おそうじ・ハウスクリーニングで、
本当にキレイになりますか?

浴室壁面の水垢
ユニットバス床の水垢
大理石の曇り汚れ
  • その汚れ、「6カ月以上」ではないですか?

家事代行・ハウスクリーニングでは
ちっとも変わりませんよ。

なぜなら!家事代行は付着から7日まで、
ハウスクリーニングは3カ月までの汚れにしか対応できません。

その汚れを解決したいなら、
ウォッシュテックの回復型ハウスクリーニング。
ユニットバス壁の光沢
浴室床の白い汚れを除去
大理石の石材研磨
  • 6カ月~2年の汚れに対応できる、唯一の方法です。
  • 国際資格IICRCのレストレーション技術に準拠しています。

・・・回復型?なにソレ? ご存知ないのも当然です。現在、日本で「回復型ハウスクリーニング」を請け負えるのは、全清掃業者の0.01%未満です。 他の99.99%の業者と、いったい何が違うんでしょう。ズバリ!

回復型ハウスクリーニングは、
使う洗剤が全く違うんです。

業務用洗剤っていったら、
どれも超強力。何でも落とせて当然なんでしょ?

いえいえ。とんでもない。

99.9%の業者が使う業務用洗剤は
3カ月までの汚れしか落とせません。

業者が使う洗剤の違い

99.9%が難しくて諦める洗剤を駆使する。
それが、回復型ハウスクリーニング。

実際の装備をご覧頂ければ、すぐにお分かりになるかと思います。
ウォッシュテックは、他とはスペックが全く違っています。

なぜウォッシュテックは他と違うことができるの?

  • 米国RSA(Restoration Sciences Academy)で実地訓練を修了。
  • 国際認定組織IICRCのWDR/FSR/ASD資格を日本人で初めて3つ揃えて取得(2018年)。
  • ハウスクリーニング従事者に必須の2資格CCT/HCTも、もちろん保有。
  • 体系的な知識習得と、ハンズオン(体感的)トレーニングを経たうえで、日本国内の設備・内装を科学的に分析、日本のみで普及しているユニットバスや床材などの施工内容を再構築。
  • 日本の住宅に完全順応させた他には例を見ない(完全オリジナル製品を含む)機器・薬剤を行使。確実なオペレーションが可能に。
  • その中島が、必ず現場にお伺いするからです。

IICRC公式ID(2019年4月現在)。ハウスクリーニング専業者では、国内唯一の資格保有実績数です。

だから、家事代行、おそうじ、
ハウスクリーニングでは絶対不可能といわれる
この仕上がりまで到達できるのです。

自分の洗剤で汚れが落ちないとき、99.9%の清掃業者はどうするか?
  • こんなハズでは…期待して頼んだのになぁ…モヤモヤ満足いかない…
  • だから、99.9%の清掃業者は高い割合でクレーム対応に追われています。
  • しかし、クレームを出しても汚れは落ちず、モヤモヤは消えません。

業者は全員「プロ」を名乗っています。だから、分かりづらい。選びにくい。でも、このサイトをご覧になった今日からは、違ってくるはずです。

各業者の洗剤レベルと自分の目的をうまくマッチさせて、
ガッカリ・しょんぼり・失敗を回避できるチョイスをしてください。

自分の代わりにしてもらう掃除だったら、
家事代行ハウスクリーニングで、OK。

でも、もしこんな感じで…、

セスキ、洗剤、カビキラー。あれ?効かない。

この汚れは何?どうしていいか分からない。

自力で頑張ったけど、汚れがちっとも変化しない。

不潔ではない。でもキレイではない。うーん?

「自分では何ともできない汚れまで何とかしてほしい」が目的だったら…?

  • 今までに無い新たなカテゴリで対応するしかないと思います。

それが、第三のカテゴリ、
回復型ハウスクリーニングです。

日本国内における回復型ハウスクリーニング専門業者は、
2019年現在、 ウォッシュテック だけです。

自分では解決できない汚れを解決するなら、
回復型ハウスクリーニング。
0.01%しかいない特殊な清掃業者です。

それゆえ広くは知られていませんが、
高く安定した技術を打ち出し、確かな実績を積んでいるからこそ、

  • 大手ハウスクリーニング業者が対応したが満足な結果を出せなかった、そんな現場を解決に導く仕事が多いです。
  • 「誰に聞いてもできないと断られて…どうにかできませんか?」とご依頼いただくことも多いです。

だったら、高いんでショ?

そりゃ、そう思われますよね。では例として、浴室で最もポピュラーな1418ユニットバスのクリーニング料金で比較してみます。

1回あたりの料金の違い


ほらね、やっぱり、ちょっと高いんじゃな~い?
いいえ!

キレイをキープするために
1年間でかかるお金を比較すると
圧倒的。コスパ最強!

1年あたりの料金の違い

…それが何故、ふつうのハウスクリーニングと
ほとんど同じ料金でできるの?

ウォッシュテックでは、同業他社が「実現できるはずがない」とのけぞる方法で、低価格&高品質を実現。15年間ブレずに継続しています。

安ければ安い方が良い、既にリフォームと迷うレベルだけど掃除で済むなら儲けもの…とお考えの方のためではありません。

1~2年に1度、定期的に
頼んでいただくための料金設定です。

  • 住宅ローンを払いながらでも続けられる。
  • あちこち順繰りに一定周期で手を入れられる。
  • 頼めなくて我慢→回復不可能なレベルに達する→改修しか方法がなくなる→高額の出費 という痛ましい結果に至ることを避ける。

ローン完済後も現役の資産とされたい方のため、安さはマストだと考えてます。

ウォッシュテックしかできない、
最高の技術なのに「安い」4大ヒミツ。

直接お取引のみ

大手不動産および建築会社・生協・Web見積もりサイトなど他企業からの集客は、一切ございません。

他企業から集客してもらうと、成約時に20%の紹介料を支払うのがハウスクリーニング業界のやり方です。孫請なら30%、ひ孫請なら40%以上が「ウチに来て作業する人じゃないヒト」に渡るお金です。

紹介料は、もちろん100%お客様負担です。料金に2~4割乗っけるか、作業コストを2~4割減らすか。

どっちがイイですか?私は、どっちも「割高になる」と思ってます。

広告してません

つまり、当ホームページからしか、お承りしておりません。

TVCMしないハウスクリーニング業者でも、Web広告・ホームページ制作・SEO対策・ポスティング(チラシ)・地域誌広告など、だいたい平均月額15~30万円くらい広告に充てています。必要経費とはいえ、かなり大きな投資です。

広告料は、もちろん全額、作業料に上乗せされています。

大多数の「頼まない人」に使うお金を、「実際に頼まれるお客様」が負担する…のは、申し訳ないこと。私は、実際に頼んでくださるお客様のためだけに出費を集中したいと考えてます。

なお、このホームページは私「おかみ」がコツコツ描いたり書いたりしています。手作り感満載サイトで申し訳ございません。

下請・バイト なし

作業は、全て「社長 中島」が、やってます。

完全プライベートな自宅に上げる人なのに、実際どんな人が来て何をするのか、運任せ。仕上がりレベルがまちまち。そんな不確かなハウスクリーニング、私だったら失敗が怖くて頼めません。

ウォッシュテックでは、社長・中島の目と手で、全現場遂行します。

だから、作業実績ブログ(現在記事数480超)と同レベルの仕上がり。

「作業例の写真から検討し、レベルに納得して頼む」それこそがハウスクリーニングの安全。だから現場は原則中島だけ。です。

  • スタッフのレベルがバラバラだからこそ、ユニフォームを着る。
  • 誰が当たるか分からないから、作業例の画像を少なくする。
雰囲気やイメージで選ばせる業者には、脆弱性があります。
もはや避けるべき時代だと思います。

ウォッシュテックは、演出なし。
実例ドカ盛りです。

ハウスクリーニングの実例が豊富
  • お悩みのものと同じ汚れが、きっと見つかります。
  • 今ある汚れが、クリーニングでどの程度回復するのか一目で分かります。
  • 施工事例500超。圧倒的な実績数だから、仕上がりの見通しが確かです。

ウォッシュテックの施工写真を無断使用する清掃業者がいます。ウォッシュテックは他社への技術提携は一切しておりませんので、同等の仕上がりには「絶対に」達しません。お気を付けください。

1日1件 限定

難しい汚れにも、満足ゆくまで取り組めます。

1日数件かけもちすれば、売り上げはスゴくなるでしょう。

でも、移動時間も考えると、作業時間は相当カットされます。

制限時間が短いと、難しい汚れに真っ向から対峙できません。

じっくり取り組んで満足な結果に導くため、1日1件限定のご予約とさせて頂いております。

規約にキャンセル不可を明記しておりますのは、そのためです。

それだけではありません。
業者の「キモチワルさ」徹底排除。

清掃業者って、美意識がない不潔なヤツらでしょ。
おうちに上げて頂くのに、そんなふうに思われたらいけませんから。
  1. 同じ現場は、なるべく1本の道具でまわす。
  2. 同じ道具を何本も買うなんて無駄だよ。

ウォッシュテックは、各場所ごとに色識別できるユニットボックスを用意し、ゾーニングを徹底。道具がアチコチ混ざることはありません。

  1. さっきの現場で使った続きで、次の現場へ。

ウォッシュテックは、1現場終わるごとに全ての道具を洗浄・除菌・乾燥。他の家の汚れで雑菌ムレムレの道具は、持ち込みません。

  1. 洗剤・機材、持って来てないからムリと言う。

ウォッシュテックは、厳しい現場の経験から、考えられる状況を全方位予測。機材・洗剤の種類を万全に準備、持ち込みます。

  1. 100均、ボロい道具、大活躍。

ウォッシュテックは、ハイスペックな洗剤の能力を十二分に活かせるハイスペックな道具を、現場の都度的確にメンテナンスしながら使います。安くてボロい道具では、ハイレベルな成果が出ないからです。

  1. イイとこしか言いません。

ウォッシュテックは、「この洗剤を使っているからエコで安心」など、過剰で一面的なアピールをしません。また、リスクやデメリットも明らかに。経験の蓄積と科学的裏付けがあるからこそ、正直にお伝えし、より良い結果につなぎます。

1回の料金が安くて早いんなら、
これくらいゼンゼン平気ですか?

ウォッシュテックがこれを徹底排除できるのは、他には無いヘンな経営でも何とか成り立っているからです。ふつう、こんな手間でお金がかかることをしていては、数年でつぶれます。
  • なので、ここまで明確に「しない」と宣言しているハウスクリーニング業者は、他にありません。
  • その他99.99%の業者が、なんらか「やっちゃって」ます。

そこまで違うハズない。信じられない。と思われる方も多いでしょう。しかし事実、

よそに1~3回浮気した…けど、

あの仕上がりが忘れられない。

そんな書き出しで、
数年後に再びご依頼くださる。

その割合、リピートさん全体の5人に1人。
ふしぎと過去のウワキを正直に打ち明けて戻ってきてくださるのです。

それが、ハウスクリーニング専門業者として15年の信頼と実績。
作業実績は5900超

信頼おける評価レビューも多数ございます。

ウォッシュテック お客様のご感想

  • ご覧いただければ、謝礼目的・ライターによる代筆ではないとすぐにお分かりになるかと思います。

あらゆる面からじっくりご検討いただき、
もし「うん、これなら…」と思われたなら。

ご依頼のお客様へ 緊急のお知らせ
新型コロナウイルス (COVID-19)
感染拡大防止の対応

  • ご予約いただいているお客様に向け、ウォッシュテックでは緊急的に下記の対応を致します。
  • 中島は、国際認定IICRC災害(火災/水災)復旧の各種技術資格を取得済みです。この資格は、菌・ウイルスによる汚染対応の基礎も含まれます。
  • ウォッシュテックでは、EPA(アメリカ合衆国環境保護庁)認可の抗ウイルス剤を保有、殺菌・消毒・消臭・カビおよびバクテリア対策の目的で行使しております。
  • 2020年1月29日付でEPAより新型コロナウイルスへの対応使用許可が下りましたので、作業お伺いを理由とする感染拡大防止を目的に、抗ウイルス剤として行使いたします。
  • ウォッシュテックでハウスクリーニングをご依頼いただいた方を対象に、作業中接触した箇所(コンタクトポイント)に抗ウイルス処理を致します。
  • 使用する抗ウイルス剤は、MRSA・HIV-1・ノロウイルスにも効果が認められています。その効果は塩素・アルコールによる殺菌とは比較になりません。
  • 塩素・アルコール系の消毒とは異なり、内装や設備の素材表面に一切ダメージを与えません。
  • 薬剤がその場に留まる限り、抗ウイルス効果が持続することが特徴です。濯ぎ流す、別の所に移動することが無ければ、ずっと無菌状態になります。
  • 緊急となる現状、日本の住宅において最も効果が高い新型コロナウイルス対策となります。
  • しかし、常用をおすすめできる方策ではございません。
  • 今ある常在菌・有用菌も一緒に殺してしまいます。また、薬剤耐性菌を生むきっかけにも成り得ます。
  • 従いまして、お客様各自のご判断としまして、ご希望の方のみの対応とさせていただきます。
  • もちろん、汚染対応資格の知識を生かして感染症対策の原則を遵守、防止に努めております。宜しくご検討お願い申し上げます。

暗くて古くさい 屋外床 共有部

中古物件ご購入後ご入居前
空き室全体クリーニング

横浜市/対応エリア

青葉区・都筑区・港北区・中区・西区・緑区・神奈川区・旭区・鶴見区・瀬谷区・保土ヶ谷区・磯子区・戸塚区・南区・金沢区・港南区・栄区・泉区

東京23区/対応エリア

世田谷区・大田区・港区・品川区・渋谷区・目黒区

東京都/対応エリア

町田市・多摩市・稲城市・日野市・調布市・狛江市

神奈川県/対応エリア

川崎市/中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区・幸区・川崎区 大和市

お問い合わせ以前の
ご心配ごとは、こちらへ。
お問い合わせフォーム

私どもがお伺いします!

作業者の顔写真

↑クリックすると、夫婦の紹介マンガが読めます☆

回復型ハウスクリーニングの考え方をご家庭用に最適化。おかみのおそうじセット頒布窓口。

最新情報

CHAT理論の「A」Agitationの正しい解説

CHAT理論、ご存知でしょうか。

クリーニングにおいて、汚れを除くための方法論をシンプルにまとめたのが、CHAT理論です。

C Chemical

H Heat

A Agitation

T Time

その頭文字を取って、「チャット」と読ませます。

ケミカルは化学的アプローチ。洗剤です。ヒートは熱。タイムは時間。

...アジテーションって何でしょう?

2020年9月現在、検索すると1位に出てくるのが日本経済新聞の2019年11月19日の記事です。「方法」と訳されてます。

以下、「摩擦」「擦る」「物理力」と訳されているサイト。

CHATを基本にクリーニングを学ぶ国際認定IICRCで6つの資格(2020年現在)を持つ社長・中島は言います。

「どれもチガウ。しっくり訳せていない。」と。

門前の小僧としてIICRCのCCTとOCTの2資格を得ている私も、そう思います。

なので、今回はCHATのA、アジテーションの解説です。

小学校で食塩やミョウバンを水に溶かしてみよう...なるべくたくさん溶かすには?という実験、どなたもされたことがあると思います。

CHAT理論、実は日本人なら誰でも習う、ミョウバンの水溶液を作る実験と同じことを言っているのです。

温めて、グルグルかき回して...もうすこし時間を掛けてやってみよう。ほーら、冷水に放り込んだだけより、たくさんの量を溶かせたね!ということです。

この、「グルグルかき回す」がズバリ、 Agitation です。

正しい解釈は「撹拌」。ようは、汚れと混ぜ合わすという意味です。

CHAT理論は、ぜーんぶやったら最強だ!最強万歳!という考え方ではありません。

現場の状況から判断し、要素を補い合わせ、そしてベストの結果を導き出せ!という考え方なのです。ここ、大部分の人が誤解するところです。

例えば、時間に制約がある、熱を加えられない材質、薬品に弱い部材...さまざまな現場がありますよね。「押して駄目なら引いてみな」の要領で、熱がダメなら時間を足しな、のようなことです。

つまりCHAT理論はそれ自体、初歩的かつシンプルな思考です。プロフェッショナル感を出して、もったいぶるほどの難しいものではない。

だから、知識があっても、さほど現場対応力が上がるわけではありません。そんなの知ってても、目の前の困った汚れは落ちない。

重要なのは、どの現場にどの要素をどのくらい?という判断です。

ここで、摩擦・擦る・物理力といったゴシゴシ路線で解釈した人たちの誤りが明らかになります。

CHAT理論を正しく解釈するならば、ゴシゴシこすりまくらなくとも、汚れが落ちるということです。

力を入れてガッシガッシ擦っている時点で、汚れに対してケミカルが効いていない...つまり正確に判断できていない...と、証明しているようなものです。

炊き込みご飯のシイタケやささがきごぼうをご飯にまんべんなく合わせる、なみなみ入ったコーヒーにミルクを溶かし込む、クレンジングを頬や瞼に馴染ませる、育毛剤を頭皮に揉み込む...そのような動作がアジテーションです。

いづれも、ゴシゴシ、ガシガシやったら台無しです。

かけ離れた動作をすれば、目的とは違う結果に至ります。クリーニングで言えば、「汚れは落ちてない。擦っただけ。」という結果です。

生活・家事・お掃除関連のコラムニスト・アドバイザー・ライター・ジャーナリスト・芸人のような方々がCHATをハテナなニュアンスで語るのは仕方がないことです。体系的な学習と現場対応経験が無い中、他から情報を得ようにも正答が無いんですもの。

しかし一方、現場を請ける私たちは「理論を正しく行使し、求める結果を出す」ことが仕事です。Agitationをゴシゴシ系と解釈している清掃業者は、実害が大きい。目的を達せず出費するリスクが高いわけです。候補から外す方が宜しいです。

御影石の油シミ除去 マンションエントランスのタイル

マンション共用部分、エントランスの御影石タイルに目立つシミ。これを取り除きます。

mikageisi_mansion_netrance_kuroisimi-jokyo0.jpg

この御影石タイルの表面は、バーナー仕上げという加工が施されています。

縁の黒っぽい御影石と、ポイント使いの小さな四角部分は表面ツルツル、これは鏡面仕上げ。対して灰色部分の御影石は表面ざらざら。これがバーナー仕上げ。

凹凸で滑り止め(ノンスリップ)機能を持たせるという目的から、外構・玄関・エントランスに多く用いられる加工です。

今回は、こちら、バーナー仕上げの御影石タイルについた「謎の黒いシミ」を除去するご依頼にお応えさせていただきました。

マンションの出入り口なので往来が多く、汚れも多い。ゆえの、歩行量が少なく行動が限られる住宅や専有部とは異なる「謎の」トラブルも多くなります。

社長・中島のインスペクション(調査・診断)から「動植物性の有機的な油分。そして吐しゃ物」と判断。

・・・謎、あっさり解ける。

御影石に付着する成分にアタックする薬剤を行使、シミ部分を除去。

mikageisi_mansion_netrance_kuroisimi-jokyo1.jpg

ハイ!それと分からない状態に回復しました~。

この画像をご覧になってお気づきの方も多いかと思います。「ここだけキレイすぎる」問題。

シミだけに目が行って「これさえ無ければなぁ」と思われがちですが、実は全面的にズズ茶色に汚れていたのであります。

ここは集合住宅のエントランス。土足歩行量が多く、屋外からの汚れも持ち込まれやすいのです。

何となく全体が汚れに覆われて暗く不衛生な印象。管理されず放置されている印象。それは、誰しもが感じとることです。人間は目がいい。無意識に一瞬で判断します。

ゆえの、「ここ、何か汚しちゃったけど、ま、いっか。もともと汚いし、私だけのせいじゃない」な行動が生じやすい環境にあったということかと思います。

ウォッシュテックでは今回のようなご相談の場合、ポイント的なシミ除去の後、全体をクリーニングしてお納めすることを前提にお打合せします。

ほぼほぼの場合、既に全面汚れた状態にあり、「やったとことやってないとこ」の差が目立ちすぎると予測できるからです。

もちろん、こちらの現場もこの画像の撮影後、全体にクリーニングしてお引渡しいたしました。

突発的な汚れが生じた際、即時に対応されず、誰にも取れない深刻なシミになった。その原因は御影石の管理計画の不十分です。過去からの立て直しが(今回、ちょっと高くなるにしても)なされるといいなと思います。

ウォッシュテックの石材のシミの判断は的確です。

クリーニングで対応できるシミかどうか(できない状況に至っている場合も少なくありません!)、もし対応するならお金と時間はどのくらい必要か...とても真面目に考えます。18年間ずっと結果を出してきたからこそ具体的に考えることができるのだと思います。

逆に言えば、こういう案件に「シミだけが問題。小さい面積だから、ここだけちょちょっと安くやって!」と発注すると、シミは「明らかにそれと分かるレベル」で残り、その一回り大きくゴシゴシこすったようないびつな形跡が残る可能性大ということです。町で石材の床を見てると、そういう痕跡、けっこうな数、見つかるかと思います。それが発注通りの仕上がりということです。

陶器の洗面ボウル くすみカサカサ汚れの原因と理由を解説 ツルツルに回復

洗面ボウルの材質で、人工大理石と並んでよく拝見するのが陶器です。

陶製ボウルの良さは、やっぱり清潔感かと思います。ぬるりと滑らかなガラス質の光沢の中を、蛇口から出てきた水がトロトローっと滑って排水口に吸い込まれていく様子は、見ていて気持ちいいです。

しかし、ウォッシュテックのテリトリーでは、陶器の表面に焼き付けられたガラス質のコーティングである釉薬(うわぐすり)の質感が失われた洗面ボウルが大半かと思います。

商業施設の手洗いボウルは数か月で、使用頻度の少ない住宅でも数年経過すれば、カサカサして照明の光をボンヤリ映す程度になってしまうのです。

senmendai_touki_mizuakayogore_kaihuku0-zoom.jpg

古くなったから、釉薬が剥げてしまったのかしら...と、思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、違います。

ガラス質の釉薬の表面に、水道水の中に溶け込んだカルシウムやマグネシウム、シリカなどのミネラルが積み重なってくっついているのです。

くっつく、という表現だと、すぐに取れそうに聞こえるでしょうか。

すぐに取れるんだったら、ちょちょっと手を入れるだけでキレイになってコンディションをキープできるはずですが、現実、滑らかさをキープできないのはなぜでしょう。

ガラスの主成分はシリカです。つまり、水に溶け込んだシリカが表面にくっつくと、同じ性質であるガラスとホントにピッタンコ。

分子構造レベルで「水垢」と「表面の釉薬(ガラス)」が超密着というかもはや一体化に近い状態になる...そのようにイメージしてみてください。

釉薬は剥がれているわけではなく、水垢がめっちゃがっつり密着です。

いったん水に溶けたミネラルですから、水垢って、なんていうか粉?粒?のように密着です。水溶き片栗粉を置いておいたら粉だけ残して干上がりますね、あんなふうに。ツルっと平滑ではないため、肉眼ではすりガラスのようにマットな質感に見えてきます。

ガラスの容器はジャムやピクルスなど酸性の食品でも変化しなくて良いですよ!と、言いますよね。ガラスと原料同じのシリカの水垢(スケール)というやつは、変化しにくいヤツなのです。ということは、きわめて除去しにくいのです。

スポンジやクロスで磨いてみる、クエン酸スプレーしてみる...そのような掃除ではビクとも良くならない理由は、そういうわけです。

「ミネラル分が多めに含まれているエリアの洗面ボウルは、たいていくすんでいる。WHY?」の理由、以上でございます。

陶製洗面ボウルのレストレーション後。

senmendai_touki_mizuakayogore_kaihuku1-zoom.jpg

トゥルッ。

1枚、汚れの皮を剥いだように、ぬらっとした陶器らしい質感が回復。

ビフォア画像中央下あたり、お掃除を頑張られた痕跡が見られ、本来の平滑な質感からは程遠く、ここでギブアップされたとのことでした。しかしレストレーション後は均一な光沢に!

一応ながら、洗面ボウルの全体像のビフォアアフターも載せておきます。

senmendai_touki_mizuakayogore_kaihuku0.jpg

陶器の洗面ボウル全体を俯瞰で見た方が分かりやすいか迷ったので、どちらもご覧ください。

senmendai_touki_mizuakayogore_kaihuku1.jpg

明るいボウルの中をツルンと流れてゆく水。これぞ洗面台の清潔です。

水垢は、いったん固着すると加速度的に厳しくなります。したがって固着のメカニズムを事前に知って予防、付いてしまったら早々に手を打つのが得策です。

なお、ホーロー製のボウルは、釉薬の下は塗装、その下は金属です。陶器よりも焼成温度が低いため釉薬は弱め、その下の層はウエハースのように異なった材質が薄く重なっています。既にお掃除で深追いしたためダメージがある場合や、水垢の固着が長期に亘っている場合は、陶器と比べて水垢除去の回復率は低くなります。ホーローの洗面台の場合は、より先回りの対策が必要といえます。

光沢×木目模様のユニットバス 壁 こびり付いた水垢「だけ」をツルンと取り除く

ここ数年、ユニット浴室の壁面で多く拝見するのが、こちらのタイプ。

木のような模様がプリントされており、表面は鏡面のようにツルツルの光沢があります。色合いとしては、茶色から焦げ茶。

モノトーンではないんだよなぁ。かといって、グレーやベージュの「いかにもユニットバス」な色でもないんだよなぁ。そんなナチュラル系のお好みに応えた画期的デザインかと思います。

今回のお客様、数年のご生活を経て、こんなふうになってしまいました...とのお問い合わせくださいました。

unitbath_kabepanel_woody_mizuaka0.jpg

上から下へ垂れた水の道。白く縦縞にボヤけて見えます。

「何だか汚れてきたなーと思って、掃除したんですけど全くキレイにならず...。ツルツルだったから、汚れもツルっと取れると思って、放置し過ぎました...」とお客様。

そうですよね。「ツルンとした材質だから、拭き掃除するとか、お風呂掃除用洗剤とスポンジでクルクルッと擦れば取れるよね!」と思ってチャレンジするも「...あれー?おっかしぃなー」ということ、あるかと思います。

この汚れ、人間から飛び散った皮脂や石けんではありません。もちろん、そのような有機的な汚れも絡まり合っていると思いますが、主体は水道水に含まれるミネラル成分です。カルシウムとか、マグネシウムとか、シリカとか。

今回の浴室は、目よりも高い位置まで水垢の固着が目立ちます。

「お風呂の後に壁をシャワーで流してましたか?」とお訊ねすると、「はい、飛び散った汚れを水で流しておくとカビやヌメリが防げると引き渡しの時に聞いて...ほぼ毎日。」とお客様。

有機的な汚れを流しておくと衛生的に保てる、それは事実です。しかし、水分を留めたまま自然乾燥させると、H2Oだけが蒸発して、その場にミネラルの点々が残る原因になります。

いかにも水が蒸発して残った跡だなと分かるよう、同じ写真をズームで▼

unitbath_kabepanel_woody_mizuaka0-zoom.jpg

一滴一滴の跡が重なって、やがては道に。水垢ができると引っ掛かりができて、同じルートを辿って落ちる仕組みになるので、どんどん水垢ロードが太くなってきます。より目立つということです。

こちらのお客様に限らず、マンションの引き渡し時に「このキレイなバスルームは、どうやって管理したら良いですか?」の質問に対し、「シャワーで汚れを流して、乾燥を3~4時間つけると良いですよ」とアドバイスされる担当者が多いようです。

おそらく彼・彼女たちはこのデザインのバスルームに住んだことがなく、汚れた状態を見たこともない。その分野のプロフェッショナルではない。責められません。

でも、こちらのブログをご覧になった皆さまは、シャワーで水を掛ける → そのまま乾かす、その行為自体が難しい汚れを作ることになる 「現実」 を知っていってください。

本でもテレビでも誰も言っちゃくれません。しかし事実です。ご自身の財産に関わることですので、ブログ一見さんもどうぞ覚えて帰ってください。

クリーニング後の浴室

unitbath_kabepanel_woody_mizuaka1.jpg

うん、ご自身のお掃除で頑張られた跡(クルクルした傷)がありますけれど、ツルっと!

水垢の縦縞に消されていた横縞の木目も、鮮やかに見えています。「何となく茶色の壁」のイメージが、色柄クッキリ、ウッディであります。

何より、映り込みです。

壁パネル本来の鏡のような光沢を回復出来れば、天井と鏡の上に位置する照明も、照明の明かりを映り込ませる鏡も、浴槽も、すべて壁に反射します。

浴室全体クリーニングされた状態では、お互いがお互いを映り込ませ、印象がとても明るくなるのです。

汚れが覆っているバスルームは、何も反射させません。照明も曇りや濁りにぼやけて吸い込まれてしまいます。よどんだ雰囲気などではなく、物理的に暗くなります。

一応ながら、同じ箇所のズーム、アフターバージョンです。▼

unitbath_kabepanel_woody_mizuaka1-zoom.jpg

このような写真を公開できるのはウォッシュテックくらいかと思います。汚れの残りや自分で付けた傷が必ず見つかってしまう、一切盛れないアングルだからです。

もし、ツルツルした壁のユニット浴室のお掃除でお悩みならば、深追いされないでください。

力を込めて擦ったり、ネットで仕入れた業務用の水垢用洗剤をお使いになったり、鏡や便器用の道具や洗剤を使われたり、そういう頑張りは是非ともおやめください。

汚れを除いた後に、その痕跡がすごく目立ってきます。トライしたけどエラーした、その痕跡は、クリーニングでは戻せません。よろしくお願い致します。

新着ブログ記事

過去のブログ

Page top icon