おそうじ・ハウスクリーニングで、
本当にキレイになりますか?

浴室壁面の水垢
ユニットバス床の水垢
大理石の曇り汚れ
  • その汚れ、「6カ月以上」ではないですか?

家事代行・ハウスクリーニングでは
ちっとも変わりませんよ。

なぜなら!家事代行は付着から7日まで、
ハウスクリーニングは3カ月までの汚れにしか対応できません。

その汚れを解決したいなら、
ウォッシュテックの回復型ハウスクリーニング。
ユニットバス壁の光沢
浴室床の白い汚れを除去
大理石の石材研磨
  • 6カ月~2年の汚れに対応できる、唯一の方法です。
  • 国際資格IICRCのレストレーション技術に準拠しています。

・・・回復型?なにソレ? ご存知ないのも当然です。現在、日本で「回復型ハウスクリーニング」を請け負えるのは、全清掃業者の0.01%未満です。 他の99.99%の業者と、いったい何が違うんでしょう。ズバリ!

回復型ハウスクリーニングは、
使う洗剤が全く違うんです。

業務用洗剤っていったら、
どれも超強力。何でも落とせて当然なんでしょ?

いえいえ。とんでもない。

99.9%の業者が使う業務用洗剤は
3カ月までの汚れしか落とせません。

業者が使う洗剤の違い

99.9%が難しくて諦める洗剤を駆使する。
それが、回復型ハウスクリーニング。

実際の装備をご覧頂ければ、すぐにお分かりになるかと思います。
ウォッシュテックは、他とはスペックが全く違っています。

なぜウォッシュテックは他と違うことができるの?

  • 米国RSA(Restoration Sciences Academy)で実地訓練を修了。
  • 国際認定組織IICRCのWDR/FSR/ASD資格を日本人で初めて3つ揃えて取得(2018年)。
  • ハウスクリーニング従事者に必須の2資格CCT/HCTも、もちろん保有。
  • その中島が、必ず現場にお伺いするからです。

IICRC公式ID(2019年4月現在)。ハウスクリーニング専業者では、国内唯一の資格保有実績数です。

だから、家事代行、おそうじ、
ハウスクリーニングでは絶対不可能といわれる
この仕上がりまで到達できるのです。

自分の洗剤で汚れが落ちないとき、99.9%の清掃業者はどうするか?
  • こんなハズでは…期待して頼んだのになぁ…モヤモヤ満足いかない…
  • だから、99.9%の清掃業者は高い割合でクレーム対応に追われています。
  • しかし、クレームを出しても汚れは落ちず、モヤモヤは消えません。

業者は全員「プロ」を名乗っています。だから、分かりづらい。選びにくい。でも、このサイトをご覧になった今日からは、違ってくるはずです。

各業者の洗剤レベルと自分の目的をうまくマッチさせて、
ガッカリ・しょんぼり・失敗を回避できるチョイスをしてください。

自分の代わりにしてもらう掃除だったら、
家事代行ハウスクリーニングで、OK。

でも、もしこんな感じで…、

セスキ、洗剤、カビキラー。あれ?効かない。

この汚れは何?どうしていいか分からない。

自力で頑張ったけど、汚れがちっとも変化しない。

不潔ではない。でもキレイではない。うーん?

「自分では何ともできない汚れまで何とかしてほしい」が目的だったら…?

  • 今までに無い新たなカテゴリで対応するしかないと思います。

それが、第三のカテゴリ、
回復型ハウスクリーニングです。

日本国内における回復型ハウスクリーニング専門業者は、
2019年現在、 ウォッシュテック だけです。

自分では解決できない汚れを解決するなら、
回復型ハウスクリーニング。
0.01%しかいない特殊な清掃業者です。

それゆえ広くは知られていませんが、
高く安定した技術を打ち出し、確かな実績を積んでいるからこそ、

  • 大手ハウスクリーニング業者が対応したが満足な結果を出せなかった、そんな現場を解決に導く仕事が多いです。
  • 「誰に聞いてもできないと断られて…どうにかできませんか?」とご依頼いただくことも多いです。

だったら、高いんでショ?

そりゃ、そう思われますよね。では例として、浴室で最もポピュラーな1616ユニットバスのクリーニング料金で比較してみます。

1回あたりの料金の違い


ほらね、やっぱり、ちょっと高いんじゃな~い?
いいえ!

キレイをキープするために
1年間でかかるお金を比較すると
圧倒的。コスパ最強!

1年あたりの料金の違い

…それが何故、ふつうのハウスクリーニングと
ほとんど同じ料金でできるの?

ウォッシュテックでは、同業他社が「実現できるはずがない」とのけぞる方法で、15年にわたり低価格&高品質を実現。

安ければ安い方が良い、既にリフォームと迷うレベルだけど掃除で済むなら儲けもの…とお考えの方のためではありません。

1~2年に1度、定期的に
頼んでいただくための料金設定です。

  • 住宅ローンを払いながらでも続けられる。
  • あちこち順繰りに一定周期で手を入れられる。
  • 頼めなくて我慢→回復不可能なレベルに達する→改修しか方法がなくなる→高額の出費 という痛ましい結果に至ることを避ける。

ローン完済後も現役の資産とされたい方のため、安さはマストだと考えてます。

ウォッシュテックしかできない、
最高の技術なのに「安い」4大ヒミツ。

直接お取引のみ

大手不動産および建築会社・生協・Web見積もりサイトなど他企業からの集客は、一切ございません。

他企業から集客してもらうと、成約時に20%の紹介料を支払うのがハウスクリーニング業界のやり方です。孫請なら30%、ひ孫請なら40%以上が「ウチに来て作業する人じゃないヒト」に渡るお金です。

紹介料は、もちろん100%お客様負担です。料金に2~4割乗っけるか、作業コストを2~4割減らすか。

どっちがイイですか?私は、どっちも「割高になる」と思ってます。

広告してません

つまり、当ホームページからしか、お承りしておりません。

TVCMしないハウスクリーニング業者でも、Web広告・ホームページ制作・SEO対策・ポスティング(チラシ)・地域誌広告など、だいたい平均月額15~30万円くらい広告に充てています。必要経費とはいえ、かなり大きな投資です。

広告料は、もちろん全額、作業料に上乗せされています。

大多数の「頼まない人」に使うお金を、「実際に頼まれるお客様」が負担する…のは、申し訳ないこと。私は、実際に頼んでくださるお客様のためだけに出費を集中したいと考えてます。

なお、このホームページは私「おかみ」がコツコツ描いたり書いたりしています。手作り感満載サイトで申し訳ございません。

下請・バイト なし

作業は、全て「社長 中島」が、やってます。

完全プライベートな自宅に上げる人なのに、実際どんな人が来て何をするのか、運任せ。仕上がりレベルがまちまち。そんな不確かなハウスクリーニング、私だったら失敗が怖くて頼めません。

ウォッシュテックでは、社長・中島の目と手で、全現場遂行します。

だから、作業実績ブログ(現在記事数480超)と同レベルの仕上がり。

「作業例の写真から検討し、レベルに納得して頼む」それこそがハウスクリーニングの安全。だから現場は原則中島だけ。です。

  • スタッフのレベルがバラバラだからこそ、ユニフォームを着る。
  • 誰が当たるか分からないから、作業例の画像を少なくする。
雰囲気やイメージで選ばせる業者には、脆弱性があります。
もはや避けるべき時代だと思います。

ウォッシュテックは、演出なし。
実例ドカ盛りです。

ハウスクリーニングの実例が豊富
  • お悩みのものと同じ汚れが、きっと見つかります。
  • 今ある汚れが、クリーニングでどの程度回復するのか一目で分かります。
  • 施工事例500超。圧倒的な実績数だから、仕上がりの見通しが確かです。

ウォッシュテックの施工写真を無断使用する清掃業者がいます。ウォッシュテックは他社への技術提携は一切しておりませんので、同等の仕上がりには「絶対に」達しません。お気を付けください。

1日1件 限定

難しい汚れにも、満足ゆくまで取り組めます。

1日数件かけもちすれば、売り上げはスゴくなるでしょう。

でも、移動時間も考えると、作業時間は相当カットされます。

制限時間が短いと、難しい汚れに真っ向から対峙できません。

じっくり取り組んで満足な結果に導くため、1日1件限定のご予約とさせて頂いております。

規約にキャンセル不可を明記しておりますのは、そのためです。

それだけではありません。
業者の「キモチワルさ」徹底排除。

清掃業者って、美意識がない不潔なヤツらでしょ。
おうちに上げて頂くのに、そんなふうに思われたらいけませんから。
  1. 同じ現場は、なるべく1本の道具でまわす。
  2. 同じ道具を何本も買うなんて無駄だよ。

ウォッシュテックは、各場所ごとに色識別できるユニットボックスを用意し、ゾーニングを徹底。道具がアチコチ混ざることはありません。

  1. さっきの現場で使った続きで、次の現場へ。

ウォッシュテックは、1現場終わるごとに全ての道具を洗浄・除菌・乾燥。他の家の汚れで雑菌ムレムレの道具は、持ち込みません。

  1. 洗剤・機材、持って来てないからムリと言う。

ウォッシュテックは、厳しい現場の経験から、考えられる状況を全方位予測。機材・洗剤の種類を万全に準備、持ち込みます。

  1. 100均、ボロい道具、大活躍。

ウォッシュテックは、ハイスペックな洗剤の能力を十二分に活かせるハイスペックな道具を、現場の都度的確にメンテナンスしながら使います。安くてボロい道具では、ハイレベルな成果が出ないからです。

  1. イイとこしか言いません。

ウォッシュテックは、「この洗剤を使っているからエコで安心」など、過剰で一面的なアピールをしません。また、リスクやデメリットも明らかに。経験の蓄積と科学的裏付けがあるからこそ、正直にお伝えし、より良い結果につなぎます。

1回の料金が安くて早いんなら、
これくらいゼンゼン平気ですか?

ウォッシュテックがこれを徹底排除できるのは、他には無いヘンな経営でも何とか成り立っているからです。ふつう、こんな手間でお金がかかることをしていては、数年でつぶれます。
  • なので、ここまで明確に「しない」と宣言しているハウスクリーニング業者は、他にありません。
  • その他99.99%の業者が、なんらか「やっちゃって」ます。

そこまで違うハズない。信じられない。と思われる方も多いでしょう。しかし事実、

よそに1~3回浮気した…けど、

あの仕上がりが忘れられない。

そんな書き出しで、
数年後に再びご依頼くださる。

その割合、リピートさん全体の5人に1人。
ふしぎと過去のウワキを正直に打ち明けて戻ってきてくださるのです。

それが、ハウスクリーニング専門業者として15年の信頼と実績。
作業実績は5900超

信頼おける評価レビューも多数ございます。

ウォッシュテック お客様のご感想

  • ご覧いただければ、謝礼目的・ライターによる代筆ではないとすぐにお分かりになるかと思います。

あらゆる面からじっくりご検討いただき、
もし「うん、これなら…」と思われたなら。

暗くて古くさい 屋外床 共有部

中古物件ご購入後ご入居前
空き室全体クリーニング

横浜市/対応エリア

青葉区・都筑区・港北区・中区・西区・緑区・神奈川区・旭区・鶴見区・瀬谷区・保土ヶ谷区・磯子区・戸塚区・南区・金沢区・港南区・栄区・泉区

東京23区/対応エリア

世田谷区・大田区・港区・品川区・渋谷区・目黒区

東京都/対応エリア

町田市・多摩市・稲城市・日野市・調布市・狛江市

神奈川県/対応エリア

川崎市/中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区・幸区・川崎区 大和市

お問い合わせ以前の
ご心配ごとは、こちらへ。
お問い合わせフォーム

私どもがお伺いします!

作業者の顔写真

↑クリックすると、夫婦の紹介マンガが読めます☆

回復型ハウスクリーニングの考え方をご家庭用に最適化。おかみのおそうじセット頒布窓口。

リフォームもお承り可能です。

最新情報

ユニットバス 浴槽の縁(へり)こびりつく、くすみ汚れ

ユニット浴室、FRP製浴槽のふち。

buthtub-heri-kocyakumizuaka-0.jpg

画像中央部分、ご覧ください。

丸い跡がいくつも重なっています。水の塊が、その場で乾いた跡です。水道水の水分だけが干上がり、水道水に溶け込んでいたミネラルだけが残される。これを無数に繰り返した結果、画像のような状況に至りました。

カルシウム・マグネシウム・シリカなどミネラルは質量を伴う物質なので、数年を経て目に見てわかる形に。もちろん指で触ると凹凸を感じます。

黒く見えているところは、カビや埃を巻き込んでいる状態。本来は白っぽい水垢ですが、長期にわたって形成されることで色んな有機物と混ざりあって、色が付いて見えます。

カサカサとしたくすみで全体を覆う水垢は、あまり気にされないというか、汚れとして認識されない方が多いような気がします。

カビやベトベトした石けんカスと比べて「切迫感のある不潔」を感じにくいことと、浴室お掃除用の洗剤では除去できないことが理由かもしれません。

しかし、水垢に着目されないのはもったいないように思います。水垢をコントロールすれば、不潔な汚れを効率的にカットできるんです。

あまり知られていないかもしれませんが、水垢は、カビや石けんカスの足場になります。表面にわずかな凹凸や引っ掛かりができることで、汚れはくっつき、積もってゆきます。水垢で表面がカサカサ・デコボコし始めると、飛躍的に「汚れやすい浴室」になってしまう傾向があります。

カビや石けんカスをお掃除で頑張って洗ったら、残った水垢もスゴかった...ボスキャラは水あかだったのか...という経験をされた方もいらっしゃるかもしれません。水垢が厳しい現場は、殆どの場合、カビや石けんカスも厳しいのであります。

汚れのベースになる水垢を、なるべく作らない事。もしできてしまったら、正しく対処して表面をなめらかに戻すこと。

それが、ユニットバスをなるべくラクに清潔に使い続けるキモだと思います。

浴室クリーニング後の浴槽のフチ。

buthtub-heri-kocyakumizuaka-1.jpg

つるん!

ピーリングしたかのように滑らかです。そして清潔。

浴槽のフチは傾斜が少なく、湯舟を渡すように蓋をするので、水滴が残りやすい箇所です。

可能であれば、最後にお風呂を使った方が体を拭いたタオルでついでに一拭き。あるいはワイパーで払い落として排水。そして換気。その工夫で水垢がグンと付きにくくなります。

水垢は「放置」「認識しないこと」で形成されます。逆に言えば、なぜ付くのかを知ったうえで少し工夫をするだけで遠ざけられるものでもあります。

RSA Japan ハウスクリーニング講座 実動しています

ウォッシュテックでは、数日に1件ペースで、他府県在住の方からお問い合わせを頂戴します。

・遠いけど、回復型クリーニングに来てください。

・遠いから、同じような清掃業者を紹介してください。

遠方出張は、その都度検討してみるのですが、施工料金よりも高額な出張料をいただくというのは現実的ではないと思いますし、長時間運転後のパフォーマンス低下もありますし、お引き受け困難であることが多いです。

他業者紹介につきましては、お客様ご期待通りとなる心当たりがあればさせていただいておりますが、大抵の場合は「ウォッシュテックだけしかやってないであろう」内容で、だからこそ他を探せなかったのだと思いますが、これもお引き受け困難であることが多いです。

そのようなことで、以前よりこの問題を何とかせねばと教育や育成について考えておりましたが、いよいよ実動!RSA Japanインストラクターとして、講義を重ねております。

RSAとは、アメリカのバーリントンが本拠の建物レストレーションの実技トレーニング専門スクールです。

※建物レストレーションは耳慣れない言葉かと思いますが、カーペットクリーニング石材研磨をはじめ、ハリケーン被災後の水害復旧や銃乱射事件後の建物復旧などあらゆるクリーニングを担うきわめて専門的な技術です。※

アメリカのクリーンメンテナンス産業(日本とは比べ物にならない巨大な市場規模!)の最大手、ケミカル・機材・資材・サービス全てが揃うレジェンドグループ(Legend Brands International)が運営しています。

国際認定資格IICRCの合格者の多くが「得た知識を体に叩き込んで、自らに肉付けできる実地訓練をしたい」と門戸をたたく「クリーニング従事者にとっての超メジャー校」。それがRSAなのであります。

RSAの正式名称は「Restoration Sciences Academy」。つまり、科学的根拠に基づく建物回復技術を体系的に学ぶことができます。日本には、今までそういうスクールがありませんでした。

国内にもクリーニングやメンテナンスの技術セミナー、フランチャイズ内講習、独自の認定システムなど数多くあります。しかしどこか断片的だったり実践的でなかったりするのかもしれません。現場で伸び悩む、独学で行き詰まる、仕事に楽しみを感じられず挫折する...ハウスクリーニング業15年超、そういう方をたくさん見ています。ハウスクリーニングは、独立開業しやすい業種と言われています。新人が安さを武器に現場を取っては倒れるを繰り返しているため価格競争が激化。事業の継続は過酷であり、ステップアップは容易ではないのです。その問題を真っ向フォローしようとする教育機関が既存で皆無ということです。

お客様にとってもメリットがあります。アメリカではRSAのトレーニングを修了したかどうかが、業者選定の一つの決め手(物差し)になるのですが、日本でも自らの習熟度を示す指標として定着すれば、業者選定のミスマッチによるトラブルを避けられます。

いろいろ頑張ってやっていたら、社長・中島、国際的知名度を誇る名門RSAの日本拠点「RSA Japan インストラクター」にさせていただきました。

99.9%のハウスクリーニング業者が「できない。難しい。敵わない」と考えるシビアな現場を毎日ペースで完遂する中島のメソッドを注ぎ込む機会、ようやく整いました~!

座学!

RSAnakajima_housecleaning_201909kouza1.jpg

実技(ハンズオン)!モザイクで隠しましたが、皆さん「おぉ~すげぇ~ほんとだ~」と楽しそう。

RSAnakajima_housecleaning_201909kouz2.jpg

社長・中島の知識量と現場対応力に満ちた講義は、門前の小僧の私から見ても面白いです。そしてボリューミー。自力で乗り越えられない悩みを抱えたハウスクリーニング業者の方からすれば、たぶん、目から鱗なことだらけだと思います。

次回は、10月24日です。ユニット浴室クリーニングについてお教えします。清掃業者にとって最も苦手意識が高いのが浴室クリーニングだから、ここを押さえておけば飛躍的にラクになれる...という考えです。

実はウォッシュテックのサイトは、ものすごくたくさんの同業者がご覧になっています。ですので、インストラクターとしての一面もお伝えさせて頂きました。

大理石 バスルームの壁 光沢が消えてパサパサになる理由

石の浴室のレストレーション。

大理石の壁面です。

dairiseki-kabe-bathroom-kusumiyogore.jpg

窓から差し込む光に透けると、パサパサと粉っぽく濁っている様子がよく分かります。

ちょっと飛び散りが付いちゃってから撮影したので結露しているように見えますが、飛び散りの他の箇所は全体的にドライ。触るとカサカサしています。

▼回復型クリーニング後の大理石の壁。

dairiseki-kabe-bathroom-kenmago.jpg

ダイヤモンドディスクで研磨し、新たな面を繰り出して滑らかに整えたところです。触るとキュッ...でも、スベッ。ニュートラルな大理石の感触。ヒヤーっとこないところが、陶磁器タイルとは違うのです。まさに高級。

壁の大理石タイルに、窓の形がくっきり映り込むようになりました。研磨によって光沢が取り戻せたので、陽の光をまっすぐに跳ね返します。

レストレーション後にいつも思うことなのですが、浴室は本来の質感を取り戻すと、とても明るく見えます。照明も太陽光も、まっすぐに映り込むためかと思います。

逆に言えば、汚れに覆われたバスルームは、暗いです。雰囲気や感覚ではありません。光がぼやけて小さく映るので、物理的に暗くなりがちです。

浴室の壁は、樹脂製パネルのユニット浴室でもくすみます。

こんな壁も、あんな壁も。分け隔てなく。水道水に含まれるミネラル(カルシウム、マグネシウム、シリカなど)が固着しているので平等であります。

しかし、大理石の壁のくすみ方は、ユニット浴室のくすみ方よりも更に複雑です。

浴室用の洗剤を使うことによってできた「くすみ」です。

市販の浴室用洗剤には、金属封鎖剤という添加物が含まれています。水道水の中に溶け込んでいるミネラル(金属)と洗浄成分が打ち消しあわないために必要なものです。

金属を封鎖するというのはですね...。洗剤が撒かれました!その瞬間、水道水の中のミネラルをガブリとくわえ込む!封鎖完了!ミネラル(主にカルシウム)、コロしました!そして効き始める洗浄成分。...いわば先鋒。ものすごい反応が早いんです。

金属封鎖剤は、ものの数秒でカルシウムと反応してしまいます。

樹脂製であれば、問題ありません。でも、大理石はカルシウムで出来ています。

水道水に溶けているカルシウムよりも先に、大理石のカルシウムに反応してしまうのです。水道水よりも大理石のカルシウムの方が圧倒的質量ですから、金属封鎖剤とすれば「オリャー!(腕まくり)」と掛かるのも当然かも...。

光沢がある大理石は、触れると一瞬で表面が壊れてしまいます。もちろん、1回や数回では気づかないレベルです。洗剤をシュッシュシュッシュ撒くのを数か月、数年と続けていると、肉眼でもパサッと見えてきます。パサッとした質感に見えるということは、すりガラスと同じで、凹凸なんです。見た目だけでなく、触っても変質の変化が分かるかと思います。

これが、大理石のお風呂の「あれ?ツルツル光沢が無くなった...汚れ?高級感、どこ行った?」現象のメカニズムです。

もはや表面が凹凸に崩れている状態なので、汚れが引っ掛かりやすく取れにくくなり、更に洗剤を撒いて掃除をすることになり、加速度的に変質が進む例も多いです。

変質レベルがものすごく進むと、ダメージが研磨では対応できない深さになりますので、回復度合いが低くなります。

もし、石の浴室、お掃除してもしてもパサパサだ...とお悩みで検索されている方がおられましたら、お声掛け下さい。

ハウスクリーニング業者でも、このメカニズムを知ったうえで結果を出せる人はきわめて少ないです。

金属封鎖剤が入っていない洗剤がそもそもとても珍しいのですから仕方ないことなんです。でも、知っているのと知らないのでは、着地点が全然違ってくると思います。なので、書いてみました!

9月9日(月) ハウスクリーニング講習 ショールームツアー実施します。

RSA Japanディレクター兼インストラクターの中島が、ハウスクリーニング業者を対象に講習いたします。

今回は、設備メーカーショールームにおいて傾向と対策を徹底解説します。

最新設備の個性・強み・弱みを科学的に把握。現状のハウスクリーニングに具体的なヒントを得られるとともに、数年後の見通しをつけて現場対応力をアップさせることが狙いです。

見学ツアー後はセミナールームにて質疑応答やディスカッションを行い、参加者全員で知識を深めます。

アットホーム&膝を突き合わせるイメージのツアーになるよう、ただいま考え中です。

詳細、告知サイトをご参照ください。

新着ブログ記事

過去のブログ

Page top icon