おそうじ・ハウスクリーニングで、
本当にキレイになりますか?

浴室壁面の水垢
ユニットバス床の水垢
大理石の曇り汚れ
  • その汚れ、「6カ月以上」ではないですか?

家事代行・ハウスクリーニングでは
ちっとも変わりませんよ。

なぜなら!家事代行は付着から7日まで、
ハウスクリーニングは3カ月までの汚れにしか対応できません。

その汚れを解決したいなら、
ウォッシュテックの回復型ハウスクリーニング。
ユニットバス壁の光沢
浴室床の白い汚れを除去
大理石の石材研磨
  • 6カ月~2年の汚れに対応できる、唯一の方法です。
  • 国際資格IICRCのレストレーション技術に準拠しています。

・・・回復型?なにソレ? ご存知ないのも当然です。現在、日本で「回復型ハウスクリーニング」を請け負えるのは、全清掃業者の0.01%未満です。 他の99.99%の業者と、いったい何が違うんでしょう。ズバリ!

回復型ハウスクリーニングは、
使う洗剤が全く違うんです。

業務用洗剤っていったら、
どれも超強力。何でも落とせて当然なんでしょ?

いえいえ。とんでもない。

99.9%の業者が使う業務用洗剤は
3カ月までの汚れしか落とせません。

業者が使う洗剤の違い

99.9%が難しくて諦める洗剤を駆使する。
それが、回復型ハウスクリーニング。

実際の装備をご覧頂ければ、すぐにお分かりになるかと思います。
ウォッシュテックは、他とはスペックが全く違っています。

なぜウォッシュテックは他と違うことができるの?

  • 米国RSA(Restoration Sciences Academy)で実地訓練を修了。
  • 国際認定組織IICRCのWDR/FSR/ASD資格を日本人で初めて3つ揃えて取得(2018年)。
  • ハウスクリーニング従事者に必須の2資格CCT/HCTも、もちろん保有。
  • 体系的な知識習得と、ハンズオン(体感的)トレーニングを経たうえで、日本国内の設備・内装を科学的に分析、日本のみで普及しているユニットバスや床材などの施工内容を再構築。
  • 日本の住宅に完全順応させた(完全オリジナル製品を含む)機器・薬剤を行使。他社では類例がない現場でも、確実なオペレーションが可能に。
  • その中島が、必ず現場にお伺いするからです。

IICRC公式ID(2021年4月現在)。住宅専業ハウスクリーニング従事者では、国内唯一の資格保有実績数です。

だから、家事代行、おそうじ、
ハウスクリーニングでは絶対不可能といわれる
この仕上がりまで到達できるのです。

自分の洗剤で汚れが落ちないとき、99.9%の清掃業者はどうするか?
  • こんなハズでは…期待して頼んだのになぁ…モヤモヤ満足いかない…
  • だから、99.9%の清掃業者は高い割合でクレーム対応に追われています。
  • しかし、クレームを出しても汚れは落ちず、モヤモヤは消えません。

業者は全員「プロ」を名乗っています。だから、分かりづらい。選びにくい。でも、このサイトをご覧になった今日からは、違ってくるはずです。

各業者の洗剤レベルと自分の目的をうまくマッチさせて、
ガッカリ・しょんぼり・失敗を回避できるチョイスをしてください。

自分の代わりにしてもらう掃除だったら、
家事代行ハウスクリーニングで、OK。

でも、もしこんな感じで…、

セスキ、洗剤、カビキラー。あれ?効かない。

この汚れは何?どうしていいか分からない。

自力で頑張ったけど、汚れがちっとも変化しない。

不潔ではない。でもキレイではない。うーん?

「自分では何ともできない汚れまで何とかしてほしい」が目的だったら…?

  • 今までに無い新たなカテゴリで対応するしかないと思います。

それが、第三のカテゴリ、
回復型ハウスクリーニングです。

日本国内における回復型ハウスクリーニング専門業者は、
2019年現在、 ウォッシュテック だけです。

自分では解決できない汚れを解決するなら、
回復型ハウスクリーニング。
0.01%しかいない特殊な清掃業者です。

それゆえ広くは知られていませんが、
高く安定した技術を打ち出し、確かな実績を積んでいるからこそ、

  • 大手ハウスクリーニング業者が対応したが満足な結果を出せなかった、そんな現場を解決に導く仕事が多いです。
  • 「誰に聞いてもできないと断られて…どうにかできませんか?」とご依頼いただくことも多いです。

だったら、高いんでショ?

そりゃ、そう思われますよね。では例として、浴室で最もポピュラーな1418ユニットバスのクリーニング料金で比較してみます。

1回あたりの料金の違い


ほらね、やっぱり、ちょっと高いんじゃな~い?
いいえ!

キレイをキープするために
1年間でかかるお金を比較すると
圧倒的。コスパ最強!

1年あたりの料金の違い

…それが何故、ふつうのハウスクリーニングと
ほとんど同じ料金でできるの?

ウォッシュテックでは、同業他社が「実現できるはずがない」とのけぞる方法で、低価格&高品質を実現。15年間ブレずに継続しています。

安ければ安い方が良い、既にリフォームと迷うレベルだけど掃除で済むなら儲けもの…とお考えの方のためではありません。

1~2年に1度、定期的に
頼んでいただくための料金設定です。

  • 住宅ローンを払いながらでも続けられる。
  • あちこち順繰りに一定周期で手を入れられる。
  • 頼めなくて我慢→回復不可能なレベルに達する→改修しか方法がなくなる→高額の出費 という痛ましい結果に至ることを避ける。

ローン完済後も現役の資産とされたい方のため、安さはマストだと考えてます。

ウォッシュテックしかできない、
最高の技術なのに「安い」4大ヒミツ。

直接お取引のみ

大手不動産および建築会社・生協・Web見積もりサイトなど他企業からの集客は、一切ございません。

他企業から集客してもらうと、成約時に20%の紹介料を支払うのがハウスクリーニング業界のやり方です。孫請なら30%、ひ孫請なら40%以上が「ウチに来て作業する人じゃないヒト」に渡るお金です。

紹介料は、もちろん100%お客様負担です。料金に2~4割乗っけるか、作業コストを2~4割減らすか。

どっちがイイですか?私は、どっちも「割高になる」と思ってます。

広告してません

つまり、当ホームページからしか、お承りしておりません。

TVCMしないハウスクリーニング業者でも、Web広告・ホームページ制作・SEO対策・ポスティング(チラシ)・地域誌広告など、だいたい平均月額15~30万円くらい広告に充てています。必要経費とはいえ、かなり大きな投資です。

広告料は、もちろん全額、作業料に上乗せされています。

大多数の「頼まない人」に使うお金を、「実際に頼まれるお客様」が負担する…のは、申し訳ないこと。私は、実際に頼んでくださるお客様のためだけに出費を集中したいと考えてます。

なお、このホームページは私「おかみ」がコツコツ描いたり書いたりしています。手作り感満載サイトで申し訳ございません。

下請・バイト なし

作業は、全て「社長 中島」が、やってます。

完全プライベートな自宅に上げる人なのに、実際どんな人が来て何をするのか、運任せ。仕上がりレベルがまちまち。そんな不確かなハウスクリーニング、私だったら失敗が怖くて頼めません。

ウォッシュテックでは、社長・中島の目と手で、全現場遂行します。

だから、作業実績ブログ(現在記事数480超)と同レベルの仕上がり。

「作業例の写真から検討し、レベルに納得して頼む」それこそがハウスクリーニングの安全。だから現場は原則中島だけ。です。

  • スタッフのレベルがバラバラだからこそ、ユニフォームを着る。
  • 誰が当たるか分からないから、作業例の画像を少なくする。
雰囲気やイメージで選ばせる業者には、脆弱性があります。
もはや避けるべき時代だと思います。

ウォッシュテックは、演出なし。
実例ドカ盛りです。

ハウスクリーニングの実例が豊富
  • お悩みのものと同じ汚れが、きっと見つかります。
  • 今ある汚れが、クリーニングでどの程度回復するのか一目で分かります。
  • 施工事例500超。圧倒的な実績数だから、仕上がりの見通しが確かです。

ウォッシュテックの施工写真を無断使用する清掃業者がいます。ウォッシュテックは他社への技術提携は一切しておりませんので、同等の仕上がりには「絶対に」達しません。お気を付けください。

1日1件 限定

難しい汚れにも、満足ゆくまで取り組めます。

1日数件かけもちすれば、売り上げはスゴくなるでしょう。

でも、移動時間も考えると、作業時間は相当カットされます。

制限時間が短いと、難しい汚れに真っ向から対峙できません。

じっくり取り組んで満足な結果に導くため、1日1件限定のご予約とさせて頂いております。

規約にキャンセル不可を明記しておりますのは、そのためです。

それだけではありません。
業者の「キモチワルさ」徹底排除。

清掃業者って、美意識がない不潔なヤツらでしょ。
おうちに上げて頂くのに、そんなふうに思われたらいけませんから。
  1. 同じ現場は、なるべく1本の道具でまわす。
  2. 同じ道具を何本も買うなんて無駄だよ。

ウォッシュテックは、各場所ごとに色識別できるユニットボックスを用意し、ゾーニングを徹底。道具がアチコチ混ざることはありません。

  1. さっきの現場で使った続きで、次の現場へ。

ウォッシュテックは、1現場終わるごとに全ての道具を洗浄・除菌・乾燥。他の家の汚れで雑菌ムレムレの道具は、持ち込みません。

  1. 洗剤・機材、持って来てないからムリと言う。

ウォッシュテックは、厳しい現場の経験から、考えられる状況を全方位予測。機材・洗剤の種類を万全に準備、持ち込みます。

  1. 100均、ボロい道具、大活躍。

ウォッシュテックは、ハイスペックな洗剤の能力を十二分に活かせるハイスペックな道具を、現場の都度的確にメンテナンスしながら使います。安くてボロい道具では、ハイレベルな成果が出ないからです。

  1. イイとこしか言いません。

ウォッシュテックは、「この洗剤を使っているからエコで安心」など、過剰で一面的なアピールをしません。また、リスクやデメリットも明らかに。経験の蓄積と科学的裏付けがあるからこそ、正直にお伝えし、より良い結果につなぎます。

1回の料金が安くて早いんなら、
これくらいゼンゼン平気ですか?

ウォッシュテックがこれを徹底排除できるのは、他には無いヘンな経営でも何とか成り立っているからです。ふつう、こんな手間でお金がかかることをしていては、数年でつぶれます。
  • なので、ここまで明確に「しない」と宣言しているハウスクリーニング業者は、他にありません。
  • その他99.99%の業者が、なんらか「やっちゃって」ます。

そこまで違うハズない。信じられない。と思われる方も多いでしょう。しかし事実、

よそに1~3回浮気した…けど、

あの仕上がりが忘れられない。

そんな書き出しで、
数年後に再びご依頼くださる。

その割合、リピートさん全体の5人に1人。
ふしぎと過去のウワキを正直に打ち明けて戻ってきてくださるのです。

それが、ハウスクリーニング専門業者として18年の信頼と実績。
作業実績は6200超

信頼おける評価レビューも多数ございます。

ウォッシュテック お客様のご感想

  • ご覧いただければ、謝礼目的・ライターによる代筆ではないとすぐにお分かりになるかと思います。

あらゆる面からじっくりご検討いただき、
もし「うん、これなら…」と思われたなら。

ご依頼のお客様へ 緊急のお知らせ
新型コロナウイルス (COVID-19)
感染拡大防止の対応

  • ご予約いただいているお客様に向け、ウォッシュテックでは緊急的に下記の対応を致します。
  • 中島は、国際認定IICRC災害(火災/水災)復旧の各種技術資格を取得済みです。この資格は、菌・ウイルスによる汚染対応の基礎も含まれます。
  • ウォッシュテックでは、EPA(アメリカ合衆国環境保護庁)認可の抗ウイルス剤を保有、殺菌・消毒・消臭・カビおよびバクテリア対策の目的で行使しております。
  • 2020年1月29日付でEPAより新型コロナウイルスへの対応使用許可が下りましたので、作業お伺いを理由とする感染拡大防止を目的に、抗ウイルス剤として行使いたします。
  • ウォッシュテックでハウスクリーニングをご依頼いただいた方を対象に、作業中接触した箇所(コンタクトポイント)に抗ウイルス処理を致します。
  • 使用する抗ウイルス剤は、MRSA・HIV-1・ノロウイルスにも効果が認められています。その効果は塩素・アルコールによる殺菌とは比較になりません。
  • 塩素・アルコール系の消毒とは異なり、内装や設備の素材表面に一切ダメージを与えません。
  • 薬剤がその場に留まる限り、抗ウイルス効果が持続することが特徴です。濯ぎ流す、別の所に移動することが無ければ、ずっと無菌状態になります。
  • 緊急となる現状、日本の住宅において最も効果が高い新型コロナウイルス対策となります。
  • しかし、常用をおすすめできる方策ではございません。
  • 今ある常在菌・有用菌も一緒に殺してしまいます。また、薬剤耐性菌を生むきっかけにも成り得ます。
  • 従いまして、お客様各自のご判断としまして、ご希望の方のみの対応とさせていただきます。
  • もちろん、汚染対応資格の知識を生かして感染症対策の原則を遵守、防止に努めております。宜しくご検討お願い申し上げます。

暗くて古くさい 屋外床 共有部

中古物件ご購入後ご入居前
空き室全体クリーニング

横浜市/対応エリア

青葉区・都筑区・港北区・中区・西区・緑区・神奈川区・旭区・鶴見区・瀬谷区・保土ヶ谷区・磯子区・戸塚区・南区・金沢区・港南区・栄区・泉区

東京23区/対応エリア

世田谷区・大田区・港区・品川区・渋谷区・目黒区

東京都/対応エリア

町田市・多摩市・稲城市・日野市・調布市・狛江市

神奈川県/対応エリア

川崎市/中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区・幸区・川崎区 大和市

お問い合わせ以前の
ご心配ごとは、こちらへ。
お問い合わせフォーム

私どもがお伺いします!

作業者の顔写真

↑クリックすると、夫婦の紹介マンガが読めます☆

回復型ハウスクリーニングの考え方をご家庭用に最適化。おかみのおそうじセット頒布窓口。

最新情報

ご自宅の衛生陶器は衛生的ですか?くすみ汚れの除去

衛生陶器という言葉、ご存知でしょうか。

給排水・調理・給排水にまつわる水まわりで使用されるセラミック製品のことです。

日本の住宅でメジャーな衛生陶器といえば、「洗面(手洗い)ボウル」と「便器」が不動のツートップ、それを追うマンションのベランダにあるスロップシンク、という感じでしょうか。

衛生陶器の機能は、「めっちゃ汚いものを、受けて流す」 ことです。

ゆえの、めっちゃ汚れやすい。しかしもし不衛生であったなら、生活を脅かす汚染源となる。わざわざ「衛生」と区分する、それだけの理由があるのだと思います。

衛生的に管理する目的から、汚れが留まらずツルっとズレて落ちやすい「ガラス質」でくるまれた「陶器」をチョイス、ということです。

表面に凹凸が無く滑らかで、汚れがこびり付きにくいから、陶器・・・。

の、はずなのですが、ウォッシュテックがお伺いする首都圏エリアの衛生陶器の多くは、「ツルっと滑らか」からは程遠いです。

全体に卵の殻のようにマットな質感で、光沢があるガラス質とは言い難い。濁った膜に覆われ、部分的に黒ずみや茶ばみが見られる。そのようなコンディションがほとんどです。

例えば、この洗面ボウルのような。

eiseitouki-kusumi-0zoom.jpg

マットな質感ということは、表面が微細な凹凸であるということです。

光が乱反射して分散、真っ直ぐに跳ね返さないので、フワッとぼやけて見える、それがマットな質感ということです。

メイクでは、ベースの仕上げにパウダーを使いますよね。粉を乗せるとフワッとボケる、あれと同じイメージで 「汚れの粒子が、陶器一面にへばりついてる」 状態です。

人間の肉眼では「くすんでるなー」くらいの凹凸ですが、カビや細菌からすれば、あるいは水道水に溶け込んでいるカルシウムやシリカからすれば、ベンチくらい。「居心地がいいスペース」として、そこに留まるわけです。

最初はベンチくらいの凹凸だったはずでも、「汚れ仲間」を呼び寄せて積み上がり、巣穴?ワンルーム?アパート?と、徐々にサイズアップ。表面のデコボコは次第に大きく深くなってゆきます。

汚れが雪だるま状に蓄積、加速度的に 「不衛生」 な状態に。

本来の目的であった「表面が滑らかで、汚れがズリ落ちやすい、だから衛生的に管理できる」性質が、崩れてゆきます。

このあたりで、「ん?なんか、黒ずんでない?」 と気づかれる方が多いかと思います。

実は固着がかなり進んだ状態なので、スポンジと洗剤で洗ったり、重曹で磨いたり、メラミンスポンジで擦られたり、色々トライされる方が多いようですが、おそらくビクとも変わらないはずです。

濡れるとさほど気にならない状態になったとしても、完全に乾くと、再びカサカサにくすんでいると思います。

回復型ハウスクリーニング後の洗面ボウル

eiseitouki-kusumi-1zoom.jpg

一面にへばりついた汚れの膜をスカッと一掃できれば、このように「ガラス質」で保護された陶器本来の質感が戻ります。

表面の凹凸が滑らかに整え、衛生陶器としての「機能を回復」。本来の機能を取り戻すことができます。

衛生陶器について、「徐々に不衛生になってゆくのは、仕方のないことなのだ。」「古いから、汚い。それは当然だ。」と、お考えになる方が、日本では少なくありません。

しかし、陶器に蓄積した汚れを除く技術があるとすれば、その考え方はひっくり返りますよね。

古くたって、材質に劣化や損傷さえなければ、衛生的に使うことが可能になります。

汚れを理由として、高額な改修や交換をすることはない、ということになります。

今回の画像でお分かりになる通り、水栓部分のステンレスメッキが劣化していて、少し浮き上がっています。金属の腐食という劣化は、クリーニングではどうにもならないところです。

しかし、同じ年数使われていた陶器製ボウル部分は「劣化」ではなく「汚れの付着」なので、「え?何のこと?」ってくらい「衛生的」になりました。

最後に、画像をもう少し引いた目線で見たところ。

この洗面ボウルが、

eiseitouki-kusumi-0.jpg

こうなります。

eiseitouki-kusumi-1.jpg

洗面台前面と天井からの照明を、真っ直ぐ同じ向きに跳ね返すので、洗面室が明るくなりました。

ボウル手前の黒い影は、社長・中島がスマホを構えている姿。同じポーズで撮影したクリーニング前の画像には、まったく映り込んでいませんでした。

ボウル側面(立ち上がり部分)にあったボンヤリした黒ずみ、水栓から垂れたような灰色の跡、排水溝付近に石のように囲んだクリーム色の水垢、全てクリアに。

衛生陶器は、「汚れが残っていない」状態が最も機能的。「機能の回復」を追求すると、このような仕上がりになるということです。

ウォッシュテックの洗面台クリーニングを、1年後に再びご依頼くださったお客様が仰いました。

「前回きれいにしてもらってから、気にしてよく見るようになったんですが、オシャレなお店や高いホテルでも、手洗いボウルはくすみまくってますよね。汚いことを当然として気付かないというのは、その人の倫理観を表すというか...気持ちが悪いことですね。」

ひとたび回復型ハウスクリーニングをご体験されてみると、世の中まったく違った価値観や判断基準になることがあるんだなぁ、と思わせていただきました。

当ブログをご覧になられた方、ご自宅の衛生陶器、衛生的に管理できておられますでしょうか。

くすみ、カサカサ、黒ずみ、それら落ちない汚れに気付かれましたら、ウォッシュテックにお声掛けください。

衛生陶器を衛生的なコンディションに回復させていただきます。

ヘビロテの青T

ウォッシュテックのテーマカラーは青です。

社長・中島が大好きな色だし、衛生的で爽やかなイメージなので、そういうことにしています。

そういうわけで、社長・中島はもっぱら青いTシャツを着ています。

ある1日の現場で出たTシャツの量。

blueTs.jpg

汗をかいた。トイレで作業した。床に触れた。そのたびに着替えるので、枚数ドン!

青ばかりなのでいっけん着た切り雀に見えますが、実は激しくゾーニングや感染症対策をしているのであります。

サイズは4Lから6L、売っているお店が少ないので、「メーカー問わず見かけ次第ゲット」となります。

そのため、色名が同じロイヤルブルー・ジャパンブルーでも、色合いは揃いません。微妙な違い、並べて眺めるとキレイです。

黒だったら「じゃりン子チエ」のテツのタンスになるところだったです。

石のバスルーム 御影石の白い汚れを除去、石本来の光沢と清潔を回復

東京都区内、デザイナーズ・高級仕様マンションやタワーマンションにおいては、石のバスルームが「標準」の物件が少なくありません。

マンションを買ったら、自動的に「石の浴室」オーナーになっちゃう、ということです。

汚れが付きやすく、しかし取り方が分からない、見た目がすごく不潔でスタイリッシュの欠片も無い、と悩まれる方が多いです。

画像は、御影石の浴室カウンターです。

mikageishi-bathroom-yogore-cleamimg0.jpg

タオルで拭いても、スポンジと洗剤で洗ってみても、白くてモヤモヤしたくすみ汚れが変わりません。乾くと、より濁って見え、生活感が目立ちます。

傷なの?劣化なの?カビなの?ムラになった濁りで光沢がなくなって、汚らしい...とお困りになり、ウォッシュテックにご依頼くださいました。

クリーニング後の石の浴室カウンター。

mikageishi-bathroom-yogore-cleamimg1.jpg

ズームしてご覧ください。

置かれたボトルや石鹸の跡、残った水道水の跡であることがお分かりになるかと思います。

mikageishi-bathroom-yogore-cleamimg0-zoom.jpg

クリーニング後。

mikageishi-bathroom-yogore-cleamimg1-zoom.jpg

カウンターのみでなく、ステンレスメッキの水栓、鏡、床および壁面の石材も、それぞれの質感に回復。清潔感とともに、モノトーンの美しさが蘇りました。

石の浴室が標準仕様となっているマンションでは、「ほぼ間違いなく」共用部に石が使われています。

例えばエントランス、コンシェルジュカウンター、エレベーターホールなど。

人目に付きやすい位置に配置し、即座にステイタスを誇示することを目的に、大理石や御影石が取り入れられているかと思います。

共用部の石材は、マンションに住まわれている方が月々納められる管理費でメンテナンスがなされています。

毎日ペースで行われる拭き掃き掃除、数週間から数か月に一度の管理的なクリーニング、プラス、年単位の周期で行われる専門的な石材メンテナンスとト突発的なトラブルの際に入るスポット清掃が加わります。

日常・管理(定期)・特別(専門)といった3種類のクリーニングが、それぞれ担当する汚れを的確に潰し、順繰り進め続けることで建物の機能が長く保たれる。

その仕組みを、私どもは「メンテナンスサイクル」と呼びます。

つまり共用部に設えられた石は、メンテナンスサイクルが健全であれば、清潔で美しいコンディションを保ち続け、資産価値を維持できるということです。

しかし一方、専有部、つまり日々住まわれいる生活空間においては、何年も(場合によっては10年以上)何もなされていない例が、ここ日本ではとても多いように思います。

ウォッシュテックにお声掛けくださる石のバスルームは、一度もクリーニングをされたことが無い場合がほとんどです。

あるいは、お手伝いさんやメイドさんに頼んでも、マンション提携のハウスクリーニング業者に頼んでも、ちっともキレイにならなかった...と、お困りになって検索されてウォッシュテックに辿り着かれた方です。

家の中では、メンテナンスの歯車が、うまく回ってないのだと感じます。

メンテナンスサイクルの概念に触れて「ハッ!?そうかも!」と膝を打たれた方は、ぜひウォッシュテックにご用命いただきたいです。

理由は、「住宅(マンション専有部)の・石の・浴室」の特別(専門)クリーニングに特化した業者は、ほぼゼロだからです。

水まわりに使われた石材の汚れを除去することは、あらゆるクリーニングの中で最も診断が難しく、作業リスクが大きい部類になります。

ドライな環境である「床」のメンテナンスとは比べ物になりません。

毎日、汚れて濡れて乾くを繰り返していることでできる汚れですから、難易度は天井破りです。

しかも狭い中で、石だけではなく、ガラス・陶製タイル・樹脂など多様な材質が混在している。

さらに、莫大な管理費から予算を得られる大きな現場とはかけ離れた少額さ。

今ある業者で対応するには各方面で無理があるためか、コンシェルジュ経由でマンションの提携業者からたぐっても、確証が持てるようなボリュームで実績をもつ清掃業者には当たらないようなのです。

石の浴室の汚れのお悩みから検索、当ブログに辿り着かれた方は、そのまま直接ウォッシュテックにご依頼頂くのが最も安く早く、時間や体力にロスがありません。

近道です。そして、新しい道です。

浴室 換気乾燥機の汚れについて

浴室クリーニングでお問い合わせの際、比較的ひんぱんに頂戴する 「天井の換気乾燥機の汚れ」 についてのブログです。

ふとお風呂で天井を見上げると、ギャッ!換気扇が汚い!と気づくこと、あると思います。

unitbath_cleaning-yogorewotoru0.jpg

カビ?ホコリ?何なのこの汚れ?中身、どうなってんの?

慌てて検索して浴室換気扇のお掃除の方法を探される方、少なくないんじゃないでしょうか。

さらに、壁や床もよく見たら、うちのお風呂、スゴい汚れてない?と、そこからウォッシュテックにアクセスされる方は、浴室換気乾燥機の汚れも対応できるかお訊ねになります。

ウォッシュテックの浴室クリーニングは、浴室換気乾燥機の作業を標準料金内に含みます。

この作業、具体的にお伝えしますと、フィルタを取り外して洗浄、ネジで天井と固定されている外枠(カバー)を取り外して洗浄、天井側に剥き出しになったユニットのホコリや粉状の汚れを除去、です。

それ以上、バラバラに分解してパーツごと取り出して洗浄するということは原則ありません。

理由は、それ以上のところは、原則汚れていないからです。

えっ?そうなの?他のハウスクリーニング業者では、分解洗浄とか割増料金を設定して、やってるよ?ってことは、よほど汚れているんでしょう?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

実は、浴室の換気扇の消費電力は、キッチンの換気扇と比べて、とても少ないんです。

同じ換気扇ですが、浴室の天井についているやつは、パワフルではない。

「吸いこむ力が少ない」ということです。

ゆえの、とば口はホコリや浴室に舞っている粉体など付くこともありますけど、中の中までベトベトにドバっと汚れるということは、構造上ありえないのです。

事実、ウォッシュテックでは、ユニット浴室を2021年現在、6000を軽く超える件数拝見していますが、「こ...これは、浴室換気乾燥機の完全なる分解洗浄が必要だ!」という状況は、1件もありません。

もしあるとすれば、おそらく浴室全体、床・壁・浴槽なども著しい異変が生じているはずで、わざわざ浴室換気乾燥機だけを取りざたしている場合ではありません。

従いまして、ウォッシュテックでは浴室換気乾燥機の分解洗浄として割増は設定しておらず、まずご相談くださった方のご不安を解き、標準的な作業として料金内でいいんじゃないでしょうか、とお伝えしています。

ふだん見えないところだから、とことんバラして洗って欲しい、確かにそういうニーズはあり、ニーズがあるならと応える業者もおります。

しかし、 「浴室換気乾燥機の中の中まで汚れがビッチリ詰まってる」 それは、通常のご生活であれば、まず無いことを知識として得て頂きたいです。

もしバスルームの天井を見上げた時に浴室換気乾燥機が汚れていてギョッとしたら、まずはフィルターを外して洗って、ドライバーでカバーを外して洗って、本体がもしホコリっぽかったらやわらかい刷毛やブラシで払ったり掃除機のブラシで吸い取ったりしてみてください。

浴室換気乾燥機の故障は、1日あたりの乾燥稼働時間がすごく長かったり、フィルタの詰まりで熱が放出されずにこもったり、電送部品の寿命だったり、そういうことがほとんどで、本体の中身に詰まった汚れがアクティブに悪く働くということはありません。

浴室クリーニング後の様子。

unitbath_cleaning-yogorewotoru1.jpg

浴室乾燥機、表面の汚れがなくなりました。

それもそうなんですが、壁面パネルもごらんください。

クリーニング前の画像と比較されると一目瞭然かと思います。

換気乾燥機の汚れが下から見上げて目視確認できる浴室は、床、壁、浴槽、カウンター、扉の内側も汚れが厳しいという傾向がございます。

浴室で圧倒的に不衛生なのは、水や石鹸や体の汚れを受ける腰から下あたり全域です。

湯気がホワホワ通過するだけの天井は、さほど汚れないです。

従って、腰から下を重点にクリーニングできなければ、もし割増料金をふんぱつして徹底的に浴室換気乾燥機を完全分解を頼んだとしても、費用対効果はとても低いということです。

新着ブログ記事

過去のブログ

Page top icon