お風呂掃除の後、壁、透かして見てください

横浜市緑区のマンションにて、浴室クリーニング。中古マンションご購入後、ご入居前の空室全体ハウスクリーニングの一環としてさせて頂きました。

中古物件においては、内覧に向けて売主判断でハウスクリーニングを済ませていることが一般的です。

そういうことから、契約後そのままお引越しをされてご入居、新生活に突入されることも多いです。

しかし、施されているのは、あくまで「マンション売却に向け、契約に至れるか。契約寸前や直後にクレームがついたら、段取りダダ崩れ。それだけは避けねば」という戦略的清掃。

買主が「清潔で気持ち良い。ウキウキ」と思うために用意されているわけではありません。

たとえば、ユニットバスの壁面。

カビは見られません。石鹸カスが付いて脂っこく濁っているわけでもありません。不動産仲介業者さんとすれば、「たいへんキレイにお使いです」と、勧められるレベルです。

bath-kabe-kumori1212-1.jpg

しかししかし、じっくり見て下さい。なんかモヤモヤ、スジのような垂れ跡のような、ムラや曇りが見えますね。

今、年末大掃除の時期です。気張って気張って、お風呂掃除をされた後、壁面をご覧になっても同様になっているかと思います。

専門業者によるハウスクリーニングを入れても、この浴室壁のモヤモヤは、ほぼ全く無くならない。とてもとても難しいので、手の施しようが無いとされている部分です。

ウォッシュテックの浴室クリーニング後は、こうです。

bath-kabe-kumori1212.jpg

つるっ!

天井の点検口の板の四角が映り込むほど滑らかになっています。(写真中央、やや右下あたりにご注目!)ドアの枠も、併せて、つるっ。照明を映しこんでいます。

照明の映り込み部分の周り、ちょっとキズキズで傘のような模様になって見えますね。これは、くだんの「契約に向けて入れられたハウスクリーニング」の作業で、硬いスポンジたわしなどで擦られた痕跡です。いったん付けられた傷は、直すことができないのです。とても残念。新築段階から継続して入っておれば、こんなザマにはならなかったはずだぜー…。

明らかな汚れが無い、ならば良し。中古マンションだから、仕方ない。

でも、それでは、ときめかないではないですか。中古とはいえ、けっして安い買い物ではないのに。

ご入居前には、「これからの新生活を気持ちよく清潔に過ごすために整える、気分アゲアゲになるためのハウスクリーニング」を、ぜひ。

在宅でポイントごとに頼まれるより、空室全体清掃の方が、同じ作業量にも関わらず、だんぜん安価なので、お勧めです。

日時:2012年12月20日 AM 07:27
このエントリーをはてなブックマークに追加

新着ブログ記事

過去のブログ

Page top icon