バイオクリーン「ディッシュウォッシュ」で洗おう!その2

前回ブログS.M.S.石井さんの談話を参考に、バイオクリーンの台所用洗剤で、食品を洗ってみましょう!

まずは、山椒の実!京都出身の私は、ちりめん山椒大好き。旬のうちにまとめ買いして下処理して冷凍保存、一年通して小分けに使います。山椒の実って、よーく見ると、表面が凸凹で薄っすら黒ずんでいて、アクでベトベトしています。でも、水だけでは弾いてしまって、でもなんせ細かくてチマチマ洗えません。例年「うーん?」と思っていたのです。

今回は、ボウルの水に、ディッシュ・ウォッシュ・リキッドを数滴。かき回すように洗ってみました。写真ではちょっと分かりづらいですが、ちょっと水が黒く濁っています。おーすごい。山椒はピリリと辛いので気にならなかったけど、実はエグい雑味の原因は汚れにもあったのかも。3回くらい濯いで、一丁出来!水の弾きがなくなって、山椒の表面がマットな質感になっています。

biokleen-sansyo.jpg

次は、蛤(ハマグリ)!同様に、数滴。いつも塩水でやっているような感じで、ガチャガチャと擦り合わせるように洗います。ガサツに動かしたので、ちょっと泡立っちゃった。写真に撮りきれてませんが、水が全体に白く濁って、モヤッツブツブッと黒い汚れが出てきました。これ、貝の殻のギザギザに入ってた汚れ?

biokleen-kai.jpg

洗い終わった蛤。何とも艶やかで、こんなにハマグリの貝殻って美しかったろうか…としばしウットリ。

biokleen-kaiwoarau.jpg

ハマグリはお吸い物にしたのですが、いつも黒い筋っぽい汚れが浮いていたのですが、今回はとてもキレイなおつゆに仕上がりました。実験で、いつも最後に入れていた長ネギのみじん切りをパスして、そのまま賞味。おっ!生臭くない。薬味なしで飲めるとは、なんてステキ…。

食べ物は、何でもかんでも洗わなくてもいいと思いますが、汚れが気になったとき安心に洗えるキッチン洗剤を持っていたら、たいへん心強いです。汚れが味にめっちゃ影響していると思い知る実験でした。

日時:2010年7月17日 PM 10:56
このエントリーをはてなブックマークに追加

新着ブログ記事

過去のブログ

Page top icon