おそうじ・ハウスクリーニングで、
本当にキレイになりますか?

浴室壁面の水垢
ユニットバス床の水垢
大理石の曇り汚れ
  • その汚れ、「6カ月以上」ではないですか?

家事代行・ハウスクリーニングでは
ちっとも変わりませんよ。

なぜなら!家事代行は付着から7日まで、
ハウスクリーニングは3カ月までの汚れにしか対応できません。

その汚れを解決したいなら、
ウォッシュテックの回復型ハウスクリーニング。
ユニットバス壁の光沢
浴室床の白い汚れを除去
大理石の石材研磨
  • 6カ月~2年の汚れに対応できる、唯一の方法です。

・・・回復型?なにソレ? ご存知ないのも当然です。現在、日本で「回復型ハウスクリーニング」を請け負えるのは、全清掃業者の0.01%未満です。 他の99.99%の業者と、いったい何が違うんでしょう。ズバリ!

回復型ハウスクリーニングは、
使う洗剤が全く違うんです。

業務用洗剤っていったら、
どれも超強力。何でも落とせて当然なんでしょ?

いえいえ。とんでもない。

99.9%の業者が使う業務用洗剤は
3カ月までの汚れしか落とせません。

業者が使う洗剤の違い

99.9%が難しくて諦める洗剤を駆使する。
それが、回復型ハウスクリーニング。

実際の装備をご覧頂ければ、すぐにお分かりになるかと思います。
ウォッシュテックは、他とはスペックが全く違っています。

だから、家事代行、おそうじ、
ハウスクリーニングでは絶対不可能といわれる
この仕上がりまで到達できるのです。

自分の洗剤で汚れが落ちないとき、99.9%の清掃業者はどうするか?
  • こんなハズでは…期待して頼んだのになぁ…モヤモヤ満足いかない…
  • だから、99.9%の清掃業者は高い割合でクレーム対応に追われています。
  • しかし、クレームを出しても汚れは落ちず、モヤモヤは消えません。

業者は全員「プロ」を名乗っています。だから、分かりづらい。選びにくい。でも、このサイトをご覧になった今日からは、違ってくるはずです。

各業者の洗剤レベルと自分の目的をうまくマッチさせて、
ガッカリ・しょんぼり・失敗を回避できるチョイスをしてください。

自分の代わりにしてもらう掃除だったら、
99.9%の業者がやってる
家事代行・ハウスクリーニングでOK。

でも…もし、こんな感じで、

セスキ、洗剤、カビキラー。あれ?効かない。

この汚れは何?どうしていいか分からない。

自力で頑張ったけど、汚れがちっとも変化しない。

表面の汚れは無い。でもキレイではない。うーん?

「自分では何ともできない汚れまで何とかしてほしい」が目的だったら…

  • 今までに無い新たなカテゴリで対応するしかないと思います。
  • それが、第三のカテゴリ「回復型ハウスクリーニング」です。

今んとこ、ウォッシュテックでしかやってません!

自分では解決できない汚れを解決するなら、
回復型ハウスクリーニング。
0.01%しかいない特殊な清掃業者です。

それゆえ広くは知られていませんが、
高く安定した技術を打ち出し、確かな実績を積んでいるからこそ、

  • 大手ハウスクリーニング業者の社内最高技術者が対応したが満足な結果を出せなかった、そんな現場を解決に導く仕事が多いです。
  • 大きな企業、名の知られた企業から「誰に聞いてもできないと断られて…どうにかできませんか?」とご依頼いただくことも多いです。

だったら、高いんでショ?

そりゃ、そう思われますよね。では例として、浴室で最もポピュラーな1616ユニットバスのクリーニング料金で比較してみます。

1回あたりの料金の違い


ほらね、やっぱり、ちょっと高いんじゃな~い?
いいえ!

キレイをキープするために
1年間でかかるお金を比較すると
圧倒的。コスパ最強!

1年あたりの料金の違い

…それが何故、ふつうのハウスクリーニングと
ほとんど同じ料金でできるの?

ウォッシュテックでは、同業他社が「実現できるはずがない」とのけぞる方法で、14年にわたり低価格&高品質を実現。

なんでそこまでして安くする?だって、安いと頼みやすいですよね。

  • 住宅ローンを払いながらでも続けられる。
  • あちこち順繰りに一定周期で手を入れられる。
  • 頼めなくて我慢→回復不可能なレベルに達する→改修しか方法がなくなる→高額の出費 そんな悲しい結末に至らないようにしたいのです。

ローン完済後も現役の資産とされたい方のため、安さはマストだと考えてます。

ウォッシュテックしかできない、
最高の技術なのに「安い」4大ヒミツ。

直接お取引のみ

大手不動産および建築会社・生協・Web見積もりサイトなど他企業からの集客は、一切ございません。

他企業から集客してもらうと、成約時に20%の紹介料を支払うのがハウスクリーニング業界のやり方です。孫請なら30%、ひ孫請なら40%以上が「ウチに来て作業する人じゃないヒト」に渡るお金です。

紹介料は、もちろん100%お客様負担です。料金に2~4割乗っけるか、作業コストを2~4割減らすか。

どっちがイイですか?私は、どっちも「割高になる」と思ってます。

広告してません

つまり、当ホームページからしか、お承りしておりません。

TVCMしないハウスクリーニング業者でも、Web広告に月10~50万円、ホームページ制作やSEO対策に月5万円、ポスティング(チラシ)1回8万円、地域誌広告1回10万円、だいたい平均月額20~30万円くらい広告に充てています。必要経費とはいえ、かなり大きな投資です。

広告料は、もちろん全額、作業料に上乗せされています。

大多数の「頼まない人」に使うお金を、「実際に頼まれるお客様」が負担する。のは、申し訳ないこと。私は、実際に頼んでくださるお客様のためだけに出費を集中したいと考えてます。

なお、このホームページは私「おかみ」がコツコツ描いたり書いたりしています。チャチな体裁で申し訳ございません。

下請・バイト なし

作業は、全て「社長 中島」が、やってます。

完全プライベートな自宅に上げる人なのに、実際どんな人が来て何をするのか、運任せ。仕上がりレベルがまちまち。そんな不確かなハウスクリーニング、私だったら失敗が怖くて頼めません。

ウォッシュテックでは、社長・中島の目と手で、全現場遂行します。

だから、作業実績ブログ(現在記事数480超)と同レベルの仕上がり。

「作業例の写真から検討し、レベルに納得して頼む」それこそがハウスクリーニングの安全。だから現場は原則中島だけ。です。

  • スタッフのレベルがバラバラだからこそ、ユニフォームを着る。
  • 誰が当たるか分からないから、作業例の画像を少なくする。
雰囲気やイメージで選ばせる業者には、脆弱性があります。
もはや避けるべき時代だと思います。

ウォッシュテックは、演出なし。
実例ドカ盛りです。

ハウスクリーニングの実例が豊富

1日1件 限定

難しい汚れにも、満足ゆくまで取り組めます。

1日数件かけもちすれば、売り上げはスゴくなるでしょう。

でも、移動時間も考えると、作業時間は相当カットされます。

制限時間が短いと、難しい汚れに真っ向から対峙できません。

じっくり取り組んで満足な結果に導くため、1日1件限定のご予約とさせて頂いております。

規約にキャンセル不可を明記しておりますのは、そのためです。

それだけではありません。
業者の「キモチワルさ」徹底排除。

清掃業者って、美意識がない不潔なヤツらでしょ。
おうちに上げて頂くのに、そんなふうに思われたらいけませんから。
  1. 同じ現場は、なるべく1本の道具でまわす。
  2. 同じ道具を何本も買うなんて無駄だもん。

ウォッシュテックは、各場所ごとに色識別できるユニットボックスを用意し、ゾーニングを徹底。道具がアチコチ混ざることはありません。

  1. さっきの現場で使った続きで、次の現場へ。

ウォッシュテックは、1現場終わるごとに全ての道具を洗浄・除菌・乾燥。他の家の汚れで雑菌ムレムレの道具は、持ち込みません。

  1. 洗剤・機材、持って来てないからムリと言う。

ウォッシュテックは、厳しい現場の経験から、考えられる状況を全方位予測。機材・洗剤の種類を万全に準備、持ち込みます。

  1. 100均、ボロい道具、大活躍。

ウォッシュテックは、ハイスペックな洗剤の能力を十二分に活かせるハイスペックな道具を、現場の都度的確にメンテナンスしながら長く使います。安くてボロい道具では、思うような成果が出ないからです。

  1. イイとこしか言いません。

ウォッシュテックは、「この洗剤を使っているからエコで安心」など、過剰なアピールをしません。また、他の業者が隠そうとするリスクや問題点も公表。経験や研究による裏付けが蓄積しているからこそ、正直にお伝えし、より良い結果につなぐことができます。

1回の料金が安くて早いんなら、
これくらいゼンゼン平気ですか?

ウォッシュテックがこれを徹底排除できるのは、他には無いヘンな経営でも何とか成り立っているからです。ふつう、こんな手間でお金がかかることをしていては、数年でつぶれます。
  • なので、ここまで明確に「しない」と宣言しているハウスクリーニング業者は、他にありません。
  • その他99.99%の業者が、なんらか「やっちゃって」ます。

そこまで違うハズない。信じられない。と思われる方も多いでしょう。しかし事実、

よそに1~3回浮気した…けど、

あの仕上がりが忘れられない。

そんな書き出しで、
数年後に再びご依頼くださる。

その割合、リピートさん全体の5人に1人。
ふしぎと過去のウワキを正直に打ち明けて戻ってきてくださるのです。

それが、ハウスクリーニング専門法人として14年の信頼と実績。
作業実績は5900超

信頼おける評価レビューも多数ございます。

ウォッシュテック お客様のご感想

  • ご覧いただければ、謝礼目的・ライターによる代筆ではないとすぐにお分かりになるかと思います。

あらゆる面からじっくりご検討いただき、
もし「うん、これなら…」と思われたなら。

暗くて古くさい 屋外床 共有部

中古物件ご購入後ご入居前
空き室全体クリーニング

横浜市/対応エリア

青葉区・都筑区・港北区・中区・西区・緑区・神奈川区・旭区・鶴見区・瀬谷区・保土ヶ谷区・磯子区・戸塚区・南区・金沢区・港南区・栄区・泉区

東京23区/対応エリア

世田谷区・大田区・港区・品川区・渋谷区・目黒区

東京都/対応エリア

町田市・多摩市・稲城市・日野市・調布市・狛江市

神奈川県/対応エリア

川崎市/中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区・幸区・川崎区 大和市

お問い合わせ以前の
ご心配ごとは、こちらへ。
お問い合わせフォーム

私どもがお伺いします!

作業者の顔写真

↑クリックすると、夫婦の紹介マンガが読めます☆

回復型ハウスクリーニングの考え方をご家庭用に最適化。おかみのおそうじセット頒布窓口。

リフォームもお承り可能です。

最新情報

年末大掃除 浴室のくすみ 水垢汚れを回復しています

年末大掃除シーズン突入。ウォッシュテックでは、あえて11月に前倒して「年末大掃除」を設定される方が多いです。12月はクリスマス&年末イベントあり、子供の感染症あり、とにかくドタバタ進行になるので、嵐の前の11月、例年あんがい人気なのです。

年末大掃除ご依頼数ダントツ一位は、浴室クリーニングです。

浴室・トイレ・洗面セット、浴室とキッチン換気扇レンジフード、浴室と大理石研磨、という具合に1案件あたりに必ず浴室クリーニングが入ってます。毎日毎日、お風呂を触ってます。

浴槽の縁(フチ)。右がビフォア、左がアフター。

yokusouhutinomizuaka_kumoriwokaihuku.jpg

サムネール的な解像度にもかかわらず、仕上がりの違い、お分かりいただけるかと思います。

クリーニング前のFRP浴槽は、カサカサと膜が張ったように水垢で覆われています。同様のベージュ色の水垢は、排水栓にも固着。汚れの薄膜で、くすんで曇った印象です。よく見ると、丸や瓢箪型の白い盛り上がりが重なっています。指で触ると、わずかに凸凹があり、サラサラとパウダー状の感触。

クリーニング後は、汚れの薄膜がツルっとなくなり、鮮やかに天井の照明の形が映り込むようになりました。何も映らなかったパサパサした樹脂が、社長・中島の指いっぽんいっぽんを映しています。触ると、キュッキュッ。ニュートラルで心地よい樹脂本来の質感です。プルプルと瑞々しい浴槽には、清潔感があります。

浴室は、ハウスクリーニングの中でも最も「汚れ」と「素材」が多種多用であり、本来の質感に回復することが難しいところです。やわらかな樹脂やメッキのユニットバスに固着した金属質のミネラル汚れ。超難問です。

汚れ「だけ」をなめらかに取り去り、本来の質感に戻す技術がなければ、不潔で古臭い印象を一気に変えることができません。

そのため、一般的なハウスクリーニング業者においては、浴室は最も顧客満足度が低いメニューです。「え...これで終わり?ぜんぜんキレイになってない。私がやったのと、そんなに変わらない」と、モヤモヤされた経験がある方も多いことかと思います。

プロを名乗るハウスクリーニング業者も、実は仕上がりに自信がないのです。なので、浴室クリーニングは8000~15000円が相場。安くしているんだから、汚れが取れないのは仕方がないんですよ。と、価格で表現しているのかもしれません。

ウォッシュテックのお客様は、「いっけん安価に見えるが、自分の悩みに立ち向かって解決してくれないハウスクリーニング業者は、結局めちゃくちゃ高いと思う。そういう考え方は嫌いだ」と仰る方ばかりです。そんなお客様に恵まれて、いっぺんも「高い」と言われたことがありません。

今シーズンも、たくさんのお客様のお役に立てますように無我夢中&一心不乱、駆け抜けてまいります!

マジョルカ 大理石の玄関タイル

横浜市のマンション、玄関・大理石タイルの研磨

マジョルカという種類の大理石です。薄いグレーに、カフェオレとミルクが細かく混ざったようなマーブルが特徴。

築8年。パサパサと曇って、くすんだ印象になってます。

Mallorca_kenmamae0.jpg

Mallorca_kenmamae-zoom0.jpg

研磨後。

Mallorca_kenma1.jpg

天井のダウンライトが、真ん丸に映り込んでいます。

もし、ワックスやマニキュア状のコーティングを塗って光沢を出しているならば、表面がプツプツしていたり、塗った手の動きの凹凸が見えることでしょう。

もし、工場出荷時の光沢というよりも光度計の数値を上げようとする磨き方であれば、ヌラヌラとかげろうのように歪んで見えることでしょう。

ウォッシュテックの大理石研磨は、とにかくどんな手を使っても光沢を出せばイイという考えではありません。

工場出荷段階の大理石に最大限近付けることを目的としています。見え方としたら、真ん丸のライトがポカーンとそのままの形で映り込むのがヨシ!です。

なぜなら、大理石の研磨は、汚れを付きにくく整えることが最大の目的であるからです。大理石は、このブログでは何度も書いてますが、顕微鏡で見ると、フガフガと無数の孔があいたスポンジ状です。この孔が、歩行傷や汚れによって、大きく広がったり、汚れが詰まっているのが、上の写真の状態です。

これを研磨によって「正しい孔の並びと大きさ」に引き締めるように整えると、自然と「扱いやすいニュートラルな状態の大理石」になるというわけです。ついでに、なめらかに、まっすぐに光を跳ね返す。

つまり実は、光沢を出すことは、実は大理石本人からすれば「二の次」。

もっともっともっと光沢を出したい!光れば光るほどイイ!光沢を出すことが最大の目的であり、テクニックだ!というのは、人間の勝手な考えなんです。

工場出荷段階の大理石は、石としていちばんコンディションがよいとき、つまりニュートラルな状態の光沢です。

ここに再び戻してくるのが本当の石材研磨のテクニックであり、そうやってメンテナンスしてゆけば、必ず大理石は長持ちするんです。

光れば光るほどスゴい。そう思われる方もいらっしゃるかと思いますが、そこだけを追求した石は、事実、短命です。何千万年も超えてきた化石なのに、たった30年くらいでボロボロのカルシウムの塊に変わってしまうのです。むごいこと。

「石材研磨でベストコンディションに戻す。ベストコンディションとは、工場出荷時の状態」というのは、「きほんのき」。石材研磨を相当数請けている業者でも、その基本を分かっている人は日本ではほぼゼロです。(日本ではその理論を実践的に学ぶ教育機関が存在しないからです)

日本の大理石メンテナンスは、光沢信仰がまだまだ根強い。でも、それはもはや旧い考えだし、サスティナブルではない。

Mallorca_kenma-zoom1.jpg

この写真の見どころは、居室のドアの映り込みや照明が「まっすぐ、色までくっきり見えている」ところ。上の研磨前の写真と比べてみてください☆

光沢追求のためにヘンな加工しない。してたら、こうは撮れません。

「すこやかで素直なニュートラル状態に戻す」大理石研磨って、透かして見ると全然違うのです。その証明をしたくて、キワドいアングルで撮ってみました。ヨガのような姿勢でね!

ユニット浴室 水垢くもり汚れの撮り方

中古マンションご購入後、ご入居前の空室全体ハウスクリーニング。標準仕様の作業内容に含まれるユニットバスのクリーニング

「立地や管理が気に入って買ったマンションですが、なにぶん浴室が汚くて...」と、お客様。

壁面。白っぽくパサパサとして、元々の質感がまったく分かりません。縦にスジスジと、滴の垂れた跡が見えます。

yokushitsu-kabe-mizuaka-before.jpg

浴室は、ハウスクリーニングの中でも最も難しいところです。ハウスクリーニング業者においては、本来の質感を保ちながら的確に汚れだけを取り除くことなど「不可能。できない。」と考えられています。ほどほどでギブアップしなくちゃ採算が合わないでしょ、時間とお金があったらできるけどね~と強がってみるハウスクリーニング業者もおりますが、実際のところは方策が無いので絶対に仕上がらないのです。

そして、ビルダー、デベロッパー、デザイナー、メーカー...住宅にまつわるあらゆる専門業者が、「使用した浴室であれば、汚れていて当然である」考えています。なぜなら、新たなものを生産し販売することが彼らの商売であるので、今あるシビアな汚れを解決するためのノウハウは管轄外であり、不要なのです。ゆえに、彼らがハウスクリーニングに割く予算および評価は、とても低いです。

汚れに対しての意識が閉塞するなかにあって、いま流通している中古マンション・中古一戸建ての浴室、ほぼ全てが「薄汚れた浴室」「不潔感がある浴室」「行き過ぎた掃除でダメージがある浴室」です。何千件も見てきてますが、汚いものを汚くない、と言い切って売買されてます。

私は、ほんとにそう思ってるのかしら?見えてないのかしら?と不思議に思ってます。

そんな中、私と同じく、「汚いものは汚いよね」って叫びたい立場の方がいらっしゃいます。

買主さんです。

築10年以下でリフォームなんてイヤだ。でも、清潔感と不潔感がベットリはりついたものを使うなんてイヤだ。このままでは、気分が凹む。気持ち悪い。「数千万出費して買う・これからけっこう長く住む」当事者であれば、オンビジネスゆえの他人事ではいられませんよね。自分事ですから、ちゃんとされたいに決まってます。

汚れを正しく認識する。汚れを徹底的に除去する。気持ち良く美しく、長く使う。資産価値が守られる。そのシンプルかつ合理的な美意識が、いづれ日本の住宅業界のデフォルトになればいいな、と私は考えてます。

まずは、当事者である買主さんからなのかなぁ、と私は思ってます。

回復型ハウスクリーニング後のユニットバス。

yokushitsu-kabe-mizuaka-after.jpg

回復型ハウスクリーニングは、結果が全て。どうでしょう!?

樹脂パネルの石調パターンが見えるようになりました。本来の質感というのは、こういうことです。照明、浴室鏡、ポールがクッキリと映り込んで...右側に、誰かいるよ。それは私でございやすー。

こんな角度から撮ったビフォアアフターの写真、見たことないでしょう。だって、この角度から撮ると残っている汚れも擦って傷つけた跡も丸見えになってしまいますから。自分をわきまえているハウスクリーニング業者なら、撮りません。もし同じアングルの画像を見つけたら?それはもう、くもり、ムラ、傷がないか存分に目視してください。汚れが残ってる写真を載せている業者が少なからずおります。よく確認することです。

下から激しくあおるこの写真、どうやって撮影したかって?とりゃー!

yokushitsu-kabe-satsuei.jpg

ウォッシュテックのハウスクリーニングは、水分は全て拭き取ってドライな状況でお引渡しします。そうでなければ、「乾いたら、うっすら出てくる」汚れがチェックできないからです。チェックできなければ、対応もできない。そして、このようなポーズの撮影もできないのです。他の業者は、手で絞った湿ったウェス(雑巾)でザっと拭いておしまい。ウォッシュテックは、何もかもが違うのです。

「早めに予約していたのですが、実は予想外に出産の予定が早まって...とはいえクリーニングしないと住める状況ではないし...もう今日がギリギリの日程で...でも、いろいろあった甲斐がありました、大満足です!赤ちゃんとお風呂に入るのが楽しみです」と、お客様。

あわわわ、そうだったのですね。でも、間に合ってよかったよかった...すてきな新生活を!

高級仕様の浴室 一枚物のガラス扉 落ちない白いウロコを回復

東京都品川区のマンション。高級仕様の浴室、ガラス扉です。

designersmantion-door-mizuaka0.jpg

白く囲ったような水滴の跡が無数に重なり、不潔感が出ています。

一枚物のガラス扉は、高級仕様の浴室においてはデフォルトというか、とても多いです。新築のときは美しさとオシャレさに息をのむ。しかし、数年ふつうにお使いになれば、くすみや曇りなどの薄汚れた印象が邪魔をして、デザイン性を失った例、少なくありません。

洗剤をシュッシュ、スポンジでクルクル、シャワーでシャーできれいになれば良いのになぁと思うのですが、この汚れは、カビキラーでもメラミンスポンジでも重曹・セスキでもクエン酸でもクリアになりません。ならば...こんにゃろ!ゴシゴシ!グリグリ!とやると、擦った跡そのままに細かな傷が付きます。

ガラス扉に、白くカサカサした水垢が固着。この水垢は、水道水中に含まれるミネラル(金属イオン)です。ミネラルウォーターの「ミネラル」と同じ。人工的に添加された石灰やカルキとは違います。もちろんカルシウムも含んでますけれど、シリカやナトリウム、マグネシウムなども含む固い物質です。

特にシリカは、ガラスの原材料。シリカ汚れを力で擦り落とそうとすれば?そうです、ガラスと同じ硬さだから、シリカが取れたらガラスも削れちゃう。きわめて難度の高い汚れであると知っておくのが得策です。

ウォッシュテックでは、この水垢汚れを他の業者では真似できないマイルドな方法で対応します。石鹸カスがカビなどをきっちり取り除き、酸でやわこくして、ミネラル吸着パックを馴染ませて、やわらかいパッドで馴染ませる。

ガラスを溶かす劇薬も、表面を削り落とすダイヤモンドも使いません。表面はなめらかです。だから、水垢がすぐにまたこびり付いちゃうこともない。

はい!ガラス扉、仕上がりました!

designersmantion-door-mizuaka1.jpg

クリア!ニュートラル!すけすけ!触るとスルスル、指に力を入れるとキュッと鳴る。これぞ「ガラス」!

理論理屈も大切ですが(←さんざん語っておきながら!?)、われわれにとって最も重要なのは「結果」であります。

設計デザインにおいて、素材が持つ「質感」ってとても重視されていますよね。でも、質感を維持することについては、今の日本はとても無策だと思います。テクノロジーが全く上陸しておらず、世界照準で30年ほど遅れていると言われているのです。

おかしいなぁ、こんなに「きれいなものを、きれいだと思う」センスがあるジャパンなのに。「汚れで損なわれたデザイン」が多いのは、もったないことです。

ぼやけた質感をビシッと回復できれば、資産性が高まる。価値が強くなる。その事実を証明するために、ウォッシュテックは結果を出し続けています!今日もまた!

新着ブログ記事

過去のブログ

Page top icon