ウォシュレットの脱臭フィルター、詰まってませんか

シャワー付きトイレ・ウォシュレットの、便座の脇あたりに、こういう部品が入っている機種があります。ペコッと蓋というかカバーを開けると、表側にツマミが付いていて簡単に引き出せます。キューブ状です。

dassyufilter.jpg

「あ、そういえば、なんか、あるある…」と思われた方、いっぺん取り出してみてください。上の写真のように、表面のメッシュが詰まっていませんか。

ものすごーく雑に説明しますと、このキューブ状の中に、活性炭など脱臭してくれる成分が詰まっています。で、このフィルタの奥に、人知れず小さな換気扇が働いていて、おトイレ中の悩ましいニオイを換気扇が吸い寄せて、フィルタで臭気をろ過して、ウォシュレット本体の脇にあるスリットから出してるんです。

これが、ウォシュレットの脱臭機能。お尻に近い便座あたりで臭いをキャッチ、クリーンエアに戻してリリースするので、床やカウンターに置かれた脱臭剤や芳香剤よりも効率が良く、ブルーレットなどタンク内部の水に溶かすタイプの薬剤のように便器に影響を与えることもなく、とても優れた機能だと思います。

せっかくの脱臭機能ですが、最前線のメッシュがカビや埃で詰まっていると、シオシオのパーになってしまいます。もったいない、もったいない。

トイレが臭う、汚れやすい気がする…と悩まれる方のフィルタを見ると、ビチッとカビやハウスダストで詰まっていることが多いように思います。脇にあるトイレットペーパーホルダーから出る繊維くず、しゃがむたびに上げ下ろしする衣服のホコリ、常に水気があることで発生しやすいカビ…トイレは意外にホコリっぽいので、フィルタが目詰まりしやすい環境といえます。たまにチェックして、埃で塞がっていたら、使い古した歯ブラシなんかでゴミを弾き飛ばしておくと良いです。

このキューブ状の脱臭フィルタは消耗品ですので、取扱説明書をご参考に取り寄せされて、定期的に交換されると、素敵なトイレ脱臭ライフをエンジョイできるかと思います。

日時:2010年12月 5日 AM 12:13
このエントリーをはてなブックマークに追加

新着ブログ記事

過去のブログ

Page top icon