おそうじ・ハウスクリーニングで、
本当にキレイになりますか?

浴室壁面の水垢
ユニットバス床の水垢
大理石の曇り汚れ
  • その汚れ、「6カ月以上」ではないですか?

家事代行・ハウスクリーニングでは
ちっとも変わりませんよ。

なぜなら!家事代行は付着から7日まで、
ハウスクリーニングは3カ月までの汚れにしか対応できません。

その汚れを解決したいなら、
ウォッシュテックの回復型ハウスクリーニング。
ユニットバス壁の光沢
浴室床の白い汚れを除去
大理石の石材研磨
  • 6カ月~2年の汚れに対応できる、唯一の方法です。
  • 国際資格IICRCのレストレーション技術に準拠しています。

・・・回復型?なにソレ? ご存知ないのも当然です。現在、日本で「回復型ハウスクリーニング」を請け負えるのは、全清掃業者の0.01%未満です。 他の99.99%の業者と、いったい何が違うんでしょう。ズバリ!

回復型ハウスクリーニングは、
使う洗剤が全く違うんです。

業務用洗剤っていったら、
どれも超強力。何でも落とせて当然なんでしょ?

いえいえ。とんでもない。

99.9%の業者が使う業務用洗剤は
3カ月までの汚れしか落とせません。

業者が使う洗剤の違い

99.9%が難しくて諦める洗剤を駆使する。
それが、回復型ハウスクリーニング。

実際の装備をご覧頂ければ、すぐにお分かりになるかと思います。
ウォッシュテックは、他とはスペックが全く違っています。

なぜウォッシュテックは他と違うことができるの?

  • 米国RSA(Restoration Sciences Academy)で実地訓練を修了、
  • 国際認定組織IICRCのWDR/FSR/ASD資格を日本人で初めて3つ揃えて取得、
  • その中島が、必ず現場にお伺いするからです。

 IICRCの火災復旧・水災水害復旧の国際資格を持つ理由

だから、家事代行、おそうじ、
ハウスクリーニングでは絶対不可能といわれる
この仕上がりまで到達できるのです。

自分の洗剤で汚れが落ちないとき、99.9%の清掃業者はどうするか?
  • こんなハズでは…期待して頼んだのになぁ…モヤモヤ満足いかない…
  • だから、99.9%の清掃業者は高い割合でクレーム対応に追われています。
  • しかし、クレームを出しても汚れは落ちず、モヤモヤは消えません。

業者は全員「プロ」を名乗っています。だから、分かりづらい。選びにくい。でも、このサイトをご覧になった今日からは、違ってくるはずです。

各業者の洗剤レベルと自分の目的をうまくマッチさせて、
ガッカリ・しょんぼり・失敗を回避できるチョイスをしてください。

自分の代わりにしてもらう掃除だったら、
99.9%の業者がやってる
家事代行・ハウスクリーニングでOK。

でも…もし、こんな感じで、

セスキ、洗剤、カビキラー。あれ?効かない。

この汚れは何?どうしていいか分からない。

自力で頑張ったけど、汚れがちっとも変化しない。

表面の汚れは無い。でもキレイではない。うーん?

「自分では何ともできない汚れまで何とかしてほしい」が目的だったら…

  • 今までに無い新たなカテゴリで対応するしかないと思います。
  • それが、第三のカテゴリ「回復型ハウスクリーニング」です。

今んとこ、ウォッシュテックでしかやってません!

自分では解決できない汚れを解決するなら、
回復型ハウスクリーニング。
0.01%しかいない特殊な清掃業者です。

それゆえ広くは知られていませんが、
高く安定した技術を打ち出し、確かな実績を積んでいるからこそ、

  • 大手ハウスクリーニング業者の社内最高技術者が対応したが満足な結果を出せなかった、そんな現場を解決に導く仕事が多いです。
  • 大きな企業、名の知られた企業から「誰に聞いてもできないと断られて…どうにかできませんか?」とご依頼いただくことも多いです。

だったら、高いんでショ?

そりゃ、そう思われますよね。では例として、浴室で最もポピュラーな1616ユニットバスのクリーニング料金で比較してみます。

1回あたりの料金の違い


ほらね、やっぱり、ちょっと高いんじゃな~い?
いいえ!

キレイをキープするために
1年間でかかるお金を比較すると
圧倒的。コスパ最強!

1年あたりの料金の違い

…それが何故、ふつうのハウスクリーニングと
ほとんど同じ料金でできるの?

ウォッシュテックでは、同業他社が「実現できるはずがない」とのけぞる方法で、14年にわたり低価格&高品質を実現。

なんでそこまでして安くする?だって、安いと頼みやすいですよね。

  • 住宅ローンを払いながらでも続けられる。
  • あちこち順繰りに一定周期で手を入れられる。
  • 頼めなくて我慢→回復不可能なレベルに達する→改修しか方法がなくなる→高額の出費 そんな悲しい結末に至らないようにしたいのです。

ローン完済後も現役の資産とされたい方のため、安さはマストだと考えてます。

ウォッシュテックしかできない、
最高の技術なのに「安い」4大ヒミツ。

直接お取引のみ

大手不動産および建築会社・生協・Web見積もりサイトなど他企業からの集客は、一切ございません。

他企業から集客してもらうと、成約時に20%の紹介料を支払うのがハウスクリーニング業界のやり方です。孫請なら30%、ひ孫請なら40%以上が「ウチに来て作業する人じゃないヒト」に渡るお金です。

紹介料は、もちろん100%お客様負担です。料金に2~4割乗っけるか、作業コストを2~4割減らすか。

どっちがイイですか?私は、どっちも「割高になる」と思ってます。

広告してません

つまり、当ホームページからしか、お承りしておりません。

TVCMしないハウスクリーニング業者でも、Web広告に月10~50万円、ホームページ制作やSEO対策に月5万円、ポスティング(チラシ)1回8万円、地域誌広告1回10万円、だいたい平均月額20~30万円くらい広告に充てています。必要経費とはいえ、かなり大きな投資です。

広告料は、もちろん全額、作業料に上乗せされています。

大多数の「頼まない人」に使うお金を、「実際に頼まれるお客様」が負担する。のは、申し訳ないこと。私は、実際に頼んでくださるお客様のためだけに出費を集中したいと考えてます。

なお、このホームページは私「おかみ」がコツコツ描いたり書いたりしています。チャチな体裁で申し訳ございません。

下請・バイト なし

作業は、全て「社長 中島」が、やってます。

完全プライベートな自宅に上げる人なのに、実際どんな人が来て何をするのか、運任せ。仕上がりレベルがまちまち。そんな不確かなハウスクリーニング、私だったら失敗が怖くて頼めません。

ウォッシュテックでは、社長・中島の目と手で、全現場遂行します。

だから、作業実績ブログ(現在記事数480超)と同レベルの仕上がり。

「作業例の写真から検討し、レベルに納得して頼む」それこそがハウスクリーニングの安全。だから現場は原則中島だけ。です。

  • スタッフのレベルがバラバラだからこそ、ユニフォームを着る。
  • 誰が当たるか分からないから、作業例の画像を少なくする。
雰囲気やイメージで選ばせる業者には、脆弱性があります。
もはや避けるべき時代だと思います。

ウォッシュテックは、演出なし。
実例ドカ盛りです。

ハウスクリーニングの実例が豊富
  • お悩みのものと同じ汚れが、きっと見つかります。
  • 今ある汚れが、クリーニングでどの程度回復するのか一目で分かります。
  • 施工事例500超。圧倒的な実績数だから、仕上がりの見通しが確かです。

ウォッシュテックの施工写真を無断使用する清掃業者がいます。ウォッシュテックは他社への技術提携は一切しておりませんので、同等の仕上がりには「絶対に」達しません。お気を付けください。

1日1件 限定

難しい汚れにも、満足ゆくまで取り組めます。

1日数件かけもちすれば、売り上げはスゴくなるでしょう。

でも、移動時間も考えると、作業時間は相当カットされます。

制限時間が短いと、難しい汚れに真っ向から対峙できません。

じっくり取り組んで満足な結果に導くため、1日1件限定のご予約とさせて頂いております。

規約にキャンセル不可を明記しておりますのは、そのためです。

それだけではありません。
業者の「キモチワルさ」徹底排除。

清掃業者って、美意識がない不潔なヤツらでしょ。
おうちに上げて頂くのに、そんなふうに思われたらいけませんから。
  1. 同じ現場は、なるべく1本の道具でまわす。
  2. 同じ道具を何本も買うなんて無駄だもん。

ウォッシュテックは、各場所ごとに色識別できるユニットボックスを用意し、ゾーニングを徹底。道具がアチコチ混ざることはありません。

  1. さっきの現場で使った続きで、次の現場へ。

ウォッシュテックは、1現場終わるごとに全ての道具を洗浄・除菌・乾燥。他の家の汚れで雑菌ムレムレの道具は、持ち込みません。

  1. 洗剤・機材、持って来てないからムリと言う。

ウォッシュテックは、厳しい現場の経験から、考えられる状況を全方位予測。機材・洗剤の種類を万全に準備、持ち込みます。

  1. 100均、ボロい道具、大活躍。

ウォッシュテックは、ハイスペックな洗剤の能力を十二分に活かせるハイスペックな道具を、現場の都度的確にメンテナンスしながら長く使います。安くてボロい道具では、思うような成果が出ないからです。

  1. イイとこしか言いません。

ウォッシュテックは、「この洗剤を使っているからエコで安心」など、過剰なアピールをしません。また、他の業者が隠そうとするリスクや問題点も公表。経験や研究による裏付けが蓄積しているからこそ、正直にお伝えし、より良い結果につなぐことができます。

1回の料金が安くて早いんなら、
これくらいゼンゼン平気ですか?

ウォッシュテックがこれを徹底排除できるのは、他には無いヘンな経営でも何とか成り立っているからです。ふつう、こんな手間でお金がかかることをしていては、数年でつぶれます。
  • なので、ここまで明確に「しない」と宣言しているハウスクリーニング業者は、他にありません。
  • その他99.99%の業者が、なんらか「やっちゃって」ます。

そこまで違うハズない。信じられない。と思われる方も多いでしょう。しかし事実、

よそに1~3回浮気した…けど、

あの仕上がりが忘れられない。

そんな書き出しで、
数年後に再びご依頼くださる。

その割合、リピートさん全体の5人に1人。
ふしぎと過去のウワキを正直に打ち明けて戻ってきてくださるのです。

それが、ハウスクリーニング専門法人として14年の信頼と実績。
作業実績は5900超

信頼おける評価レビューも多数ございます。

ウォッシュテック お客様のご感想

  • ご覧いただければ、謝礼目的・ライターによる代筆ではないとすぐにお分かりになるかと思います。

あらゆる面からじっくりご検討いただき、
もし「うん、これなら…」と思われたなら。

暗くて古くさい 屋外床 共有部

中古物件ご購入後ご入居前
空き室全体クリーニング

横浜市/対応エリア

青葉区・都筑区・港北区・中区・西区・緑区・神奈川区・旭区・鶴見区・瀬谷区・保土ヶ谷区・磯子区・戸塚区・南区・金沢区・港南区・栄区・泉区

東京23区/対応エリア

世田谷区・大田区・港区・品川区・渋谷区・目黒区

東京都/対応エリア

町田市・多摩市・稲城市・日野市・調布市・狛江市

神奈川県/対応エリア

川崎市/中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区・幸区・川崎区 大和市

お問い合わせ以前の
ご心配ごとは、こちらへ。
お問い合わせフォーム

私どもがお伺いします!

作業者の顔写真

↑クリックすると、夫婦の紹介マンガが読めます☆

回復型ハウスクリーニングの考え方をご家庭用に最適化。おかみのおそうじセット頒布窓口。

リフォームもお承り可能です。

最新情報

陶器の洗面ボウル くすみを除去して清潔な光沢感

梅雨どきです。ジメッとどんよりな天候が続きます。ご機嫌いかがでしょうか。

今回は、洗面ボウルのクリーニングです。

mikageishitenban-senmenbowl-touki-kusumi0.jpg

陶器の質感も、どんよりくすんでます。

表面に、膜のような硬い汚れが固着。カサカサと不透明な水垢は、本来の質感を曇らせます。

もちろん、汚れによって僅かな凹凸が構築されるため、カビや脂っこい石鹸カスも蓄積されやすい状況です。食中毒が発生しやすい高温多湿な時期、手を洗うボウルがそもそも不衛生となると、心配ですね。

さらに、お掃除をしてもしても「くすんだまま、つるっとしない」だと、ヤル気もシオシオになるというものです。

クリーニング後。

mikageishitenban-senmenbowl-touki-kusumi1.jpg

つるん!一皮むけたような光沢感です。

陶器に焼き付けられたガラス質の釉薬(うわぐすり)本来のクリアな質感が蘇りました。

クリーニング以前の汚れた状態では、流した水は不規則にとどまった形で、排水が遅いです。一方、クリーニング後のニュートラル(汚れの付着が無い素材本来の状態)では、洗面ボウルに設計された傾斜に素直に水が流れ込み、排水が速いです。水分の滞留時間を短くできれば、汚れも付きづらくなります。

厳しい汚れをいったんリセットすれば、あとはキープするだけなので労力は最小限に。「お洗濯する前のタオルで、ボウルの内側も拭くようになりました!」などなど、「不潔っぽい」「古びて生活感たっぷり」の洗面ボウルではありえなかった習慣が、自然と身に付かれてゆく方が多いように思います。

今回は、併せて御影石の天板もクリーニングしています。ウォッシュテックは、他社を圧倒する石の水まわりの施工実績がございます。高級仕様でデザイン性が高い石の洗面台もワンストップでお引き受け可能です。

すっきりクリアな清潔な洗面ボウルで、朝一番のお支度ができれば。出かけたくないお天気でも、ちょっと元気出ると思います。

酸で部分的に光沢を失った大理石(セルベジャンテ)の回復

洗面台(天板)の大理石を研磨

酸で表面が傷んでいます。

serubejante-senmentenban-kenma-sandeyaketa0_n.jpg

画像中央、液体が垂れて広がったような跡が出来ています。光沢均一ではありません。

セルベジャンテの特徴、層の断面のようなストライプに対して反する形での縦縞のまだら。とても目立ってしまいます。

serubejante-senmentenban-kenma-sandeyaketa1_n.jpg

研磨後。腐食が浅く、回復することができました。

洗面ボウルおよび水栓のクリーニングも併せてさせて頂きました。くすみで濁った洗面台全体が、陶器本来のつややかな質感に戻り、高級感とデザイン性、迫力満点です。

ユニットバス 化粧棚・収納棚の汚れをクリーニング

梅雨入り間近。ウォッシュテックでは、浴室クリーニングのお問い合わせが増えてきています。

「毎年この時期、ストレートパーマとお風呂のクリーニングの予約を入れることにしています。」と、お客様。

髪は、湿気で爆発したりうねったり。浴室は、カビや汚れが加速する。先手必勝、元凶を一網打尽にするのは今である。それにより、きびしい時期の苦労を大幅に軽減できる。とのことでした。なるほど!都市で生き抜く我々のための生活術というか、こういう衣替えもあるのだなぁと思わせていただきました。

ウォッシュテックでは、浴室は「全体」ということでお引き受けしています。

全体というのは、浴室内の設備一式ということです。床、壁面、カウンター、鏡、浴槽、扉、シャワーバー...はもちろん、こちら。化粧棚も含みます。ボトルやシェーバーなどをチョイ置きする収納棚ことです。浴室鏡の周辺、壁にくっついているアレです。

yokushitsu-tana-jushi-kabitomizuaka0.jpg

樹脂製の化粧棚。取り外して正面からしみじみ見ると、白く濁っています。そして、水分が留まりやすい下部は触るとザラザラ、硬い水垢が固着。その凹凸にカビも引っ掛かって。不衛生な印象です。

ユニット浴室の化粧棚パーツは、軽量・取り外すときの動作で容易に割れない柔らかさと丈夫さが求められるので、ABS樹脂の表面に塗装されたものが多いです。

エアコンの部品や携帯電話の外装をイメージしていただくと近いと思います。でもそれらは、こんなふうにミネラルびっしり+カビという状況になりませんよね。設計される方々も、あんまり想定していないんではないでしょうか。しかし、これが現実なのであります。

塗装は、酸やアルカリに偏った汚れが長期にわたって付着していると傷みます。腐食というか、脆く崩れるというか、上塗りとして密着しなくなるというか。ちょっとの物理力で脱落してしまいます。なので、汚れだけに着目して無理目に擦ったり強い薬品を使うと、塗装ごと汚れがベロリと剥けて無残な姿になったりすることが多いです。もちろん、樹脂なので傷もつきやすいです。そして、塗装のみならず、樹脂も汚れによって腐食します。

今回は、固着した汚れはシビアながら、塗装および樹脂にダメージが無い状態だったので、汚れのみ取り除くことができました。つるり、なめらか!本来のマットな光沢、質感が回復。清潔な状態に。

yokushitsu-tana-jushi-kabitomizuaka1.jpg

金属に見える。でも違う。擦ったら取れそうに見える。でも違う。とかやっているうちに、ズタズタにしてしまう方が多いです。お掃除の際は、気づかれても深追いは禁物です。

これは、やわらかなものにものすごく硬い汚れがガッツリこびりついている状況に対し、化学的に適切なアプローチを知っている人だけが到達できる「つるり、清潔」です。

※浴室化粧棚、他社では汚れが残っているか傷つけていることが多い箇所です。

美は、細部に宿る。清潔にするために、一粒一粒の水垢を消滅せしめる。ウォッシュテックの浴室クリーニングは、浴室全体で「ネチネチ・ちまちま」した作業を黙々と進めてまいります。

わたくし知る限り、社長・中島の作業量は圧倒的です。そ...そこまでやらんでもエエのと違う?く...くれいじー...と呟くほどに。

全方位、完成度が高いクリーニングで、お楽にお健やかな夏をお迎えください。

ハウスクリーニング済み物件でも、汚れはたくさんあります

引き続き、まだまだ空き室全体ハウスクリーニングが数珠つなぎ状態です。

料金表ページにも書いておりますが、「ハウスクリーニング済み物件」であっても、入居し新生活を始めるにあたっては汚れいっぱい...不潔いっぱい...な現場をたくさん拝見しています。たくさんというか!ほぼ全て、かも!

昨今、中古物件市場が過熱気味。好条件での売却を狙い、売主さんがされるハウスクリーニングが、より戦略的になっているように思います。

売主さんは、「清潔で状態が良い」物件であるとアピールする必要があります。しかし、もはや手放そうとしていて自分が住まない家に、なるべくお金を遣いたくはないのです。

売主さんが行うハウスクリーニングとは、買主さんに「たいへんきれいにお使いです。」「それほど汚れていません。」と言わしめることが目的のハウスクリーニングです。

端的に、見えるとこだけキレイ、というハウスクリーニングです。

以前は、空き室の状態でシビアな内覧が行われることが多かったのですが、最近は「居住中」での内覧が多いようです。住んでいる人を目の前に、ガサガサ見まくれませんよね。売主側の仲介業者の営業担当さんも側にいる。冷静な調査と判断は、より困難かと思いますので、さらに「パッと見キレイ感」傾向は強まっている印象です。

こちらのキッチンも、お客様は「きれいだと思います」と仰っていました。

しかし。換気扇のファンケース(換気扇・シロッコファンを納めるカバー)の内側は、えらいことに。

kankisen(akishitsu)aburayogore.jpg

コンロの隙間に埋まっている汚れは、こんなことに。

konro(akishitsu)aburayogore.jpg

油汚れは引火したらあぶないし、油分は酸性なので金属や塗装を確実に傷め、深刻な損傷に直結します。そして、油は害虫の大好物。とても不衛生。

買主の方々がお求めになるハウスクリーニングは、「資産として長く維持したい」、「清潔に気持ちよく暮らしたい」が目的かと思います。

ハウスクリーニングというワードは同じでも、目的が違います。その目的をわきまえた業者をお使いください。

新着ブログ記事

過去のブログ

Page top icon