おそうじ・ハウスクリーニングで、
本当にキレイになりますか?

浴室壁面の水垢
ユニットバス床の水垢
大理石の曇り汚れ
  • その汚れ、「6カ月以上」ではないですか?

家事代行・ハウスクリーニングでは
ちっとも変わりませんよ。

なぜなら!家事代行は付着から7日まで、
ハウスクリーニングは3カ月までの汚れにしか対応できません。

その汚れを解決したいなら、
ウォッシュテックの回復型ハウスクリーニング。
ユニットバス壁の光沢
浴室床の白い汚れを除去
大理石の石材研磨
  • 6カ月~2年の汚れに対応できる、唯一の方法です。

・・・回復型?なにソレ? ご存知ないのも当然です。現在、日本で「回復型ハウスクリーニング」を請け負えるのは、全清掃業者の0.01%未満です。 他の99.99%の業者と、いったい何が違うんでしょう。ズバリ!

回復型ハウスクリーニングは、
使う洗剤が全く違うんです。

業務用洗剤っていったら、
どれも超強力。何でも落とせて当然なんでしょ?

いえいえ。とんでもない。

99.9%の業者が使う業務用洗剤は
3カ月までの汚れしか落とせません。

業者が使う洗剤の違い

99.9%が難しくて諦める洗剤を駆使する。
それが、回復型ハウスクリーニング。

実際の装備をご覧頂ければ、すぐにお分かりになるかと思います。
ウォッシュテックは、他とはスペックが全く違っています。

だから、家事代行、おそうじ、
ハウスクリーニングでは絶対不可能といわれる
この仕上がりまで到達できるのです。

自分の洗剤で汚れが落ちないとき、99.9%の清掃業者はどうするか?
  • こんなハズでは…期待して頼んだのになぁ…モヤモヤ満足いかない…
  • だから、99.9%の清掃業者は高い割合でクレーム対応に追われています。
  • しかし、クレームを出しても汚れは落ちず、モヤモヤは消えません。

業者は全員「プロ」を名乗っています。だから、分かりづらい。選びにくい。でも、このサイトをご覧になった今日からは、違ってくるはずです。

各業者の洗剤レベルと自分の目的をうまくマッチさせて、
ガッカリ・しょんぼり・失敗を回避できるチョイスをしてください。

自分の代わりにしてもらう掃除だったら、
99.9%の業者がやってる
家事代行・ハウスクリーニングでOK。

でも…もし、こんな感じで、

セスキ、洗剤、カビキラー。あれ?効かない。

この汚れは何?どうしていいか分からない。

自力で頑張ったけど、汚れがちっとも変化しない。

表面の汚れは無い。でもキレイではない。うーん?

「自分では何ともできない汚れまで何とかしてほしい」が目的だったら…

  • 今までに無い新たなカテゴリで対応するしかないと思います。
  • それが、第三のカテゴリ「回復型ハウスクリーニング」です。

今んとこ、ウォッシュテックでしかやってません!

自分では解決できない汚れを解決するなら、
回復型ハウスクリーニング。
0.01%しかいない特殊な清掃業者です。

それゆえ広くは知られていませんが、
高く安定した技術を打ち出し、確かな実績を積んでいるからこそ、

  • 大手ハウスクリーニング業者の社内最高技術者が対応したが満足な結果を出せなかった、そんな現場を解決に導く仕事が多いです。
  • 大きな企業、名の知られた企業から「誰に聞いてもできないと断られて…どうにかできませんか?」とご依頼いただくことも多いです。

だったら、高いんでショ?

そりゃ、そう思われますよね。では例として、浴室で最もポピュラーな1616ユニットバスのクリーニング料金で比較してみます。

1回あたりの料金の違い


ほらね、やっぱり、ちょっと高いんじゃな~い?
いいえ!

キレイをキープするために
1年間でかかるお金を比較すると
圧倒的。コスパ最強!

1年あたりの料金の違い

…それが何故、ふつうのハウスクリーニングと
ほとんど同じ料金でできるの?

ウォッシュテックでは、同業他社が「実現できるはずがない」とのけぞる方法で、14年にわたり低価格&高品質を実現。

なんでそこまでして安くする?だって、安いと頼みやすいですよね。

  • 住宅ローンを払いながらでも続けられる。
  • あちこち順繰りに一定周期で手を入れられる。
  • 頼めなくて我慢→回復不可能なレベルに達する→改修しか方法がなくなる→高額の出費 そんな悲しい結末に至らないようにしたいのです。

ローン完済後も現役の資産とされたい方のため、安さはマストだと考えてます。

ウォッシュテックしかできない、
最高の技術なのに「安い」4大ヒミツ。

直接お取引のみ

大手不動産および建築会社・生協・Web見積もりサイトなど他企業からの集客は、一切ございません。

他企業から集客してもらうと、成約時に20%の紹介料を支払うのがハウスクリーニング業界のやり方です。孫請なら30%、ひ孫請なら40%以上が「ウチに来て作業する人じゃないヒト」に渡るお金です。

紹介料は、もちろん100%お客様負担です。料金に2~4割乗っけるか、作業コストを2~4割減らすか。

どっちがイイですか?私は、どっちも「割高になる」と思ってます。

広告してません

つまり、当ホームページからしか、お承りしておりません。

TVCMしないハウスクリーニング業者でも、Web広告に月10~50万円、ホームページ制作やSEO対策に月5万円、ポスティング(チラシ)1回8万円、地域誌広告1回10万円、だいたい平均月額20~30万円くらい広告に充てています。必要経費とはいえ、かなり大きな投資です。

広告料は、もちろん全額、作業料に上乗せされています。

大多数の「頼まない人」に使うお金を、「実際に頼まれるお客様」が負担する。のは、申し訳ないこと。私は、実際に頼んでくださるお客様のためだけに出費を集中したいと考えてます。

なお、このホームページは私「おかみ」がコツコツ描いたり書いたりしています。チャチな体裁で申し訳ございません。

下請・バイト なし

作業は、全て「社長 中島」が、やってます。

完全プライベートな自宅に上げる人なのに、実際どんな人が来て何をするのか、運任せ。仕上がりレベルがまちまち。そんな不確かなハウスクリーニング、私だったら失敗が怖くて頼めません。

ウォッシュテックでは、社長・中島の目と手で、全現場遂行します。

だから、作業実績ブログ(現在記事数480超)と同レベルの仕上がり。

「作業例の写真から検討し、レベルに納得して頼む」それこそがハウスクリーニングの安全。だから現場は原則中島だけ。です。

  • スタッフのレベルがバラバラだからこそ、ユニフォームを着る。
  • 誰が当たるか分からないから、作業例の画像を少なくする。
雰囲気やイメージで選ばせる業者には、脆弱性があります。
もはや避けるべき時代だと思います。

ウォッシュテックは、演出なし。
実例ドカ盛りです。

ハウスクリーニングの実例が豊富

1日1件 限定

難しい汚れにも、満足ゆくまで取り組めます。

1日数件かけもちすれば、売り上げはスゴくなるでしょう。

でも、移動時間も考えると、作業時間は相当カットされます。

制限時間が短いと、難しい汚れに真っ向から対峙できません。

じっくり取り組んで満足な結果に導くため、1日1件限定のご予約とさせて頂いております。

規約にキャンセル不可を明記しておりますのは、そのためです。

それだけではありません。
業者の「キモチワルさ」徹底排除。

清掃業者って、美意識がない不潔なヤツらでしょ。
おうちに上げて頂くのに、そんなふうに思われたらいけませんから。
  1. 同じ現場は、なるべく1本の道具でまわす。
  2. 同じ道具を何本も買うなんて無駄だもん。

ウォッシュテックは、各場所ごとに色識別できるユニットボックスを用意し、ゾーニングを徹底。道具がアチコチ混ざることはありません。

  1. さっきの現場で使った続きで、次の現場へ。

ウォッシュテックは、1現場終わるごとに全ての道具を洗浄・除菌・乾燥。他の家の汚れで雑菌ムレムレの道具は、持ち込みません。

  1. 洗剤・機材、持って来てないからムリと言う。

ウォッシュテックは、厳しい現場の経験から、考えられる状況を全方位予測。機材・洗剤の種類を万全に準備、持ち込みます。

  1. 100均、ボロい道具、大活躍。

ウォッシュテックは、ハイスペックな洗剤の能力を十二分に活かせるハイスペックな道具を、現場の都度的確にメンテナンスしながら長く使います。安くてボロい道具では、思うような成果が出ないからです。

  1. イイとこしか言いません。

ウォッシュテックは、「この洗剤を使っているからエコで安心」など、過剰なアピールをしません。また、他の業者が隠そうとするリスクや問題点も公表。経験や研究による裏付けが蓄積しているからこそ、正直にお伝えし、より良い結果につなぐことができます。

1回の料金が安くて早いんなら、
これくらいゼンゼン平気ですか?

ウォッシュテックがこれを徹底排除できるのは、他には無いヘンな経営でも何とか成り立っているからです。ふつう、こんな手間でお金がかかることをしていては、数年でつぶれます。
  • なので、ここまで明確に「しない」と宣言しているハウスクリーニング業者は、他にありません。
  • その他99.99%の業者が、なんらか「やっちゃって」ます。

そこまで違うハズない。信じられない。と思われる方も多いでしょう。しかし事実、

よそに1~3回浮気した…けど、

あの仕上がりが忘れられない。

そんな書き出しで、
数年後に再びご依頼くださる。

その割合、リピートさん全体の5人に1人。
ふしぎと過去のウワキを正直に打ち明けて戻ってきてくださるのです。

それが、ハウスクリーニング専門業者として14年の信頼と実績。
作業実績は5600超

信頼おける評価レビューも多数ございます。

ウォッシュテック お客様のご感想

  • ご覧いただければ、謝礼目的・ライターによる代筆ではないとすぐにお分かりになるかと思います。

あらゆる面からじっくりご検討いただき、
もし「うん、これなら…」と思われたなら。

暗くて古くさい 屋外床 共有部

中古物件ご購入後ご入居前
空き室全体クリーニング

横浜市/対応エリア

青葉区・都筑区・港北区・中区・西区・緑区・神奈川区・旭区・鶴見区・瀬谷区・保土ヶ谷区・磯子区・戸塚区・南区・金沢区・港南区・栄区・泉区

東京23区/対応エリア

世田谷区・大田区・港区・品川区・渋谷区・目黒区

東京都/対応エリア

町田市・多摩市・稲城市・日野市・調布市・狛江市

神奈川県/対応エリア

川崎市/中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区・幸区・川崎区 大和市

お問い合わせ以前の
ご心配ごとは、こちらへ。
お問い合わせフォーム

私どもがお伺いします!

作業者の顔写真

↑クリックすると、夫婦の紹介マンガが読めます☆

回復型ハウスクリーニングの考え方をご家庭用に最適化。おかみのおそうじセット頒布窓口。

リフォームもお承り可能です。

最新情報

フローリングの黒い汚れをクリーニング

2010年以降のフローリングは、「ワックス不要」(シートフローリング/プリントフローリング/オレフィン床)が主流です。

シートフローリング・プリントフローリング・オレフィン床とは、木材の繊維を樹脂と一緒に圧縮して板状になった土台に、木目模様を印刷したシート状の樹脂(とても硬い)を張り付けた床材のことです。印刷だから好みの色柄にデザインできるし、天然の板と比べて相場や納期が安定しており、狂いや歪みがない成形物なので施工も容易。それゆえとても安価。もてはやされるのも当然のことかと思います。

「ワックス不要」のフローリングは、表面はカチカチに硬いですが、断面は細かなオガクズをギュッと固めた板です。継ぎ目やシート状の表面材に微細な歩行傷から水分や洗剤が入り込むやいなや、瞬時に断面からボワッと膨れてオガクズっぽく戻っちゃう。そのリスクを踏まえ、慎重に作業を進めても防ぐことは不可能です。

したがって、シートフローリングの床は、水を使う洗浄や旧い樹脂ワックスを剥離することができません。汚れとお手入れでお困りの方が多いことも承知しておりますが、すみません、お引き受けできかねます。

そのようなことで、ウォッシュテックのフローリングページでご紹介している施工例は、2010年以前に好んで採用された複合フローリング(合板フローリング)が主になってます。ちょっと前に主流だったフローリングは、断面がウエハース状の合板で、カツラ剥き状に薄くはいだ木材を表面に貼り付けています。これなら、慎重に作業をするならば膨れや歪みは発生しません。

時代の流れ...いっときのことを思えば激減ですが、とはいえチョイチョイあります。フローリングの現場。

flooring_kurozkumi0.jpg

窓際は、日差しの影響で樹脂ワックスが黒く変質しやすいです。対して写真右側は、何か置かれていてキレイ。真ん中あたりはアクティブに活動していたゾーンなので、ワックスが傷キズで汚れで黒ずんでます。

ウォッシュテックの床仕事は、タイルでもフローリングでもだいたい同じ動作です。

四つんばいになって60センチ角ごとに区切る形で、マイクロファイバーブラシで安全性がきわめて高い洗剤を馴染ませ、さらし布とマイクロファイバーで3度すすぎ拭き。完全に乾いた状態にする。目視確認。よし、次の60センチ角。この一連の動作を淡々と繰り返し、全体をクリーニングします。

立位で機械を回したり柄付きモップで拭けば、確かに早いです。でも、いっぺんに1.5メートル角ペースで進めてしまうと、水が触れている時間が長くなり、フローリングにおいては傷むリスクも高まります。そして、立位では「どこがどのように汚れているか」見えない。見えないと対応できない。派手さが無いし機械とか使わないから「プロっぽくない」と思われるのですが、その場ですぐ目視して調整しながら洗い、着実に仕上げてゆくのが、実は最も効率的に最高の仕上がりに至る得策です。

ハイ!洗えました。

flooring_kurozkumi1.jpg

色の差が見えなくなりました。

「きれいになりましたねぇ~。あっ...気持ちいい!フローリングが気持ちいいってわざわざ言うこと、今まで無かったです」と、お客様。

仰る通り、素足で触ればすぐに「清潔さ」、お分かりいただけるかと思います。美観も必須要素ですが、おうちですから、気持ち良さが一番重要だと思います。

東京や横浜は、やっぱり大都会。住宅街であっても、幹線道路に面していなくとも、フローリングは排気ガスやカビで不潔に汚れてるのが実状です。エアコンが苦手で窓を開け放つのが好きな方のお部屋は、特に汚れが強いです。

夏の終わり。ここいらでひとつ、フローリング、きちっとクリーニングされるのも一案です。

大理石は上塗りしないで管理 その理由を解説

おかみの断面で図解シリーズ、その2。(その1・大理石研磨には2種類の光沢があるの図解)

今回は、マニキュアのように膜を作るタイプのコーティング剤や石材ワックス、あるいは蝋(パラフィン)を大理石に塗布したら、その時しばらくはいいかもしれないけど、後々までシコリが残ります。という内容を解説してみます。

1)

工場出荷段階の大理石タイルの断面を、顕微鏡で見たところ。

Porous-1.png

もちろん目視ではツヤツヤのツルッツルです。でも実は、ナノレベルの微細な孔がたくさん。スカスカのスポンジ状になってます。この穴ぼこを私どもは「ポーラス」と呼びます。

2)

数年経過すると、歩行による衝撃によって、表面がギザギザに削れてきます。

Porous-2.png

表面のギザギザに照明の光がグチャグチャッとからまって、ビシッとまっすぐな光沢がなくなります。モヤモヤっとして見えたら、こうなってます。

3)

ギザギザの一番深いところ(図2の点線の下の線あたり)までダイヤモンドディスクで研磨。平らにならします。

Porous-3.png

官製はがき1/3枚くらい石が減りますが、図1とほぼ変わらない平らな状態に回復できます。つまり、光沢も元通りにきわめて近い状態に。

一方。

大理石の表面に化学的に光沢をだすための薬剤(造膜性のコーティング剤、ワックス)を塗布した場合の大理石。

A)

Porous-coat1.png

大理石はスポンジ状なので、表面に膜が作られると同時に、場所によってムラがある感じでコーティング剤を吸い取ってしまいます。

石の表面は完全に隠蔽されています。つまり、今、目で見て触っているものは、大理石ではなくてコーティング剤であるということ。

B)

数年後の状態。

Porous-coat2.png

図2と同じく、歩行の衝撃による擦れ傷が出てきます。それと同時に、表面に塗布されたコーティング剤にも傷ができ、樹脂の経年劣化が出てきます。

SERPEGGIANTE_kenma1.jpg

こちらの例は、マンションの玄関タイル。セルベジャンテという種類の大理石。ガサガサというよも、どことなくボワンボワンとはっきりしない光沢が特徴かと思います。

ここで図Bの真ん中あたりの〇にご注目。ちょっと歪んでます。穴ぼこだらけの大理石、実は、空気や湿気を吸ったり吐いたりしています。表面を固い樹脂膜でピッタリ塞いでポーラスを埋めてしまうと、呼吸ができません。息が出来ない状況が続くと、大理石、ちょっとヘンになってしまうんです。具体的には、深いところまでいっぺんにカルシウムっぽいパサパサな感じになってしまうのです。

C)

Porous-coat3.png

図3同様、ギザギザの下辺までダイヤモンドディスクで研磨します。

同じ材料、同じ手順で磨いても、光沢が元通りのレベルまで到達しません。なぜなら、コーティング剤が残っている部分と残っていない部分にムラが出てしまうからです。加えて、いっぺん「ちょっとヘンになっちゃった」大理石は、パサパサと変質しているので磨いてもバチーっと光ることは一生ないのです。

コーティング剤があった大理石、研磨後。状況が軽かったので、このくらいには戻せました。でも、スッピンそのまま無加工の大理石だったら、もっとビチーっとまっすぐな跳ね返り感で光るはずなんですよ。

SERPEGGIANTE_kenma2.jpg

もし、コーティング剤が官製はがき1/3よりも厚く塗られていたら。それはもはや「大理石ではない」別のものなので、大理石の研磨では対応不可ということになります。

結論!

大理石はコートとかワックスとか、上塗りしないで管理してください。

でも、需要の高まりによる過剰な掘削で大理石は枯渇しつつあり。年々大理石の品質は落ちてます。

大理石の品質はふつうは見ても分からないかもですが、研磨してみたら物凄く分かります。どのような品質の石に、どのような化学的な加工がなされているのか。

大理石の「高級感」はマスト...マンション全世帯に入れたい...でも、光沢感が低い大理石しか入手できない......そういうことから、工場出荷段階から上塗り加工がされている大理石が増えてます。

あと10年も経てば、20世紀に産出された大理石とは比べ物にならないものしか入手できないかもしれません。正しいメンテナンスをなされていない大理石は、見るに耐えない美観になり、改修して別の床材に変更される可能性が高い。

だとすれば、今ある大理石タイルをニュートラルな状態で美しく清潔に使い続ける人は、きっとハイステイタス。いい大理石がいい状態で入っていることで、プレミアム物件になるんだと思います。

番外)

ウォッシュテックの大理石コーティング剤は、ポーラスのサイズにピタッと埋まるナノレベルサイズに調整された製品です。

Porous-washtech.png

こんな感じで、石の表面は石のまま、孔の凹みだけ埋まります。石の呼吸を妨げず、かつ、ポーラスから水分や汚れが深く侵入するのを防ぎます。ナノレベルなので、歩行や拭き掃除で徐々に自然に脱落します。

次回の石材メンテナンスまで、深刻なダメージに至ることなく、日常管理を楽に、なるべく長く美しく清潔に保つことが目的です。

何か上塗りすることで石材以上の強度を謳う他のコーティング剤とは一線を画す。バキバキに強くはない、擦れたらすぐ取れちゃう。それが、石を長く保つためのハイテクノロジーだと考えてます。

クリーニング済み中古マンション 「回復型」で気持ち良く整える

中古物件、ご契約後ご入居前の全体ハウスクリーニングのご依頼が多くなってます。

ここ5年ほどは、中古マンションおよび中古戸建の売買を成功させるためには「ハウスクリーニング」が必須、と言われています。

しかし、このハウスクリーニングは、売主さんのためのハウスクリーニング。内覧の際に印象を良くして、きれいに使っていることをアピール。早く・高くの好条件で売却するための「戦略」なのです。

ここ1年ほど。東京オリンピックの雰囲気からなんでしょうか、中古物件の動きが早いように思います。今までは、空き室状態がしばらくあって、その状態で内覧が行われることが多かったように思うんですが、このところ、在宅の状態で内覧、売主さんの退去に合わせて契約、そこからすぐにリフォームとハウスクリーニング、完了次第すぐに買主さんが入居、というスケジュールの方が増えている印象です。

確かに、売主さんと買主さんのスイッチがタイトで物件の稼働が止まらない。マンションの場合だと管理費などなど、合理的。しかし、弱点があるのです。

今ここで生活している家だと、空き室で内覧するよりも「きれい」に見えるのです。

上にも書いたとおり、売主さんが行うのは「戦略的」ハウスクリーニング。自分の顔が見える内覧になるので、ちゃんと掃除できるちゃんとした人なんだなぁ、この人からなら買いたいな、と思われたい。売るためだったら何だってする。とはいえ、もう売っちゃうマンションに、なるべくお金を使いたくはないのです。したがって、通り一遍、安いハウスクリーニング業者を選択するのがデフォルトだと思います。

なので、売主さんが退去後、契約(引き渡し)する段階で初めてガラーンと何もない空き室になったマンションをご覧になって、「思ったより、汚れている...イケると思ったけど、こりゃイヤかも...」とズーンと思われる買主さんが増えているのかなぁと感じています。

そう感じるのはなぜかと申し上げますと。ウォッシュテックにマンション全体ハウスクリーニングは、ご契約から2か月くらい前に初めてお問い合わせくださる方がほとんどなんですが、その段階ではだいたい「自分が見たところ、きれいでした」と仰るんです。しかし、その「だいたい」の方ほとんどが、作業開始日寸前になってから「空室の状態で見たら、けっこう汚れてました」と凹み気味にご報告くださるのです。

たとえば、このユニット浴室。もちろん、ハウスクリーニング済み。

housecleaningzumibukkennoyogore_bath-suisenkabu0.jpg

水栓の下、カウンターの上。この箇所は、ふだんのお掃除でも手を入れにくい位置です。それゆえ、汚れが強靭になりやすい。通常一般的なハウスクリーニングならば、この濃色で微妙な凹凸とマットな質感をもつ浴室パネルを、清潔でニュートラルな状況に回復することは不可能です。(断言!)

ハウスクリーニングで追えない汚れが残っていたって、この位置はふつうシャンプーボトルやバスグッズがあるわけで、内覧時には全く見えないのです。見えないことは、無いことと認識するのが人の目というもの。

引き渡し後に見渡して、あれっ?すごい汚れてる!一点凝視。もうちょっと広く見渡すと...あれっ?ここもある、ここも...全体にかなり薄汚れている。契約直後、突然、空き室でチェックする「目」に切り替わったときのショックは、けっこうなものかと思います。

回復型ハウスクリーニング(レストレーション)後の、同じ箇所。

housecleaningzumibukkennoyogore_bath-suisenkabu1.jpg

「ウォッシュテックさんに最初から決めて、早めにお願いしておいて良かったです。」と、お客様。

今回は浴室を例に出しましたが、床も、そのほかの水まわり(トイレ・洗面台・キッチン)も、同様の「内覧時には全く見えずにキレイだと思ってた」系の汚れは、たくさんあります。これを拾って対策するのが、ウォッシュテックが行う「ご契約後、ご入居前」の中古マンション全体ハウスクリーニングです。

繰り返し申し上げますが、ウォッシュテックでは、中古マンションをご契約された買主さまご自身がご入居前にされるにあたり、今後のご生活ふさわしく整える目的のハウスクリーニングをさせて頂いています。

売主さん負担で行う、あるいは不動産仲介業者さんがサービスで行うハウスクリーニングとは目的および内容が異なりますので、宜しくお願い申し上げます。

浴室スイッチパネルの水垢汚れを回復 レストレーション

東京都港区のタワーマンションにて、浴室クリーニング

タワーマンションでは、管理規約上ベランダに洗濯物を出せません。そのため、浴室乾燥機がデフォルトです。ゆえにもちろん、浴室乾燥機フル稼働のバスルームが一般的です。

都市圏のマンションにお住まいの方は、お仕事がお忙しいことから勤務先と自宅を近くにされたいわけで、ということは、入浴タイムと洗濯タイムがひと続きな場合がおそらく多いんだと思います。

帰宅後(夜)、お風呂に入る→入浴後に干して、浴室乾燥機をON→朝、乾いた洗濯物を取り込むスタイルの方が多いように思います。

今回のバスルームも、そのようにお使いです。こちらは、スイッチパネル。

bath-switchpanel-mizuaka0.jpg

し...白い!ガチガチ!指で触るとザラザラ!

浴室乾燥機ご使用の際、水道水の滴がある状態のまま乾燥機(もしくは暖房)を入れられると、その場で水道水の水分が干上がり、含まれるミネラル(カルシウム、マグネシウム、シリカなどの金属イオン)が残ります。そして、高温で焼き付くように固着。

スポンジ、お風呂掃除用洗剤、カビキラー、何をしても「ほぼ変わらない」強力な水垢に。

私は、この状況になると、ご自分で頑張られるのは得策ではないと考えています。

2005年以降徐々に、ユニット浴室の樹脂は繊細になってきているように思います。ユニットバスの樹脂よりも、浴室乾燥機の高温で焼き付いたミネラルは固いものです。力いっぱい磨けば、水垢は削り落とせるかもしれません。しかし同時に、表示パネルも凹凸に削られてクリアさを失うことになるはずです。

通常一般的な道具や洗剤で太刀打ちできない汚れに関しては、早々のギブアップが大切だと思います。なぜなら、力いっぱい擦って付いた傷や過激な洗剤(たとえば、浴室なのに便器用の酸性洗剤を使ったり、強力さを謳う業務用洗剤をネットで買ったり)してできたダメージは、手の打ちようがなくなるからです。つまり、リフォーム(とても高額)しか方法がなくなる。損失が大きいと思います。

不潔っぽい。古臭い。使用感・生活感がありすぎる。ネガティブなイメージを払拭したい。しかし、掃除やハウスクリーニングで何とかできるレベルではない。そのお悩みに対応するのが、ウォッシュテックが打ち出す「回復型ハウスクリーニング」です。

日本では誰もやっていないので、分かりやすく「ハウスクリーニング」という単語を含ませていますが、やっていることに正しく当てるなら、「レストレーション」。日本語では、回復・修復・復元・復旧という意味です。汚れを徹底的に取り除くことで、質感を本来の状況に近いものに取り戻す作業を、「レストレーション」と言います。

レストレーション

アメリカでは、40年くらいの歴史をもつ一般に広く知られた「産業」です。科学技術に基づき論理的に汚れを取り除く技術が日本では発展途上ゆえ、現状ほぼ知名度ナシです。(なので、知ってください!)

素材本来の光沢や触り心地を復元するレベルまで汚れを取り去る、「レストレーション」後の操作パネル。

bath-switchpanel-mizuaka1.jpg

情報を見やすい、なめらかな操作パネルになりました。プルっとしたプラスチック本来の質感です。どこでもなんでも、汚れが取れて元の感じに戻ったら、清潔でオシャレで気持ち良いものになるのです。

正直、作業はとても大変。レストレーションでも、ウォッシュテックではこれが限度です。汚れだけに着目してプラスティックを傷めたらいけないですから、これ以上は深追いできず、薄く残る可能性が高いです。

水垢を焼き付けないことが、一番の得策。浴室乾燥機のスイッチオンの前には、ワイパー(スクイジー)で水を排水溝に向かって切っておくか、使った後のバスタオルでザっと拭き取る習慣で、長く美しいバスルームを維持されてください。

もう汚れてますヤン!自分で何とかするのってコワいヤン!そんな方には、レストレーションが助けになるかもしれません。覚えておいてください。

ド~はドーナツのド~、レ~はレストレーションのレ~♪ ウォッシュテック社長・中島が、出動いたします~

新着ブログ記事

過去のブログ

Page top icon