空室のカーペットクリーニング

川崎市宮前区の中古マンションにて、ご購入後ご入居前の全体空室ハウスクリーニング

標準的な全体ハウスクリーニングに加え、オプションで承るカーペットクリーニングを併せて実施。

カーペットを貼り替えるには、予算と納期が厳しい。持ち合わせに余裕が無く、新居への引っ越しまで間が無い。中古物件ご購入の際には、そのような事情から、リフォームはせずに既存のカーペットをお使いになることも多いです。

こちらは、築16年のマンション。

yogoretacaepet00.jpg

歩行量の多い箇所は、茶色く汚れており、部分的に濃い灰色がかって見えます。具体的には、写真上部、隣室からの出入り口、写真下部(手前)。たいへん汚れが強いです。

カーペットの毛を触ると少し脂っこく、一本一本の繊維が、くっついて重い感触になっています。

カーペットクリーニング終了。

yogoretacaepet01.jpg

著しい汚れは目立たなくなりました。ただし、手前の汚れは、かなり長期間放置されていたため、クリーニングの範疇を越えており、薄く茶色が残りました。なお、ピンク色が濃く鮮やかに写っているのは、おそらく陽の加減かと思います。すみません。ただし、全体に覆っていた灰色がかった茶色い汚れは、無くなっています。触るとサラサラとキメ細やかで、足で踏むと、フンワリ弾力が甦えりました。

「わ〜清潔感ある!いちおう前にハウスクリーニングを入れたって不動産屋さんから聞いてたけれど、やってみたら、ずいぶんキレイになるもんなんですね」と、お客様。

中古マンションを購入される場合、多くは不動産仲介業者経由でハウスクリーニングは既になされています。しかしながら、その清掃は「売却できるかどうか、引き渡し日までにクレームが入らないかどうか」が目的です。これからの新生活、気持ち良く清潔に過ごせるように、ナンかするかどうか…それは買主の選択に任されています。

売却前に行われるカーペットの掃除は、軽い掃除機掛けにとどまることが一般的です。

前オーナーの痕跡汚れを可能な限り一掃、ダニ・ハウスダスト・カビ・排気ガスをきちんとリセットされて、お健やかな新生活となりますよう!

日時:2012年12月13日 PM 02:49
このエントリーをはてなブックマークに追加

新着ブログ記事

過去のブログ

Page top icon