ウォッシュテックの業務を月ごとにご紹介

大理石 玄関タイルの汚れ黒ずみを除去し、本来の質感へ

マンションの玄関大理石を研磨させていただきました。

新築から30年間メンテナンスされていません。

歩行による細かな傷と靴底から運び込まれた汚れが、30年分蓄積しています。

boteti-nofiori-_sekizaikenma-30nomente0.jpg

研磨後の大理石タイル。

撮影の向きがややこしくてスミマセン。

目印としては、ドア前付近の下半分が濃いグレーになったタイルと、その隣の 「~」 が斜めに黒く入ったタイルです。

その2枚を起点に、周囲のタイルがどのように変わったか1枚ずつチェックされてみてください。

boteti-nofiori-_sekizaikenma-30nomente1.jpg

ここまではクラック(ひび割れ)模様で、その周辺の黒いのは、汚れだったのか...!

ここマーブル模様なんだけど、ここは単なる汚れと傷だった...色柄ではなかったのか...!

と、タイルの1枚1枚、答え合わせができるかと存じます。

そして、今まで全く映り込んでいなかったシーリングライト(天井の照明)が画像に出現!電球の形まで、クッキリです。

表面が凸凹に荒れてささくれていた研磨以前は、照明の光は弱くボンヤリ吸い込まれていました。同じワット数なのに暗く感じるとは、もったいないことです。

実は、石材研磨・光沢復元を扱う業者でも、30年ノーメンテナンスの大理石はギブアップすることが常です。築10年以下の大理石と比べて結果を出しにくいからです。

ましてや一般的なハウスクリーニング業者100人に、「この大理石をキレイにして欲しい」 と問い合わせたとして、たった1人も成立しません。

どんな研磨機を、どんなふうに使っていけば、お客様から満足される仕上がりになるのか、見当が付かない。完成までの全容を具体的にイメージできないので、見積もりすらできない。もう、べらぼうに高く言って断ってもらおう。でももし見積が通ったとしたら。クレームになる可能性大。そうなったら撤収だ。そのような流れで、遣り取りの立ち消えが続き、望みに辿り着くまでに疲れ果てることになるでしょう。

ウォッシュテックであれば、初動のお問い合わせからお引き受け前提でお話進めさせていただきます。経験と実績に裏付けられたスムーズさです。

大理石の研磨は、難しい石種(大理石の種類によって硬さやリスクが異なる)も含めて、(偶然ではなく確実な形で)数多く結果を出してますよという 「経験と実績」 が、仕上がりに直結するメニューです。

できるっぽい感じを出していながらこっちの様子を伺ってのらりくらり保身する業者よりも、難工事は目に見えているけどやってみましょとサクっと引き受けてくれる業者の方が、頼りになると思うんですよね。

私は、頼りになる人でありたいです。

当ブログに辿り着かれたということは、大理石の汚れや歩行傷でお悩みかと存じます。

うちは築年数がだいぶん経っているからムリかしら...と二の足を踏まれている方もいらっしゃると思います。

ブログで会ったが100年目。どうぞこの機会を逃さず。ウォッシュテックに画像を添えてお問い合わせください。

石材研磨業者の選定には、どなたもお時間も労力も、なるべく割かれたくないことと存じます。最速でベストの見通しを付けさせていただきます。

2022年5月 1日

新着ブログ記事

過去のブログ

Page top icon