洗面台 ボウル 天板

洗面 水栓(蛇口)付け根の錆と汚れをクリーニング

東京都港区のマンションにて、トイレクリーニング

トイレの手洗いは、タンク一体ではなく便器のサイド、薄い収納棚の上に設置されています。

限られたスペースでやりくりするため、陶器に刺さっているというか、こういう形状が多いですね!

入り組んでいて、小さくてダイナミックな動作でおそうじしにくい。はみ出しそうな感じで手を洗うから、汚れもはみ出してきて溜まりやすい。

ハッと気が付くと、蛇口の根っこ、さ…錆てるぅっ。わゎ…自分でやってみたけど、どうにもならん。ということで、ウォッシュテック出動となりました。

senmenbowl-sabi0.jpg

写真中央の灰色の棒は、どけるのを忘れて撮っただけで、特に意味はありません(すんません)。ちなみにこれは、プラスティック製の先が薄くなったヘラで、ガッチガチの石のような汚れを酸でゆるませてから、殻をめくるような動作で弾き取っていくときに使う道具です。

このような、陶器と金属(金属といっても、無垢…つまり断面が全部おなじ金属、ということではなく、表面がメッキ加工になっているもの)をクリーニングする場合、付着している汚れの性質は同じでも、洗剤や道具を使い分けねばなりません。

特に酸性の洗剤。パサパサと曇らせる、石の膜のような水垢をほどく際の必須ケミカルです。これ、陶器だとダメージゼロだけど、メッキに付着するとシミみたいに腐食しちゃう場合があるのです。ぜったいに触れさすな!と初心者マーク時代の私、社長によくドヤされていました。

そのようなトラブルのリスクを下げるため、熟練のハウスクリーニング業者であれば、例えばどこどこのメーカーのメッキは強いけど、ここのは特に弱い。なので、ケミカルの組み立ては、こう。みたいな理論が頭に入っておるというわけです。

なので私は、ハウスクリーニングとは、「自分が知りえない理論と出来えない実践→安定した美しい仕上がり」を買う、ってことかなと考えてます。

もう一言加えるならば、「自分が知っている理論と出来うる実践」はハウスクリーニングではなく「家事代行」あるいは「おそうじ」で、ゆえに当然ながら安価で、私どもとは別カテゴリということです。

そして、クリーニング後のトイレ手洗いボウル。

senmenbowl-sabi1.jpg

うん、おしゃれ。

金属は金属らしくギラッと輝き、陶器は陶器らしく温かで清潔そう。

デザインがオシャレであればあるほどに、汚れが付くと「年は取りたくないものだ。新しく若いことだけが、美しいのか。諸行無常。ちーん」みたいな気持ちになりがちですが、

ウォッシュテックのハウスクリーニングなら、まだ、イケる!ですよ。

日時:2016年1月 8日 PM 12:22
ホーロー洗面ボウルの汚れ、くすみ

横浜市青葉区のマンション。洗面台クリーニング

ホーロー(琺瑯)の洗面ボウルが、全体に濁ったようにくすんでいます。

horo-touki0.jpg

写真中央あたり、いくつものいびつな◯が重なって白く凹凸になっているの、お分かりになりますでしょうか。水道水の中に含まれているミネラル、たとえばカルシウムやマグネシウムなどの金属が、その場で乾き、表面にミネラルだけが残ってこびり付いた状況です。

ホーローの表面は、ガラス質の層でくるまれています。お茶碗の、土の器に釉薬(うわぐすり)がコーティング、焼成させてガラス質になっているのと同じイメージです。ツヤっとしている膜は、表面の薄いところだけ。

ホーローの場合は、簡単に説明するとガラス質の下は白い色の塗装、その下は濃い灰色をした金属の板です。つまり、エイヤエイヤガリガリと力任せに粗いもので削ってしまうとガラス質が失われ、その下のマットな白い層が露出します。もっと削り進むと黒っぽい鋼板が透けて見えてきます。

白く濁らせているミネラルは、ガラス質よりも硬い。「この汚れをどうにかしたい」と頑張るあまり、琺瑯の光沢ごと削り落としてしまう方は少なくありません。どうかご自分で無理強いされないでください。

いっぺん削り落とされて失われたら、ハウスクリーニングでは戻せなくなってしまいます。

洗面台クリーニング後の琺瑯製洗面ボウル。

horo-touki1.jpg

汚れだけを滑らかに取り去り、ガラス質はそのままに、つるん、ぴかっ。

酸性の洗剤で汚れを柔らかくほどき、泥パックのように汚れを吸着させ…「擦る=洗う」というイメージがあるハウスクリーニングですが、いえいえ、お肌のエステと同じく汚れを取り去るには様々なテクニックがあるんです。正しい手順を正しく踏めば、危ない洗剤もいりません。傷つけることもない。

作業担当:中島の髪の毛のモサモサまで鮮明に映り込んでいます。ピース!

シャンプーできるタイプの大きな洗面ボウルは、底面が水平に近く、水が流れ込みにくい傾向があります。ですから、その場で水滴が干上がって跡になりやすい。硬くて白い汚れが気になる方は、水道を使ったあと、サッと拭いとくと汚れの付き方が遅くなりますよ。

清潔で明るい洗面台。すすんで手を洗いたくなりますね。

日時:2014年6月27日 PM 04:18
人工大理石の洗面ボウル、白いうろこ状の汚れ

横浜市青葉区の戸建住宅にて、洗面台クリーニング

洗面台は、毎日毎晩、お目にかかるところ。なので、お掃除をこまめにされる方が比較的多いです。

しかし、お掃除をしてみても!洗面ボウルがカサカサッと濁って、曇っていて、ちっともツルリと戻らない。ステンレスの蛇口が、ウロコが覆ったみたいに白くなって、キラリと光らない。

お客様によりますと、「おばあちゃんの知恵袋」にあった「歯磨き粉で磨く」を試したりしても、ほとんど効かないし…。頑固汚れ用のスポンジなんかで擦りまくって傷キズにするのも怖いし…。と、お悩みだったそうです。

senmen-jindai-mizuaka-0.jpg

ハウスクリーニング後。

senmen-jindai-mizuaka-1.jpg

ボウルはツルリ、照明の光を映しこむほどに滑らかになりました。ステンレスの蛇口は、本来の質感を取り戻し、明るく輝いています。

温度調整目盛りの根元に固くザリザリと積もった白い汚れも、すっきり。殻が剥けたように無くなりました。

来客が増える年末年始は、ノロやインフルエンザの流行期にあたります。ご自宅にお客様をお招きされる際にも、まずは手洗いうがいをして頂く方が安心できますね。

となれば、「お!キレイにしてる」という印象の洗面台にリセットされておくと、洗面所へ誘導しやすいんではないでしょうか。自信をもって、どうぞどうぞ、と案内できますよ。

汚れた洗面台で手洗いしても、あんまり菌が落ちてないような気がするし跳ね返りの水も汚れているように思えるので、チャチャッと濡らす感じで済ませてしまいがち。しかし、美しい洗面台だと、ゆっくり落ち着いて手洗いできて、あーきれいになったなぁ、と思えるものです。

清潔な洗面台から、素敵な時間をお過ごしください。

日時:2012年11月24日 AM 07:19
陶器の洗面台、ツルッ、キラッ!

横浜市港北区にて、洗面台クリーニング

オーソドックスな陶器の洗面台は、衛生的で丈夫で、私は大好きです。

でも、日々使っていると、なんだか表面が、くすんできますね。お茶碗を洗うように、割とマメに洗剤とスポンジでクルクルと洗っても、表面の脂っこい汚れしか取れない…。いまいちツルピカしない…。

touki-senmendai00.jpg

洗面台クリーニング前。水で濡れているときは、あまり目立ちませんが、乾いた状態で見ると、どことなく一枚、膜が張ったような濁りというか、くすみがあります。マットな質感で、指で撫でると、なんとなく滑々と粉っぽい。

touki-senmendai01.jpg

こちらは、ハウスクリーニング後の状態。

トゥルットゥル!陶器本来の光沢感が戻りました。指で触ると、ムッチムチと肌が引っかかる感じ。表面に何も乗っていないニュートラルな感触です。清潔感たっぷり!

私が陶器製の洗面ボウルが好きな一番の理由は、実は「ちゃんと磨くと、ちゃんと戻る」という素直なとこなんです。うふふ。

日時:2012年1月19日 PM 05:23
人工大理石の天板(洗面台)、陶器の洗面ボウル

横浜市青葉区の戸建。洗面台クリーニング

人工大理石(人造大理石)の中でも、最高品質と称されるデュポン社製「コーリアン」の洗面台天板。その中でも、象牙のようなアイボリーが高級感を醸し出す、「カメオホワイト」。

私は、「コーリアンの天板は、娘さんの嫁入り道具に出来ますよー」と、よく言います。それくらい、丈夫で、メンテナンスさえすれば何度でも美しく甦る素材なのです。他社の人造大理石と比べると、やはりお値段が一段ハイクラスですが、長く使うことを考える場合は、とてもオススメ。頑丈ゆえに、ものぐささんのザツザツ〜なお掃除にもじゅうぶん耐えうる点も、とてもオススメ!

jinkoudairiseki-senmendai-tenban0.jpg

人工大理石の、照明の映り込み方にご注目。光沢がムラになっているの、お分かりになりますか?天板を斜めから光を透かして眺めると、すごく光沢がある箇所と、とてもくすんでいる箇所が、まだらです。

キッチンの天板や、食卓、ダイニングテーブルなどもそうだと思うのですが、毎日、濡れ布巾でマメに拭いていても、気付くと何だか黒ずんでムラムラ、触るとどことなくベタベタ引っかかる感じになっていたり、くすんでいたりしませんか。思い立って真剣に洗剤で拭いてみると雑巾が真っ黒に汚れて「ハッ!」とする、みたいなこと、ありませんか。洗面台の天板が広い場合も、同じようなことになりやすいのです。実は、長期に亘っての汚れが頑固に付着しています。

陶器の洗面ボウルは、油の膜が貼られたように光沢が無く、ところどころ黒っぽい筋のようなカビが浮いています。照明が当たっても光を吸収してしまって、ドンヨリ暗い印象です。

洗面台の人工大理石に付着した汚れを除去し、陶製洗面ボウルを磨きました。

jinkoudairiseki-senmendai-tenban1.jpg

人大の天板に映った照明が、均一にぼけるようになりました。全体の質感が、なめらかでニュートラルになった証拠!不透明なのに薄く透明感があるような、まさにカメオのような素敵なアイボリーホワイトに戻りました。

仕上がりを触られたお客様、「わっ…つるつる…すべすべ…気持ちいい…」と、いつまでも指先で撫でられています。へばりついた汚れを一皮剥いたようなイメージ。表面の黒ずみ汚れも、べとつきも、しっかりと除去されています。エステで例えるならば、「ピーリング」とか「美白」のような感じかな!べっぴんさんになりました。

このように、上質な人工大理石ならば、何歳であっても、何度でも、艶やかで滑らかな、若々しい肌に甦ることができます。定期的なメンテナンスで、たびたび惚れ直して、代々引き継げるくらい、長く長く、大事にお使いください。

陶製のボウルは、分かりづらいので接写してみました。これは、クリーニング前の洗面ボウル。排水の周りに、茶色っぽい水垢がガチガチと固まって付いています。指で触ると硬く尖って盛り上がっています。石のようです。排水口のステンレスは曇って、モヤモヤしています。洗面ボウルと天板を繋ぐコーキング(パッキン)からは黒カビが垂れ下がっています。陶器の釉薬のガラスのような質感が失われ、白く粉を噴いたようにパサパサして見えます。

jinkoudairiseki-sennmenbawl0.jpg

陶器の洗面ボウル、クリーニング後。つるっとガラスのような、釉薬本来の質感が戻りました。ライトの映り込みのキラキラの数が増えました。ダラダラと垂れ下がっていた黒いカビがなくなっています。ステンレスも、キラリ!陶器の滑らかな白さに、銀色の輝きが合いますね!

jinkoudairiseki-sennmenbawl1.jpg

これなら、洗面ボウルに水を溜めて、顔を洗えるぞう!

日時:2011年3月 4日 PM 06:00
洗面台、蛇口の付け根のカリカリ汚れ

洗面台の蛇口の根元や水栓レバーの隙間に、カリカリと固い石のような、ベージュ色のような茶色っぽい…あるいは灰色っぽい汚れが、こびりついている。って、多いんじゃないでしょうか。

jagutinotukene-yogore0.jpg

蛇口やレバーに掛かった水道水が、垂れたり挟まったりで、常に留まって、水分だけ干上がってしまって、含まれたカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分だけが残ることが、原因です。ミネラルに加え、カビや金属石鹸(石鹸カス)も含まれている場合も、よくあります。

水垢のカリカリを、ズームしてみます。このお住まいの水垢は、ベージュ色です。石みたいにガッチリくっついていて、スポンジや古歯ブラシに市販の水周り用の洗剤をつけて擦っても、ビクとも落ちません。

jagutinotukene-yogore00.jpg

クリーニング後。隙間や付け根のガビガビを落としました。人工大理石の洗面ボウルの輝きの違いにも、ご注目!ぱさぱさと粉っぽく、マットな質感が無くなりました。つややかで、触るとキュキュッと、水栓を捻る感触も気持ちよいです。

jagutinotukene-yogore1.jpg

同じく、ズーム。入り組んだ隙間の水垢も、きちんと取り除かれています。「蛇口の付け根とレバーの隙間、いつも気になっていたんだけど、落ちなくて困ってたのに、取れた!やった!」と、お客様。

jagutinotukene-yogore11.jpg

酸性の薬剤を塗布して、固い水垢をふやかして柔らかくしてから、ヘラ状の道具で弾き飛ばすようにして少しずつ塊りを取っていきます。水栓レバーを上下左右に捻って、さまざまな角度から目で見ながら、歯石を取るような気持ちでコツコツ作業します。

数年掛けて、こびりつけられた汚れですから、パッと薬品を振り掛けてチャッと撫でてジャーと流すだけで落ちる、ということはありません。どこまでもコツコツと地道な手作業で一粒一粒オフしてゆきます。

日時:2011年2月21日 PM 06:05
傷つきやすい洗面台

横浜市都筑区にて、洗面台クリーニング

ここ4年ほどで、とても多く見られるようになった人造大理石の天板ボウル一体型の洗面台。今までに拝見してきましたところ、築3年以内のマンションであれば、約7割くらいがこのタイプであるように思います。

この洗面台の良いところは、シームレスなのでボウルと天板の継ぎ目からのカビが発生しない、新築引渡し時に艶やかで明るく印象が素晴らしい、リーズナブル、ということだと思います。

しかしながら、このタイプの人造大理石は、とても傷つきやすいです。メラミンフォーム(メラミンスポンジ)や、ちょっとハードなスポンジたわしでゴシゴシとお掃除すると、動かした通りに擦り傷がついてしまいます。かつて多く見られた陶器やアクリル系人工大理石の洗面ボウルよりも、ずっとずっと柔らかく、繊細だと思います。

こちらの洗面台も、表面に細かな「掃除キズ」が目立ちます。その凹凸の上に、曇ったような、あるいは脂っこいような汚れが乗って、どこをどう角度を変えて撮ってみても、全く光沢がありません。蛇口も表面が白っぽくまだらになり、ステンレスの質感がくすんでいます。

senmen-ittaigata000.jpg

ズーム!排水口まわりが黒くボヤけています。表面に水を打ってみると、水滴がいびつな形で弾いています。表面に汚れが覆っているので、まあるくプルンと盛り上がった形の水滴になりません。

senmen-ittaigata00.jpg

クリーニング後。表面のくすみと汚れが取れて、艶やかな光沢が戻りました。天井のダウンライトの温かな照明色を、ボウル全体に映し込むようになり、洗面所が明るい印象です!蛇口レバーのステンレスも、キラリと光り、鮮明に周囲を映しています。

senmen-ittaigata001.jpg

同様に、ズーム!厳密に見ると、ご自身でされたお掃除でできた深い擦り傷は残っています。でも、だいぶんツルッとなってます。ステンレスの排水口付近ににじんでいたカビも取れて、表面にはプルッと張りが出て、瑞々しい仕上がり。表面が汚れでくすんでいたときには全く見えなかったのですが、写真奥、立ち上がり面に、ぼんやりと排水口が映り込んでいます。

senmen-ittaigata01.jpg

ウォッシュテックが掃除すると、なんでキズが付かないの?と、お客様から訊ねられることがあります。おそらく、「これは傷つきやすいものなんだから、キズをつけないように掃除するぞ!」という覚悟をもって、道具と方法を注意深く選んでいるからだと思います。洗剤や道具を適切に組み合わせて段階的に、力加減やタイミングを上手に計りながら作業してゆくと、粗い研磨剤や強い洗剤を使わなくても、ダイジョブなんですよ。(実際、この洗面台をクリーニングする際には、研磨剤は一切使用していません。)そのように申し上げると「凄い…プロの技かぁ…」と仰ってくださる方が多いのですが、社長の指示通りにやればソコツな私でもできてしまうくらいのことなので、何だかこそばゆ〜い、照れくさ〜い思いです。

このタイプの洗面台の日常的なお掃除方法は、シームレスな設計を生かして、こまめに水気を取ることだと思います。柔らかなマイクロファイバーを側において、ボウル全体をクルクルっと拭かれると、ゴシゴシ掃除をしなくても長くキレイを維持できます。「根を詰めて頑張るほどのお掃除をしない」ための掃除が、効果的です!

日時:2011年1月16日 PM 06:55
東京都港区にて、洗面台のカビをハウスクリーニング

東京都港区のマンション。洗面台の手洗いボウルのハウスクリーニング

陶器の洗面ボウルは、全体に光沢がなく、ご自分でお掃除をされても曇ったまま、くすみが取れないとのこと。マットな水垢でパサパサ、しかしどこかベトベトとしていて、水を弾くとまだらになって、不潔な感じです。少し視線を落としてフチを見ると、黒カビと赤カビが垂れてきているのが見えます。排水口には若干のサビがあり、ステンレスの光沢は無く、曇っています。

senmen-kiwa-kabi00.jpg

天板がボウルに迫り出しているため、ボウル上部の水分が切れにくく常に湿った状態です。お掃除も入り組んでいて難しい!特に高温多湿となる梅雨から夏にかけては、カビの繁殖が早く、黒カビが一旦付いてしまうと取り除くのがやっかいです。

senmen-kiwa-kabi01.jpg

陶器を洗浄、なめらかな光沢が戻りました。触るとキュッキュッ、プルンと艶やかで、何の引っ掛かりもありません。排水口のサビは薄くなり、ステンレスのメタリックな質感が、陶器のなめらかなツヤに、よく合っています。先程よりも更に視線を落として撮影してみましたが、キワというかフチというか、洗面ボウルと洗面天板の繋ぎ目から出ているカビが見えません。

今回の洗面ボウルは、比較的サイズが小さなものです。手を洗うとき、うがいをするとき、汚いボウルや排水口に跳ね返った水が掛かると、何とも汚れたような気持ちになりますよね。洗面台は、風邪・インフルエンザ予防のために一日何度も使う重要な箇所ですから、いつも清潔で美しく保つと気持ちよいです。

日時:2010年7月22日 PM 03:50

新着ブログ記事

過去のブログ

Page top icon