黒っぽい焦げ茶色フローリングの小傷・くすみを、洗浄・ワックス
横浜市青葉区。フローリングのクリーニングおよびワックス。
 
2005年以降に引き渡されたマンション、タワーマンションに多く見られる
濃色こげ茶色の表面がツルツルした床暖房対応、合板フローリング。
 
新築内覧時には鏡のように映りこんでいた床も
4〜5年も生活しているうちに、透かして見ると何かくすんだような
常にホコリが乗っているような、汚れの膜が張ったみたいな…
スッキリしない状況になってくるように思います。
 
ダークトーンの床は、細かな傷や質感の違いが目立ちやすい傾向があります。
 
白やシルバーの車よりも、黒塗りの車の方が
小さな傷や光沢感のムラが目立ちやすいですよね。それと同じ感じです。
 
今回のフローリングも、新築から5年経って
歩行や家具の移動によってできた小さな傷、市販のフローリング洗剤で拭いて
表面のワックスが少し溶け、ホコリがくっついた跡、
カビ、排気ガス、キッチンから室内に回った調理油などが付着した様子が、
リビングに降り注ぐ日差しに透けて、目立つようになりました。

blackflooringwax00.jpg

優しいエコ洗剤を使用し、表面を傷めないよう慎重かつスピーディに洗浄し、
清潔なモップで3回濯ぎ拭きをします。クリーニング後の様子。
 
blackflooringwax01.jpg
 
ニュートラルな状態で、質感も良いですね。でも、これだけだと生活中の
歩行や物をずらす衝撃、水や汚れからフローリングを守ることができないので
床材を保護して長く使えるよう、樹脂ワックスを塗布します。
 
黒っぽいフローリングこそ、ハウスクリーニング業者の腕の見せ所。
床のクリーニング不足と、ワックス塗布のムラが、目に付きやすいのです。
 
表面を傷めない洗浄と入念な濯ぎ拭きで下地を作り、
フローリング表面、継ぎ目の部分、均一にワックスで表面を覆えれば、
なめらかで、窓からの風景を鮮やかに精密に映しこむ素敵な床に!
 
ベランダに立つ社長も、きっちり映り込んでます(笑)。
 

blackflooringwax02.jpg

正しく汚れを取り去り、樹脂ワックスを塗布できれば
光沢が美しいだけではなく、水拭きにも耐える丈夫な床になって
普段のお掃除が楽になりますよ。
 
市販のワックスって誰でもできるっぽく宣伝されていますが
きっちり床の汚れを取って何もない状態に戻し、
フローリングを保護するに足る樹脂を含むワックスを
フローリングに確実に密着させ、均一に塗ることは、
実はとても難しい、というか面倒、というか大変だと思います。
 
機材、ワックスの品質、手際、どれをとっても
休日ちょっとガンバッテやってみる…くらいの気持ちでできることではないし、
みなさん、どんな床の上で暮らされているのだろうか…もっと呼んで頂きたいな、と
フローリング床ワックスの現場で、いつも思います。

→関連サイト:床フローリング、コルクタイルの汚れ。ハウスクリーニングとワックス塗布。洗浄からコーティングまで。

日時:2010年6月19日 PM 09:37
このエントリーをはてなブックマークに追加

新着ブログ記事

過去のブログ

Page top icon