おそうじ・ハウスクリーニングで、
本当にキレイになりますか?

浴室壁面の水垢
ユニットバス床の水垢
大理石の曇り汚れ
  • その汚れ、「6カ月以上」ではないですか?

家事代行・ハウスクリーニングでは
ちっとも変わりませんよ。

なぜなら!家事代行は付着から7日まで、
ハウスクリーニングは3カ月までの汚れにしか対応できません。

その汚れを解決したいなら、
ウォッシュテックの回復型ハウスクリーニング。
ユニットバス壁の光沢
浴室床の白い汚れを除去
大理石の石材研磨
  • 6カ月~2年の汚れに対応できる、唯一の方法です。
  • 国際資格IICRCのレストレーション技術に準拠しています。

・・・回復型?なにソレ? ご存知ないのも当然です。現在、日本で「回復型ハウスクリーニング」を請け負えるのは、全清掃業者の0.01%未満です。 他の99.99%の業者と、いったい何が違うんでしょう。ズバリ!

回復型ハウスクリーニングは、
使う洗剤が全く違うんです。

業務用洗剤っていったら、
どれも超強力。何でも落とせて当然なんでしょ?

いえいえ。とんでもない。

99.9%の業者が使う業務用洗剤は
3カ月までの汚れしか落とせません。

業者が使う洗剤の違い

99.9%が難しくて諦める洗剤を駆使する。
それが、回復型ハウスクリーニング。

実際の装備をご覧頂ければ、すぐにお分かりになるかと思います。
ウォッシュテックは、他とはスペックが全く違っています。

なぜウォッシュテックは他と違うことができるの?

  • 米国RSA(Restoration Sciences Academy)で実地訓練を修了。
  • 国際認定組織IICRCのWDR/FSR/ASD資格を日本人で初めて3つ揃えて取得(2018年)。
  • ハウスクリーニング従事者に必須の2資格CCT/HCTも、もちろん保有。
  • その中島が、必ず現場にお伺いするからです。

IICRC公式ID(2019年4月現在)。ハウスクリーニング専業者では、国内唯一の資格保有実績数です。

だから、家事代行、おそうじ、
ハウスクリーニングでは絶対不可能といわれる
この仕上がりまで到達できるのです。

自分の洗剤で汚れが落ちないとき、99.9%の清掃業者はどうするか?
  • こんなハズでは…期待して頼んだのになぁ…モヤモヤ満足いかない…
  • だから、99.9%の清掃業者は高い割合でクレーム対応に追われています。
  • しかし、クレームを出しても汚れは落ちず、モヤモヤは消えません。

業者は全員「プロ」を名乗っています。だから、分かりづらい。選びにくい。でも、このサイトをご覧になった今日からは、違ってくるはずです。

各業者の洗剤レベルと自分の目的をうまくマッチさせて、
ガッカリ・しょんぼり・失敗を回避できるチョイスをしてください。

自分の代わりにしてもらう掃除だったら、
家事代行ハウスクリーニングで、OK。

でも、もしこんな感じで…、

セスキ、洗剤、カビキラー。あれ?効かない。

この汚れは何?どうしていいか分からない。

自力で頑張ったけど、汚れがちっとも変化しない。

不潔ではない。でもキレイではない。うーん?

「自分では何ともできない汚れまで何とかしてほしい」が目的だったら…?

  • 今までに無い新たなカテゴリで対応するしかないと思います。

それが、第三のカテゴリ、
回復型ハウスクリーニングです。

日本国内における回復型ハウスクリーニング専門業者は、
2019年現在、 ウォッシュテック だけです。

自分では解決できない汚れを解決するなら、
回復型ハウスクリーニング。
0.01%しかいない特殊な清掃業者です。

それゆえ広くは知られていませんが、
高く安定した技術を打ち出し、確かな実績を積んでいるからこそ、

  • 大手ハウスクリーニング業者が対応したが満足な結果を出せなかった、そんな現場を解決に導く仕事が多いです。
  • 「誰に聞いてもできないと断られて…どうにかできませんか?」とご依頼いただくことも多いです。

だったら、高いんでショ?

そりゃ、そう思われますよね。では例として、浴室で最もポピュラーな1418ユニットバスのクリーニング料金で比較してみます。

1回あたりの料金の違い


ほらね、やっぱり、ちょっと高いんじゃな~い?
いいえ!

キレイをキープするために
1年間でかかるお金を比較すると
圧倒的。コスパ最強!

1年あたりの料金の違い

…それが何故、ふつうのハウスクリーニングと
ほとんど同じ料金でできるの?

ウォッシュテックでは、同業他社が「実現できるはずがない」とのけぞる方法で、低価格&高品質を実現。15年間ブレずに継続しています。

安ければ安い方が良い、既にリフォームと迷うレベルだけど掃除で済むなら儲けもの…とお考えの方のためではありません。

1~2年に1度、定期的に
頼んでいただくための料金設定です。

  • 住宅ローンを払いながらでも続けられる。
  • あちこち順繰りに一定周期で手を入れられる。
  • 頼めなくて我慢→回復不可能なレベルに達する→改修しか方法がなくなる→高額の出費 という痛ましい結果に至ることを避ける。

ローン完済後も現役の資産とされたい方のため、安さはマストだと考えてます。

ウォッシュテックしかできない、
最高の技術なのに「安い」4大ヒミツ。

直接お取引のみ

大手不動産および建築会社・生協・Web見積もりサイトなど他企業からの集客は、一切ございません。

他企業から集客してもらうと、成約時に20%の紹介料を支払うのがハウスクリーニング業界のやり方です。孫請なら30%、ひ孫請なら40%以上が「ウチに来て作業する人じゃないヒト」に渡るお金です。

紹介料は、もちろん100%お客様負担です。料金に2~4割乗っけるか、作業コストを2~4割減らすか。

どっちがイイですか?私は、どっちも「割高になる」と思ってます。

広告してません

つまり、当ホームページからしか、お承りしておりません。

TVCMしないハウスクリーニング業者でも、Web広告・ホームページ制作・SEO対策・ポスティング(チラシ)・地域誌広告など、だいたい平均月額15~30万円くらい広告に充てています。必要経費とはいえ、かなり大きな投資です。

広告料は、もちろん全額、作業料に上乗せされています。

大多数の「頼まない人」に使うお金を、「実際に頼まれるお客様」が負担する…のは、申し訳ないこと。私は、実際に頼んでくださるお客様のためだけに出費を集中したいと考えてます。

なお、このホームページは私「おかみ」がコツコツ描いたり書いたりしています。手作り感満載サイトで申し訳ございません。

下請・バイト なし

作業は、全て「社長 中島」が、やってます。

完全プライベートな自宅に上げる人なのに、実際どんな人が来て何をするのか、運任せ。仕上がりレベルがまちまち。そんな不確かなハウスクリーニング、私だったら失敗が怖くて頼めません。

ウォッシュテックでは、社長・中島の目と手で、全現場遂行します。

だから、作業実績ブログ(現在記事数480超)と同レベルの仕上がり。

「作業例の写真から検討し、レベルに納得して頼む」それこそがハウスクリーニングの安全。だから現場は原則中島だけ。です。

  • スタッフのレベルがバラバラだからこそ、ユニフォームを着る。
  • 誰が当たるか分からないから、作業例の画像を少なくする。
雰囲気やイメージで選ばせる業者には、脆弱性があります。
もはや避けるべき時代だと思います。

ウォッシュテックは、演出なし。
実例ドカ盛りです。

ハウスクリーニングの実例が豊富
  • お悩みのものと同じ汚れが、きっと見つかります。
  • 今ある汚れが、クリーニングでどの程度回復するのか一目で分かります。
  • 施工事例500超。圧倒的な実績数だから、仕上がりの見通しが確かです。

ウォッシュテックの施工写真を無断使用する清掃業者がいます。ウォッシュテックは他社への技術提携は一切しておりませんので、同等の仕上がりには「絶対に」達しません。お気を付けください。

1日1件 限定

難しい汚れにも、満足ゆくまで取り組めます。

1日数件かけもちすれば、売り上げはスゴくなるでしょう。

でも、移動時間も考えると、作業時間は相当カットされます。

制限時間が短いと、難しい汚れに真っ向から対峙できません。

じっくり取り組んで満足な結果に導くため、1日1件限定のご予約とさせて頂いております。

規約にキャンセル不可を明記しておりますのは、そのためです。

それだけではありません。
業者の「キモチワルさ」徹底排除。

清掃業者って、美意識がない不潔なヤツらでしょ。
おうちに上げて頂くのに、そんなふうに思われたらいけませんから。
  1. 同じ現場は、なるべく1本の道具でまわす。
  2. 同じ道具を何本も買うなんて無駄だよ。

ウォッシュテックは、各場所ごとに色識別できるユニットボックスを用意し、ゾーニングを徹底。道具がアチコチ混ざることはありません。

  1. さっきの現場で使った続きで、次の現場へ。

ウォッシュテックは、1現場終わるごとに全ての道具を洗浄・除菌・乾燥。他の家の汚れで雑菌ムレムレの道具は、持ち込みません。

  1. 洗剤・機材、持って来てないからムリと言う。

ウォッシュテックは、厳しい現場の経験から、考えられる状況を全方位予測。機材・洗剤の種類を万全に準備、持ち込みます。

  1. 100均、ボロい道具、大活躍。

ウォッシュテックは、ハイスペックな洗剤の能力を十二分に活かせるハイスペックな道具を、現場の都度的確にメンテナンスしながら使います。安くてボロい道具では、ハイレベルな成果が出ないからです。

  1. イイとこしか言いません。

ウォッシュテックは、「この洗剤を使っているからエコで安心」など、過剰で一面的なアピールをしません。また、リスクやデメリットも明らかに。経験の蓄積と科学的裏付けがあるからこそ、正直にお伝えし、より良い結果につなぎます。

1回の料金が安くて早いんなら、
これくらいゼンゼン平気ですか?

ウォッシュテックがこれを徹底排除できるのは、他には無いヘンな経営でも何とか成り立っているからです。ふつう、こんな手間でお金がかかることをしていては、数年でつぶれます。
  • なので、ここまで明確に「しない」と宣言しているハウスクリーニング業者は、他にありません。
  • その他99.99%の業者が、なんらか「やっちゃって」ます。

そこまで違うハズない。信じられない。と思われる方も多いでしょう。しかし事実、

よそに1~3回浮気した…けど、

あの仕上がりが忘れられない。

そんな書き出しで、
数年後に再びご依頼くださる。

その割合、リピートさん全体の5人に1人。
ふしぎと過去のウワキを正直に打ち明けて戻ってきてくださるのです。

それが、ハウスクリーニング専門業者として15年の信頼と実績。
作業実績は5900超

信頼おける評価レビューも多数ございます。

ウォッシュテック お客様のご感想

  • ご覧いただければ、謝礼目的・ライターによる代筆ではないとすぐにお分かりになるかと思います。

あらゆる面からじっくりご検討いただき、
もし「うん、これなら…」と思われたなら。

暗くて古くさい 屋外床 共有部

中古物件ご購入後ご入居前
空き室全体クリーニング

横浜市/対応エリア

青葉区・都筑区・港北区・中区・西区・緑区・神奈川区・旭区・鶴見区・瀬谷区・保土ヶ谷区・磯子区・戸塚区・南区・金沢区・港南区・栄区・泉区

東京23区/対応エリア

世田谷区・大田区・港区・品川区・渋谷区・目黒区

東京都/対応エリア

町田市・多摩市・稲城市・日野市・調布市・狛江市

神奈川県/対応エリア

川崎市/中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区・幸区・川崎区 大和市

お問い合わせ以前の
ご心配ごとは、こちらへ。
お問い合わせフォーム

私どもがお伺いします!

作業者の顔写真

↑クリックすると、夫婦の紹介マンガが読めます☆

回復型ハウスクリーニングの考え方をご家庭用に最適化。おかみのおそうじセット頒布窓口。

リフォームもお承り可能です。

最新情報

ユニット浴室 ホーロー 壁面パネルのくすみを除去

ホーロー製のユニットバスの汚れでお困りの方のご依頼が続いています。

「お手入れが簡単という理由からホーローのユニット浴室を選んだのですが、水垢で汚れたのに気づいて掃除してみても全くビクともしないんです。きれいにできますか?」とお問い合わせをくださいます。

「ホーロー」は漢字で書くと琺瑯で、無印良品や野田琺瑯のタッパーをご存知であればピンと来られると思います。

その構造をものすごくざっくりで説明してみますと、金属の板を土台にして塗装や印刷を施し、表面をガラス質でくるんで(陶器や焼き物のうわぐすり・釉薬のイメージで思い浮かべてみてください)います。

従って、新品のときはガラスに近いプルっとした光沢感があります。

最近はホーローとは思えない微細な色柄を表現できるようになり「ホーロー感」が薄れてきていますが、磁石が付く壁面パネルはホーロー製と判断されて良いかと思います。

こちらのホーロー壁面パネルは「木目」。

takara_bath_horo_hekimen-mizuaka00.jpg

白っぽい汚れが表面を覆い、くすんでいます。水垢がモヤモヤと不均等なので「汚れ」として目立ち、不衛生な印象になっています。

もちろん、ご自身でお掃除を頑張られたのですが変わらず。

「あんまり深追いすると、表面を傷つけてしまうのが怖くて...実は以前、焦げ付いたホーロー鍋を固いスポンジたわしで擦りすぎて光沢が全くなくなってしまって、部分的に金属っぽい黒ずみが出てきて、懲りたことがあって...」と、お客様。

私は、悔やまれるご経験ながら、お鍋で良かったですと申し上げました。浴室で深追い、失敗される方が多いんです。

上記で陶器の釉薬に似たガラス質の膜があると申し上げましたが、ホーローの表面にあるガラス質は、トイレの便器や洗面台の陶器に比べて「もうれつに薄い」層です。

渾身の力で硬めのスポンジで擦られて、表面のガラス質が削り取られ、手の動いた跡がそのまま見える形で下の層が露出している(そして、削れた跡が汚れて見える&凹凸ができて汚れが付着しやすくなるので、どんどん削ってしまい更に深刻化する)例も少なからず拝見しています。

浴室の壁面パネルの値段は、お鍋の何十倍?ともかく浴室は高いのです。見積もって知る、そのダメージは言わずもがな。

浴室クリーニング後のホーロー製パネル。

takara_bath_horo_hekimen-mizuaka01.jpg

照明の映り込みが鮮明に。ホーロー独特の「ゆらっ」とした光沢感が回復されました。

この画像はスマホのオートで撮影していますが、照明のボンヤリ反射が無くなったので露出が変わって木目の色合いが一段深く撮れました。いっそうシックに、映えてます。

ホーローの水垢は、除去がきわめて難しいです。

薄いガラス質に、ガラスの原料であるシリカが薄く張り付いているのですから!

削り取る・薬品で溶かす・ギブアップ 一般的なハウスクリーニング業者は、この3通りのいづれかになります。

もし、水垢の白っぽいウロコやモヤモヤした水垢・くすみを何とかされたいようであれば、業者選定の際、「タカラスタンダードのホーロー浴室です」など製品名と現状のお写真でお伝えになり、注意深く反応を見られると良いです。目的に沿わないハウスクリーニングをされるのは、時間もお金ももったいないことです。

メーカー公式サイトの製品情報に「汚れが染み込まないから、シャワーで流すだけでキレイ。」と、でっかい明朝体で書かれているのですから、ホーロー浴室の壁面パネルは、シャワーで流すだけでOK!と思われて当然です。

カタログ通り、お手入れ楽々なエリアもあるでしょう。

しかし、ウォッシュテックのお伺いする横浜・川崎・東京都南部の関東ローム層エリアでは シャワーで流すだけ=水垢を作っている ことになります。

事実、ほうぼうに当たったものの埒が明かず、自力で調べに調べてエイヤでウォッシュテックにご依頼いただいた方に水垢発生のメカニズムをお伝えすると「...えぇっ、だったらホーローにしなかったかも...メリットしか知らなかったです...」と仰ることが少なくありません。

何でホーローにしちゃったんだろう...とガッカリされる結果に導かないよう 「流した後、ワイパー(スクイジー)で水分を切って換気」 首都圏では、この言い方にして欲しいなぁ!

外構タイル ブラシで擦っても落ちない黒ずみを洗う

中古物件ご購入後、ご入居前の空室全体ハウスクリーニング、ただいま数珠つなぎ状態です。

こちらは築20年の戸建。玄関まで続く長めのアプローチです。

kodate20years_gaikou_yogore.jpg

陶製タイルの凹凸に黒い汚れが埋まっています。

表面は泥やコケが覆っていますが、その下にある黒ずみ汚れが難問です。

お客様によると「気になるところをブラシで擦ってみたけど、ほぼ変化なし。方法が分からないうえに手作業でするには広すぎ。ギブアップです。」とのこと。

その方同様チャレンジされた方はお分かりになるかと思います。黒ずみが固くて、デッキブラシとホースと市販の洗剤ではスッキリしないと思います。

ホースを取りまわして泡を流してブラシで擦りまくる動作は、かなりシンドイです。成果が見られないと分かれば、もう二度とやらないですよね!そして積もりゆく黒ずみ。

回復型ハウスクリーニング後の陶製外構タイル

kodate20years_gaikou_restration.jpg

外構タイルのクリーニングは、面積が広いです。

そのため、クリーニングされてみると、印象のジャンプ加減がものすごいです。

仕上がった状態をご覧になって「おぉ!」となられない方は、私は一度も拝見したことがございません。

そして、あんまり「家の外周りに着手しよう!」とお考えになる方がいらっしゃらないです。

ですから、されてみると近隣の築年数を同じくして建った戸建と比べて「ものすごく違って」見えてきます。

高見え...若見え...映え というものでしょうか。一気に「ちゃんとして」見えます。

浴室、キッチン、トイレ、床 のような「家の中身」「自分が清潔に気持ちよく生活したい」ハウスクリーニングとは方向が違ってきます。

パジャマとブラウス、フリースとスーツのような?くつろぎ用とオフィシャル用の服は目的が違いますよね。でも私は、どっちも必要だと思います。

対外的な印象をアップすることで「私も気持ちいい」という、そういうタイプのクリーニングもウォッシュテックは得意です。

「やってみよかな」と思われた方へのワンポイントアドバイス。

外構クリーニングは、厳寒の今すぐではなく、気温が20度くらいに安定している日和の良いシーズンがお勧めです。その理由は、下記2点。

・芯から冷えているタイルは、ギュっと目が詰まって縮こまっています。ほわっとゆるんでいる方が、同じ洗剤・機器・動作であっても圧倒的に仕上がりが良くなります。

・外構クリーニングは、小雨決行、大雨中止です。大雨が降らない時期を避けた方が宜しいです。

外構クリーニングは、ユニットバスなどと比べ、自由度が高いというか入り組んでいるというか...。パッとお値段をご提示することは難しいです。

初めてのお問い合わせで、対象となる箇所のお写真(階段は段数が分かる、アプローチは長さや広さが分かる)をお送り頂ければ、おおまか(それでもズバリは難しいのです)なご予算をご提示できます。

よろしくお願いいたします。

石けんカス汚れをカット 洗うための水道水×育児サイトOPEN

実は当ブログ、2005年1月ココログで始まりました。

鮮明な写真を何枚も載せるなど(重すぎて閲覧不能に!)めっそうもないココログ時代。私の(モノクロで超データが軽い)業務マンガや石けんづくりなど、ほんわりしたブログでした。

軟水器導入の2005年10月以降、軟水生活についての記事をたくさん書きました。とにかく自分のお世話が劇的にラクになったので、その都度アウトプットしとりました。

ウォッシュテックの浴室クリーニングの施工例で最も多く掲載している「水垢」。

カサカサと白くくすんだ膜が覆えば、バスルームもキッチンもトイレも年取った印象になりますね。スポンジや洗剤のお掃除ではビクとも変わりません。力任せに擦れば、ユニットバスが傷つきます。石のように硬いのです。

あるいは、白っぽくネトネトとへばりついて脂っこい石けんカス(ソープスカム)。カビや臭いを寄せて不衛生です。

これら汚れは、水道水の中に溶け込んだカルシウムやマグネシウムと深い関係があります。

これら汚れは、お風呂場やキッチンのシンクだけにあるものではありません。水道水で洗う環境、全てに発生します。

そうです。肌、髪、洗濯物にも。くるんでいます。ピターっと。

知っておかれると、いろいろラクになると思います。

ウォッシュテックのお客様は、

・水まわりの汚れがキビシイ。

・肌がおむずかり気味、ゆえの石けん派。

の方がとても多いと思います。

「なんでウチはこんなに汚れるんでしょう。どうしたらいいでしょうか。」

のご質問に、きちんとお答えしようとすれば、とても長くなってしまいます。実は汚れのことも肌のことも地続きで、できれば全部言いたい。詳しくはwebで!そんなサイトが必要だと思いました。

私の生活ではもはや当たり前になってしまいましたが、まだまだ語ってゆかねばならない...かくしてこのたび「おかみの小部屋:別館」開設15周年アニバーサリーとしまして、旧ブログ(更新時のミステイクで既に消えちゃいました...泣)を再編集、レスポンシブに改修。

「硬度ゼロの軟水で、赤ちゃんをお世話しました」本日公開いたします。

header-nansuifamily.png

私の日常を赤裸々に語ってます☆

汚れを落とせない業者は、濡れた状態で「作業完了」と言う

ウォッシュテックは、石材研磨やカビ除去で色々マシンを使っているじゃん。今更、手でやる拭き掃除のことを言うのか。

と、思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

拭き」、重要!

クリーニングにおいては、あらゆる作業のベースです。まさに土台。今ある仕上がりからは見えない(想像しにくい)作業といえます。

私は、社長中島の下働きです。

浴室クリーニングにおいては、「中島がクリーニングしたユニット浴室を乾拭きして仕上げる」などをやります。

乾拭きするのは、完全乾燥しないと目視確認できない汚れが少なからずあるためです。

「天井、壁面、カウンター、浴槽、扉の内側外側、床(つまり全体)。拭き布は湿ったら替えて、完全に水気をとって。」と言う指示です。

kawakidefukuhanashi-bath1.jpg

吸水性が高い綿100%(を更にチューンナップした)晒布を使って、よぉし!拭いたわ!浴室全体を舐めるように拭くのは、けっこう時間が掛かります。あと意外にシンドイ。

そのようにしっかり拭いて冷風をオンにしておくと、10〜20分(道具や養生の片づけや他の用事をしている間)で完全に乾きます。

完全に乾燥すると...あーら不思議。

kawakidefukuhanashi-bath2.jpg

きちんと乾かした後は、ユニットバスの床、こんなに色が違うのです。肉眼で見るよりも写真で見る方が極端に違うかも。

ここで中島チェック。

kawakidefukuhanashi-bath3.jpg

濡れている時にはカンペキ!と思っていても、乾くと見えてくる。それが水垢。

「あれ?まだ残ってるなぁ...」。社長・中島、追い切れていない汚れに再度手を入れます。

※もちろん、その後もキッチリ拭いて完全乾燥して目視確認。必要ならば更に更に手を入れて、同様に拭いて乾かす。

うっすら残った白い水垢やモヤモヤ汚れは、このようにして「消滅」するというわけです。

そして、お客様にお引渡し。実際にご覧のうえチェックをしていただきます。その状況が、いつものウォッシュテックのブログにある「アフターの写真」、ということです!

誰しもスマホで高画質の施工写真をアップでき、閲覧できる2019年。これは、乾いて見たらまだ残っているだろう。という写真が多いです。

一般的なハウスクリーニング業者は、洗ったあと完全に乾燥させて目視確認、再度手を入れるということありません。簡単に水を切ったままか、ウェスでザっと拭く程度かと思います。湿ったままでも「完了」と考えるのは当然のことです。

汚れが残るのも当然のことです。作業者本人が見えていない汚れには対処できません。

とはいえ、ドヤ!で、それを載せても「ちょっとぉ~汚れ残ってるんだけど!」というクレームに繋がり、「ハウスクリーニングなんて...頼む意味ないわね!」とかになって、きわめて非採算的と思うのです。

美容院でカットしてシャンプーしてブローして、「ん!イケてる!」と思っても、数十分したら髪が完全に乾いてアレレとなる。それを防ぐために、いいサロンは徹底的にドライして手直ししますね。それと同じことかと思います。先回りして、手を打っておく。

雑誌やテレビの年末大掃除特集の映像や写真も、濡れたまま「キレイ!」と言ってます。ご自身でされるぶんにはそれでいいと思います。お掃除だもの。

でも、掃除の範疇から先を行く者は、そうでは立ちいかないんじゃないかな。と、下働きの身ながら思うのであります。

新着ブログ記事

過去のブログ

Page top icon