社長の現場日誌

日本人初 IICRC HCT(ハウスクリーニングテクニシャン)資格保有しました

ウォッシュテック、中島淳介です。先日お伝えした渡米の件、続報です。

スコア96.25%で合格、ハウスクリーニングテクニシャンの資格を得ることができました。

WASHTECH-IICRC2018HCT-ID.jpg

右下はIICRC資格IDカード。顧客に身分を提示するための携帯用です。

WASHTECH-IICRC2018HCT-score.jpg

IICRCのHCT(ハウスクリーニングテクニシャン)インストラクターの先生の講義は、テキストに基づいた理論をベースに、細かなところや関連する枝葉のお話もてんこもりで、きわめてエキサイティングでした。道中さまざまなアクシデントもあり、ゴリゴリ勉強せねば到底スコアが伸びない難しさもあり、プレッシャーがものすごかったですが、取り急ぎ結果を出せてホッとしました...。

科学的で合理的なアプローチ。確かな技術を備えたプロフェッショナルとしてのマネジメント。

残念ながら、現在の日本では体系的に効率よく学ぶことができません。だから、体得したければ海外であっても身を運ぶしかありません。

得たものすべて現場に生かし、頑張ります。

日時:2018年9月13日 PM 12:45
IICRC ハウスクリーニングテクニシャン受講のため渡米します

お客様各位


平素より弊社をご愛顧賜り、厚く御礼申し上げます。

誠に勝手ではございますが、9月2日~9日、アメリカのラスベガスにおきまして、研修に向かいます。

IICRCハウスクリーニングテクニシャンコースを受講します。

※ハウスクリーニングテクニシャンの詳細内容をご覧になられたい方は、リンク先のポップアップ画面「Allow」をクリックして下さい。

併せて、米国クリーニング市場の現状視察や業務用資材展示会も回ります。

恐れ入りますが、上記の期間、私の応対は時差の関係上、非常に難しくなります。

ご利用いただいているお客様に還元できますよう奮励努力してまいりますので、何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。


有限会社ウォッシュテック 代表取締役 中島淳介


IICRC-Global Resource Center.jpg

IICRC_ISE-HCT-room.jpg

9月5日、現地の中島より送られてきたラスベガスのIICRCセミナーセンターの写真、アップしておきます。(おかみ)

日時:2018年9月 3日 AM 08:33
レストレーション用 オーダーブラシコレクション
社長のblog、書きます。おかみに任せきりなので...。

こう見えて弊社は、拘りがありまして、良い洗剤や道具を探す、無ければ外国製も探す、それでも無ければオーダーメイド、こんなスタイルでお仕事と向き合っております。

先ずはオーダーメイドで作ったハンドポリッシャーブラシ三点をご紹介致します。

washtechoriginalbrush-1.jpg

ユニットバス用です。配列やブラシの毛、植毛角度etc...何度も何度も作り直し工夫を凝らしたブラシです。

三種類の毛材を使っておりますが、それぞれ耐磨耗性・耐熱温度・耐薬品性が異なりますが、真ん中のは化学繊維の中でも高温にも使え、且つ薬品にも強いです。

次が磁器・陶製タイル用の金属石鹸用のブラシ、化学繊維ながら汚れに刺さるようなイメージですね。

washtechoriginalbrush-4.jpg

もう一つはファブリック用に作ったものです。もう少し工夫を凝らしたい分野です。

washtechoriginalbrush-2.jpg

これは愛知のクオリティ社製のハンドポリッシャー用ステンレスブラシです。マンション共有部廊下などのノンスリップシートに抜群の効果があります。

washtechoriginalbrush-3.jpg

最後に、まだ発売されてないのですが、ブラシにゴムを吸着させて洗浄力を増したもの。大阪のスマート社製ですが、販売前にサンプルで使ってみてほしいとのことでしたので、一年近く、様々なシーンで試しています。

washtechoriginalbrush-5.jpg

同業者の方に何人か知っている方はいるかもしれませんが、このブラシは磁器・陶製タイルの屋外の有機汚れに非常に効果があります。但し硬い汚れを弾くのは苦手なので、上記の汚れに刺さるタイプと併用すると、浴室でも大活躍しそうです。

この他にもハンドポリッシャー用のブラシだけでも沢山在庫しているので、普通のツールだけでも溢れかえるほどあるのですが、昨年に大幅に整理しまして、これから更に溜め込む所存です。

おかみに怒られるかな...
日時:2018年7月13日 PM 04:01
Panasonic フラッグストーンの浴室床 黒色に目立つ白い落ちない汚れを回復する

本日のブログは、社長・中島が担当させていただきます。

Facebookを飛び出して書くのは初めてなので、弊社ホームページをご愛読くださっている方々(数少ないと思いますが...)は、「おかみに書かせろ!」とお思いではございませんか。

しかし、もしかしたらいつもと違う感じの情報があるかもしれません。お時間ございましたら、ご一読いただければ幸いです。

パナソニックのユニットバス、黒色フラッグストーンフロアの浴室クリーニングです。

「床の汚れが気になっていたので、重曹でお掃除をしたら、このようになってしまいました」と、お送り下さった画像です。(お客様から掲載のご了承を頂戴しています)

panasonic-bath-yuka-juusoudesoujisitaato.jpg

仰る通り、パナソニック製ユニットバス、フラッグストーンフロアに付着する汚れは、一般家庭用の洗剤や道具、お手入れでは歯が立ちません。

「自力でのお掃除を後悔し、ハウスクリーニング業者を入れました。作業直後、きれいになった!と、思ったのですが・・・」(画像は、ハウスクリーニング後の様子をお客様ご自身で撮影されたものです)

panasonic-bath-yuka-tasyacleaniggo.jpg

「その夜、お風呂に入ると、このようになりました。」(↓お問い合わせ時から変化なしとのことで、クリーニング開始前に私が撮影しました)。

panasonic-bath-yuka-tasyacleaninggo-hitobandemodoru.jpg

「・・・ハウスクリーニング業者を入れた後の方が汚いのはなぜなのか。インターネットで調べてウォッシュテックのサイトに行き当たり、フラッグストーンフロアが難しい床であることが分かりました。解決可能でしょうか。」

弊社ブログで何度も書いている通り、フラッグストーンフロアに固着する汚れは、除去がとても難しいです。ハウスクリーニングを生業とされている方々ですら、除去が困難です。私が見る限り、100人のクリーナーがいる中でこの汚れを除去できるのは多くて2人、です。

ハウスクリーニングを頼んで綺麗にしたいとネットで業者を探して依頼されたのですが、その依頼先が何をしたのか...。汚れを落とせない事実を隠蔽するためにやった「何か」が、お客様を困らせていました。

大概の水垢(カルシウムではなく主にシリカスケール)汚れは、水で濡らせば目立たなくなり、完全に乾燥した状態だと目立ちます。

その原理を利用して、水が乾かない状態で引き渡したのです。数時間後には入浴で再び濡れて、また目立たなくなります。

もしくは、樹脂などの「何か」を表面に薄く塗ることで、疑似的に濡れた状況を作り出して引き渡したのです。サービスでコーティングをしておきました、などと言っておけばお客様は「タダで得した」と喜んでくれます。

手も足も出ない汚れを前にしたとき、ハウスクリーニング業者がやってしまう「何か」は、実はパターン化しています。それこそがテクニックだと思い込んでいる人も少なくありません。

業者のプライドは、太刀打ちできない汚れを目の前にしたときに最も焦ります。しかし、焦った時に思いつく「何か」は、その場しのぎの浅薄なものになりやすいです。それゆえ、オリジナリティが無い行動になります。パターン化しているので、すぐに分かられてしまいます。

焦りの原因は、時間が無いこととお金が欲しいこと。目の前にある「汚れが取れない」とき、時間とお金が失われていく気持ちで頭がいっぱいになるのです。焦るとパニックになって、冷静に真正面から判断できなくなるのは私も同じです。

ですから、私の場合は、この汚れが何なのか、この材質が何なのか、どうすれば良いのか、いつも考えています。そして抜本的な対策を採るようにしています。専門的な知識や経験を身に付ければ、お客様への対応も、冷静に正しく説明できるようになります。継続してゆくうちに、解けない問題を解いてゆける「自信」や、問題に立ち向かう勇気が沸いてきます。自分のように不器用で要領の悪い人間には、結局それが一番の近道だと思っています。

数種類のケミカルとツールを使い、傷めないよう細心の注意を払い、洗浄終了。(私が撮った画像です)

panasonic-bath-yuka-washtechcleaning-after.jpg

フラッグストーンフロアで業者がやる「最悪」は、落とせないので力業でガリガリと削ってしまうことです。(今回、それはナシでした。良かったです)

日時:2018年5月 8日 AM 08:43
INAX 黒を基調としたユニットバス サーモフロア床とエンボスカウンター

品川区大井町で浴室クリーニング

INAXの黒色のサーモフロアとエンボスカウンターでしたので、金属石鹸だけでなく、水中のミネラルがスケール化したものは、白色に近いために、濃色は非常に目立ちます。

INAX thermofloor mizuaka0.jpg

INAX thermofloor counter mizuaka0.jpg

一般の方のおそうじではほぼ対応できないものでお困りの方が多いですが、ハウスクリーニング業者にとっても極めて厳しい現場といえます。

私は不器用なので、無い知恵を振り絞って、汚れの種類と、その部材に合わせてケミカルを使い分ける事で、綺麗に洗い上げるしかありません。

INAX thermofloor mizuaka1.jpg

INAX thermofloor counter mizuaka1.jpg

今日は、酸を7種類・中性を3種類・アルカリ3種類・ポリッシュ系4種類、沢山使う、ほんの少し使うなど差違はありますが、使用しました。

INAX thermofloor mizuaka senzai.jpg

まだまだ課題はありますが、現在の私の実力からすれば、最高の仕上がりと言っても良いかもしれません。

日時:2015年12月 7日 AM 10:48

新着ブログ記事

過去のブログ

Page top icon