おそうじ・ハウスクリーニングで、
本当にキレイになりますか?

浴室壁面の水垢
ユニットバス床の水垢
大理石の曇り汚れ
  • その汚れ、「6カ月以上」ではないですか?

家事代行・ハウスクリーニングでは
ちっとも変わりませんよ。

なぜなら!家事代行は付着から7日まで、
ハウスクリーニングは3カ月までの汚れにしか対応できません。

その汚れを解決したいなら、
ウォッシュテックの回復型ハウスクリーニング。
ユニットバス壁の光沢
浴室床の白い汚れを除去
大理石の石材研磨
  • 6カ月~2年の汚れに対応できる、唯一の方法です。
  • 国際資格IICRCのレストレーション技術に準拠しています。

・・・回復型?なにソレ? ご存知ないのも当然です。現在、日本で「回復型ハウスクリーニング」を請け負えるのは、全清掃業者の0.01%未満です。 他の99.99%の業者と、いったい何が違うんでしょう。ズバリ!

回復型ハウスクリーニングは、
使う洗剤が全く違うんです。

業務用洗剤っていったら、
どれも超強力。何でも落とせて当然なんでしょ?

いえいえ。とんでもない。

99.9%の業者が使う業務用洗剤は
3カ月までの汚れしか落とせません。

業者が使う洗剤の違い

99.9%が難しくて諦める洗剤を駆使する。
それが、回復型ハウスクリーニング。

実際の装備をご覧頂ければ、すぐにお分かりになるかと思います。
ウォッシュテックは、他とはスペックが全く違っています。

なぜウォッシュテックは他と違うことができるの?

  • 米国RSA(Restoration Sciences Academy)で実地訓練を修了。
  • 国際認定組織IICRCのWDR/FSR/ASD資格を日本人で初めて3つ揃えて取得(2018年)。
  • ハウスクリーニング従事者に必須の2資格CCT/HCTも、もちろん保有。
  • 体系的な知識習得と、ハンズオン(体感的)トレーニングを経たうえで、日本国内の設備・内装を科学的に分析、日本のみで普及しているユニットバスや床材などの施工内容を再構築。
  • 日本の住宅に完全順応させた他には例を見ない(完全オリジナル製品を含む)機器・薬剤を行使。確実なオペレーションが可能に。
  • その中島が、必ず現場にお伺いするからです。

IICRC公式ID(2019年4月現在)。ハウスクリーニング専業者では、国内唯一の資格保有実績数です。

だから、家事代行、おそうじ、
ハウスクリーニングでは絶対不可能といわれる
この仕上がりまで到達できるのです。

自分の洗剤で汚れが落ちないとき、99.9%の清掃業者はどうするか?
  • こんなハズでは…期待して頼んだのになぁ…モヤモヤ満足いかない…
  • だから、99.9%の清掃業者は高い割合でクレーム対応に追われています。
  • しかし、クレームを出しても汚れは落ちず、モヤモヤは消えません。

業者は全員「プロ」を名乗っています。だから、分かりづらい。選びにくい。でも、このサイトをご覧になった今日からは、違ってくるはずです。

各業者の洗剤レベルと自分の目的をうまくマッチさせて、
ガッカリ・しょんぼり・失敗を回避できるチョイスをしてください。

自分の代わりにしてもらう掃除だったら、
家事代行ハウスクリーニングで、OK。

でも、もしこんな感じで…、

セスキ、洗剤、カビキラー。あれ?効かない。

この汚れは何?どうしていいか分からない。

自力で頑張ったけど、汚れがちっとも変化しない。

不潔ではない。でもキレイではない。うーん?

「自分では何ともできない汚れまで何とかしてほしい」が目的だったら…?

  • 今までに無い新たなカテゴリで対応するしかないと思います。

それが、第三のカテゴリ、
回復型ハウスクリーニングです。

日本国内における回復型ハウスクリーニング専門業者は、
2019年現在、 ウォッシュテック だけです。

自分では解決できない汚れを解決するなら、
回復型ハウスクリーニング。
0.01%しかいない特殊な清掃業者です。

それゆえ広くは知られていませんが、
高く安定した技術を打ち出し、確かな実績を積んでいるからこそ、

  • 大手ハウスクリーニング業者が対応したが満足な結果を出せなかった、そんな現場を解決に導く仕事が多いです。
  • 「誰に聞いてもできないと断られて…どうにかできませんか?」とご依頼いただくことも多いです。

だったら、高いんでショ?

そりゃ、そう思われますよね。では例として、浴室で最もポピュラーな1418ユニットバスのクリーニング料金で比較してみます。

1回あたりの料金の違い


ほらね、やっぱり、ちょっと高いんじゃな~い?
いいえ!

キレイをキープするために
1年間でかかるお金を比較すると
圧倒的。コスパ最強!

1年あたりの料金の違い

…それが何故、ふつうのハウスクリーニングと
ほとんど同じ料金でできるの?

ウォッシュテックでは、同業他社が「実現できるはずがない」とのけぞる方法で、低価格&高品質を実現。15年間ブレずに継続しています。

安ければ安い方が良い、既にリフォームと迷うレベルだけど掃除で済むなら儲けもの…とお考えの方のためではありません。

1~2年に1度、定期的に
頼んでいただくための料金設定です。

  • 住宅ローンを払いながらでも続けられる。
  • あちこち順繰りに一定周期で手を入れられる。
  • 頼めなくて我慢→回復不可能なレベルに達する→改修しか方法がなくなる→高額の出費 という痛ましい結果に至ることを避ける。

ローン完済後も現役の資産とされたい方のため、安さはマストだと考えてます。

ウォッシュテックしかできない、
最高の技術なのに「安い」4大ヒミツ。

直接お取引のみ

大手不動産および建築会社・生協・Web見積もりサイトなど他企業からの集客は、一切ございません。

他企業から集客してもらうと、成約時に20%の紹介料を支払うのがハウスクリーニング業界のやり方です。孫請なら30%、ひ孫請なら40%以上が「ウチに来て作業する人じゃないヒト」に渡るお金です。

紹介料は、もちろん100%お客様負担です。料金に2~4割乗っけるか、作業コストを2~4割減らすか。

どっちがイイですか?私は、どっちも「割高になる」と思ってます。

広告してません

つまり、当ホームページからしか、お承りしておりません。

TVCMしないハウスクリーニング業者でも、Web広告・ホームページ制作・SEO対策・ポスティング(チラシ)・地域誌広告など、だいたい平均月額15~30万円くらい広告に充てています。必要経費とはいえ、かなり大きな投資です。

広告料は、もちろん全額、作業料に上乗せされています。

大多数の「頼まない人」に使うお金を、「実際に頼まれるお客様」が負担する…のは、申し訳ないこと。私は、実際に頼んでくださるお客様のためだけに出費を集中したいと考えてます。

なお、このホームページは私「おかみ」がコツコツ描いたり書いたりしています。手作り感満載サイトで申し訳ございません。

下請・バイト なし

作業は、全て「社長 中島」が、やってます。

完全プライベートな自宅に上げる人なのに、実際どんな人が来て何をするのか、運任せ。仕上がりレベルがまちまち。そんな不確かなハウスクリーニング、私だったら失敗が怖くて頼めません。

ウォッシュテックでは、社長・中島の目と手で、全現場遂行します。

だから、作業実績ブログ(現在記事数480超)と同レベルの仕上がり。

「作業例の写真から検討し、レベルに納得して頼む」それこそがハウスクリーニングの安全。だから現場は原則中島だけ。です。

  • スタッフのレベルがバラバラだからこそ、ユニフォームを着る。
  • 誰が当たるか分からないから、作業例の画像を少なくする。
雰囲気やイメージで選ばせる業者には、脆弱性があります。
もはや避けるべき時代だと思います。

ウォッシュテックは、演出なし。
実例ドカ盛りです。

ハウスクリーニングの実例が豊富
  • お悩みのものと同じ汚れが、きっと見つかります。
  • 今ある汚れが、クリーニングでどの程度回復するのか一目で分かります。
  • 施工事例500超。圧倒的な実績数だから、仕上がりの見通しが確かです。

ウォッシュテックの施工写真を無断使用する清掃業者がいます。ウォッシュテックは他社への技術提携は一切しておりませんので、同等の仕上がりには「絶対に」達しません。お気を付けください。

1日1件 限定

難しい汚れにも、満足ゆくまで取り組めます。

1日数件かけもちすれば、売り上げはスゴくなるでしょう。

でも、移動時間も考えると、作業時間は相当カットされます。

制限時間が短いと、難しい汚れに真っ向から対峙できません。

じっくり取り組んで満足な結果に導くため、1日1件限定のご予約とさせて頂いております。

規約にキャンセル不可を明記しておりますのは、そのためです。

それだけではありません。
業者の「キモチワルさ」徹底排除。

清掃業者って、美意識がない不潔なヤツらでしょ。
おうちに上げて頂くのに、そんなふうに思われたらいけませんから。
  1. 同じ現場は、なるべく1本の道具でまわす。
  2. 同じ道具を何本も買うなんて無駄だよ。

ウォッシュテックは、各場所ごとに色識別できるユニットボックスを用意し、ゾーニングを徹底。道具がアチコチ混ざることはありません。

  1. さっきの現場で使った続きで、次の現場へ。

ウォッシュテックは、1現場終わるごとに全ての道具を洗浄・除菌・乾燥。他の家の汚れで雑菌ムレムレの道具は、持ち込みません。

  1. 洗剤・機材、持って来てないからムリと言う。

ウォッシュテックは、厳しい現場の経験から、考えられる状況を全方位予測。機材・洗剤の種類を万全に準備、持ち込みます。

  1. 100均、ボロい道具、大活躍。

ウォッシュテックは、ハイスペックな洗剤の能力を十二分に活かせるハイスペックな道具を、現場の都度的確にメンテナンスしながら使います。安くてボロい道具では、ハイレベルな成果が出ないからです。

  1. イイとこしか言いません。

ウォッシュテックは、「この洗剤を使っているからエコで安心」など、過剰で一面的なアピールをしません。また、リスクやデメリットも明らかに。経験の蓄積と科学的裏付けがあるからこそ、正直にお伝えし、より良い結果につなぎます。

1回の料金が安くて早いんなら、
これくらいゼンゼン平気ですか?

ウォッシュテックがこれを徹底排除できるのは、他には無いヘンな経営でも何とか成り立っているからです。ふつう、こんな手間でお金がかかることをしていては、数年でつぶれます。
  • なので、ここまで明確に「しない」と宣言しているハウスクリーニング業者は、他にありません。
  • その他99.99%の業者が、なんらか「やっちゃって」ます。

そこまで違うハズない。信じられない。と思われる方も多いでしょう。しかし事実、

よそに1~3回浮気した…けど、

あの仕上がりが忘れられない。

そんな書き出しで、
数年後に再びご依頼くださる。

その割合、リピートさん全体の5人に1人。
ふしぎと過去のウワキを正直に打ち明けて戻ってきてくださるのです。

それが、ハウスクリーニング専門業者として18年の信頼と実績。
作業実績は6200超

信頼おける評価レビューも多数ございます。

ウォッシュテック お客様のご感想

  • ご覧いただければ、謝礼目的・ライターによる代筆ではないとすぐにお分かりになるかと思います。

あらゆる面からじっくりご検討いただき、
もし「うん、これなら…」と思われたなら。

ご依頼のお客様へ 緊急のお知らせ
新型コロナウイルス (COVID-19)
感染拡大防止の対応

  • ご予約いただいているお客様に向け、ウォッシュテックでは緊急的に下記の対応を致します。
  • 中島は、国際認定IICRC災害(火災/水災)復旧の各種技術資格を取得済みです。この資格は、菌・ウイルスによる汚染対応の基礎も含まれます。
  • ウォッシュテックでは、EPA(アメリカ合衆国環境保護庁)認可の抗ウイルス剤を保有、殺菌・消毒・消臭・カビおよびバクテリア対策の目的で行使しております。
  • 2020年1月29日付でEPAより新型コロナウイルスへの対応使用許可が下りましたので、作業お伺いを理由とする感染拡大防止を目的に、抗ウイルス剤として行使いたします。
  • ウォッシュテックでハウスクリーニングをご依頼いただいた方を対象に、作業中接触した箇所(コンタクトポイント)に抗ウイルス処理を致します。
  • 使用する抗ウイルス剤は、MRSA・HIV-1・ノロウイルスにも効果が認められています。その効果は塩素・アルコールによる殺菌とは比較になりません。
  • 塩素・アルコール系の消毒とは異なり、内装や設備の素材表面に一切ダメージを与えません。
  • 薬剤がその場に留まる限り、抗ウイルス効果が持続することが特徴です。濯ぎ流す、別の所に移動することが無ければ、ずっと無菌状態になります。
  • 緊急となる現状、日本の住宅において最も効果が高い新型コロナウイルス対策となります。
  • しかし、常用をおすすめできる方策ではございません。
  • 今ある常在菌・有用菌も一緒に殺してしまいます。また、薬剤耐性菌を生むきっかけにも成り得ます。
  • 従いまして、お客様各自のご判断としまして、ご希望の方のみの対応とさせていただきます。
  • もちろん、汚染対応資格の知識を生かして感染症対策の原則を遵守、防止に努めております。宜しくご検討お願い申し上げます。

暗くて古くさい 屋外床 共有部

中古物件ご購入後ご入居前
空き室全体クリーニング

横浜市/対応エリア

青葉区・都筑区・港北区・中区・西区・緑区・神奈川区・旭区・鶴見区・瀬谷区・保土ヶ谷区・磯子区・戸塚区・南区・金沢区・港南区・栄区・泉区

東京23区/対応エリア

世田谷区・大田区・港区・品川区・渋谷区・目黒区

東京都/対応エリア

町田市・多摩市・稲城市・日野市・調布市・狛江市

神奈川県/対応エリア

川崎市/中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区・幸区・川崎区 大和市

お問い合わせ以前の
ご心配ごとは、こちらへ。
お問い合わせフォーム

私どもがお伺いします!

作業者の顔写真

↑クリックすると、夫婦の紹介マンガが読めます☆

回復型ハウスクリーニングの考え方をご家庭用に最適化。おかみのおそうじセット頒布窓口。

最新情報

天然石タイルの外構 元の色が分からない重度の汚れ 黒カビを除去

戸建住宅の内庭、天然石タイルの床です。

新築引渡から数年はリビングから植栽を眺めたり、バーベキューをしたり...内庭の美観をエンジョイされていました。

しかし現状この通り。

stone-gaikou-tile-kabi-makkuro-kabijokyo-restration-1jpg.jpg

黒くカビて、元々どんな色だったか分かりません。

雨の日に踏むとヌルヌル滑っちゃう。

おどろおどろしい雰囲気で見るのもイヤということで、今は内窓を隠す形で家具を配置されています。

今は、誰にも言えない見られたくない秘密のお庭です。

このようなノーメンテナンスの大理石タイルも、クリーニングで回復できます。

この外構の主な汚れの原因は、カビ、バクテリアです。

大理石タイルの雛壇をグルリ取り囲む形で足元に植栽、樹木の枝が伸び内庭の上を見上げると半分以上葉で隠れた状態。

うっそうとして日差しと空気の循環が少ない環境に、腐敗した落ち葉や土の養分が重なり、柔らかく孔だらけの大理石に黒カビが長期に亘り繁殖したものと思われます。

人海戦術、タイル2~3枚ずつカビ除去を進めてゆきます。

大理石の表面に、カビ除去剤を馴染ませて...、

stone-gaikou-tile-kabi-makkuro-kabijokyo-restration-3.jpg

カビが死滅し溶解したところをマイクロファイバーで吸着、回収し、数回水で濯ぎ...、

stone-gaikou-tile-kabi-makkuro-kabijokyo-restration-6.jpg

ワイパー状のウエットバキューム(湿式吸引機)で汚水と洗浄剤を極限まで回収。

で、次のタイルに...と進みます。

四つん這いで膝付いて、ねちねちねちねち。とっても地道な作業です。

でもほら!怖いくらいにキレイになってゆくでしょう。

stone-gaikou-tile-kabi-makkuro-kabijokyo-restration-5.jpg

汚れがビフォア写真よりも黒く映ってますが、現場での目視では、こちらの画像の方が近いと思います。

分厚い汚れで、素材が何かも分からない。ご自身でのお掃除では何も変わらない。数々の業者がギブアップしたのも当然です。

ねちねちねちねち繰り返し。ようやくタイル全てクリーニング完了!

stone-gaikou-tile-kabi-makkuro-kabijokyo-restration-7.jpg

安全で清潔な状態になったので社長・中島、長靴を脱いで靴下で最終確認中。

掃き出し窓に白い大理石タイルが映り込み、うん、これこそが設計デザインで求めていた本来の内庭なのでした。

目地だけ汚れが目立つなーと思われたでしょうか。環境からの湿気等で現状目地には脱落・カケが目立ちます。後日目地打ち替えされるとのことで今回目地は深追いしないこととし、コストダウン。

最後に、同じ画像をズームで比較します。

stone-gaikou-tile-kabi-makkuro-kabijokyo-restration-0.jpg

stone-gaikou-tile-kabi-makkuro-kabijokyo-restration-8.jpg

ウォッシュテックは住宅専門のレストレーション業者。石の研磨も、石の浴室クリーニングも、首都圏内で群を抜いて実績数が多いです。

実地経験が豊富であるがゆえ「よーし、請けよう」の決断を出せます。

しかしふつう業者は相談をされると困ります。結果が見通せないので、初動で見積を出すことができません。

一方エイヤでお安く出来ますよ!と答える業者もいると思います。おそらく立った姿勢のまま全体にポリッシャーを掛けて、全体にホースで水を流して完了となると思います。

天然石に繁茂したカビ、ここまで真っ黒となりますと、長尺シートやセラミックタイルなどのノウハウとは全く別になるので、そのような方法では絶対に目的に達しません。

カビは死滅せず残り、美観もさほど変わらず、でもOK!機械を回してくれることに意義がある!という方でないなら 「うわーん損した!」 となるかと思うんです。安いといってもチャリーンってな安さではないのですから!

皆様におかれましては、家の石の汚れへ3アプローチ 「磨く・汚れを除く・カビを殺す」 が全て揃った頼み先があるとご安心かと思います。

CHAT理論で上履きを洗う

以前、小学生の上履きを洗うマンガを描きました。

その後、クリーニングにおけるCHAT理論、実は小学校でやった 「食塩(あるいはミョウバン)を水にたくさん溶かす方法を知る実験」 と同じというブログを書きました。

今回はその2ブログを混ぜて、CHAT理論で上靴を洗う実例をご紹介。

まず、ビフォア!たかだか1週間で何をどうしてこうなった?ハード・デューティな上履きです。

uwabakiwoarau_CHAT_RIRON_1.jpg

次!厚手のポリ袋にカーペットクリーニング用の洗浄剤を70℃くらいのお湯で溶かし、上履きを入れ、空気を可能な限り抜いて、口を結わきます。

この希釈液がCHATのC=Chemical です。

uwabakiwoarau_CHAT_RIRON_2.jpg

ポリ袋は、電子レンジや湯煎調理に使えるアイラップを使ってます。

袋の留め具は、袋をねじったところを挟んで押さえるだけで一発密閉、ミスフランシスのクリップです。

お湯が暖かいうちに、靴底を挟むように持ってバフバフ押し、ポンプの要領で中の洗浄液を行き渡らせます。

ハイ!ここでCHATにおけるH=Heat(熱)とA=Agitation(撹拌)ができました。ここまで、作業開始から約3分です。

なお、我が子の現在の上履きは、呼吸ができる(蒸れない)が特徴のIFMEです。

IFMEの上履きは中敷き(インソール)と靴底(アウトソール)に通気口があるので、そのままバフバフするだけで全体に洗浄液が回ります。

このまま30分くらい放置。その間、他の家事を進めます。ここ、CHATのT=Time(時間)です。

再びバフバフとしてから、不透明でズズ黒い邪悪な汚水を流し、ポリ袋に清水を貯めてバフバフして濯ぐを4~5回繰り返し、脱水機に掛けます。

CHAT理論で洗った上履き。

uwabakiwoarau_CHAT_RIRON_3.jpg

真っ白じゃないじゃん!と突っ込まれるかもしれません。

確かに映えない。ちょっと濡れてる状態で撮ってるし。

でも私は上履きで100%キレイを目指して頑張るのがイヤなんです。現場じゃぁあるめいし。

名もなき家事の負担から言葉が乱れました。すみません。

我が子の靴は10か月前後でサイズアウト、買い替えです。上履きは消耗品と割り切ります!

そして上履きに多用されるメッシュ素材は、ブラシでゴリゴリ擦っても毛羽立つだけで汚れはさほど取れません。ポリ系繊維は無数に孔(ポケット)があるような構造なので、汚れが入り込みやすく、掴んだ汚れを放しにくい。しかもIFMEはダブルラッセルメッシュという複雑な編み方です。追求せず諦めることにします!

不衛生と思われる汚れがあらかた取れたら、母はもうそれでいいっす...。

以上、最小限の体力・時間を追求するうえでは、CHAT理論は生活に有用という記事でした。

ユニット浴室 黒色カウンター・鏡の白いモヤモヤ汚れを除去 

TOTO社製、ユニットバスのカウンターと鏡の水垢です。

TOTO_unitbath_couter-mizuaka-moyamoyayogore_0.jpg

鏡は白く縦縞に。鏡を受ける金具も白く濁って。カウンターは、白いウロコとモヤモヤのグレーっぽいマダラ。画像下部、水栓もビチーっと白い膜に覆われたように曇ってます。

浴室レストレーション後。

TOTO_unitbath_couter-mizuaka-moyamoyayogore_2.jpg

質感回復!

膜、まだら、ウロコ、モヤモヤ、ベトベト、カサカサなどなど、材質表面を覆っていた汚れが的確にクリーニングされると、このように変わります。

ユニット浴室の黒いカウンターは、ハウスクリーニング業者泣かせとよく言われます。

業者なら簡単に落とせるでしょと思われがちですが、この箇所に固着した水垢、水垢だけ!をスッキリ落とすことは、きわめて高度なテクニックを要します。

業者ならできるでしょを通り越して、業者の中でこの状況を回復できるのは、全清掃業者の0.01%に満たないのが現実です。

微妙な凹凸に、何か月...何年も掛けて張り付いたカルシウム・マグネシウム・シリカは、お掃除レベルではビクともしません。ならばと不用意に酸を使えば、より白い汚れが強調されて見えたり金属が腐食するリスクが高まります。

※ご参考 クエン酸を浴室掃除に使うのは薦めません

カウンターは均一な黒色なので、誤魔化しが効かないというのも難問です。

残っておれば白い跡が目視出来ます。傷が付けば、黒塗りのベンツと同じで小傷が透けて目視出来ます。

この汚れを除ける清掃業者は0.01%いるかいないか...ということは、この汚れが落とせなくとも、ハウスクリーニング業者は浴室クリーニングを請けるということです。

A)サービスでコーティングしておきましたよ!と言って落ち切れなかった水垢の白いモヤモヤを樹脂の上塗りで隠蔽。

B)白いのは汚れではありませんよ。クリーニングはできてます!と言い切る。

C)濡らしたまま引き渡す。数時間後、乾くとまた浮き出てきちゃう。急いで撤収。

「ハウスクリーニング業者ではキレイにならなかった」とウォッシュテックにご依頼くださったお客様では、上記3パターンいづれかでこの汚れを放置されている方が大半です。

落ちないこと前提で現場を請けるのはとても大変だなと思います。お客様に苦しい嘘をつかねばならなくなります。

私はそんなの絶対にイヤ。だから、素材の特性や汚れのパターンをヒーコラ勉強します。

家事代行系ハウスクリーニングではフォローできない汚れ

「毎年ハウスクリーニングを頼んでいるので、ホームページの画像みたいではなく、比較的キレイだと思います。」

そのように仰ってウォッシュテックにお問い合わせくださる方、少なくありません。

実はワタシ、その一文はあまり気にしないようにしています。

表面はキレイに見えるかもだけど中身はノータッチという現場を、ものすごくたくさん見てきたことが理由です。

自分の家がどんなふうにどれくらい汚れているかは、きわめて高いレベルの個人情報だと思います。自ら明かすことではないので、たくさんのサンプルを見て比べることはできません。

現実的に自分と比べる相手は、近しい友人、親族...そのほかホテルやお店くらいかと思います。汚れの感じ取り具合はプライベートすぎるんです。

なので、お送りくださった画像や汚れの状況についてのコメントを重視して具体的な見解を出すようにしています。

それに加え、自らの汚れのありさまをご存じない方が大半です。

え?お掃除業者を入れているのに?掃除にお金を遣う意識高い系なのに?と思われますよね。

現状、一般的なハウスクリーニング業者の料金体系は「汚れを除去するために必要なコスト」を起点に考えていません。サービス業に近い価格構造です。

つまり、人件費の割合が最も高い。その次は移動費。下請・提携の立場ならば仲介料やフランチャイズ加盟料が必要で、売上の20~40%が吸い上げられてしまいます。

残るは洗剤や道具のような消耗品になりますが、「どんな汚れをどのように解決するか」の根拠がなければ、機材・材料・時間はコストカットの対象でしかありません。汚れに興味がない経営者ならば極限まで圧縮します。

どんな汚れをどのように除去するのかの見通しが立っていなければ、成果報酬型の料金設定はできません。タイムチャージで採算を取ることになります。

道具・材料・時間を圧縮するならば、当然ながら解決できる汚れの量と種類は絞られます。

顧客宅に出張し規定通りの数時間お掃除しています。サービスに対して適正な価格を提示しています。何ら問題ありません。

もし、経営者が想定している汚れを超えて対峙するとすれば、機材・材料の割合が圧倒的に少ない。作業時間も全く足らない。と、なります。

そんな中、汚れているとお客様に知られたらどうでしょう。何とかしてと言われるでしょう。困ります。

足が出る!後が押すから時間も割けない!となれば、清掃業者はそっとフタを閉じるのです。というか、そもそも開けないのです。

こちらの換気扇もそうです。

今まで何度もハウスクリーニング業者を頼んだと伺いますが、シロッコファンを外してシロッコファン本体を洗うのみに終始しています。

nen1kai_housecleaning_okumadetoretenai_kankisen0.jpg

レンジフード(換気扇のカバー部分)やシロッコファン(ヒダヒダ付きの円柱状の換気扇。ヒダヒダを回転させて排気ダクトに送り出します)は、とってもキレイだったのですが、内部はだいぶんリアル!

1年ではここまでにならない...とすぐに悟られ、ウォッシュテックを紹介してもらえて良かった...と安堵されるお客様。

ちなみにこちらは、シロッコファンが収まるファンケースという部分です。でんでんむしのような形をした大きめのパーツです。真ん中の空洞のところにシロッコファンの中心部を重ねます。

シロッコファンに付着したミスト状の油汚れが遠心力で吹っ飛んで、ファンケースにこびり付く。コンロから上がってきた熱で金属に焼き付く。焦げた油が積もって積もってダマになる。やがて、べっとり溜まる。ということです。

ファンケースの内面の状況は手前のパーツに邪魔されて、コンロから上に覗き込んでも見えません。シロッコファンを組み入れた状態であれば、更に見えづらい。しかも薄暗い。

そのため、シロッコファン本体がキレイになっておれば「うん、OK!今年もキレイになった。さすが業者の換気扇クリーニング」と思われることでしょう。

こちらは、クリーニング後の換気扇。

nen1kai_housecleaning_okumadetoretenai_kankisen1.jpg

画像、下部の垂れたような痕跡は、クリーニング前の画像からお分かりになるかと思います、長期間に亘る油分の付着が原因の金属腐食です。回復不能です。

家事代行を頼んでいても、ハウスクリーニングを頼んでいても、設備のロングライフは担保されないと私が常々申し上げているのは、このような事例が少なくないからです。

ん?真ん中のゴロっとした丸いの、何これ?

nen1kai_housecleaning_okumadetoretenai_kankisen1-aburadama.jpg

社長・中島 「大まかに取った油汚れを丸めて一緒に撮った。ヘラに乗せて置いて撮った。」

ひょえー アブラ玉!どおりて邪悪なルックスだ!

当ブログを読まれて、「ハウスクリーニング業者に年イチ頼んでいるから完璧キレイ」とは限らないんだなー、ウチはヤダなーと思われたとしたら。

「よくある」ハウスクリーニング業者を避けることだと思います。

よくある業者では到達しないレベルを求められているわけですから、一般的な業者はミスマッチです

まず、サイトに詳細な画像やテキストが少なく、客観的・具体的な判断材料がふんだんでない業者は避けます。

次に、信条や突出したところが見当たらずのっぺりしていて考えがよく分からん...テンプレートそのまま通り一遍で作った感じ...と思われるサイトの業者は避けます。

そうすると、大手中小問わず、候補はだいぶん絞れるかと思います。

今回のお客様のように紹介もひじょうに有効です。アンテナ立てて推しを聞きまくるのもおすすめです。

新着ブログ記事

過去のブログ

Page top icon