選んで呼んで頂かなければ何とも出来ないことですが、できることなら、もっと早いうちに、出会いたいです。そして、手を施したいです。

INAXbath-black-hamono.jpg

社長の舐めるような水垢除去の作業の様子。剃刀を持っています。ユニット浴室に篭りっきりで、じっくりコツコツ進める作業は、まるで、鶴の恩返しの「つう」のよう(笑)。

日時:2011年6月13日 PM 03:51
シャワーヘッドの穴、白くガビガビ

川崎市高津区にて、浴室クリーニング

携帯を「耐水・耐衝撃・高性能カメラ」に変え、「面白い汚れをクリーニングできたら、撮って来てね!」の申し出に「お〜、任せとけ〜!」と、意気揚々と出かけた社長。

お土産の写真が、こちら。

シャワーヘッドを裏返して見たところ。水が出る面の接写です。

showerhead-1.jpg

黒色のプラスティック製ですが、白っぽく(灰色がかったベージュ色)の、カリカリと硬い石のような水垢が、まだらにこびり付いています。指で触ると、でこぼこ状態。

水「垢」と書くと、カビや脂分など、ベトベトぬるぬる菌っぽい有機的な汚れのイメージが湧くかと思います。しかし、実は、これは水道水に溶け込んでいる、カルシウム・マグネシウム・ナトリウム・シリカなどの「ミネラル」が、水分が干上がっては残り、干上がっては残り、積もって固まったもの。むしろ無機的な汚れと言えます。

シャワーヘッド、クリーニング後。

showerhead-2.jpg

元々の樹脂の滑らかさが戻りました。細かな穴が、石のような水垢によって細く塞がってしまっていたので、シャワーの水流がいびつになっていましたが、スッキリとダイレクトに出るようになりました!

高級仕様のオシャレなバスルームでは、いろんな種類の水流が出せる、大きなシャワーヘッドが採用されていることが多いです。多機能シャワーヘッド、輸入シャワーヘッドは、「流れが悪くなってきた。見た目がみすぼらしくなってきた」と、ホームセンターで購入して、気楽に交換できるお値段ではありません。取り付けがヤヤこしかったりすることもあります。

ウォッシュテックの浴室クリーニングだったら、ここまでやる!シャワーヘッド一つとっても、長く使えてお得だと思います。

「接写したらピンボケになったけど、そのボケボケ感が、むしろ臨場感あるでショ?」と、社長。背後のタイルがクッキリ鮮明に写ってるところを見ると、どうやら携帯カメラは使いこなせていない様子(笑)。どんまい。

日時:2011年5月31日 PM 03:49
浴室のステンレス・メッキが、アニマル柄みたい

横浜市港北区にて、ユニットバスのハウスクリーニング

バスルーム、浴槽側の壁に設置されたポール。棒の部分はステンレス、支点はメッキ加工。

bathroom-stainerss0.jpg

なんか…ヒョウ柄?!

これは、天井に設置された浴室換気乾燥機から噴出する熱風がステンレス・メッキに直接当たり、水道水中に含まれているミネラル(カルシウム、マグネシウム、ナトリウムなどの金属)が、ガチガチに固く焼きついた跡です。指で撫でるように触ると、わずかに段差を感じ、凹凸になっていることが分かります。

お客様によりますと、アニマル模様になっちゃっていることに気付かれてからは、布でキッチリ拭いてみる、スポンジで洗ってみる、お酢で数時間かけて湿布してみる、歯磨き粉を付けて歯ブラシで磨いてみる、色々トライされたそうす。しかし、ほぼ変化ナシだったそうです。

「おばあちゃんの知恵袋っぽい掃除の裏ワザを色々ネットで調べて試してみましたが、どれもキレイになりません」と、お困りのご様子。

bathroom-stainerss1.jpg

浴室クリーニング後の、ステンレスとメッキのポール。

本来の、なめらかな光沢が戻りました。握ってみても、プルッキュッと、ニュートラルな感触です。ステンレスとメッキが、キラリと輝いて、新築時のような質感を取り戻すと、直線的なデザインが、おしゃれに際立ちます。

ハイテクな装備を駆使し、手で触りながら、目で見ながら、浴室内にある素材ひとつひとつの本来の美しさを、ていねいに甦らせます!

金属の表面をアニマル柄に変貌させてしまった水垢(水道水中に含まれるミネラル。水道水も元を辿ればミネラルウォーターです!)もまた、金属です。ステンレスを、削らず、傷つけず、元通りの質感になるよう滑らかに取り去ることは、やはり難しいことだと思います。

そこはひとつ、おばあちゃんの知恵袋よりも先に、社長の腰袋(&道具箱)を頼ってみてください(笑)。

日時:2011年5月11日 PM 06:09
浴槽エプロンパネルの石鹸カス汚れ

横浜市都筑区にて、浴室クリーニング

お風呂に浸かるときに、湯船の縁をまたぐ立ち上がりの部分を、「浴槽エプロン」もしくは「エプロンカバー」と呼びます。浴槽エプロンの内部は、カビの温床になっていたり髪の毛がヘドロ状に詰まっていたり、「閉ざされたジメジメした空間」ならではの汚れがあるのですが、エプロンパネルの表面も、実は頑固な汚れが付着しがちなんです。

bath-epronpanel-0.jpg

こちらは、2005年前後から新築マンションに多く採用され始めた「エッグ型浴槽」のエプロンパネル。床側に丸くせり出しているデザインです。湯船が大きく感じられてナイスなのですが、お風呂掃除的観点から考えると、シャワーや風呂桶で掛け流した石鹸水の跳ね返りを受けやすく、なかなかに汚れやすいです。お風呂掃除の際には姿勢が辛く、洗う面積が大きくなるので、メンドくさくなりがち。そのせいか、浴槽の内側や床に比べて、強烈な汚れが分厚く育っていることが多いように思います。

水道水中に溶け込んでいる「カルシウム」や「マグネシウム」などのミネラル分と、体を洗う石けんとが化合して出来た石鹸カス(金属石鹸)が、厚みを持って全体を覆い、ベージュ色のような、灰色のような、黒ずみっぽいムラに見えます。触ると、ベタベタと脂っこく、爪でカリカリ擦ってみると、モロモロ…と、ヨレるように削れてくる感じです。臭いをかぐと、油粘土みたいな、でもちょっとカビくさいみたいな…?浴槽の樹脂本来のツヤが失われて、マットな質感。石鹸カスに混じって黒かびが付着ています。

浴槽のエプロンパネル表面の、「石鹸かす」と「カビ」を、しっかりと丁寧に除去しました。

bath-epronpanel-1.jpg

浴槽エプロンカバーそのままの、プラスティックらしい光沢が戻りました。指で撫でると、キュキュッ、プルプル、表面に何も覆っていない、爽やかな感触です。浴室の床に設置された排水口のパーツの形や、シャワーホースが、鏡のように映り込んでいます。

お住まいのエプロンパネル、裸で触れても平気な状態でしょうか。ベトベトする、曇ってる、お風呂掃除用洗剤でもスッキリしないとこまで育っちゃった…、ならば!浴室クリーニング適齢期だと思います。硬いスポンジたわしなどでゴシゴシとハードなお掃除をされて、キズキズ、パッサパサになった後ですと、このようなツルリなめらかなツヤは、戻ってきません。ご自身のお掃除で深追いされる前に、ご用命ください。

日時:2011年5月 7日 PM 02:03
お風呂のカウンター、裏側の汚れ

横浜市青葉区にて、浴室クリーニング

ユニットバスのカウンターで、取扱説明書に取り外してお掃除してくださいと記載されており、仕様として分解が可能な場合は、バラバラにして洗浄します。

※コーキング(プヨプヨのゴムパッキン状の緩衝材)でカウンターと壁の間の隙間が埋められている場合や、樹脂の劣化が進んでいたり歪んで付いていたりで分解すると破損する恐れがある場合は、外すことはできません。

水栓カランの下のカウンターは、洗面器を置いたり、シャンプーボトルを乗っけたりするのに便利ですが、中はカラッポ、空洞状。内側は、こんなふうに汚れていることが多いです。

bath-counter-00.jpg

黒い!茶色い!カビで、ニュルニュル、ドロドロになっています。

bath-counter-01.jpg

部品を外して、ブラシを当てて、汚れを洗い流していきます。

bath-counter-02.jpg

浴室カウンターのクリーニング、終了!元通りの樹脂の色に戻りました。カビ、すっきり。

bath-counter-04.jpg

社長のスネ毛まで撮れちゃった…スミマセン。

日時:2011年5月 2日 PM 03:27
賃貸物件のユニットバスをハウスクリーニング

横浜市港北区の賃貸マンションにて、浴室クリーニング

「賃貸なのですが、排水口の隙間から覗くと、浴槽の真下が真っ黒に汚れているのを見て、ゆっくり落ち着いてお風呂に入れません。実はこの汚れは、数ヶ月前、入居した当初から気になっていたのですが、クレームしても不動産仲介業者さんから派遣された清掃業者さんは、これ以上の清掃は無理と言うばかりで…。シャワーじゃなくて、お風呂に浸かりたいです。思い切って、自費ではありますが、ハウスクリーニングをお願いします。」とのご相談。

仰るように、排水口から浴槽の下を拝見してみます。

chintai-bathroom01.jpg

うーん、確かにカビやら髪の毛やら、得体の知れない汚れで、どす黒いです。臭いも気になります。

chintai-bathroom02.jpg

浴槽に入るときにまたぐ、側面を覆っているエプロンカバーを開けてみます。併せて、排水パーツも分解。おぞましい!黒い!そしてガチガチに固い!何年物の汚れなのか、エプロン内部は今までに開けられた形跡がありません。

エプロン内部のクリーニングを終えたところ。

chintai-bathroom03.jpg

汚れを洗い流し、ようやく「浴室の床と同じ色、同じ素材」であることが、分かるようになりました。排水口もすっきりと、白く戻っています。画面手前に置いてあるのは、天井の換気扇カバーです。そして、今まさにホジっているのは、排水パーツ。

浴槽の下がカビや雑菌の温床となっていたので、床、壁、鏡、カウンター、換気扇も、同様のカビなどの汚れが回ってしまっています。もちろん、併せてクリーニング。

「これでようやくお風呂を楽しめます。自分で掃除するにもどうやって良いか分からなくて、頼りの業者さんからは相手にされず、途方に暮れていました。ようやく友達を泊められます。連休前に間に合って良かった!」と、お客様。

数年前から、賃貸物件ながら、自費でクリーニングをご依頼くださるお客様が増えているように思います。通常、賃貸では、退去後に原状回復工事に伴うハウスクリーニングが行われているはずですが、ここ10年ほどの間に不動産賃貸仲介業者から清掃業者に支払われる額は下落し続け、現在はもはや鼻血も出ないようなところまで下がっています。

下落した価格帯をキープしたまま、エプロン内部や換気扇の内部、鏡に固着した白い水垢、分厚く覆って硬くなった金属石鹸…そういった難しく厳しい汚れを、時間を掛けて材料をたくさん使って清掃することは、ぜったいに無理なこと。だから、何回入退去を繰り返していても、汚れはそのままにされている、それも、ままあること。

今回のような汚れは、賃貸物件オーナーさんや不動産業者さんの考えによって形成された汚れとも言えるのであります。

日時:2011年4月26日 PM 06:11
浴室の黒いカウンター

10日ぶりの更新です。ようやくガソリンスタンドから続く長蛇の列がほどけて、いつもの量、町に仕事グルマが走るようになりました。ウォッシュテックも、通常通り、節電・節水モードで稼動中です。

※生活排水の下水処理には多量の電力を費やすそうで、節水も大きな「節電」になるそうです!

横浜市港北区のマンションにて、浴室のハウスクリーニング。ユニットバスの、特に黒いカウンターに降り積もった石のように硬いカリカリが、白く目立っています。

マンション契約時にいくつかの候補からカラーを選ぶ際、あるいはリフォーム時の打ち合わせでは、「モノトーンのバスルーム、アーバンテイストでクール。この黒いカウンターに、白いシャンプーボトルや、バスグッズを並べて置いたら、うーん、かっこよく締まる!」と思って、黒を多用したデザインを選んでしまいがち。

だいたいの場合、半年から2年後くらいまでには、こうなります。

inax-bath-222.jpg

私と社長は公私にわたり、「黒い色の、きっちり水平の、ちょっとザラザラした表面のカウンターを、新築そのままの色ツヤに保っている家」って、いまだ見たことがありません…。

この白い固いザラザラは、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが、水分だけ干上がって残って、積もった跡です。カルシウムやマグネシウムは金属なので、とても固い。実は、カウンター本体よりも、ずっと固いです。

そんな組成なので、水滴が付着する至るところ、この固い曇りは表れます。カウンター上に配置された鏡にもご注目。白く濁ったように曇っていて、映るバスルームの様子も、ボヤけています。カウンターに付着している「白い固い汚れ」が、同じように鏡の表面にも覆っているのです。水栓も、同じく白っぽい膜が張ったように見えます。写真には見えていませんが、浴槽、床、壁にも同様に、「白いカリカリ」、「パサパサとした曇り」は、覆っています。

浴室クリーニング後。

inax-bath-111.jpg

パサパサと粉っぽく、白く濁っていたカウンターが、艶やかな黒に戻りました!ステンレスの蛇口も、キラリと光沢が戻っています。バスミラーも、鮮明に周りを映し込んでいます。

「実は、ネットで掃除方法を色々調べたり、通販で洗剤を取り寄せたりしたんです。でも、自分のお掃除では全然取れなくて。却ってキズがついちゃって。さらに恥ずかしい事態になってしまって」と、お客様。

「恥ずかしがられることはございません。どなたも同じように思い悩まれていらっしゃいますよ!きっと、ご近所のオシャレな奥様んちも、同じマンションの同じ仕様ですから、こうなっていると思いますよ。ナンも言わないだけです。この白い汚れが、なぜ付くのか、正体が何なのか、お分かりになったかと思います。ハウスクリーニングでリセットされた、これからは、『付けた水垢が、どのように頑張れば落とせるか』ではなく『水垢を付けない』を追求されてください。」と、ご説明して、お納めいたしました。

日時:2011年3月26日 PM 08:02
ハイドロテクトミラーの水垢を除去

マンションの浴室鏡で、最近多く見られる「ハイドロテクトミラー」や「クリアコートミラー」。特殊な塗膜が焼き付けられており、鏡の表面に親水性の機能を持たせています。水滴がツブツブ(撥水)せず、ダラーっと水が垂れ落ちるので、シャワーのお湯で濡れたり湯気が付いたときも鏡が見やすく、ウロコ状の水垢で曇りにくくなっています。

併せて、ここ10年ほどの新築マンションのバスルームは、「浴室乾燥機」が標準仕様となっています。浴室乾燥機は、壁面や鏡に付着した水道水を急激に暖めて乾かし、その場で焼き付けてしまう可能性が高まります。でも、目新しい機能があったら、せっかくだし、使いたくなるでしょう!?数ヶ月経ってから、「あれっ!ウチの浴室鏡、おかしい。白い。映らない」と、気付かれる方が多いようです。

水道水の水(H2O)だけが温風で乾かされて干上がり、その場に残ったカルシウムやマグネシウムなどミネラル分の跡が、重なって積もって、こんなふうに真っ白に曇って、くすんでしまうのです。親水性の素敵な浴室鏡が備わっていながら、なんとも罪深い事態であります。

TOTOhydrotectmirror1.jpg

鱗のように、白い○が幾つも重なっているのがお分かりになりますでしょうか。にじんだようになって、ボケボケにしか映らなくなっています。

TOTOhydrotectmirror2.jpg

ミネラルでミネラルを吸着する仕組みの薬剤を塗布し、磨いていきます。

かつては、ダイヤモンド研磨材やセリウムなど研磨剤を使用していました。それが、メンテナンス業界の「最新」の方法だったのです。しかし、このところ急に普及してきたハイドロテクトミラーでは、表面のコーティングごと剥がし取ってしまうことになり、元々ある「親水性」の特徴を失わせてしまいます。業者の一存で元からの仕様を変えることは、申し訳が無いこと。

そして、従来の「ダイヤモンドで研磨する」「過激な薬剤でガラスごと溶かす」といった方法で行う鏡の水垢除去では、目視では確認できないレベルですが細かな傷や凹凸を新たに刻んでしまいます。この凹凸を足場にして、短期間のうちに更に強烈な水垢が固着する可能性が高く、それも、お客様に対して、申し訳が無いこと。

「今、この時だけ見栄えが良ければいい」、「今の時代のモノに合わなくてもいい」、そんな仕事はしたくない…!そう考えて、この新たな方法に辿り着きました。ウォッシュテックの鏡水垢クリーニングなら、水垢を除去しても、ハイドロテクトの機能は、失われません!

TOTOhydrotectmirror3.jpg

完全に水気を切って、乾いた布で拭いて、水垢の残り方をチェック。水垢は、濡れた状態ではあまり目立たないのですが、完全に乾いた状態になると、ポチポチと浮き上がって見えてきます。なので、磨いては、拭く、の繰り返しです。根気がいる作業です。何度も何度も、目で見て指で撫でて、機械を当てて、水気を拭いて、その繰り返し。なので、短時間でお客様にインパクトを与える結果を出さねばならない清掃業者や、利益を第一に考えて作業時間や材料コストを振り当てる清掃業者には、決してできないことだと思います。

TOTOhydrotectmirror4.jpg

水垢の除去、完成!クリアに映りますね!今回は、浴室鏡だけのオーダーだったのですが、ついでに水栓も磨いておきました。キラリ!なめらかな鏡に、よく映えます。

「鏡が、鏡に戻った〜!うれしいです!すごい!」お客様のありがたいご感想に、私たちも嬉しい思いです。

日時:2011年2月28日 PM 08:47
浴室、蛇口の付け根の白いカリカリと黒いカウンターのモヤモヤ

洗面台の蛇口の付け根に付着したカリカリ水垢に続き、今回は、浴室の混合水栓の根っことカウンターの水垢。

ステンレスの蛇口は、白く曇ってくすんでいます。蛇口が設置されている人工大理石の黒いカウンターも同様に、表面に不透明な膜が張ったように曇っています。付け根には、ガチガチと石のように積もった水垢。

yokusitu-jaguti-mizuaka0.jpg

水道水に含まれているミネラル分(カルシウムやマグネシウムなど)を残して、水だけが蒸発、白く残ります。それが重なって積もっているのが「水垢」です。人工大理石やステンレスよりも固い「金属」が、ビッチリと薄く、素材をくるんでいるようなイメージです。

こちらのカウンターは傾きがなく、水平。体を洗う際やシャワーを使用する時に掛かった水道水の飛び散りが、なかなか流れていかず、その場で乾きがちな形状です。さらに、今回のような黒色、あるいは焦げ茶や紺など濃色のカウンターは、特に白っぽい水垢汚れや質感の違いが目立ちやすいように思います。

「蛇口の裏側だから気付くのが遅れてしまいました。他のところのお掃除を頑張っているのに、ここはこんなていたらく。気になってしかたがないです。ハブラシで根元を擦ってみても、カリカリはそのままで、ビクともしないし…何ですか、この汚れ」と、お客様。

ステンレスの蛇口を磨き、人工大理石のカウンターをクリーニング。

yokusitu-jaguti-mizuaka1.jpg

水栓の根元に厚みをもって薄茶色にこびりついていた水垢がポロリンと外れて、「ここからはステンレス」「ここからは人工大理石」と、キワがくっきり!カウンターは、人工大理石本来のツヤと、深みある黒色が戻りました。

もう少し、離れて撮影してみます。ステンレスは艶やかに、滑らかに輝いています。人工大理石のカウンターには、鮮明に水栓のシルエットが写り込み、窓からの日の光とカウンター上部にある照明を照り返しています。浴槽もツヤッピカッとしていますね!

yokusitu-jaguti-mizuaka11.jpg

皆様のお風呂場は、「ステンレスはステンレス」、「人工大理石は人工大理石」、「鏡は鏡」「ガラスはガラス」、ちゃんと素材の質感が生きてますでしょうか?「もう、全体に白っぽく曇っていて、膜が張ったみたいに曇っていて、手触りはパサパサ…それか、ニュルニュル…。濡れているときは、まぁまぁ見れるバスルームだけど、乾いているときに見ると、けっこう悲しい」と思われるようでしたら、浴室クリーニング適齢期だと思います。曇ったくすみの膜をツルンと一皮剥いて、艶やかで清潔な浴室にされてみてください。

感触も、スベスベだったりキュキュッとだったり、素材そのままに戻りますから、背中や足が触れるとき、とても気持ち良いですよ!

日時:2011年2月23日 PM 06:08
浴室、陶製タイルの水垢クリーニング

横浜市青葉区の戸建にて、浴室クリーニング

壁面の陶製タイルが、びっちり水垢で曇り、光沢が失せて、くすんでいます。

bath-tile-mizuaka0.jpg

全体に白くなって、触るとサラサラと粉っぽく、マットな質感。よく見ると、輪っかが幾重にも重なって、ブツブツしています。市販の浴室用洗剤でも、落ちない、棕櫚のタワシで擦ってみても、まったくビクともしない!と、悩まれていました。

もうちょっと寄って写してみます。水垢の固さ、ウロコのようなガビガビ感、伝わりますでしょうか。

bath-tile-mizuaka-zoom.jpg

陶製タイルは、お茶碗などの食器と同じく、表面にガラス質の釉薬(うわぐすり)を焼き付けてコーティングされています。

同じ陶器でも、トイレの便器に施されている釉薬は、毎日のハードな使用に耐えうるよう、わりかしタフに出来ているのですが、壁面のタイルに使用されている釉薬は、色合いなどデザイン性を重視することから、繊細なことも多いです。

石のように固い水垢が付着しているからといって、おりゃー!と、ゴリゴリ擦ってしまうと、たいへん危険です。いったん付けられた傷や酸性の洗剤で溶けた跡は、ハウスクリーニングの範疇では、完全に治すことができません。ですから、ご自身でのお掃除で何とかされようとせず、「ご家庭で落とせない」汚れ専用の機器や洗剤を、的確に駆使してきた私どもに、お早めにお任せ頂く方が、安心ではないでしょうか。

水垢クリーニング後の浴室の壁。用心深く丁寧に、根気強く、磨いて磨いて、陶製タイルのニュートラルな状態に戻りました。壁って、広いし垂直だし、疲れるー!

ウォッシュテックでは、タイルの壁の水垢除去に対しては、材料の実費だけ頂戴しています。「えっ…そこまで頑張るのに、そんな値段で…もう、そんなとこで良いですよ、じゅうぶんキレイですから…」。社長の作業を実際にご覧になったお客様から、そんなふうなお声を頂くこともしばしばです。

bath-tile-mizuaka1.jpg

タイルが、ツルツル!クリーニング前には全く映り込んでいなかった窓が、クリアに見えます。鍵の位置まで見えるほどシャープ!

今までは色がボヤけていましたが、アイボリー、ピンク、グレー…と繊細なモザイク模様が際立ちます。

目地とタイルの境目が埋まって曖昧だったのに、洗浄後は、質感の違いが鮮明です。タイルの隅の傾斜が明るく光って、四角いタイルが浮き出ているよう。陶製タイルの持ち味であるゴージャス&清潔感が、素敵ですね!

指で触ると、キュキュップルンと、瑞々しいです。今までは、カッサカサだったのにー!張りが出て、若返ったみたいです。

こちらは、浴室全体の写真です。浴槽も、壁面と同様にビッチリ白い水垢が覆って、パサパサとくすんで曇っていましたが、艶やかに、滑らかに、戻りました。

bath-tile-mizuaka-zentai.jpg

築年数が経った浴室でも、周期的に丁寧なケアを施せば、「わぁ〜、君って、素敵なお風呂だったんだね」と、何度も惚れ直すことが出来るかと思います。

浴室のリフォームは、ビックリなくらいに高額です。今そなわっているバスルームとは、なるべく長くラブラブに暮らしたいものですね。

日時:2010年12月17日 PM 06:21
これが大掃除/3

東京都内タワーマンション、浴室クリーニング

排水口エプロン内部、浴槽下に続いて、ドアを見てみます。

扉下部のスリットが目詰まりを起こしています。都心部にあるタワーマンションの浴室扉は、パサパサふわふわしたハウスダスト・ホコリ・カビの類だけでなく、近隣の高速道路や幹線道路から入り込む排気ガスによる油性の汚れも含んでいるため、ネバネバと隙間に張り付くように入り込んでおり、ご自身ではお掃除しにくい状況です。

bath-door1.jpg

扉を持ち上げて外し、浴室内へ。まずは、洗剤で油分を緩ませて、扉の隙間部分からドサッと出てきた汚れ。

更に、様々な角度から目視しながら、手作業でほじくり出します。洗剤や機械の性能云々ではなく、結局は、このようなチマチマした手と目を使う根気が要る作業なのね。変な姿勢で、とっても疲れるそうです。

bath-door2.jpg

扉のスリットは、カビや排気ガスで油っぽくなったホコリなどの汚れでほぼ全て塞がっており、外気が浴室内に流れ込むことなく、浴室換気扇が効率よく動作していない状況となっていることが分かりました。

このように、ドアの下の隙間が詰まっていると、早急に温度や水分を排出できずに浴室内にこもらせてしまって、室内全体のカビ繁殖を促す原因となるんです。

様々な溝や隙間が詰まってしまい、流れず移動せず滞って溜まって、殖えて、バスルーム全体にカビや汚れは広がろうとしていた。カビやニュルニュルや黒ずみが、目に付く表面まで広がり迫ってきていた。そして、見えてる表面のところだけを、必死にお掃除して対処されていた。ということが、ふだん見えない箇所、触りたくない箇所、入り組んで外しにくい箇所に真剣に手を入れてみて初めて、明らかになりました。

このような、おそらく女性一人ではできないであろうダイナミックな掃除こそが「大掃除」だと思います。そして、自分では気づかない汚れの原因を明らかにし、根幹から対策をすることが「大掃除」だと思います。

そのように考えているので、「たかだかお風呂掃除」と言われる浴室クリーニング一回に、社長は4〜5時間を掛けています。パッと見た目、わりかしキレイな浴室であっても、今回のように「実際、中はどうでしょう」な状況が多々ありますから、どちらの浴室でも必ず同じ工程を踏みます。今回3回に亘って少し詳しくご紹介しましたが、もちろん、この他にも、写真に撮ると全てブレブレになるくらいのスピード感で、幾つも幾つもの作業を積み重ねています。そうして初めて、お客様から「わぁ!雰囲気が全く違う」と驚いて頂ける仕上がりになるんだなぁと、毎回実感します。

目の前に出てきてる黒カビを頑張って落としてみることが大掃除、それもアリ。毎日チョコチョコ10分の掃除を自分でやるから大掃除は要らない、それもアリ。しかし、実際に社長の浴室クリーニングの作業工程を数多く見ていると、「これこそが大掃除。こんなこと、めまぐるしい日常生活の中で出来るだろうか。できない方は困られているだろう。パッと見た目や表面上だけでない、住まいの中にある本当の汚れを、もっと知っていただきたい。知って頼んで、もっと楽になっていただきたい」と、思うのです。

最後に、浴室ハウスクリーニング後の写真で締めくくります。

bath-oosouji1.jpg

閉ざされて見えない箇所だけでなく、もちろん表面に見えている、ステンレス水栓、浴槽、床、壁、鏡、扉も収納棚も、くすみ・曇り・濁りが無くなり、艶やかで清潔、ニュートラルな質感になっています。

今回のお客様は、排水口付近やエプロン内部の汚れに関して、ほぼ全く認識されておりませんでした。ですから、お引渡し時、見かけ全体の印象がズバ抜けて変わっていないことに、一瞬「?」という感じの反応をされていました。

しかし、実際に浴室内から回収された握りこぶし大の汚れ入りレジ袋をご覧になり「えーっ」と驚かれ、換気扇を稼動させたとき浴室扉から内部に抜けてくる外気のそよぎを感じられ、浴室換気扇の吸い込みの軽快な稼動音を聴かれて、「わーっ」と驚かれ、そこで「全く変わりました!そういえば、鏡も蛇口もピカピカだし、床も足触りが違う」と、ご感想くださいました。違いは、「見た目」だけでなく、五感で判断されるんですね。

今ある設備や装置を、しっかり長く生かしてゆかれたいならば、いっぺん、大掃除、されてみてください。

日時:2010年11月28日 PM 07:38
これが大掃除/2

東京都内のタワーマンションにて、浴室クリーニング

排水口に続いて、エプロン内部を開けてみると、浴槽下に、厚みをもった灰色や茶色の汚れが積もって溜まっています。エプロンカバーの内側も、ドロリとカビに覆われて黒いです。

bath-epron2.jpg

浴槽の下に洗浄剤を貯めて汚れを浮かし、内部に手を入れて洗い、エプロンカバーの内側のカビを洗います。

bath-epron3.jpg

bath-epron5.jpg

こちらは、今回の浴室で回収された汚れを入れたゴミ袋。ボリュームたっぷり。

bath-epron4.jpg

ドンヨリと溜まっていた汚れが一掃、ユニットバスの樹脂本来の色が戻りました。ウッとヨロけそうな嫌な感じや臭いも消えています。取り外した部品(パーツ)も一つ一つ洗浄。とりあえずカウンター上に並べて置いてあったので、その様子を撮ってみました。

bath-epron6.jpg

排水口付近が汚れで詰まって、浴室床や浴槽内部から流れ込んだお湯や体を洗った後の石鹸類がツーツー流れていかないので、浴槽下にも湿気や温度がこもってしまい、残留した汚れと相まって、よりカビが発生しやすい状況になっていたのですね!エプロン内部で繁殖したカビは、排水溝を伝って、カウンターやカバーの裏へ広がっています。

お風呂の大掃除は、まだまだ続きます

日時:2010年11月25日 PM 07:29
これが大掃除/1

東京都のタワーマンション。バスルームのハウスクリーニング

あれ、割とキレイじゃない?ちょっと棚や蛇口が汚れているかな?鏡や壁、床がくすんでいるかな?

bath-oosouji0.jpg

お客様から、「カビが生えやすくて掃除が大変。浴室床の周囲に備えられている排水溝のカバーの裏や、カウンターなどが、すぐにカビてしまう…どうすれば良いのでしょう」とのご相談。

作業に入る前に尋ねられたので、取り急ぎ一般的なカビへの対処法をご案内差し上げ、そこからクリーニング開始。「まだ築浅のタワーマンションで、室内は非常に乾燥しており、24時間換気もあるのに、なんでそんなにカビるのだろう…」と疑問に思いつつ、排水口に手をやると、

「!」ごっそり。

bath-epron1.jpg

えもいわれぬ感触の、カビ、髪の毛、石けんカス、その他よくわからない汚れが、排水口付近から回収されました。グロい写真ですみません。でもこれ、浴室の排水口で、どの家庭でもよく見られる種類の汚れです。

この汚れから、「カビの生えやすい浴室」の謎が解けそうです。次回に続く

日時:2010年11月23日 PM 07:23
横浜市青葉区マンション浴室クリーニング@目地お掃除の話

横浜市青葉区のマンションにて、バスルームのハウスクリーニング

首都圏で、現在築10年ほど、2000年前後に建てられたマンションの浴室は、このような「磁器タイル」と「目地」の床であることが多いようです。

日本の浴室では、たいていお風呂椅子に座って、髪や体を洗ったり、一緒に入っているお子様にシャワーを掛けたり、髭を剃ったりするので、蛇口(水栓)付近、前方奥側の床に汚れが集中しやすいです。

こちらの浴室も、向かって前方のタイルに、ヌルヌルとしたカビやベトベトした金属石けん・石けんカスが付着し、凹凸が黒ずみが埋まるように見えます。赤みを帯びたグレーの磁器タイルと、濃いグレーの目地の色や質感が、汚れに覆われて変わってしまい、新築時の様子が思い出せない感じです。鏡も白く曇って、ボンヤリとしか映りません。

meji-kosuru0.jpg

「この感じ、我が家のいつものお風呂場ではあるけれど、スッキリしない…。」

お客様のお話によりますと、毎晩お風呂に入るたび、何となく気が滅入るような、そんな思いだったそうです。

「お掃除も頑張っていたのですが、一向にキレイにならなくて」とのご相談に、「今まで、お風呂用の洗剤や道具は、どうされてましたか?」と質問しますと、「浴室用洗剤は、手が荒れるし、芳香剤みたいな強いにおいがするし、汚れが目に見えて落ちないから、使ってません。これで擦るだけです。」と、ご使用中のブラシを出して見せてくださいました。

とても硬い毛が植わっていて、毛先が曲がって広がったブラシ。一生懸命、力いっぱい、目地の汚れを擦られていたことが分かります。

さて!こちらは、浴室クリーニング後の状態です。表面に付着した汚れを、クリアに取り去ることができました。床の色が、本来のウォームグレーダークグレーに戻り、対比が美しく清潔な印象です。指で触ると、汚れも何も乗っていない、本来の質感が実感できます。鏡も、曇りやくすみが無くなって、周りを鮮明に映しています。

meji-kosuru1.jpg

でも、目地。

写真ではとても分かりづらいかと思うのですが、目地が、かなり減って凹んでいるのです。壁の目地には、目地剤が薄くなって亀裂が発生している箇所も確認できます。

タイルの目地は、とても柔らかで脆いものですから、硬いブラシで擦ると、表面の汚れやカビ・水垢ごと削り落とすことができます。でも、それは、「汚れを落とした」のではなく、「目地ごと削り取った、剥ぎ取った」ということで、繰り返すことで着実に目地は痩せて減ります。

ウォッシュテックのハウスクリーニングは、傷を付けずに表面の汚れを取り去ることが信条。しかし、長年に亘る日々のお掃除で、既に痩せて減った目地、あるいは薄く削られ割れた目地を復旧することはできません。

強く目地を擦ると、洗剤を使わなくとも「あ!きれいになる!」と、達成感を得られます。このような擦るお掃除によって発生するタイルの目地の減りは、一般家庭において、とても多く発生しているのではないでしょうか。

いっぺん減らした目地は戻らないですから、大切にしてください。

「汚れで覆われていたから気づかなかったけど、こんなに目地を減らしていたのね…私のお掃除の頑張りは、全て無駄…っていうか、余計なことをしていたんですね!もっと早くに正しいお掃除方法を教えてもらっておけば…」と、お客様。

なので、またしても書いておきます!目地のお掃除をされる方へ。

日常のお掃除では、汚れに対してきちんと働く洗剤を使い、ブラシはしなやかな毛先で汚れを弾くようになさってください。

ウォッシュテックのハウスクリーニングで汚れをリセットした後ならば、この洗剤で十二分に清潔に管理できるようになりますから、と、手肌に優しく無香料で安全性が高いeco洗剤をお分けして、これ以上目地を痩せさせないお掃除方法をお伝えし、お納めしました。

後から「無駄な頑張りだった」なんて思うお掃除なんか、今の頑張りが嬉しい楽しいものと感じられないお掃除なんか、嫌な気持ちを我慢するお掃除なんか、ぶっとばせ!です。

日時:2010年11月17日 AM 09:29
川崎市宮前区にて、浴槽の汚れを洗う

川崎市宮前区にて、ユニットバスのお風呂をハウスクリーニング

「寒くなってきたので、シャワーじゃなくて、浴槽に浸かって、ゆっくりお風呂に入ろう…と、浴槽の内側を見てみたら、かなり汚いことになっており、自分で頑張って掃除をしてみたものの、ほどんど変わらなかったので」とのことで、ご依頼いただきました。

バスタブの内側。

bathtub-kabi0.jpg

黒っぽくベタベタした汚れが、側面に筋のように見えています。浴槽全体をコーティングするような感じで、分厚く覆っており、爪で擦ると、粘土のようにめくれます。これは、脂肪酸ナトリウムや、脂肪酸カリウムなどの「石けん」と、水道水中に含まれているカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが混ざって付着した「石けんカス(金属石けんと呼ばれることも多いです)」。黒く筋のように見えるのは、更に黒かびが混ざりこんでいるためです。石けんカスは、カビや雑菌などにとっては、この上ないご馳走。カビは、水、温かさ、養分が長時間キープされているところが大好きなので、なかなか水が切れない排水口の凹み付近にも、カビが目立ちます。

浴槽の底部分、少し水を流してみました。ポロポロと水滴を弾くように、撥水しています。写真の排水口の右辺り、白く丸く粒粒に見えるところ、水が弾いて出来た細かな水滴です。石けんカスは油っこい膜です。これが表面を覆っていると、ベトッとした感触で、水を掛けると弾きます。バスルーム、一度チェックされてみてください。

浴室クリーニング後。FRPのニュートラルな質感に戻りました。表面に何も付着していないので、ベタベタもヌルヌルも無く、指で触るとムチムチッと引っかかりながらキュッと止まります。艶やかになって、天井にある照明が、映りこむようになりました。

bathtub-kabi1.jpg

清潔な浴室が嫌いな方、キレイなお風呂に入りたくない方は、おりません。清潔な浴室で、ゆっくり温かなお風呂をお楽しみください。

日時:2010年11月14日 PM 03:57
横浴室扉の下、溝の汚れ

横浜市青葉区のマンションにて、浴室のハウスクリーニング

バスルームの扉の下。赤かび、黒かび、水垢、石けんやシャンプーなどが流れきってない跡、髪の毛が、溝から溢れて、塞いでいます。スリットの隙間、床の凹凸の際、壁立ち上がり部分とのフチ、茶色い汚れで覆われて、滲んだように見えます。

bathdoor-tumari0.jpg

ユニットバスの取り扱い説明書をご覧頂くと記載されていますが、実はこの扉の下のカバーは外せる仕組みになっています。でも、重いドアを持ち上げたり、爪を押さえながら斜めに上げたり、女性一人でするお掃除としては、かなり大変。なので、「ここ、開けたらどうなっているんだろう。すごそう」と、思いつつも、放置されやすい箇所です。

外して、ゴミを棄てて、カビを殺して、洗っています。

bathdoor-tumari1.jpg

排水溝になっていて、穴から水が流れ出る仕組みになっているのが、お分かりになりますでしょうか。排水口をご覧頂くため、この写真を掲載しましたが、作業前は、髪の毛やカビや何か良く分からない汚れでビッチリ詰まっていました。ここをツーツー・サッパリにしておくと、余分な水分が早急に排出されて、ドアや床付近のカビの繁殖を防げるのですが、詰まっていると、よからぬものが溜まってきやすいです。不衛生なだけではなく、漏水事故のリスクも高くなります。ご自宅の浴室、チェックされてみてください。

浴室クリーニング後。

bathdoor-tumari2.jpg

扉の枠、ドアの底、さわやかな白に戻りました。穴や溝もスッキリ。浴室床の凹凸にもご注目。凹凸に埋まっていた水垢や石けんカス、カビなどが取れ、本来の均一な質感と色に戻っています。浴室の、弱い照明にも、このようにツヤッと照り返すようになりました。一つ一つの小さな照り返しが、たくさん重なって、ハウスクリーニング後の浴室全体を明るく美しく輝かせます。印象を大きく変えるためには、地道に繰り返される丁寧な作業が必要です。

日時:2010年11月 8日 PM 06:41
横浜市都筑区・戸建・お風呂ハウスクリーニング

横浜市都筑区で、浴室のハウスクリーニングおよびコーティング。

お客様から「すごい、ここまでキレイになるなんて!知り合いに紹介したいから、早くブログに載せてください」とのご要望を頂き、今日の現場を、急いでアップ。

バスルームの扉を閉じ、脱衣スペースから撮影。

bathdoor-kabi0.jpg

ポリカーボネート製浴室扉、すりガラス風の透明部分が、ボヤーっと黒ずんでいます。扉の下部のスリットは、髪の毛、ホコリ、黒カビなどで埋まり、通風していない状況。隙間から汚れが黒く垂れたように汚れています。

一部分をズームしてみます。

bathdoor-kabi0zoom.jpg

凹凸に黒かび。鼻を近づけて嗅ぐとカビくさくて、感触はニュルッとしています。素手で触るのもためらわれる感じ・・・でも、ここは浴室。裸になって、髪や体を清潔に洗い流すところ。体のどこが触っても、お子様が手をついても、清潔な状態の方が、気持ち良いはずです。

次は、浴室扉を、開けて見てみます。

bathdoor-kabi00.jpg

バスルーム内の照明に透けていた黒かびだけではなく、白っぽい石けんカスや、ウロコのような水滴跡のような水垢などの汚れも、重なって付着していることが分かります。

浴室クリーニング後の扉。

まずは、バスルーム内部の光を透かす感じで。浴室の窓も清掃したため、光の差し込みが明るくなり、窓の位置、取っ手の上あたりが、ボンヤリと白っぽく写っています。

bathdoor-kabi1.jpg

続けて、浴室扉を開けます。何も余計な汚れが乗っていない、プレーンな質感。扉の白い枠、照明の照り返しのなめらかさ、ホーロー製の浴室壁パネルの光の反射にもご注目。ツルッ、キラッ、と清潔そうです。

bathdoor-kabi11.jpg

このドアを開けてお風呂場に入ったら、気持ちがよくて体がキレイになる・・・そういう雰囲気をかもし出す、清潔な浴室ドアになりました。

扉のみならず、バスルーム全体の、壁、鏡、浴槽、床、カウンター、水栓、すべて同様の汚れが付着、曇りやカビが付着していました。全体をニュートラルになるよう洗浄、表面を滑らか、クリアに整え、コーティングを塗布して、お納め。

ドアを開けられて、お客様の第一声。「わ…なんで?明るい!ぜんぜん雰囲気が違う!」。そーなんです。汚れやくすみが取れて、材質本来の輝きを取り戻したことで、光がめいっぱい反射するようになるので、ぐっと明るく感じるんですね。

お掃除をしてもキレイにできない浴室扉を持て余し、リフォーム(交換)をご検討されたそうですが、「10万円くらいしたのでやめました。あと5年使って、浴室全体をリフォームしようかなって。でも、こんなにキレイになったんだったら、5年くらい余裕で使えそう」とのこと。

浴室扉1枚10万円、浴室全体のクリーニング、2万円くらい。コーティングまでやっても3万円台。どっちが良いか、それはお客様が決められること。しかし、ウォッシュテックのハウスクリーニングを知っていただけたなら、もっと自由に「どっちが節約かなぁ、うちは今、築○○年目だから…」と計画できるかと思います。

日時:2010年10月30日 PM 06:54
横浜市青葉区の浴室クリーニング、鏡の傷について

横浜市青葉区の戸建、お風呂のハウスクリーニング。清掃完了後の写真。

「今日も綺麗になったなー!めっちゃ雰囲気が明るく変わったわー」と、社長に声を掛けると、「やー、苦戦した。でも、キラッとして、かなり気持ちよくなったでしょ。…でもね、一つ残念なお知らせがあります」と、社長。バスミラーを指差します。

社長の「残念な点」は、いつも凝視しないと分からないです。今回も、すぐには分かりませんでした。しかし、示された箇所を角度を変えながらよく見ると、鏡の表面に、傷が入っています。

bath-kagami-kizu1jpg.jpg

肉眼でじっくり透かして見ると、わりかし鮮明に見える小傷ですが、デジカメでは拾いにくいです。一番目立って撮れるところは…と探して、ずーっと廊下まで後ずさると、このような感じで、傷の状態が撮れました。私の下半身が心霊者写真っぽい?それは置いといて(笑)、画面中央あたりの傷、ご覧になれますか?
bath-kagami-kizu2.jpg

ぐるぐる丸を描くように付けられた傷、大きく硬く荒いもので擦ったような傷…。

もちろん、社長が行う鏡の水垢クリーニングの作業工程には、そのような大きな動作は全くありませんから、水垢除去作業中に付けた傷ではありません。浅く小さな傷は、クリーニング時に丹念に薄くできますが、深くえぐられたて傷ついた箇所は残ってしまいます。

浴室の、床、鏡、カウンター、扉、壁、シャワーヘッドなどを白くマットな質感で覆っている「水垢」は、「強化ガラスの水垢クリーニング」の記事にも書きましたが、水道水に含まれるミネラルが固着したものです。

実は、鏡やガラス、ユニットバスの壁面パネル、FRPの浴槽などよりも、ずっと硬いです。

そのことは、あまり一般的に知られていないので、カビや石鹸カスのように柔らかい汚れと混同され、
「この白いの、残っちゃった!落ちない!えいえい!ゴシゴシ!」と、ブラシや硬いスポンジで力を入れて擦り、えぐり取るように、素材ごとガリガリ削ってしまいがち。

「キレイ好き」の方こそ、がんばってしまうからか、傷が多くなる傾向が見られます。

付着した水垢は何とかクリアに戻せても、ご自身で付けられた傷は、私どもには完全に戻すことができません。

大掃除の勢いで、ガシガシ深追いして自ら傷を付けてしまう前に、「あ、鏡の方が柔らかいんだっけ」と、思い出してくださいますように。

日時:2010年9月28日 PM 12:51
横浜市戸塚区品濃町タワーマンション浴室カウンター水垢ハウスクリーニング

横浜市戸塚区、東戸塚タワーマンションにて、バスルームのハウスクリーニング

黒色の人工大理石カウンターに、白いまだらな汚れが固着しています。水道水に含まれるカルシウムなどのミネラルが、カウンターから流れ落ちず留まり、その場で乾いて積もり、ガチガチに食いついています。とても固くこびりつき、お掃除では取れません、落ちません。いわゆる「水垢」です。

水垢は、水に濡れていると、あまり目立たちません。でも、翌朝乾いてから見ると「やっぱり白い模様がある〜」とガッカリ、「じゃあ、掃除してみよう」と思ってせっせとお掃除にはげんでも数時間後「やっぱり取れてない〜」とガッカリ。艶やかで都会的なイメージの黒色カウンターは、場合によっては新築ご入居から数ヶ月で水垢の白い濁り・くすみが目立ち始めます。それゆえ、お悩みの方はとても多いように思います。

jinkodairisek-bath-mizuaka00.jpg

特に水切れが良くない水栓の周りは、指で触ってみると厚みを持ってザラザラとしています。手前、ステンレスの丸いところをご覧ください。お客様が「水垢を取りたい」と頑張られて、スチールタワシと耐水ペーパーで擦られた傷があります。

水垢とカビをハウスクリーニング。人工大理石カウンターの水垢は滑らかに、照明を反射したステンレス水栓が映り込んでいます。丸いステンレスの部分は、既に深く入ってしまった傷は薄く残っているものの、表面に付着していた水垢がなくなり、細かく入っていた小傷が薄くなっています。キラキラつやつやの質感に戻りました。

jinkodairisek-bath-mizuakai01.jpg

ついでに、壁面もご覧ください。ハウスクリーニング前には、全体に濁ったようにくすんでいたのですが、カウンターと水栓が明るく映り込んでいます。浴槽フチの角の光り方も、エッジのラインがシャープになりましたでしょう。

カビも水垢も、何も乗っていない浴室は、清潔感があって気持ちよいです。さらに!デザイン性に富んだモノトーンのユニットバスは、クスミや濁りが無い状態に保っておくと、とってもゴージャスです。

人工大理石の水垢にお悩みなら、ぜひご用命ください。

日時:2010年7月28日 PM 10:50
横浜市青葉区にてバスルーム・ハウスクリーニング

横浜市青葉区マンション、浴室クリーニング

ユニットバスの扉下部。扉の下側には、浴室の換気効率をアップさせるためにスリットが設けられています。うん?表面キレイだし、汚れてないよ?
bath-door-kabi001.jpg

ところがです。軽く洗って水を掛けてみると。
bath-door-kabi002.jpg

ホコリ、カビ、その他よく分からない黒い汚れの塊がゴッソリ、デロ〜ン…。あわわわ…溝の陰にうまく隠れていたのね!

バスルーム内、特に浴室乾燥機が設置されている場合は、衣類の繊維ホコリが舞いやすく、高温多湿の環境から様々なカビが寄りやすいです。

ハウスダストもカビも、肉眼では確認できないほど微細な浮遊物ですが、このように増殖し堆積し、質量として実際に目の当たりにすると、ものすごい迫力です。

浴室扉のスリットは、浴室の外から空気を吸い込んで、浴室内の温かく湿った空気を換気扇へ流すため、とても重要です。バスルームの排気溝が汚れて詰まっていると、ツーツーに空気を流すことができず、なかなか水分や熱気が外に排出されず、カビが生えやすい状況になってしまいます。

お風呂掃除は大変だから嫌い、カビキラーなどの塩素は怖いから嫌い、ならば、換気効率を最大限に保つことが重要です。バスルームのスリットの掃除は、余計な汚れを作らないための掃除です。ここさえやれば必ず楽になりますよ!浴室扉のスリットの目詰まり、ぜひチェックしてみてください。

こちらは、ハウスクリーニング後の浴室扉。全体のくすみが取れ、樹脂の半透明の部分が均一にクリアな感じになってますが、見えないところをやっているので見た目あんまり変わらないですね!しかし、換気扇をつけて浴室扉の溝に手を近づけると、ちゃんと外気が流れ込んでいるのが分かるようになりました。天井の浴室換気扇にも手を当ててチェックしてみると、明らかに吸い込み力がアップしています。

bath-door-kabi003.jpg
日時:2010年7月25日 AM 12:32
バスルーム湯船の水垢カビ汚れ
東京都大田区のマンション、浴室ハウスクリーニング。
 
お風呂の浴槽の立ち上がり部分って、毎回お掃除されてますか?
 
湯船の中は浴室用洗剤とスポンジで洗うけど…
だって裸の肌が触れるから…って方、多いんじゃないでしょうか。
 
トイレの便器の内側(流れ込み部分)は洗剤付けてトイレブラシで擦るけど
外側の立ち上がり部分はノーマークになりがちのように、
 
この、浴槽をまたぐ段差の面が、曇ってカビや水垢で
ガサガサの質感になっているのを、よく見かけます。
 
洗い場で体を洗ったりシャンプーしたりした洗剤や汚れが跳ね返りやすく
湯船に長時間貯められたお湯でジワーッと温かいままになりやすく
湯桶でかき出したときこぼれたお湯がかかりやすい、エプロンカバーの表面。
 
実は、カウンター、浴室扉の下半分と同じくらい汚れやすい場所であります。
 
こちらの浴槽は、継ぎ目から茶色いカビと水垢が混じった汚れが、はみ出ています。
表面に筋が垂れたように灰色の跡があり、触ると全体にベタベタとして
乾いた状態ではカサカサと光沢がなく、本来の質感がなくなっています。
日時:2010年6月21日 PM 10:11
ユニットバス、樹脂パネル壁ハウスクリーニング

東京都港区、タワーマンションにて、ユニット浴室ハウスクリーニング。

2006年前後に引き渡された分譲マンションのバスルームで多く見られる、樹脂パネルの壁。平滑で光沢があり新築時に美しい。柔らかく若干の弾性があり浴室乾燥機やミストサウナによる暖気による伸縮にも耐える。表面に精緻な印刷が可能なので色柄のバリエーションも提案しやすい。しかも安い。そのようにデベロッパー側にとって利点が多いためか、多く採用されています。

日時:2010年6月13日 PM 01:20

新着ブログ記事

過去のブログ

Page top icon