RSA Japan ハウスクリーニング講座 実動しています

ウォッシュテックでは、数日に1件ペースで、他府県在住の方からお問い合わせを頂戴します。

・遠いけど、回復型クリーニングに来てください。

・遠いから、同じような清掃業者を紹介してください。

遠方出張は、その都度検討してみるのですが、施工料金よりも高額な出張料をいただくというのは現実的ではないと思いますし、長時間運転後のパフォーマンス低下もありますし、お引き受け困難であることが多いです。

他業者紹介につきましては、お客様ご期待通りとなる心当たりがあればさせていただいておりますが、大抵の場合は「ウォッシュテックだけしかやってないであろう」内容で、だからこそ他を探せなかったのだと思いますが、これもお引き受け困難であることが多いです。

そのようなことで、以前よりこの問題を何とかせねばと教育や育成について考えておりましたが、いよいよ実動!RSA Japanインストラクターとして、講義を重ねております。

RSAとは、アメリカのバーリントンが本拠の建物レストレーションの実技トレーニング専門スクールです。

※建物レストレーションは耳慣れない言葉かと思いますが、カーペットクリーニング石材研磨をはじめ、ハリケーン被災後の水害復旧や銃乱射事件後の建物復旧などあらゆるクリーニングを担うきわめて専門的な技術です。※

アメリカのクリーンメンテナンス産業(日本とは比べ物にならない巨大な市場規模!)の最大手、ケミカル・機材・資材・サービス全てが揃うレジェンドグループ(Legend Brands International)が運営しています。

国際認定資格IICRCの合格者の多くが「得た知識を体に叩き込んで、自らに肉付けできる実地訓練をしたい」と門戸をたたく「クリーニング従事者にとっての超メジャー校」。それがRSAなのであります。

RSAの正式名称は「Restoration Sciences Academy」。つまり、科学的根拠に基づく建物回復技術を体系的に学ぶことができます。日本には、今までそういうスクールがありませんでした。

国内にもクリーニングやメンテナンスの技術セミナー、フランチャイズ内講習、独自の認定システムなど数多くあります。しかしどこか断片的だったり実践的でなかったりするのかもしれません。現場で伸び悩む、独学で行き詰まる、仕事に楽しみを感じられず挫折する...ハウスクリーニング業15年超、そういう方をたくさん見ています。ハウスクリーニングは、独立開業しやすい業種と言われています。新人が安さを武器に現場を取っては倒れるを繰り返しているため価格競争が激化。事業の継続は過酷であり、ステップアップは容易ではないのです。その問題を真っ向フォローしようとする教育機関が既存で皆無ということです。

お客様にとってもメリットがあります。アメリカではRSAのトレーニングを修了したかどうかが、業者選定の一つの決め手(物差し)になるのですが、日本でも自らの習熟度を示す指標として定着すれば、業者選定のミスマッチによるトラブルを避けられます。

いろいろ頑張ってやっていたら、社長・中島、国際的知名度を誇る名門RSAの日本拠点「RSA Japan インストラクター」にさせていただきました。

99.9%のハウスクリーニング業者が「できない。難しい。敵わない」と考えるシビアな現場を毎日ペースで完遂する中島のメソッドを注ぎ込む機会、ようやく整いました~!

座学!

RSAnakajima_housecleaning_201909kouza1.jpg

実技(ハンズオン)!モザイクで隠しましたが、皆さん「おぉ~すげぇ~ほんとだ~」と楽しそう。

RSAnakajima_housecleaning_201909kouz2.jpg

社長・中島の知識量と現場対応力に満ちた講義は、門前の小僧の私から見ても面白いです。そしてボリューミー。自力で乗り越えられない悩みを抱えたハウスクリーニング業者の方からすれば、たぶん、目から鱗なことだらけだと思います。

次回は、10月24日です。ユニット浴室クリーニングについてお教えします。清掃業者にとって最も苦手意識が高いのが浴室クリーニングだから、ここを押さえておけば飛躍的にラクになれる...という考えです。

実はウォッシュテックのサイトは、ものすごくたくさんの同業者がご覧になっています。ですので、インストラクターとしての一面もお伝えさせて頂きました。

日時:2019年9月19日 PM 03:05
このエントリーをはてなブックマークに追加

新着ブログ記事

過去のブログ

Page top icon